名物店主のお買い物日記 no.32 
くらすこと 藤田ゆみさのカバー画像

名物店主のお買い物日記 no.32
くらすこと 藤田ゆみさん

キナリノモールに集うストアの個性的な店主たちが、自腹を切って買ったものや愛用品をひたすら語る、徒然お買い物リレー。今回は、藤田さんが思わず一気買いしたという、至極のルームシューズのお話です。

217
2022年05月23日作成
藤田ゆみ
くらすこと
藤田ゆみ
「わたし自身のものさしをみつける」をテーマに活動する「くらすこと」主宰、『くらすことの本』編集長。著書に『子どもと一緒にスローに暮らす おかあさんの本』(アノニマ・スタジオ)。オンラインストア、食、体、子育て、暮らしにまつわる教室や本の出版、カフェと雑貨の店など幅広く活動している。2015年より活動の拠点を東京から福岡に移す。2男3女、5人の母でもあり、不登校の親たちのためのお茶会も定期的に行う。
名物店主のお買い物日記 no.32 
くらすこと 藤田ゆみさん
名物店主のお買い物日記 no.32 
くらすこと 藤田ゆみさん
今回ご紹介するのは、ガーゼの布に足をすっぽり包まれる「YARN HOME」のルームシューズ。見るからに気持ちよさそうな生地は、医療用脱脂綿をガーゼで包んだ『pasima®️(パシーマ)』という、元は寝具からはじまったメーカーのもの。肌が弱いかたのために作られているやさしい生地で、くらすことと同じ福岡県で作られています。

元々はこの生地を使ったタオルを愛用していたのでその肌触りの良さは知っていたのですが、このルームシューズのコロンとしたフォルムと絶妙なカラーリングのかわいい佇まいに即買いし、一気に家族分を揃えてしまいました。

かわいいだけではなく、特に素足で履くと一層包まれ感が増します。丸洗いできるのでガシガシ洗濯機で洗っているのですが、洗うごとに空気を含み、ふんわりと全体的にふくらんでやわらかさがプラスされていくようです。履けば履くほど風合いも増し、ぱっと履きたいときは、バブーシュのようにかかとを踏んで履けるのも◎。
名物店主のお買い物日記 no.32 
くらすこと 藤田ゆみさん
歩いてもパタパタと音がしないので、足音が静かなところもマンション住まいにはありがたいポイントです。お値段は張るけれど、タオル、ルームシューズに続きタオルケットや枕カバーと、やっぱりいろいろ揃えたくなってきています。気持ちのよい肌触り、何にも代えがたいですね〜。

今回紹介したアイテム

次回の“名物店主”は5/26更新予定です。お楽しみに!

バックナンバー

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア