大人フェミニンな「花柄スカート」春夏秋冬のおしゃれコーデ

大人フェミニンな「花柄スカート」春夏秋冬のおしゃれコーデ

コーディネートを華やかに彩ってくれる「花柄スカート」。歳を重ねても、おしゃれに着こなしたいですよね?大人が選ぶときのポイントや、おすすめのアイテム&コーディネートをご紹介します。2024年04月02日更新

カテゴリ:
ファッション
ブランド:
リバティ
キーワード
スカート大人コーディネートロングスカート花柄小花柄
お気に入り数327

目次

花柄スカートをおしゃれに着こなすには?

大人フェミニンな「花柄スカート」春夏秋冬のおしゃれコーデ
出典:
いくつになっても心ときめく「花柄スカート」。30代、40代以上の女性が取り入れるなら、甘くなりすぎず、大人な雰囲気で着こなせるアイテムを選びたいものです。主張しすぎない小花柄なら、ベーシックなアイテムともなじみやすくコーディネートの幅も広がります。

大人っぽい雰囲気なら、モノトーンやダークカラーで

大人見えするモノトーンの小花柄。落ち感のあるとろみ素材なら、しなやかな女性らしさも表現できます。
出典:

大人見えするモノトーンの小花柄。落ち感のあるとろみ素材なら、しなやかな女性らしさも表現できます。

カラフルな花柄は、ベーシック色トップスと合わせて

多色使いでも、ベージュなどベーシックカラーのトップスとのコーディネートなら大人っぽく決まります。くすみ系の配色なら、より上品に。
出典:

多色使いでも、ベージュなどベーシックカラーのトップスとのコーディネートなら大人っぽく決まります。くすみ系の配色なら、より上品に。

人気レディースブランドのおすすめ花柄スカート

人気ブランドから、大人の女性におすすめの花柄スカートをピックアップ!ぜひ、お気に入りを見つけてみてください。

リバティプリントスカート|かぐれ

芸術的で繊細な柄が人気の英国・リバティ社のプリント生地は、「リバティ柄」として世界中に愛されます。広がりすぎないフレアシルエットですっきりまとまるのもうれしい一枚です。
出典:

芸術的で繊細な柄が人気の英国・リバティ社のプリント生地は、「リバティ柄」として世界中に愛されます。広がりすぎないフレアシルエットですっきりまとまるのもうれしい一枚です。

60ローンオーガニック花柄フレアスカート|NARU

軽やかなガーゼ素材がやさしい印象のフレアスカート。柔らかなニュアンスのクリーム色をベースに、大人かわいい木の実やリーフが描かれたボタニカルな花柄が、ナチュラルな雰囲気を演出します。
出典:

軽やかなガーゼ素材がやさしい印象のフレアスカート。柔らかなニュアンスのクリーム色をベースに、大人かわいい木の実やリーフが描かれたボタニカルな花柄が、ナチュラルな雰囲気を演出します。

OCノノハナウエストフリルスカート|sisam

手仕事が光るインドのスクリーンプリントによる生地を使用。ドレープが美しいサテンコットン素材で、小花柄が上品な印象です。ネイビー、ライトパープル、ライトグレーの3色展開。
出典:

手仕事が光るインドのスクリーンプリントによる生地を使用。ドレープが美しいサテンコットン素材で、小花柄が上品な印象です。ネイビー、ライトパープル、ライトグレーの3色展開。

リバティファームズスカート|SETTO

淡いブルーの生地に描かれたボタニカル柄がナチュラルなギャザースカート。ウエストのタック使いにより、広がりすぎないほどよいボリューム感に仕上がっています。
出典:

淡いブルーの生地に描かれたボタニカル柄がナチュラルなギャザースカート。ウエストのタック使いにより、広がりすぎないほどよいボリューム感に仕上がっています。

コットン フラワープリント ギャザー スカート|SOIL

くすみ感のあるターコイズカラーにイエローの花柄を描いた大人っぽい一枚。贅沢なギャザー使いながらも、シアー素材なので軽やかに決まります。
出典:

くすみ感のあるターコイズカラーにイエローの花柄を描いた大人っぽい一枚。贅沢なギャザー使いながらも、シアー素材なので軽やかに決まります。

\こちらもおすすめ/

春夏秋冬おしゃれな花柄スカートコーデ

青と水色のグラデーションでまとめて

油絵のようなタッチのブルー系花柄スカートは、同系色のシャツに合わせて統一感のあるスタイルに。足元は白のレースアップシューズ×グレージュのソックスでグラデーションの配色にすることで抜け感が生まれます。
出典:

油絵のようなタッチのブルー系花柄スカートは、同系色のシャツに合わせて統一感のあるスタイルに。足元は白のレースアップシューズ×グレージュのソックスでグラデーションの配色にすることで抜け感が生まれます。

ボタニカル柄を白トップスでナチュラルに

ボタニカル柄のスカートは、白ブラウスとの組み合わせで柄の魅力を存分に味わって。足元はダークカラーのソックスとサンダルでコーディネートすると、甘くなりすぎません。
出典:

ボタニカル柄のスカートは、白ブラウスとの組み合わせで柄の魅力を存分に味わって。足元はダークカラーのソックスとサンダルでコーディネートすると、甘くなりすぎません。

ブルーの花柄スカート×白シャツで爽やかに

ブロックプリントならではのニュアンスのあるブルーが印象的な花柄スカートは、白T&白シャツのレイヤードで涼やかに。足元は、黒パンプスを合わせればほどよく引き締まります。
出典:

ブロックプリントならではのニュアンスのあるブルーが印象的な花柄スカートは、白T&白シャツのレイヤードで涼やかに。足元は、黒パンプスを合わせればほどよく引き締まります。

ミリタリーテイストを加えた甘辛MIXコーデ

くすみ系オレンジの小花柄ティアードスカートは、ワークテイストなアイテムとの組み合わせが新鮮。ミリタリーベストを重ねてマニッシュさをちょい足しして。
出典:

くすみ系オレンジの小花柄ティアードスカートは、ワークテイストなアイテムとの組み合わせが新鮮。ミリタリーベストを重ねてマニッシュさをちょい足しして。

花柄ロングスカートのリラックスコーデ

Aラインシルエットが美しい花柄ロングスカートに、ゆったりとしたトップスを合わせたリラックスコーデ。縦のシーム線で切り替えたブロックプリントがメリハリを与え、前後差のあるヘムラインが抜け感をプラスします。
出典:

Aラインシルエットが美しい花柄ロングスカートに、ゆったりとしたトップスを合わせたリラックスコーデ。縦のシーム線で切り替えたブロックプリントがメリハリを与え、前後差のあるヘムラインが抜け感をプラスします。

古着風の大柄スカートにデニムジャケットを羽織って

インパクトのある大ぶりの花柄は、ビンテージっぽいハンドタッチな絵柄なら大人っぽく着こなせます。デニムジャケットであえてラフな雰囲気を出してこなれ感を。
出典:

インパクトのある大ぶりの花柄は、ビンテージっぽいハンドタッチな絵柄なら大人っぽく着こなせます。デニムジャケットであえてラフな雰囲気を出してこなれ感を。

イエローグリーン系花柄スカートの春夏コーデ

水色×イエローの花柄ロングスカート。広がりすぎないシルエットが大人っぽく、淡いオレンジ色の半袖ニットと合わせてフェミニンに。ナチュラルなかごバッグと華奢なストラップサンダルで抜け感を演出しています。
出典:

水色×イエローの花柄ロングスカート。広がりすぎないシルエットが大人っぽく、淡いオレンジ色の半袖ニットと合わせてフェミニンに。ナチュラルなかごバッグと華奢なストラップサンダルで抜け感を演出しています。

モノトーンの花柄スカート×ロゴTシャツ

花柄スカートの甘さを抑えるには、モノトーンの小花柄を選んで。白のロゴTシャツ&スニーカーで、カジュアルダウンしたシンプルコーデです。
出典:

花柄スカートの甘さを抑えるには、モノトーンの小花柄を選んで。白のロゴTシャツ&スニーカーで、カジュアルダウンしたシンプルコーデです。

花柄ロングタイトスカートをミリタリーでクールに

黒×ベージュのシックな花柄スカートは、Iラインシルエットでほっそり見せが叶います。同系色のVネックカットソーを合わせてシャープにまとめたら、ミリタリージャケットをラフに羽織ってこなれた雰囲気に。
出典:

黒×ベージュのシックな花柄スカートは、Iラインシルエットでほっそり見せが叶います。同系色のVネックカットソーを合わせてシャープにまとめたら、ミリタリージャケットをラフに羽織ってこなれた雰囲気に。

ノースリーブベストを重ねたレイヤードスタイル

ブラック系のシックな配色が光る花柄ティアードスカートに、黒のニットベストを重ね着したレイヤードスタイル。ダークな配色でもノースリーブなら重くなりすぎません。
出典:

ブラック系のシックな配色が光る花柄ティアードスカートに、黒のニットベストを重ね着したレイヤードスタイル。ダークな配色でもノースリーブなら重くなりすぎません。

グリーンの小花柄スカートに白シャツを羽織って

爽やかなグリーン色の花柄スカート×ネイビーTシャツに、白のシアーシャツを羽織ったスタイリングです。足元は白のスポーツサンダルとソックスで軽快な印象に。
出典:

爽やかなグリーン色の花柄スカート×ネイビーTシャツに、白のシアーシャツを羽織ったスタイリングです。足元は白のスポーツサンダルとソックスで軽快な印象に。

ピンク系小花柄はスニーカーコーデでカジュアルに

甘くなりがちなピンクの花柄スカートは、シンプルなノースリーブトップスに合わせてすっきりまとめて。足元をスニーカーにすると、ほどよくカジュアルダウンします。
出典:

甘くなりがちなピンクの花柄スカートは、シンプルなノースリーブトップスに合わせてすっきりまとめて。足元をスニーカーにすると、ほどよくカジュアルダウンします。

ネイビーカーディガンを羽織った上品スタイル

水色の小花柄スカートに、ネイビーカーディガンを羽織って。動きに合わせてふわりと軽やかになびきます。ライトグレーのハイネックインナーが上品で、ストラップシューズで大人ガーリーに。
出典:

水色の小花柄スカートに、ネイビーカーディガンを羽織って。動きに合わせてふわりと軽やかになびきます。ライトグレーのハイネックインナーが上品で、ストラップシューズで大人ガーリーに。

小物でアクセントを加えたナチュラルコーデ

清楚な印象の小花柄スカートに、オフホワイトのカットソーを合わせてシンプルに。ベレー帽は同系色で馴染ませて、スカートの配色とリンクするピンク色のソックスを加えるのもポイントです。
出典:

清楚な印象の小花柄スカートに、オフホワイトのカットソーを合わせてシンプルに。ベレー帽は同系色で馴染ませて、スカートの配色とリンクするピンク色のソックスを加えるのもポイントです。

レトロな花柄スカートを黒シャツでキリッとまとめて

レトロな大ぶりの花柄スカートは、きちんと感のある黒のノーカラーシャツで甘すぎないバランスに。マニッシュな革靴を合わせシックにまとめています。
出典:

レトロな大ぶりの花柄スカートは、きちんと感のある黒のノーカラーシャツで甘すぎないバランスに。マニッシュな革靴を合わせシックにまとめています。

ZARAの花柄スカートに差し色で遊びを加えて

チャコールブラウン系のZARANの花柄スカートに、鮮やかな赤ニットを合わせてアクセントに。ダーク色のチェスターコートを羽織れば派手すぎず、落ち着いた印象です。
出典:

チャコールブラウン系のZARANの花柄スカートに、鮮やかな赤ニットを合わせてアクセントに。ダーク色のチェスターコートを羽織れば派手すぎず、落ち着いた印象です。

ざっくりニット+小花柄であったか冬スタイル

ドレープが美しい小花柄スカートに、ゆったりシルエットのアランニットを合わせて。オーセンティックな編み地が花柄に温かな表情を加えてくれます。
出典:

ドレープが美しい小花柄スカートに、ゆったりシルエットのアランニットを合わせて。オーセンティックな編み地が花柄に温かな表情を加えてくれます。

フリル使いのマキシ丈は黒で引き締めて

裾にさりげないフリルのあしらいが入った花柄スカートは、トップスをモノトーンでまとめて甘さを抑えるのが好バランス。足元は厚底ブーツでマニッシュな雰囲気をプラスして。
出典:

裾にさりげないフリルのあしらいが入った花柄スカートは、トップスをモノトーンでまとめて甘さを抑えるのが好バランス。足元は厚底ブーツでマニッシュな雰囲気をプラスして。

小花柄ロングスカート×ブルゾンの甘辛MIXコーデ

落ち感のあるマキシ丈の小花柄スカートに、スタジャンを羽織った甘辛MIXコーデ。ハードになりすぎないよう、白のハイネックインナーでほどよく中和させています。
出典:

落ち感のあるマキシ丈の小花柄スカートに、スタジャンを羽織った甘辛MIXコーデ。ハードになりすぎないよう、白のハイネックインナーでほどよく中和させています。

ダーク系花柄スカートにイエローニットで新鮮に

シックな黒ベースの小花柄スカートは、鮮やかなイエローのニットで新鮮にアップデート。首元や袖口からさりげなく覗かせた、白インナーのバランスが絶妙です。
出典:

シックな黒ベースの小花柄スカートは、鮮やかなイエローのニットで新鮮にアップデート。首元や袖口からさりげなく覗かせた、白インナーのバランスが絶妙です。

大人のおしゃれを彩る花柄スカート

大人フェミニンな「花柄スカート」春夏秋冬のおしゃれコーデ
出典:
小花柄から大柄まで、色やパターンごとにさまざまな表情を見せる花柄スカート。ロング丈を上手に着こなせば、30代、40代と歳を重ねてもずっとおしゃれを楽しめます。春夏はTシャツやノースリーブトップスに合わせて軽やかに、秋冬はニットやアウターと重ね着して……と、季節問わず着回せる花柄スカートを、ぜひ取り入れてみてください。
品よく華やかな「大人の花柄ワンピース」おすすめ&おしゃれコーデ
品よく華やかな「大人の花柄ワンピース」おすすめ&おしゃれコーデ

一枚で着こなしが華やぐ、フラワープリントのワンピース。小花柄、レトロ柄、リバティ柄と、デザインもさまざまなだけに、大人が品よく着こなせるものを見つけたいですよね。今回は、花柄ワンピースの選び方と着こなしのコツをはじめ、真似してみたいおしゃれコーデやおすすめブランドのアイテムをピックアップしますので、ぜひ参考にしてみてください。

フラワープリントが好きな方は、花柄ワンピースの記事もチェック!

この記事の執筆者

坂本祥子
ライター
坂本祥子
大学卒業後出版社に入社し、ウェディング誌や女性誌の編集に携わった後に独立。ライター・編集業の傍ら、スタイリストとしての経験を積む。現在は、編集・ライター・スタイリストとして、雑誌、広告、カタログ、web媒体など幅広く活動。得意分野はファッション、ライフスタイル全般。
キナリノモール
Sunny clouds
ZOZOTOWN

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

App Store バナーGoogle Play バナー