名物店主のお買い物日記 no.154
ルックスよし、切れ味よし。フランス生まれのナイフの話 ―BOWKNOT 河野恵美さんのカバー画像

ルックスよし、切れ味よし。フランス生まれのナイフの話 ―BOWKNOT 河野恵美さん

キナリノモールに集うストアの個性的な店主たちが、自腹を切って買ったものや愛用品をひたすら語る、徒然お買い物リレー。今回は、河野さんが即取り扱いを決めたというフランス生まれのトマトナイフのお話。切れない、収納スペースに困る……そんなストレスから一気に解放される名品です。

186
2024年02月25日作成
河野恵美
BOWKNOT 店主
河野恵美
1979年東京生まれ。「北欧、暮らしの道具店」にてバイヤーを務めた後、2016年に器と日用品のオンラインショップ「BOWKNOT」をオープン。お店に並ぶものは自分が心から欲しいと思ったものだけをセレクト。旅と焼肉をこよなく愛する。ほんわかして見られるが、ここぞという時に発揮するフットワークの軽さには自信あり。育児と仕事の心地良いバランスを模索中。
ルックスよし、切れ味よし。フランス生まれのナイフの話 ―BOWKNOT 河野恵美さん
ルックスよし、切れ味よし。フランス生まれのナイフの話 ―BOWKNOT 河野恵美さん
最近買ったものでとても良かったのが、フランスの「トマトナイフ」です。Deglon社という調理器具の老舗メーカーのもので、あまりに使い勝手がよく、すぐに当店でも取り扱いを決めてしまったほど。

フランスのキッチンツールって食材ごとに細かく用途が使い分けられていて、美食の国フランスならではだなと感じます。ナイフひとつとっても、フロマージュナイフ・マッシュルームナイフ・オイスターナイフ……などなど、沢山の種類があって楽しいですよね。昔パリを旅したとき立ち寄った料理道具専門店で、ものすごい種類のナイフやツールが並んでいて大興奮したのを思い出します。
ルックスよし、切れ味よし。フランス生まれのナイフの話 ―BOWKNOT 河野恵美さん
こちらのトマトナイフ、刃渡11センチほどの小ぶりで軽いナイフですが、これがとても頼りになるんです。薄めのギザ刃で熟したトマトや果物も気持ちいいほどスパッと切れます。

ちゃちゃっとパンやマフィンをカットしたい時にも最適!刃の長いブレッドナイフも持ってますが、この小ぶりのナイフが手に取りやすくて切りやすいし、片付けも楽だしで本当にお気に入り。

そしてなにより、そのルックスのよさ!!刃に刻印されたロゴマークといい、ブラックの持ち手といい、本当に可愛くてカッコよくて、使うたびにちょっとうれしい気持ちにしてくれるんです。

今回紹介したアイテム

バックナンバー

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

App Store バナーGoogle Play バナー