名物店主のお買い物日記 no.17 
CDC 小松ともこさのカバー画像

名物店主のお買い物日記 no.17
CDC 小松ともこさん

キナリノモールに集うストアの個性的な店主たちが、自腹を切って買ったものや愛用品をひたすら語る、徒然お買い物リレー。今回は、海外旅行の苦い思い出と「旅のバッグ」のお話です。

237
2022年03月31日作成
小松ともこ
CDC GENERAL STORE
小松ともこ
1968年1月生まれ、富山市在住。“ウキッ”ときたものはOLD・NEW問わずとりあえず購入!「CDC」のバイヤーとして洋服、雑貨のバイイングを担当。オリーブ世代で、スタイリスト・岡尾美代子さんのファン。好きなのは台所、食べること、作ること、焼き菓子(特にバームクーヘンは最強と思っている)。ボールペンは0.3mm派。取説を読むのが苦手。
名物店主のお買い物日記 no.17 
CDC 小松ともこさん
名物店主のお買い物日記 no.17 
CDC 小松ともこさん
以前、ベルギーからオランダまでの移動で、高速列車に乗りました。海外で初めての列車ということもあり、チケット購入も恐る恐る(あの頃はネット予約というものもなく、みどりの窓口のようなところで買った)。私とスタッフは変わりゆく車窓を愉しむ余裕もなく、ただただそわそわドキドキ。「この列車は本当にオランダへ向かっているのだろうか?」……しばらくして車掌さんらしき男性が私のチケットを見て、「このチケットはこの列車じゃないよ」「あんたたち違うよ~」(と言ったかどうかは分かりませんが、ニュアンス的に)と捲し立ててきました。驚き慌てふためいた私たちは、なぜかスーツケースを持ってほとんど人がいない隣の車両へ移動し、チケットを見てフリーズ状態。その直後、急ブレーキで列車が激しく揺れ、私のスーツケースが勢いよく車両の端から端に向かってスピードよく走り出しました。

「あぁ~~~!」ドン、ガシャッ。

そこには、見るも無残なスーツケース(安物だった)。
前置きが長すぎましたが、この時から私はスーツケースではなく「旅にはバックパック」と心に決めました。現在はコロナ禍でとても旅行へ行く気分にはなれませんが、落ち着いた折にはこの「cabin zero」を担いで旅に出かけたいものです。
名物店主のお買い物日記 no.17 
CDC 小松ともこさん
「cabin zero」は2012年にイギリスで生まれたブランド。軽量でシンプルなデザインが、多くの旅行者に愛されています。サイズは28L・36L・44Lの3種類。ほとんどのLCC機内持ち込みサイズの規定を満たしているのも人気の秘密。私は街歩き用と旅用の2種類を持っています。街歩き用の28Lはシルクのワンピースやレーシーなスタイルに合わせることが多いです。肩も痛くなりにくく、お気に入り。

今回紹介したアイテム

次回の“名物店主”は4/4更新予定です。お楽しみに!

バックナンバー

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア