名物店主のお買い物日記 no.48
料理家のどいちなつさんが作る癒しのドリンクの話 ―park 町田紀美子さのカバー画像

料理家のどいちなつさんが作る癒しのドリンクの話 ―park 町田紀美子さん

キナリノモールに集うストアの個性的な店主たちが、自腹を切って買ったものや愛用品をひたすら語る、徒然お買い物リレー。今回は、心も身体も癒される、暑い季節にぴったりなドリンクのお話です。

59
2022年07月25日作成
町田紀美子
park
町田紀美子
かねてよりの道具好きが高じて東京都調布市深大寺に生活道具とカフェの店「park」を始める。作り手のスピリットや背景に心動かされ、実感を持ってお勧めできるもののみ店内に並ぶ。道具なら使い勝手、身につけるものなら肌触りや着心地、潔いシンプルさと遊び心が共存するメンズライクなものが好み。音楽、映画、アート、読書、山登りが好物。好きな居場所は自宅、陽だまりのpark、平日朝イチの映画館。冬が始まる前の早朝登山路は、空気もまるごと天国だと思っている。
料理家のどいちなつさんが作る癒しのドリンクの話 ―park 町田紀美子さん
料理家のどいちなつさんが作る癒しのドリンクの話 ―park 町田紀美子さん
短すぎた梅雨、突然やってきた猛暑。38度近い日々が続いたと思ったら、また梅雨空に逆戻り。あまりの気候変動に心も体も追いつきません。

暑いとつい、即効性のある「冷たいもの」を多く摂取してしまいがち。私も本能のままに冷たいものを摂りすぎて、なんだかだるい……という苦い思いを経験済みです。冷たいものの摂りすぎは胃腸を冷やし、食べ物の消化吸収を妨げる可能性があるのだとか。これが食欲の低下につながり、夏バテしてしまう原因に。

どうやら、冷房などの外的要因による夏の冷え対策としても、内臓機能の低下を防ぐことが肝のようです。ポイントは、体内に熱を籠らせることなく、しっかり出していくこと。つまり、汗を出しやすい体に整えていくことなんですね。

そんなわけで、私が朝の習慣にしているのは、少量の「オーガニック・ジンジャー・チャイ・シロップ」をお湯で割って飲むこと。スパイスがやさしく体を巡り、スッキリと目覚めることができています。

緑に囲まれた淡路島で畑を営みながら活動している料理家のどいちなつさんが、5年もの歳月をかけて作ったシロップ。ジンジャー、カルダモン、シナモン、香辛料など、すべて有機の食材(有機JAS認証取得済み)が使われています。生姜は疲労回復・血行促進、香辛料には発汗作用や食欲増進効果が期待できると良いことずくめ。
料理家のどいちなつさんが作る癒しのドリンクの話 ―park 町田紀美子さん
とまぁ、「体のために!」みたいなことをツラツラと書いてしまいましたが、単純に、びっくりするくらいに美味しいのです。有機砂糖とスパイス類のバランスが絶妙で、「5倍希釈で」と書いてありますが、とっても濃厚なのでごく少量でもしっかりと風味を味わえます。

この時季は、炭酸やレモンを絞った水で割ったり、リンゴジュースやビール、ワインで割るのも乙。牛乳で割ればいとも簡単にスパイシーなチャイドリンクが完成します。

さらに言えばボトルがかっこいい。スパイスや植物の生命力が表現された林青那さんのイラストを、増永明子さんが活き活きとしたデザインで仕上げています。シロップを飲み切っても廃棄するのがもったいなくて、私はスパイス保存瓶として活用しているのですが、瓶が並んでいる風景もとても気に入っています。

今回紹介したアイテム

次回の“名物店主”は7/28更新予定。お楽しみに!

バックナンバー

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

App Store バナーGoogle Play バナー