おしゃれスタッフのワードローブ no.30
異なるスタイルで着まわすロゴTシャツ【ストラトビー 上ノ坊さんのカバー画像

異なるスタイルで着まわすロゴTシャツ【ストラトビー 上ノ坊さん】

セレクトショップやアパレルブランドのプレスやスタッフ……おしゃれの名人たちは、ふだんどんな服を着て過ごしているのでしょう?この連載では、センスが光る彼女たちのワードローブから、とっておきのアイテムをチョイス。今回着まわすのは、シンプルながらも目を惹くロゴシャツ。STRATO Bee・上ノ坊さんが、お得意のボーイッシュなコーデと女性らしいワンピコーデの異なる2スタイルで着こなしてくれました。

251
2022年05月27日作成
上ノ坊樹さん
STRATO Bee スタッフ
上ノ坊樹さん
オンラインストアや店舗での業務、SNSの更新などを担当しています。喫茶店や町の定食屋さんで美味しいものを食べることが好きです。ミリタリーアイテムが好きなので年中オリーブやカーキが全身のどこかにいます。

STYLE1

白をキーカラーにしたパンツコーデ
異なるスタイルで着まわすロゴTシャツ【ストラトビー 上ノ坊さん】
暑くなったりちょっと肌寒くなったり、気温差がある今の季節は、7分袖のトップスがちょうどいいです。
今回着まわした「FilMelange」の“ELLA”は、ムラのある細目の糸を使い絶妙な密度で編み立てられた生地に、擦れたような味わいのあるロゴプリントが施されたデザイン。ヴィンテージTシャツのような雰囲気と、配色に一目惚れしました。

個人的に、最近はどこか懐かしい配色のボーダーやレトロなロゴが好みだったから、ドンピシャなアイテムです。喫茶店やごはん屋さんもレトロ可愛い看板が気になるので、洋服に限らずそんな気分なのだと思います(笑)。

まずは、私のワードローブの中でも出番が多い、オリーブ色のパンツにタックインスタイル。合わせた60年代のジャングルファティーグパンツは軽めのリップストップ生地なので、春から秋にかけてよく着ています。ロゴTシャツがほどよくすっきりとしたサイズ感だから、太めのパンツとも相性バッチリでした。

ふだんは、きれいめのトップスやシャツを合わせるときは、レザーベルトでカッチリとした印象にすることが多いのですが、このTシャツやカジュアルなアイテムでは、パンツのサイドのアジャスターをギュッと絞って着こなします。

重たい印象にならないよう、帽子や足元は明るいカラーでまとめました。Tシャツのロゴに揃えて、ハットも白地のものに。
パンツ/ヴィンテージ、ハット/orSlow、サンダル/Zurich Soft Footbed(BIRKENSTOCK)

STYLE2

上品なキャミドレスをカジュアルダウン
異なるスタイルで着まわすロゴTシャツ【ストラトビー 上ノ坊さん】
この日は、メンズライクなスタイリングが好みな私にとって、少しチャレンジになるフェミニンなキャミソールドレスを合わせてみました。

「unfil」のキャミソールドレスは、華奢な肩ひもと裾に向けて広がったシルエットが上品なデザイン。洗いざらしでも様になる風合いで、着るほどに味わいが増す逸品です。そんなフェミニンなワンピを、ロゴTシャツと合わせてカジュアルダウンしました。

7分袖なら手首が見えることで抜け感が生まれ、半袖Tシャツに比べてカジュアル過ぎない雰囲気に。キャミソールドレスとバランスよくまとまりました。

スポーツサンダルや「THE NORTH FACE」のバッグもカジュアルなものですが、黒で統一してスタイリッシュな印象に。このロゴTシャツのようにトップスに色があるときは、小物類はモノトーンにしてコーデをまとめることが多いです。

こちらの「chaco」のスポーツサンダルとソックスの組み合わせは、ラクチンと可愛いを両立。以前、スタッフの落合も紹介したように、STRATO Beeの定番になっています。スタッフ全員でかぶってしまったり、お客さまとお揃いになったり……、STRATO Beeあるあるです(笑)。
ワンピース/chambray weather-cloth camisole dress(unfil)、サンダル/chaco、バッグ/THE NORTH FACE

今回着まわしたアイテム

バックナンバー

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

App Store バナーGoogle Play バナー