名物店主のお買い物日記 no.4
オケージョンに合わせたい。ワンピの下の名脇役 ―くらすこと 藤田ゆみさのカバー画像

オケージョンに合わせたい。ワンピの下の名脇役 ―くらすこと 藤田ゆみさん

キナリノモールに集うストアの個性的な店主たちが、自腹を切って買ったものや愛用品をひたすら語る、徒然お買い物リレー。老人ホームのケアワーカー、ライフスタイル誌の編集者を経て2005年に『くらすこと』をスタートした藤田ゆみさん。ショップ運営に留まらず、執筆やイベントなど様々な視点で「自分のものさし」を見つける手助けとなる活動をしてきました。どんなときも「使う人」の目線を忘れない彼女が今回選んだのは、オケージョンスタイルを引き立てる大人のタイツです。

189
2022年02月14日作成
藤田ゆみ
くらすこと
藤田ゆみ
「わたし自身のものさしをみつける」をテーマに活動する「くらすこと」主宰、『くらすことの本』編集長。著書に『子どもと一緒にスローに暮らす おかあさんの本』(アノニマ・スタジオ)。オンラインストア、食、体、子育て、暮らしにまつわる教室や本の出版、カフェと雑貨の店など幅広く活動している。11月に養老孟司、日登美さんなどを迎え、本質的視点から子どもの育ちについて考える「子どもの育ちシンポジウム」を開催。
オケージョンに合わせたい。ワンピの下の名脇役 ―くらすこと 藤田ゆみさん
オケージョンに合わせたい。ワンピの下の名脇役 ―くらすこと 藤田ゆみさん
今まで幾度となく頭を悩ませてきた卒業式や入学式の装い。急場しのぎで購入したありきたりなものを着ていたけれど、やっぱりしっくりとこない。いつもの自分らしさに、「特別な日ならではのきちんと感」があるオケージョン服がほしい!ということで、「くらすこと」のスタッフで意見を出し合い、CLASKAのアパレルブランド「HAU」のデザイナーの藁谷真生さんにも加わってもらい、ワンピースとパンツとジャケットのセットアップを作ってしまいました。

そんなオケージョンスタイルに合わせるタイツや靴、バッグなどをみんなで相談していたところ、スタッフのひとりが「オススメのタイツがある」と持ってきたのが「KURI BOTELLA(クリボテラ)」のウロコレースタイツ。一目惚れのかわいさで、真似してわたしも今回購入しました。
オケージョンに合わせたい。ワンピの下の名脇役 ―くらすこと 藤田ゆみさん
クラシックなウロコの模様もとっても品がよく、オケージョンのスタイルにぴったりな華やかさ。シックでシンプルな装いだからこそ、こういうちょっとしたおしゃれが効いてきますよね。自分らしい、特別な日のおしゃれをグレートアップさせてくれる心強いおすすめアイテムです。

今回紹介したアイテム

次回の“名物店主”は2/17更新予定です。お楽しみに!

バックナンバー

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

App Store バナーGoogle Play バナー