名物店主のお買い物日記 no.141
ラッピング好きの店主が出会った、美しいペーパーの話 ―ama 大田愛さのカバー画像

ラッピング好きの店主が出会った、美しいペーパーの話 ―ama 大田愛さん

キナリノモールに集うストアの個性的な店主たちが、自腹を切って買ったものや愛用品をひたすら語る、徒然お買い物リレー。もうすぐクリスマス。大切な人へのギフトはもう決まりましたか?思いを届けるためには、素敵なラッピングが欠かせません。今回は、大田さんが出会った素敵なペーパーのお話。ぜひ贈りものの参考にしてみてくださいね。

96
2023年11月26日作成
大田愛
ama 店主
大田愛
赤ちゃんが使うものの可愛さと、それを選ぶ大人たちのとびきり幸せそうな表情に魅せられて、2015年にベビーギフト専門のオンラインストア「ama」をオープン。コンセプトは「心の奥に残るものを」。ものが溢れるこの時代だからこそ選んでほしい、作り手の心を感じられるとっておきを世界中からセレクトしています。2022年より一部取扱ブランドの輸入代理店も開始し、ブランドとたくさんの人をつなぐ喜びを実感中。好きなものは、大谷石とピクニック。
ラッピング好きの店主が出会った、美しいペーパーの話 ―ama 大田愛さん
ラッピング好きの店主が出会った、美しいペーパーの話 ―ama 大田愛さん
オランダからやってきた「OMPAK(オンパック)」のラッピングペーパーに出会ったのは、2年前のこと。

1960年創業のギフトラッピング専門店で、ブランド名の由来は、創業者の名前「Ommen」と「packaging(包装)」を組み合わせた造語。「美しいラッピングは最高の包装紙から始まる」をコンセプトに掲げ、季節のうつろいを感じるほかに類を見ないシンプルでエレガントなコレクションを季節ごとに提案しています。

マットな手触り、絵画のような模様、パウダリーな色、そして絶妙な厚み(これ、けっこう大事)。「すべてが揃った最高のペーパー!」と、たちまち虜に。今年もクリスマスを前に新しいデザインが届き、うきうきしながら色々選びました。
ラッピング好きの店主が出会った、美しいペーパーの話 ―ama 大田愛さん
ありそうでなかった包装紙。OMPAKのラッピングペーパーをひと言で表すと、これに尽きると思っています。

まず模様と色。透明感あるブルーの温室モチーフ「グラスハウス」や、ケーキのトッピングがモチーフの「スプリンクル」、ゴールドやテラコッタ色のクラシカルなお花模様「サロンドフルール」など、約20種類のペーパーは、どれもネーミングからすてき。自然の風景や日常のワクワクする瞬間から切り取られた模様と配色は、これまで出会ったことのなかったテイスト。製品を包みながら、まるで美術館で絵画をみているような気持ちになりいつもリラックスしています。

シンプルなんだけど、色あわせに遊び心があったり。デコラティブなんだけど、不思議とどんなリボンもばっちり合って使いやすかったり。両面に模様のあるダブルサイドペーパーは、どちらの面を表にしようか本気で悩むほど!
ラッピング好きの店主が出会った、美しいペーパーの話 ―ama 大田愛さん
次に手ざわり。「ラッピングペーパー」は紙厚80gsm(厚みのあるコピー用紙くらい)のFSC認証紙に、「うす紙」は28~30gsmの透け感ある紙に印刷されています。どれもツヤのないマットな質感で、吸い付くような手ざわり。ダブルサイドペーパーは両面ともマットなため、より手ざわり良く感じます。うす紙は、透け感ある繊細な見た目とパリッとした適度なハリ感のバランスが絶妙で、手ざわりも抜群。「こんなうす紙を求めていたんだ〜!」と叫んだほど。贈り物は目と手で受け取るので、ラッピングペーパーの手ざわりって色や柄と同じくらい大切だと思うのです。

そして厚み。厚すぎず薄すぎない絶妙な厚みは、箱ものを包んだことのある方ならきっと共感してくださるはず。箱の四隅が、綺麗~に決まるのです!うす紙は、お洋服やお酒の瓶など、通常のラッピングペーパーでは包みにくいものでもラフに包むだけでとても可愛く仕上がります。お花やグリーンなどをさっと包んでプレゼントするのが最近のマイブーム。
ラッピング好きの店主が出会った、美しいペーパーの話 ―ama 大田愛さん
リボンは、当店のラッピングでも使用している(*1)「MOKUBA」のコットンやガーゼ、シルクリボンがお気に入り。日本が誇る世界的リボンメーカーで、蔵前のショールームではさまざまな素材や色のリボンが所狭しと並んでいる夢のような場所です。個人でも1メートルからカット購入ができます。
ラッピング好きの店主が出会った、美しいペーパーの話 ―ama 大田愛さん
こんなに可愛いラッピングペーパー。はぎれも余すことなく使いたいと、よく封筒やブックカバーを作っています。ブックカバーはお客さまから教えていただいたアイデアなのですが、かなりお気に入り。それはどこのカバー?と電車で隣り合わせた方に聞かれたことも。
ラッピング好きの店主が出会った、美しいペーパーの話 ―ama 大田愛さん
子どもの頃からラッピングが大好きで、家族や友人の誕生日プレゼントは、お店でラッピングしてもらうよりも自分で選んだ包装紙やリボンで包むのが好きでした。amaでも決まったラッピングはしておらず、商品や贈り物のご用途、お相手の好きな色やテイストなどご希望があれば伺い、贈り物が一番魅力的に見えるように包装紙やリボンを選びアレンジしています。

「ガーデニングがお好きな方へ贈る」
「明るく柔らかい、でもちょっと毒のある可愛い友人へ贈る」
「名前に”青”が入っている赤ちゃんへ贈る」

……などなど、皆さまからのラッピングイメージを備考欄にて拝見するのが密かな楽しみだったりします。さぁ、思う存分ラッピングできる、一年でいちばん楽しい季節がやってきました!
ラッピング好きの店主が出会った、美しいペーパーの話 ―ama 大田愛さん
今年のクリスマス限定ラッピングは、レッド×ゴールドのヤドリギ模様の包装紙に2種類から選べるギフトタグ(*2)、MOKUBAのサテンリボンでお包みいたします。

すてきなクリスマスの贈り物になりますように。
*1 「ama」ではMOKUBAリボンの販売は行っておりません。蔵前のショールームでは、個人でも1mからカット購入が可能です
東京都台東区蔵前4-16-8 TEL:03-3864-1408
営業時間:9:00〜12:00/13:00〜17:30 定休日:土日祝

*2「ama」ではギフトタグの販売は行っておりません(ラッピングに添えるのみ)。全国のOMPAK取扱店でご購入可能です

今回紹介したアイテム

こちらもCHECK!

バックナンバー

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

App Store バナーGoogle Play バナー