おしゃれスタッフのワードローブ no.37
レイヤードが楽しめる。キャミワンピ着こなし術【yuni 堀さんのカバー画像

レイヤードが楽しめる。キャミワンピ着こなし術【yuni 堀さん】

セレクトショップやアパレルブランドのプレスやスタッフ……おしゃれの名人たちは、ふだんどんな服を着て過ごしているのでしょう?この連載では、センスが光る彼女たちのワードローブから、とっておきのアイテムをチョイス。今回は、yuniのパタンナー、堀さんがワンピースを着まわしてくれました。ご自身が担当したアイテムということで、素材やディテールのこだわりと一緒に、細部まで計算されたコーディネートをご紹介します。

187
2022年06月19日作成
堀さん
yuni パタンナー
堀さん
AMBIDEXの店舗で販売、店長を経験。お客さまと接するうちに、私もお洋服作りをしたい!と一念発起し、ショップスタッフとして日々働きながらパターンの学校に通い、勉強をスタート。昨年からパタンナーとして働き始めました。現在はyuniをメインにAMBIDEXのお洋服のパターンを作成していますが、早く一人前になれるよう修行中です。最近、猫を飼い始めたので猫の毛が目立たないよう、白っぽいカラーの服を着ることが多くなりました。

STYLE1

フェミニンなワンピをカジュアル仕様に
レイヤードが楽しめる。キャミワンピ着こなし術【yuni 堀さん】
私がパターンを担当したこともあり、思い入れのあるバックリボンのキャミワンピース。コットンボイルの涼しげな素材感と、ライラックの色味が気に入っています。この夏のワードローブのメインアイテムとしてお迎えしました。

今季のyuniでは、ライラックカラーのアイテムが人気です。ふだんは落ち着いたカラーでまとめたコーディネートが多く、ベーシックな色を購入しがちな私も、今シーズンは薄いピンクやライラックが気になったので挑戦してみました!カラーアイテムではありますが、淡い色味で馴染みやすいため、コーデにすんなり溶け込み、違和感なく着こなせました。色ものに苦手意識がある方にもおすすめです。

たっぷりとしたギャザーや華奢なストラップでレディライクなワンピースですが、カジュアルなコーディネートとも相性よし。インナーにはシンプルなボーダーTシャツ、足元はスニーカーを合わせてボーイッシュさも加えてみました。

ちなみに、淡いカラーなので愛猫の毛も目立ちにくく、そんなところも密かなお気に入りポイントだったりします。
Tシャツ/60/2ハイト天竺ボーダー Tシャツ(yuni)、中に着たパンツ/yuni、眼鏡/Ciqi、シューズ/コンバース


STYLE2

ダブルワンピのレイヤードが新鮮!
レイヤードが楽しめる。キャミワンピ着こなし術【yuni 堀さん】
こちらのキャミワンピースですが、生地を贅沢に使いつつも、シアー感たっぷりの軽い素材だから、重ね着のインナーとしても活躍します。

私は白シャツが好きで、ディテールの違うものでいろいろと集めがち。その中のひとつが、今回着たシャツワンピースです。裾にスリットが入っているので、レイヤードコーデにも◎。今まで合わせるパンツの色やシルエットに変化をつけて楽しんでいたのですが、キャミワンピのおかげで重ね着の幅が広がりました。

下にスカートを合わせると、やや重い印象に感じてしまい、ほっこりとした雰囲気になるので避けていたのですが……、このキャミワンピだと、シアー感がスパイスにもなってバランスが取りやすい!スリットからフリルが見えるように合わせました。

全身の中央にあたる位置に、アクセントとしてポシェットをプラス。ペンやケータイが入る小ぶりなポシェットは、私の必需品でもあります。こちらは、yuniオリジナルのキルティング生地を使用したもの。コーディネートをほんのりアップデートしてくれるので、商品撮影の小道具としてもちょこちょこ登場しています。かなり使い込んでいるので、自分にしっくりくる新たなポシェット探しをしないといけませんね。
シャツワンピース/fig London、バッグ/yuni、サンダル/que

今回着まわしたアイテム

バックナンバー

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア