名物店主のお買い物日記 no.72
水玉好きが選んだ、かわいいあの子の話 ―イロドリ 迫口摩季さのカバー画像

水玉好きが選んだ、かわいいあの子の話 ―イロドリ 迫口摩季さん

キナリノモールに集うストアの個性的な店主たちが、自腹を切って買ったものや愛用品をひたすら語る、徒然お買い物リレー。水玉のお洋服が大好きな迫口さん。食器に取り入れるにはなかなかハードルが高かったけれど、ついに好みの水玉模様に出会ってしまいました。今回は、迫口さんがメロメロになった、かわいくて仕事がデキる小悪魔(?)プレートのお話です。

53
2022年10月20日作成
迫口摩季
イロドリ
迫口摩季
器と生活雑貨、そして鹿児島の美味しいみかんや食べ物を販売するオンラインショップ「イロドリ」を夫婦で運営。家のまわりはミカン畑。オレンジ色に囲まれ、夫と娘二人の家族で生活しています。趣味はネットサーフィンにネットショッピング、それから文章を書くこと。とにかく家の中で過ごすのが大好きなインドア派ですが、休日はブログのネタにとカメラを持って出かけることも。
水玉好きが選んだ、かわいいあの子の話 ―イロドリ 迫口摩季さん
水玉好きが選んだ、かわいいあの子の話 ―イロドリ 迫口摩季さん
洋服でも雑貨でも、なんだか惹かれてしまう柄や色ってありませんか?

私はボーダーや水玉が大好きで、洋服や小物など気がつけば色違いのボーダーや水玉がずらり。夫にも「なんかそれ、前にも同じような服買ってなかったっけ?」とよく言われるフレーズ上位に輝く(私調べ)指摘を受けてしまう始末です。そんな私が特に大好きなのが水色の水玉。「略しても水玉」な水玉なのです。

水玉って実は丸の大きさや配置によって印象がまったく異なるもの。黒や茶色は大人っぽく、パステルカラーは可愛らしく。大きめのドットはカジュアルに、小さめのドットはきちんとした印象に……など、奥が深い柄だな〜と思うのです。

これまで洋服や小物に取り入れまくっていましたが、ドンピシャ好みな器を作られる「くまがいのぞみ」さんの器に出会ってしまいました。
水玉好きが選んだ、かわいいあの子の話 ―イロドリ 迫口摩季さん
大好きな土を感じられる素材に手の温もりを感じる形。使いやすいサイズ感のお皿の中に描かれる、絶妙な色合いと大きさの水玉。本当にかわいいのです。

色味がしっかりした器を使うと、得意ではない私の料理がいつもなんだか器に完敗してしまうこともあり、持っていてもあまり使わないことも……。

くまがいさんの器は料理好きな方がよく選ばれるのも納得。私の料理も底上げして美味しそうに見せてくれます。フルーツや野菜など切っただけのものをポンとおいたり、デザートや取り皿としても重宝していて、本当に毎日使うお気に入りです。

今回紹介したアイテム

バックナンバー

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

App Store バナーGoogle Play バナー