おしゃれスタッフのワードローブ no.31
半袖シャツの爽やかな着こなしテク【entwa 田代さんのカバー画像

半袖シャツの爽やかな着こなしテク【entwa 田代さん】

セレクトショップやアパレルブランドのプレスやスタッフ……おしゃれの名人たちは、ふだんどんな服を着て過ごしているのでしょう?この連載では、センスが光る彼女たちのワードローブから、とっておきのアイテムをチョイス。今回は、シンプルながらも細部にまでこだわったデザインの半袖シャツをご紹介。夏らしい爽やかな着こなしについて、entwaの田代さんが教えてくれました。

153
2022年05月29日作成
田代朋子さん
entwa 東京店スタッフ
田代朋子さん
綺麗めなワンピースからカジュアルなパンツスタイルまで幅広いコーディネートを楽しんでいます。シンプルな中にちょっとした遊び心を入れるように日々コーディネートを模索中。小物などでアクセントをつけるのも大好きです。

STYLE1

軽やかな着心地♪大人なスカートコーデ
半袖シャツの爽やかな着こなしテク【entwa 田代さん】
entwaの新作“ダッチカラーシャツ”が主役のコーディネートです。
「大人の日常着にぴったり」
目指したのは、そんな半袖シャツでした。襟の形や首への沿い方、肩の落ち具合いや袖の小さなスリットなど、何度も試作を重ねたアイテムで、色違い、生地違いで何枚も欲しくなります。

25/1リネンという太めの糸を用い、ゆっくり時間をかけて染めたこだわりのリネン生地。そこに凹凸感のある、ナチュラルな雰囲気のワッシャー加工を施しています。ふっくらとした風合いで自然なシワ感が楽しめ、スカートにもパンツにも合わせやすいトップスです。

合わせたチェック柄のスカートはシルクコットン生地。シックな色味ですが薄手で軽やかな着心地なので、重たい印象にならず、これからの季節にぴったり。歩いたときのさらっとした揺れ感もお気に入りのポイントです。

5月も間もなく終わり、さらに夏へと近づいてきました。コーディネートにも麦わら帽子とサンダルで、爽やかさをプラス。サンダルは素足はもちろん、今の季節はよく靴下と合わせて履いています。トップスと色を合わせて、ベージュの靴下を。このシャツはカラー靴下とも相性抜群なので、気分に合わせて足元も変えて楽しんでいます。
ボトムスと帽子/ともにヴィンテージ、靴/HEIDI(NAOT)

STYLE2

異なる素材感でコーデに奥行きを
半袖シャツの爽やかな着こなしテク【entwa 田代さん】
半袖アイテムを選ぶ際、私がチェックするのは袖の丈感。短すぎるとカジュアルさが強くなってしまい、合わせる洋服も限られてしまう気がして。その点、ダッチカラーシャツの袖は少し長めなので私の好みです。着るときに袖を少し折って、より抜け感のあるムードにしたりと、コーデに合わせてアレンジしています。細部で色々アレンジできると気分も上がりますよね!

また、洋服を選ぶときに忘れないようにしたいのは「後ろから見たとき」のこと。自分ではなかなか見ることはないですが、ほかの人にはしっかり見える後ろ姿……。このシャツは背中に、さりげなくタックが入っているから、ゆったりとした着心地ながらも、きちんと表情のあるバックスタイルに。のっぺりとした印象にならないところも気に入っています。

合わせたパンツはentwaの“SASHIKO ワイドパンツ”。道着にも使われる、刺し子生地を使用しています。トップスは馴染みやすくシンプルなリネン生地を選んだので、ボトムスでは独特なテクスチャーの刺し子生地を合わせて遊び心を。コーデに統一感を出すために上下同じ素材で揃えることもありますが、今回は、トップスとボトムスの表情の違いが面白いと思い、麻と綿の組み合わせをセレクトしました。
パンツ/SASHIKO ワイドパンツ・ロング(entwa)、イヤリング/ヴィンテージ、スカーフ/日下明×entwa コラボレーションスカーフ(entwa)、靴/IRIS(NAOT)

今回着まわしたアイテム

ご紹介した同モデルの素材違いも人気!軽やかな素材のタイプライター生地もチェック♪

バックナンバー

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

App Store バナーGoogle Play バナー