おしゃれスタッフのワードローブ no.49
コーデが重くならない、ブラックスカートの着こなし術【entwa 田代さんのカバー画像

コーデが重くならない、ブラックスカートの着こなし術【entwa 田代さん】

セレクトショップやアパレルブランドのプレスやスタッフ……おしゃれの名人たちは、ふだんどんな服を着て過ごしているのでしょう?この連載では、センスが光る彼女たちのワードローブから、とっておきのアイテムをチョイス。今回は、涼し気に着こなせるブラックスカートをご紹介。シンプルながらも、ディテールや差し色にentwa・田代さんの着こなしテクが満載です。

206
2022年07月31日作成
田代朋子さん
entwa 東京店スタッフ
田代朋子さん
綺麗めなワンピースからカジュアルなパンツスタイルまで幅広いコーディネートを楽しんでいます。シンプルな中にちょっとした遊び心を入れるように日々コーディネートを模索中。小物などでアクセントをつけるのも大好きです。

STYLE1

リネンで合わせた上品ナチュラルな装い
コーデが重くならない、ブラックスカートの着こなし術【entwa 田代さん】
この日の主役に選んだボックスタックスカートは、リネンの持つやさしい風合いが楽しめるヘビーリネンツイルシリーズ。通気性は保ちつつ、ふっくらとした柔らかい着心地が魅力のアイテムです。

身長164㎝の私が着るとくるぶしくらいのドレッシーなマキシ丈で、コーディネートをワンランク格上げしてくれるお気に入りの一着です。ドレスライクですが、広がりすぎないシルエットなので、日常使いにもぴったり。仕事で立ったり座ったりの動作が多いですが、ストンと落ちたシンプルな形なので脚さばきもいいです。

また、糸をふんだんに使っているから丈夫な点も魅力のひとつ。好きな服は長く着続けたいので、私にとって丈夫かどうかは服選びをする際の重要なポイント。何度も洗濯をしていますが、きれいなハリ感を保ちつつ、だんだんと柔らかい肌触りになるところも気に入っています。

トップスは同じリネン素材のブラウスをチョイス。同素材で組み合わせることで、コーディネートに統一感が。このブラウスは袖部分に丸みがあり、肩の形をきれいに見せてくれます。

アクセサリーをプラスしてブラウンのサンダルを合わせれば、より夏らしいリネンコーデの完成です。
ブラウス・ネックレス/ともにヴィンテージ、サンダル/SABRINA (NAOT)

STYLE2

差し色が効いた夏のブラックコーデ
コーデが重くならない、ブラックスカートの着こなし術【entwa 田代さん】
この日はブラックコーデに。夏は明るい色味の洋服を手に取ることが多いのですが、以前街中で見かけた女性のオールブラックコーデがとてもかっこよく、お気に入りのリネンアイテムを使って挑戦してみました。

「夏に黒の服って暑そうに見えないかな……?」と少し不安でしたが、涼しげなリネン素材のおかげで想像以上に軽やかな印象に!

スカートは、真っ黒ではなく少し赤みのある柔らかいブラック。自然光の下で見るとより体感できます。そのためトップスに同系色を合わせても、重たくなりすぎず夏の装いにもぴったり。暑い夏でも外出して誰かに見せびらかしたくなる、そんなスカートです。

トップスは襟のないスタンドカラーのシャツをチョイス。サラリとしたリネン素材が心地いいアイテムです。袖をまくって手首を見せることで、女性らしい印象に。温度調節ができる長袖のシャツは、夏のお出かけには欠かせない万能アイテムです。

足元はやっぱり明るい色のアイテムが欲しくなり、entwaの「リブソックス(レッド)」にしました。ありそうでない真っ赤な靴下をコーディネートの差し色に。靴下との相性が良い「NAOT」のストラップシューズと合わせれば、より華やかな印象に仕上がります。お気に入りのブローチも付けて、夏のブラックコーデの完成です。

トップス・ブローチ/ともにヴィンテージ、ソックス/リブソックス(entwa)、靴/OLGA(NAOT)

今回着まわしたアイテム

バックナンバー

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

App Store バナーGoogle Play バナー