デニムワンピースの春夏秋冬コーデ。羽織りや重ね着で1年中着回そう

デニムワンピースの春夏秋冬コーデ。羽織りや重ね着で1年中着回そう

デニムワンピースは、1枚で着るのはもちろん、着こなし次第で1年中活躍するアイテム。下にパンツやスカートを合わせたり、上に羽織りをプラスしてレイヤードを楽しんだり。そこで今回は、デニムワンピースを使った春夏秋冬の素敵コーデをご紹介。ぜひ着回しの参考にしてみてくださいね。2023年12月07日更新

カテゴリ:
ファッション
キーワード
ワンピースデニムワンピース着こなしコーディネート重ね着
お気に入り数332

着回しアレンジが楽しい「デニムワンピース」

デニムワンピースの春夏秋冬コーデ。羽織りや重ね着で1年中着回そう
出典:
デニム素材のアイテムは、オールシーズン使える定番。どんなスタイルにも馴染み、時代や季節問わず着回せるのが大きな魅力。今回は「デニムワンピース」の特集です。重ね着や小物でアレンジしたり、季節感あるコーディネートを楽しみましょう。

目次

【春】デニムワンピースが主役の着こなしコーデ

ハットをプラスした大人ガーリーコーデ

綿麻デニム生地のロングワンピース。シンプルなデザインは、ファッション小物でアクセントを加えましょう。ナチュラルハットと赤のストラップシューズで、大人ガーリースタイルに。
出典:

綿麻デニム生地のロングワンピース。シンプルなデザインは、ファッション小物でアクセントを加えましょう。ナチュラルハットと赤のストラップシューズで、大人ガーリースタイルに。

タイトなデニムワンピを大人カジュアルに

細めですっきりとしたデニムワンピースも、春は1枚で着るのがおすすめです。ふんわりシルエットと比べると大人っぽい印象に。袖をまくってみたり、キャップやアクセサリーでアクセントをつけましょう。
出典:

細めですっきりとしたデニムワンピースも、春は1枚で着るのがおすすめです。ふんわりシルエットと比べると大人っぽい印象に。袖をまくってみたり、キャップやアクセサリーでアクセントをつけましょう。

白トップス×デニムワンピースで上品カジュアル

デザインに個性のあるシャツやブラウスなら、デニムワンピースは引き立て役として使ってみましょう。ホワイトカラーのトップスと濃いめのインディゴデニムは、1年を通して定番の組み合わせ。シンプルでありながら、簡単に上品なカジュアルコーデが完成します。
出典:

デザインに個性のあるシャツやブラウスなら、デニムワンピースは引き立て役として使ってみましょう。ホワイトカラーのトップスと濃いめのインディゴデニムは、1年を通して定番の組み合わせ。シンプルでありながら、簡単に上品なカジュアルコーデが完成します。

シンプルなフレアワンピース×カラー靴下

ふんわりとしたシルエットのデニムワンピースに、淡いグリーン色のソックスを合わせて春らしい優しい雰囲気に。足元はレザーシューズで引き締めても、スニーカーでカジュアルダウンしてもOK。髪はシンプルに、すっきりまとめるとバランスが良いです。
出典:

ふんわりとしたシルエットのデニムワンピースに、淡いグリーン色のソックスを合わせて春らしい優しい雰囲気に。足元はレザーシューズで引き締めても、スニーカーでカジュアルダウンしてもOK。髪はシンプルに、すっきりまとめるとバランスが良いです。

季節の変わり目にはニットベストを上に

まだ肌寒い季節の変わり目は、ニットベストを重ね着しましょう。オフホワイトなど明るめのカラーで、薄手のハイゲージタイプがおすすめです。
出典:

まだ肌寒い季節の変わり目は、ニットベストを重ね着しましょう。オフホワイトなど明るめのカラーで、薄手のハイゲージタイプがおすすめです。

シャツをインしてカジュアルに、レジャーも街歩きも◎

春の定番トップスのひとつが、薄手のきれいめシャツ。羽織として使うシーンも多いですが、ジャンパースカートタイプやキャミソールタイプのワンピースにインするのもおすすめです。ちょっとしたレジャーシーンや街歩きに似合う、ほどよくカジュアルな印象に。
出典:

春の定番トップスのひとつが、薄手のきれいめシャツ。羽織として使うシーンも多いですが、ジャンパースカートタイプやキャミソールタイプのワンピースにインするのもおすすめです。ちょっとしたレジャーシーンや街歩きに似合う、ほどよくカジュアルな印象に。

シアートップス×デニムワンピでトレンド感を

トレンドのシアートップスをインしたデニムワンピースコーデ。透け感がヘルシーで、一気に今っぽいスタイリングに仕上がります。パステルグリーンのバッグで春らしさを加えて。
出典:

トレンドのシアートップスをインしたデニムワンピースコーデ。透け感がヘルシーで、一気に今っぽいスタイリングに仕上がります。パステルグリーンのバッグで春らしさを加えて。

ボーダー×デニムのモノトーンコーデ

デニム×ボーダーは、王道の組み合わせ。カジュアルなアイテムもモノトーンカラーでまとめることで大人っぽい印象に。足元のホワイトグルカサンダルが新鮮です。
出典:

デニム×ボーダーは、王道の組み合わせ。カジュアルなアイテムもモノトーンカラーでまとめることで大人っぽい印象に。足元のホワイトグルカサンダルが新鮮です。

シンプルコーデは小物使いでアクセント

1枚でデニムワンピースを着る日は、小物使いで個性を出してみましょう。例えば、天然素材のハットやバッグをアクセントに。さらに、赤ソックスの差し色で、メリハリのある着こなしが叶います。
出典:

1枚でデニムワンピースを着る日は、小物使いで個性を出してみましょう。例えば、天然素材のハットやバッグをアクセントに。さらに、赤ソックスの差し色で、メリハリのある着こなしが叶います。

デニムキャミワンピに羽織りで簡単レイヤード

袖のないデニムワンピースは、羽織りとセットなら夏以外の季節も着回しができます。春なら薄手のジャケットやシャツと組み合わせてみましょう。デニムワンピースの丈に合わせて、バランスよくスタイリングして。
出典:

袖のないデニムワンピースは、羽織りとセットなら夏以外の季節も着回しができます。春なら薄手のジャケットやシャツと組み合わせてみましょう。デニムワンピースの丈に合わせて、バランスよくスタイリングして。

ボーダーTとスニーカーでボーイッシュに

青色ボーダーTシャツをインナーとしてレイヤードしたコーディネート。キャップとごつめのスニーカーでボーイッシュに仕上げています。
出典:

青色ボーダーTシャツをインナーとしてレイヤードしたコーディネート。キャップとごつめのスニーカーでボーイッシュに仕上げています。

紫外線対策できるスカーフ×デニムシャツワンピ

デニムワンピースコーデの首元にスカーフやストールを巻くのもアイデア。春は紫外線や寒暖差が気になる季節。そんな季節特有のお悩みを対策しつつ、手軽におしゃれに見せることができます。
出典:

デニムワンピースコーデの首元にスカーフやストールを巻くのもアイデア。春は紫外線や寒暖差が気になる季節。そんな季節特有のお悩みを対策しつつ、手軽におしゃれに見せることができます。

ブラックデニムのキャミソールワンピースに、白インナーを合わせたモノトーンスタイル。花柄のロングスカーフの長めに結んで、後姿のおしゃれなアクセントに。
出典:

ブラックデニムのキャミソールワンピースに、白インナーを合わせたモノトーンスタイル。花柄のロングスカーフの長めに結んで、後姿のおしゃれなアクセントに。

大人可愛いデニムワンピ×柄物コーデ

デニムジャンパースカートのインナーに柄Tシャツを合わせたコーデ。頭にヘアターバンを巻いてアクセントに。ピクニックに行きたくなるような、楽しいコーディネートです。
出典:

デニムジャンパースカートのインナーに柄Tシャツを合わせたコーデ。頭にヘアターバンを巻いてアクセントに。ピクニックに行きたくなるような、楽しいコーディネートです。

40代・50代にも◎白レギンス×デニムワンピ

ゆったりシルエットや着丈の短いデニムワンピースは、日焼けが気になる方も多いはず。レギンスを履くと、着膨れせずに肌の露出を抑えることができます。肌見せを控えたい40代・50代の方にもおすすめです。薄めカラーのデニムワンピースと白のレギンスなら、春らしい爽やかな印象に。
出典:

ゆったりシルエットや着丈の短いデニムワンピースは、日焼けが気になる方も多いはず。レギンスを履くと、着膨れせずに肌の露出を抑えることができます。肌見せを控えたい40代・50代の方にもおすすめです。薄めカラーのデニムワンピースと白のレギンスなら、春らしい爽やかな印象に。

【夏】デニムワンピースの爽やかコーデ

白Tシャツ×デニムワンピースの王道カジュアル

オールシーズン使える白トップスとデニムのコーディネート。夏はロゴTで、とことんカジュアルに着こなしてみましょう。足元はスポーティーなサンダルやスニーカーでアクティブに。
出典:

オールシーズン使える白トップスとデニムのコーディネート。夏はロゴTで、とことんカジュアルに着こなしてみましょう。足元はスポーティーなサンダルやスニーカーでアクティブに。

淡色デニムワンピース×白アイテム

夏は淡色のデニムワンピースがおすすめです。スリット入りで抜け感をプラス。白ベースのボーダーカーディガンを肩掛けして、ホワイトのミュールで爽やかにまとめています。
出典:

夏は淡色のデニムワンピースがおすすめです。スリット入りで抜け感をプラス。白ベースのボーダーカーディガンを肩掛けして、ホワイトのミュールで爽やかにまとめています。

黒デニムワンピの大人カジュアルコーデ

ブラックデニムは、ネイビーやブルー系と比べてきれいめな雰囲気を演出することができます。インナーにボーダーのノースリーブトップスを、小物はかごバッグ&サンダルを合わせて大人っぽく涼しげに。
出典:

ブラックデニムは、ネイビーやブルー系と比べてきれいめな雰囲気を演出することができます。インナーにボーダーのノースリーブトップスを、小物はかごバッグ&サンダルを合わせて大人っぽく涼しげに。

ゆったり白デニムワンピは柄インナーで引き締めて

ゆったりとしたシルエットのデニムワンピースは、涼しく快適に過ごせる一方で着太りする可能性も。特に白デニムは膨張しやすいので、工夫が必要です。インナーにモノトーンの柄物トップスを合わせたり、ダークカラーの小物をプラスすることで、メリハリのある着こなしが叶います。
出典:

ゆったりとしたシルエットのデニムワンピースは、涼しく快適に過ごせる一方で着太りする可能性も。特に白デニムは膨張しやすいので、工夫が必要です。インナーにモノトーンの柄物トップスを合わせたり、ダークカラーの小物をプラスすることで、メリハリのある着こなしが叶います。

デニムジャンパースカートをフェミニンに

深めのVラインが印象的なデニムジャンパースカート。ウエストのタックデザインがスタイルアップを叶えます。カットオフされた裾のフリンジがニュアンスをプラス。黒のチョーカーとストラップサンダルでフェミニン&クールに決めて・
出典:

深めのVラインが印象的なデニムジャンパースカート。ウエストのタックデザインがスタイルアップを叶えます。カットオフされた裾のフリンジがニュアンスをプラス。黒のチョーカーとストラップサンダルでフェミニン&クールに決めて・

ビビッドカラーTシャツ×デニムワンピース

鮮やかなオレンジ色のトップスをインナーとしてレイヤードしたコーディネート。普段あまり派手な色は着ないという方も、デニムジャンパースカートとのレイヤードならチャレンジしやすいのではないでしょうか。ポップなカラーと波打つ袖がアクセント。
出典:

鮮やかなオレンジ色のトップスをインナーとしてレイヤードしたコーディネート。普段あまり派手な色は着ないという方も、デニムジャンパースカートとのレイヤードならチャレンジしやすいのではないでしょうか。ポップなカラーと波打つ袖がアクセント。

Tシャツ×キャミソールデニムワンピ

キャミソールタイプのデニムワンピースは、Tシャツをちらりと覗かせるレイヤードコーディネートがおすすめ。スニーカーやカジュアルなサンダルと合わせれば、アクティブに動きたい日にもぴったりです。
出典:

キャミソールタイプのデニムワンピースは、Tシャツをちらりと覗かせるレイヤードコーディネートがおすすめ。スニーカーやカジュアルなサンダルと合わせれば、アクティブに動きたい日にもぴったりです。

ノースリーブで20代らしい肌見せを楽しむのも◎

日焼けが気になる夏ですが、肌見せを楽しめる季節でもあります。特に猛暑の日はノースリーブワンピースに挑戦してみませんか?10代・20代の若い方はもちろん、30代・40代の方は黒デニムを選ぶと大人っぽいです。インナーに同色のタンクトップをインしたり、カーディガンをたすき掛けして肌見せを調節するとこなれ感もアップします。
出典:

日焼けが気になる夏ですが、肌見せを楽しめる季節でもあります。特に猛暑の日はノースリーブワンピースに挑戦してみませんか?10代・20代の若い方はもちろん、30代・40代の方は黒デニムを選ぶと大人っぽいです。インナーに同色のタンクトップをインしたり、カーディガンをたすき掛けして肌見せを調節するとこなれ感もアップします。

50代・60代にも◎締め付けがなく涼しいレイヤードスタイル

暑い日の外出でどうしても気になるのが、汗で蒸れる不快感。薄手でワイドシルエットのデニムワンピースとボトムスを組み合わせれば、締め付けもなく安心です。体型が気になる方や、50代・60代の方でも動きやすいコーディネートに。ちょっとした買い物にぴったりのリラックスな着こなしです。
出典:

暑い日の外出でどうしても気になるのが、汗で蒸れる不快感。薄手でワイドシルエットのデニムワンピースとボトムスを組み合わせれば、締め付けもなく安心です。体型が気になる方や、50代・60代の方でも動きやすいコーディネートに。ちょっとした買い物にぴったりのリラックスな着こなしです。

【秋】重ね着&小物使いのデニムワンピースコーデ

秋色トップス×デニムワンピースで季節感を

ブラウン系カラーのブラウスとデニムワンピースを組み合わせたコーデ。落ち着いたカラーで全身まとめることで、秋らしいシックな装いが完成。ショート丈のアウターを羽織れば、冬も着回し可能です。
出典:

ブラウン系カラーのブラウスとデニムワンピースを組み合わせたコーデ。落ち着いたカラーで全身まとめることで、秋らしいシックな装いが完成。ショート丈のアウターを羽織れば、冬も着回し可能です。

デニムジャンパースカート×リブニット

深めのVデザインのデニムジャンパースカート。ハイネックのリブニットを合わせて秋モード。ロング丈のタイトシルエットなので、大人っぽく決まります。
出典:

深めのVデザインのデニムジャンパースカート。ハイネックのリブニットを合わせて秋モード。ロング丈のタイトシルエットなので、大人っぽく決まります。

ベストで着こなしに変化をつける

ワンピースは1枚でシンプルに着るスタイルが好き、でもマンネリになりがち……という方におすすめなのが、ベストを取り入れたコーディネートです。キルティングやニットなど、デニムと異素材を合わせるといつものワンピースに変化が生まれます。
出典:

ワンピースは1枚でシンプルに着るスタイルが好き、でもマンネリになりがち……という方におすすめなのが、ベストを取り入れたコーディネートです。キルティングやニットなど、デニムと異素材を合わせるといつものワンピースに変化が生まれます。

黒デニムワンピースのドレッシースタイル

シルク混の上質なデニムワンピースに、ラメ靴下とファーシューズでドレッシーに仕上げています。小物類をブラウン系でまとめ色数を抑えることで、シックで上品な雰囲気です。
出典:

シルク混の上質なデニムワンピースに、ラメ靴下とファーシューズでドレッシーに仕上げています。小物類をブラウン系でまとめ色数を抑えることで、シックで上品な雰囲気です。

デニムフリルワンピに秋色ニットを重ね着

デニムジャンパースカートに、テラコッタカラーのニットを合わせて。袖のリブが長めのデザインが今っぽく、ブラウジングするとふんわりシルエットが楽しめます。レザーのブーツとバッグでクールに。
出典:

デニムジャンパースカートに、テラコッタカラーのニットを合わせて。袖のリブが長めのデザインが今っぽく、ブラウジングするとふんわりシルエットが楽しめます。レザーのブーツとバッグでクールに。

ショート丈カーディガンを羽織ってスタイルアップ

マキシ丈のデニムワンピースは、身長が低めだとバランスが取りづらいアイテム。ショート丈のカーディガンを羽織れば、腰の位置が高く見えます。さらに、厚底ブーツでスタイルアップ効果を狙いましょう。
出典:

マキシ丈のデニムワンピースは、身長が低めだとバランスが取りづらいアイテム。ショート丈のカーディガンを羽織れば、腰の位置が高く見えます。さらに、厚底ブーツでスタイルアップ効果を狙いましょう。

淡色デニムシャツワンピを小物で秋らしく

爽やかなイメージが強い淡色のデニムシャツワンピース。黒のロングワンピースとレイヤードして、グレーのマフラーを巻けば一気に秋冬モードに。下のボタンを開けてバランスを調整するのがポイントです。
出典:

爽やかなイメージが強い淡色のデニムシャツワンピース。黒のロングワンピースとレイヤードして、グレーのマフラーを巻けば一気に秋冬モードに。下のボタンを開けてバランスを調整するのがポイントです。

デニムワンピの羽織りにニットカーディガン

デニムシャツワンピースに、グリーン色のニットカーディガンを羽織って。足元を白ソックス&ローファーでまとめた、プレッピースタイルです。上着は少し大きめサイズを選びましょう。
出典:

デニムシャツワンピースに、グリーン色のニットカーディガンを羽織って。足元を白ソックス&ローファーでまとめた、プレッピースタイルです。上着は少し大きめサイズを選びましょう。

Aラインシルエットでリラックス感を演出

シンプルなAラインのデニムワンピースは、寒い季節もスカートやボトムスとのレイヤードに使いやすいアイテムです。ワイドボトムスと組み合わせば、大人リラックススタイルに。肩掛けカーディガンと靴下の赤がワンポイント。
出典:

シンプルなAラインのデニムワンピースは、寒い季節もスカートやボトムスとのレイヤードに使いやすいアイテムです。ワイドボトムスと組み合わせば、大人リラックススタイルに。肩掛けカーディガンと靴下の赤がワンポイント。

デニムワンピにストライプブラウスを重ね着

肩部分がフリルになったデニムワンピース。インナーにストライプブラウスを合わせてすっきりとした印象に。キャメル色のレザーバッグが秋らしいアクセントです。
出典:

肩部分がフリルになったデニムワンピース。インナーにストライプブラウスを合わせてすっきりとした印象に。キャメル色のレザーバッグが秋らしいアクセントです。

ベレー帽×デニムシャツワンピのレイヤードスタイル

デニムシャツワンピースに黒スキニーパンツを合わせたマニッシュコーデ。艶感のあるローファーがかっこよく、赤色ソックスで差し色をプラスしています。
出典:

デニムシャツワンピースに黒スキニーパンツを合わせたマニッシュコーデ。艶感のあるローファーがかっこよく、赤色ソックスで差し色をプラスしています。

Gジャン×キャミワンピのデニムONデニム

デニムアイテム同士を組み合わせる場合は、同じ色味にするのがポイントです。インナーと足元に白を効かせて抜け感を演出。ヒョウ柄のストラップシューズで秋らしいエッセンスを加えています。
出典:

デニムアイテム同士を組み合わせる場合は、同じ色味にするのがポイントです。インナーと足元に白を効かせて抜け感を演出。ヒョウ柄のストラップシューズで秋らしいエッセンスを加えています。

きれいめジャケット×デニムワンピース

秋のアウターのひとつとして人気のあるきれいめジャケット。ロング丈のデニムワンピースと組み合わせると、ほどよく着崩すことができます。足元はパンプスやローファーで引き締めて。
出典:

秋のアウターのひとつとして人気のあるきれいめジャケット。ロング丈のデニムワンピースと組み合わせると、ほどよく着崩すことができます。足元はパンプスやローファーで引き締めて。

ニット帽&チェックストールのあったか小物

シンプルなデニムワンピースは、ファッション小物で季節感をプラスしましょう。大きめのぽんぽん付きのニット帽をワンポイントに。大判のチェックストールは、首元に巻いたり、ショールのように羽織ったり1枚あると万能です。
出典:

シンプルなデニムワンピースは、ファッション小物で季節感をプラスしましょう。大きめのぽんぽん付きのニット帽をワンポイントに。大判のチェックストールは、首元に巻いたり、ショールのように羽織ったり1枚あると万能です。

膝丈ミニデニムワンピはロングブーツで

膝丈ミニデニムワンピースを大人が着るなら、ロングブーツと合わせましょう。脚の見せる面積を減らすことでハードルがグンと下がります。オーバーサイズが今っぽく、黒のロングブーツは引き締め効果も◎
出典:

膝丈ミニデニムワンピースを大人が着るなら、ロングブーツと合わせましょう。脚の見せる面積を減らすことでハードルがグンと下がります。オーバーサイズが今っぽく、黒のロングブーツは引き締め効果も◎

【冬】羽織りもの&アウターのデニムワンピコーデ

ユニクロのトレンチコート×デニムワンピース

ユニクロUのデニムワンピースに、同じくユニクロのトレンチコートを羽織った秋のトラッドスタイル。ハイネックインナーを重ね着して暖かく。ワンピのボタンが縦ラインを強調しすっきりと見せます。
出典:

ユニクロUのデニムワンピースに、同じくユニクロのトレンチコートを羽織った秋のトラッドスタイル。ハイネックインナーを重ね着して暖かく。ワンピのボタンが縦ラインを強調しすっきりと見せます。

ミリタリーコート×デニムワンピース

ミリタリーコートやエンジニアブーツ、キャップなど、メンズライクな要素を盛り込んだデニムワンピースコーデ。ロング丈の場合は、アウターとの丈感のバランスに気をつけて。
出典:

ミリタリーコートやエンジニアブーツ、キャップなど、メンズライクな要素を盛り込んだデニムワンピースコーデ。ロング丈の場合は、アウターとの丈感のバランスに気をつけて。

キルティングブルゾン×白デニムワンピ

白デニムワンピースを冬に着るなら、ウォーム感のある素材や色を取り入れるのがコツ。キルティングブルゾンをラフに羽織ったカジュアルコーデ。キャップとスニーカーをオレンジブラウンで統一しています。
出典:

白デニムワンピースを冬に着るなら、ウォーム感のある素材や色を取り入れるのがコツ。キルティングブルゾンをラフに羽織ったカジュアルコーデ。キャップとスニーカーをオレンジブラウンで統一しています。

ロングコートを羽織って大人っぽく

ライトグレーのデニムシャツワンピースにスモーキーグリーンのロングコートを羽織ったスタイリング。ニュアンスカラーの組み合わせが洗練された印象を与えます。
出典:

ライトグレーのデニムシャツワンピースにスモーキーグリーンのロングコートを羽織ったスタイリング。ニュアンスカラーの組み合わせが洗練された印象を与えます。

ニットジャケットのフェミニンカジュアル

デニムジャンパースカートにハイネックトップスをインして、きれいめなニットジャケットを羽織っています。タイトなシルエットだと大人っぽくすっきり見えますね。
出典:

デニムジャンパースカートにハイネックトップスをインして、きれいめなニットジャケットを羽織っています。タイトなシルエットだと大人っぽくすっきり見えますね。

デニムシャツワンピ×ポンチョ風ショール

木枯らしが吹く季節は、重ね着がマスト。白インナーを首元と袖口から覗かせて。チェックのポンチョショールに足元は防寒ブーツで、暖かくおしゃれにお出かけしましょう。
出典:

木枯らしが吹く季節は、重ね着がマスト。白インナーを首元と袖口から覗かせて。チェックのポンチョショールに足元は防寒ブーツで、暖かくおしゃれにお出かけしましょう。

キルティングダウンコート×黒デニムワンピ

ブラックデニムのロングワンピースに、ライトカーキのキルティングダウンコートを羽織って。アウターの長さがしっかりあるので防寒対策もばっちり。エコファーのバッグが大人可愛いワンポイントです。
出典:

ブラックデニムのロングワンピースに、ライトカーキのキルティングダウンコートを羽織って。アウターの長さがしっかりあるので防寒対策もばっちり。エコファーのバッグが大人可愛いワンポイントです。

人気ブランドのデニムワンピをチェック!

デニムワンピースをいろんな着回しで

デニムワンピースの春夏秋冬コーデ。羽織りや重ね着で1年中着回そう
出典:
さまざまなスタイリングで活躍するデニムワンピースは、あなたのお気に入りのワードローブになること間違いなし!春夏秋冬の季節に合わせて、着こなしを工夫しておしゃれに楽しんでくださいね。
キナリノモール
ファッション通販ZOZOTOWN
▼デニムアイテムが気になる方は、こちらの記事もチェック!
大人リラックスな「デニムワイドパンツ」おすすめ&最旬コーデ
大人リラックスな「デニムワイドパンツ」おすすめ&最旬コーデ

カジュアル派の定番アイテムといえばデニム。中でもデニムワイドパンツは、ゆったりとした穿き心地と脚のラインをカバーできることから大人の女性に人気です。丈感やデザインによっても印象が変わるので、タイプ違いで持っていると便利。今回は、大人向けの着こなしのコツをはじめ、デザイン別のおすすめアイテム&おしゃれコーデをご紹介します。

テイストを選ばず使える。大人におすすめの「デニムジャケット」カタログ
テイストを選ばず使える。大人におすすめの「デニムジャケット」カタログ

コーデのテイストを選ばずにサッと羽織れるデニムジャケットは、秋冬の大人コーデの強い味方。今回は大人コーデにおすすめなデニムジャケットを、ネイビー・ブルー・白系の3カラーに分けてご紹介します。デニムジャケットは色を変えるだけで雰囲気がガラリと変わるアイテムなので、ぜひお好みのカラーを見つけてみてくださいね。

冬コーデもおまかせ。「デニム」を上品カジュアルに着こなすヒント
冬コーデもおまかせ。「デニム」を上品カジュアルに着こなすヒント

1年中おしゃれを楽しめるファッションアイテムといえば、デニム!カジュアルで動きやすく、普段の着こなしにぴったりですよね。しかし、カジュアルになりすぎて子どもっぽく見えたり、垢抜けなかったりと、上品に着こなすのが難しいと感じる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、大人女子におすすめしたいデニムを使った冬の上品コーデをまとめてご紹介します。きれいめなデニムコーデに挑戦したい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

デニムが気持ちいい季節に*【種類別】動きやすいカジュアルデニムコーデ
デニムが気持ちいい季節に*【種類別】動きやすいカジュアルデニムコーデ

コーデに合わせやすく、着心地もよく、アクティブに動きやすいなど…、さまざまな理由から愛用率の高いデニム。そんなクローゼットの定番アイテムであるデニムを種類別に分けてそれぞれコーデをご紹介していきます。今年の春は、着こなしたい雰囲気に合わせてデニムを使い分けてみませんか?

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

App Store バナーGoogle Play バナー