名物店主のお買い物日記 no.171
氷の上で炎が揺れる!?非日常に誘うキャンドルの話―HOEK 大井智史さのカバー画像

氷の上で炎が揺れる!?非日常に誘うキャンドルの話―HOEK 大井智史さん

キナリノモールに集うストアの個性的な店主たちが、自腹を切って買ったものや愛用品をひたすら語る、徒然お買い物リレー。今回は、大井さんがお子さんと楽しんでいる幻想的なキャンドルのお話。最近お疲れ気味の方はぜひ参考に。

73
2024年06月23日作成
大井智史
HOEK
大井智史
1981年長野県生まれ福島県育ち。<ユナイテッドアローズ>、<haluta>を経て、2015年に夫婦で<HOEK(フーク)>を設立。東京の原宿に店舗を構え、インテリア、ファッション、アート、キッズアイテムなど、フラットな目線で選んだ様々なジャンルの商品を販売。オンラインショップも運営し、現在スタッフ募集中。3姉妹の父。
氷の上で炎が揺れる!?非日常に誘うキャンドルの話―HOEK 大井智史さん
氷の上で炎が揺れる!?非日常に誘うキャンドルの話―HOEK 大井智史さん
子供の成長は早いもので、長女も小学五年生となりました。月日の流れは本当に早いですね。
長女が先に始めた影響で、三姉妹の子供たちは芸能活動をしています。日頃演技やダンスのレッスンなどもしていることもあり、子供たち自身の興味も広がっていて最近は子供向けではない映画を一緒に観ることも増えました。

時間に余裕のある夜には、部屋を真っ暗にしてプロジェクターを使って大画面で一緒に映画を楽しんでいます。暗い空間で何かもっとテンションを上げられるアイテムはないかなぁと探していたところ、ネットでたまたまこのキャンドルを見つけました。今まで、キャンドルは香りと炎の揺らぎのリラックス感を楽しんでいましたが、これはちょっと今までと違いました。

まずはこの氷のような透明の見た目。触ってみるとヒンヤリと冷たく、グミのような柔らかい弾力があります。
氷の上で炎が揺れる!?非日常に誘うキャンドルの話―HOEK 大井智史さん
そして実際に火を付けると、より今までのキャンドルとの違いを感じました。炎の揺らぎと共に、透明のキャンドル本体もキラキラしていて、物体としてもとても綺麗なんです。
氷の上で炎が揺れる!?非日常に誘うキャンドルの話―HOEK 大井智史さん
家で子供と真っ暗の状態を楽しむのって、誕生日ケーキのロウソクを消すときくらいだったので、プロジェクターを購入してから映画を観るときはいつもと違う状況に子供もなんだかドキドキワクワクしているようでした。

そこに、このキラキラ光るキャンドルが加わり思惑通り子供たちのテンションも上がっていて、父ちゃん満足です。
氷の上で炎が揺れる!?非日常に誘うキャンドルの話―HOEK 大井智史さん
そして、大人時間にも色々な場所で楽しんでいます。オブジェのように飾ったり、就寝前のリラックス時間に楽しんだり……。今度はバスタイムにお風呂の中でも使ってみようと思っています。

氷の上で炎が揺らいでいるような不思議な光景は、ちょっと非日常な感じがしてとても気分転換になりました。使っていくうちに、氷が溶けるように形を変えていくんだろうなぁと、その変化も楽しみです。

ちょっとでも特別感を味わえる時間はとても大事。忙しさを理由にせずに、子供と一緒に日常を楽しむ時間ももっと大切にしたいなぁと思う父ちゃんでした。

今回紹介したアイテム

※大人気御礼!近日入荷予定です。ぜひお気に入りに追加してお待ちください。

バックナンバー

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

App Store バナーGoogle Play バナー