着痩せテクやおしゃれに見える色合わせも。『デニムスカート』大人のおしゃれな着こなし帖

着痩せテクやおしゃれに見える色合わせも。『デニムスカート』大人のおしゃれな着こなし帖

デニムパンツと同じようにどんなアイテムとも合わせやすく、デニムよりも女性らしく仕上がるデニムスカートはコーディネートに困った時のお助けアイテム。ただ、自分に合うアイテムが見つけられていないと、子どもっぽく見えてしまったり、野暮ったい印象を与えてしまうことも。また、体型が気になって上手に着こなせないという声も聞かれます。そこで今回は、大人の女性がデニムスカートを着る際に気を付けるポイントと、おしゃれかつすっきりに見える着こなし術をご紹介したいと思います。2024年01月15日更新

カテゴリ:
ファッション
キーワード
スカートデニムスカートコーディネート大人カジュアルこなれ感
お気に入り数367

1枚あると役立つデニムスカート

 着痩せテクやおしゃれに見える色合わせも。『デニムスカート』大人のおしゃれな着こなし帖
出典:
「デニム素材は好きだけどデニムパンツをおしゃれに着こなせる自信がない……」「デニムパンツが年齢とともに似合わなくなってきた」という人には、デニムスカートがおすすめです。

デニム素材ですがパンツより品が良く、30代はもちろん、40代、50代、60代でも取り入れやすいのが最大のデニムスカートのメリットです。デニムなのでどのようなテイストのトップスとも相性が良く、さらにオールシーズン活躍。白や黒などのベーシックカラーはもちろん、ピンクやオレンジ、ブルーといった鮮やかな色も受け止めてくれ、包容力の高さは他と比べ物になりません。また、素材にハリがあって体のラインを拾いすぎず、体型をカバーしてくれるところも嬉しいポイントです。

ただ、カジュアル感のある素材ゆえに、一歩間違いえると子どもっぽく見えてしまう可能性も。まずは、大人が選ぶべきデニムスカートのポイントについてご紹介します。

目次

大人なら注意すべきデニムスカートのポイント

 着痩せテクやおしゃれに見える色合わせも。『デニムスカート』大人のおしゃれな着こなし帖
出典:

膝が隠れる丈を選ぶ

デニムスカートを着て子どもっぽく見えてしまう最大の理由は丈の短さ。デニム自体がカジュアルな素材のため、ミニ丈を選んでしまうと一気に幼い印象に。落ち着いた大人の着こなしを目指すなら、長めの丈を選びましょう。

また、膝は脂肪がつきやすくて年齢が出やすいパーツ。大人の女性がデニムスカートを履く際は、膝が隠れる長さのものを選んだほうが脚のラインもキレイに見えるはずです。

ダメージが入っていないタイプを選ぶ

激しくクラッシュしていたり、ボロボロに見えるくらいダメージが入っているデニムスカートは着こなせればおしゃれですが、ストリート感が強すぎることも。大人っぽく着こなしたいのなら選ばないことが賢明です。

大人におすすめのデニムスカートのデザインと着こなしとは?

デニムスカートといってもデザインはさまざま。そこで、大人の女性におすすめしたいアイテムをご紹介します。

また、体型が気になっている40代、50代、60代、はたまたぽっちゃりさんでも素敵に着こなせるように、着痩せして見えるコーディネートだけをピックアップしました。

デニムパンツ感覚で着られる「タイトスカート」

すっきりとしたシルエットで甘さ控えめなタイトスカートは、デニム素材でも大人っぽくコーデできるアイテム。裾があまり広がっていないためデニムパンツ感覚で着られ、スカートの甘さが得意ではない人にもおすすめです。

大人っぽい着こなしのためには膝下丈を選ぶことが前提ですが、デニムのタイトスカートの難点は動きづらいこと。大きくスリットが入ったものやストレッチ素材を選ぶようにしてください。
出典:

すっきりとしたシルエットで甘さ控えめなタイトスカートは、デニム素材でも大人っぽくコーデできるアイテム。裾があまり広がっていないためデニムパンツ感覚で着られ、スカートの甘さが得意ではない人にもおすすめです。

大人っぽい着こなしのためには膝下丈を選ぶことが前提ですが、デニムのタイトスカートの難点は動きづらいこと。大きくスリットが入ったものやストレッチ素材を選ぶようにしてください。

<H>デニムスリットロングスカート(デニムスカート)|H BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS(エイチビューティーアンドユースユナイテッドアローズ)のファッション通販 - ZOZOTOWN

定番コーディネートはブラウスを重ね着しておしゃれ度アップ

デニムスカートとボーダーTシャツの定番中定番コーデイネートも、下にスタンドカラーのブラウスを仕込むことでおしゃれ上手な人に見えます。首元にレースやフリルがあるブラウスを選べば、顔周りに華やかさを加えることもできます。
出典:

デニムスカートとボーダーTシャツの定番中定番コーデイネートも、下にスタンドカラーのブラウスを仕込むことでおしゃれ上手な人に見えます。首元にレースやフリルがあるブラウスを選べば、顔周りに華やかさを加えることもできます。

Vネックとスリットで大人っぽさを強調

程よくゆったりとしたニットとスリット入りのデニムタイトスカートを合わせたシンプルなコーディネートです。色をグレー、ブラック、ブルーの3色だけでまとめたことでシックで上品な印象に。Vラインやスリットで程よく肌見せしたことで大人っぽさも加わっています。
出典:

程よくゆったりとしたニットとスリット入りのデニムタイトスカートを合わせたシンプルなコーディネートです。色をグレー、ブラック、ブルーの3色だけでまとめたことでシックで上品な印象に。Vラインやスリットで程よく肌見せしたことで大人っぽさも加わっています。

ロング丈カーディガンですっきりIラインに

ロングカーディガンとロングタイトスカートを合わせることで、Iラインを強調したコーディネート。このスタイリングではローゲージのケーブル編みニットを合わせていますが、縦にリブが入ったものを選べばより縦ラインを強調することができます。

ロングカーデとタイトスカートだけでもおしゃれですが小物でおしゃれ度をアップ。スヌードと厚底ブーツを合わせることで首元と足元にボリュームをプラスされ、個性的な着こなしに仕上がります。
出典:

ロングカーディガンとロングタイトスカートを合わせることで、Iラインを強調したコーディネート。このスタイリングではローゲージのケーブル編みニットを合わせていますが、縦にリブが入ったものを選べばより縦ラインを強調することができます。

ロングカーデとタイトスカートだけでもおしゃれですが小物でおしゃれ度をアップ。スヌードと厚底ブーツを合わせることで首元と足元にボリュームをプラスされ、個性的な着こなしに仕上がります。

ジレをプラスしてきちんと感をプラス

Iラインを作るアイテムといえばジレもおすすめ。カーディガンよりもきちんと感が出て、より大人っぽい印象に仕上がります。また、Tシャツ+デニムスカートという何気ない夏のコーディネートが格段おしゃれに見えるのもポイント。
出典:

Iラインを作るアイテムといえばジレもおすすめ。カーディガンよりもきちんと感が出て、より大人っぽい印象に仕上がります。また、Tシャツ+デニムスカートという何気ない夏のコーディネートが格段おしゃれに見えるのもポイント。

コンパクトなタイトスカートならゆったりブラウスも好バランス

ふんわりしたシルエットでボリューム感あるブラウスはコーディネートのバランスを取るのが難しいアイテム。ついパンツを合わせがちですが、デニムのタイトスカートならブラウスが持つ女性らしさをいかしつつ、スタイル良く見せてくれます。
出典:

ふんわりしたシルエットでボリューム感あるブラウスはコーディネートのバランスを取るのが難しいアイテム。ついパンツを合わせがちですが、デニムのタイトスカートならブラウスが持つ女性らしさをいかしつつ、スタイル良く見せてくれます。

パーカを合わせたスポーティな着こなしに女性らしさを

パーカにデニムパンツを合わせるとスポーティな印象に傾きがちですが、デニムスカートなら程よく女性らしさを加えることが可能に。オーバーサイズのアウターを合わせても、タイトスカートなら下半身のボリュームが抑えられてバランス良く着こなすこともできます。
出典:

パーカにデニムパンツを合わせるとスポーティな印象に傾きがちですが、デニムスカートなら程よく女性らしさを加えることが可能に。オーバーサイズのアウターを合わせても、タイトスカートなら下半身のボリュームが抑えられてバランス良く着こなすこともできます。

下半身のラインをカバーしたいのなら「フレアスカート」

お腹周りがタイトすぎず、裾にかけてふんわりと広がるフレアスカートは、ウエストや腰回り、脚のラインがカバーできる優れもの。ポケットが高い位置にあるものを選ぶと目線が自然と上にいくため脚長効果も期待できます。
出典:

お腹周りがタイトすぎず、裾にかけてふんわりと広がるフレアスカートは、ウエストや腰回り、脚のラインがカバーできる優れもの。ポケットが高い位置にあるものを選ぶと目線が自然と上にいくため脚長効果も期待できます。

ワントーンコーデでまとめて大人の装いに

シンプル派におすすめなのが、ワントーンでまとめたスタイリングです。落ち着いたネイビーで上下をまとめれば、デニムの持つカジュアル感や子どもっぽさも払拭されます。
出典:

シンプル派におすすめなのが、ワントーンでまとめたスタイリングです。落ち着いたネイビーで上下をまとめれば、デニムの持つカジュアル感や子どもっぽさも払拭されます。

ゆったりトップスはINしてコンパクトにまとめて

配色が個性的なニットを主役にしたコーディネートです。色合わせが難しいアイテムでも簡単に合わせれられるのはデニムスカートだからこそ。ゆったりトップスや丈が長いトップスは、裾をINして上半身をコンパクトにするとバランス良く着こなせます。
出典:

配色が個性的なニットを主役にしたコーディネートです。色合わせが難しいアイテムでも簡単に合わせれられるのはデニムスカートだからこそ。ゆったりトップスや丈が長いトップスは、裾をINして上半身をコンパクトにするとバランス良く着こなせます。

白シャツコーデはロックなフレアスカートでハズす

オフィスコーディネートにも使えるシャツとベストの組み合わせですが、ブラックデニムのフレアスカートを合わせることで、ロックテイストで遊び心のある着こなしにチェンジ。同じデニムでもパンツよりもハードになりすぎず、程よい甘辛コーディネートに仕上がります。
出典:

オフィスコーディネートにも使えるシャツとベストの組み合わせですが、ブラックデニムのフレアスカートを合わせることで、ロックテイストで遊び心のある着こなしにチェンジ。同じデニムでもパンツよりもハードになりすぎず、程よい甘辛コーディネートに仕上がります。

フレアデニムスカート×リブタートルは冬の鉄板コーディネート

デニムフレアスカートをバランス良く着こなしたいのなら、下半身にボリュームが出るぶん、上半身はコンパクトにまとめるのが鉄則。そこで冬に役立つのがリブタートルネックです。ただそれだけではシンプルすぎるため、ジャケットは個性的なものを合わせるのがおすすめ。パッチワークモチーフはデニムとの相性も抜群です。
出典:

デニムフレアスカートをバランス良く着こなしたいのなら、下半身にボリュームが出るぶん、上半身はコンパクトにまとめるのが鉄則。そこで冬に役立つのがリブタートルネックです。ただそれだけではシンプルすぎるため、ジャケットは個性的なものを合わせるのがおすすめ。パッチワークモチーフはデニムとの相性も抜群です。

スカートの華やかさを存分に楽しみたいのなら「ギャザースカート」

デニムスカートでもしっかり華やかさを出したいのなら、ギャザースカートがおすすめです。ただギャザースカートを選ぶ際はいくつかの注意点が。まず1つ目として、ギャザーが大きすぎるもの&多すぎるものは選ばないこと。どうしてもウエスト周りにボリュームが出てしまい、太って見えてしまいます。2つ目として、薄手のデニム生地を選ぶこと。厚手生地はゴワついてしまい、シルエットが美しく出ないことがあります。
出典:

デニムスカートでもしっかり華やかさを出したいのなら、ギャザースカートがおすすめです。ただギャザースカートを選ぶ際はいくつかの注意点が。まず1つ目として、ギャザーが大きすぎるもの&多すぎるものは選ばないこと。どうしてもウエスト周りにボリュームが出てしまい、太って見えてしまいます。2つ目として、薄手のデニム生地を選ぶこと。厚手生地はゴワついてしまい、シルエットが美しく出ないことがあります。

華やかなブラウスと合わせればドレッシーな装いに

フリルがふんだんにあしらわれたブラウスとコーデすれば、デニムスカートでもドレッシーな雰囲気に仕上がります。ただ、トップスとボトムの両方ともにボリュームがあると太って見えてしまうこともあるので、ブラウスの裾はINしてメリハリあるシルエットにすることが必須です。
出典:

フリルがふんだんにあしらわれたブラウスとコーデすれば、デニムスカートでもドレッシーな雰囲気に仕上がります。ただ、トップスとボトムの両方ともにボリュームがあると太って見えてしまうこともあるので、ブラウスの裾はINしてメリハリあるシルエットにすることが必須です。

リラックスコーデは縦ラインを強調することで着太り防止

デニムギャザースカートを着る際はトップスをINするのが鉄則ですが、裾を出してリラックスした雰囲気で着たいことも。そんな時は、ストライプ柄をトップスに持ってくると縦ラインが強調されて着太りを防いでくれます。
出典:

デニムギャザースカートを着る際はトップスをINするのが鉄則ですが、裾を出してリラックスした雰囲気で着たいことも。そんな時は、ストライプ柄をトップスに持ってくると縦ラインが強調されて着太りを防いでくれます。

ギャザースカートとブラウンのニットビスチェでほっこり系スタイルに

トレンドのニットビスチェは大人が取り入れるには難易度の高いアイテムに思えますが、上半身をコンパクトにまとめたい時に活躍してくれるので取り入れてみる価値あり。ギャザースカートとTシャツのシンプルな組み合わせにトレンド感を与えつつ、全身のバランスも整えてくれます。ニットビスチェは落ち着いた色でシンプルなデザインを選ぶことで子どもっぽくなるのを回避して。
出典:

トレンドのニットビスチェは大人が取り入れるには難易度の高いアイテムに思えますが、上半身をコンパクトにまとめたい時に活躍してくれるので取り入れてみる価値あり。ギャザースカートとTシャツのシンプルな組み合わせにトレンド感を与えつつ、全身のバランスも整えてくれます。ニットビスチェは落ち着いた色でシンプルなデザインを選ぶことで子どもっぽくなるのを回避して。

ロング丈アウターを合わせて下重心にするとおしゃれ見え!

ロング丈のデニムギャザースカートを秋冬に着る時に困るのがアウター選び。中途半端なものを選ぶとバランスが悪く、野暮ったく見えてしまいます。合わせるアウターは基本的に、短いものか極端に長いものがおすすめ。特にロング丈コートを合わせることで重心が下になり、おしゃれ度の高いコーディネートに仕上がります。
出典:

ロング丈のデニムギャザースカートを秋冬に着る時に困るのがアウター選び。中途半端なものを選ぶとバランスが悪く、野暮ったく見えてしまいます。合わせるアウターは基本的に、短いものか極端に長いものがおすすめ。特にロング丈コートを合わせることで重心が下になり、おしゃれ度の高いコーディネートに仕上がります。

何色を合わせる?大人ならではのカラーコーデにチャレンジ!

どんな色とも相性がいいデニム素材のはずなのに、自然と白や黒、ベージュといったベーシックカラーを合わせていませんか? そのような色と合わせて落ち着いた雰囲気に仕上げても素敵ですが、比較的どのような色とでも相性良く合わせられるデニムを着るのなら、トップスの色で遊んでみるのもありです。

特にシンプルなコーディネートが好きな人は定番カラーばかりを合わせているとマンネリになりがち。スタイリングの幅を広げるためにも色を上手に取り入れましょう。

ここからは、大人の女性におすすめしたいカラートップスとブルーデニムの組み合わせをご紹介します。

カラーアイテム初心者でも取り入れやすい「マリンブルー」

カラーアイテム初心者でも取り入れやすいのが明るいマリンブルー。色自体にインパクトがありますが、デニムと同系色なので色合わせを考えなくても取り入れられるのがポイントです。夏など、コーディネートを爽やかにしたい時におすすめです。
出典:

カラーアイテム初心者でも取り入れやすいのが明るいマリンブルー。色自体にインパクトがありますが、デニムと同系色なので色合わせを考えなくても取り入れられるのがポイントです。夏など、コーディネートを爽やかにしたい時におすすめです。

華やかさを加えるならトレンドの「赤」

トレンド感を重視するなら赤とブルーデニムの組み合わせが一番。赤は暖色、ブルーは寒色で全く逆の色ですが、トリコロールカラーを連想してもらうとわかる通り、とても相性の良い組み合わせです。そのうえ赤が持つ華やかさがデニムのカジュアル感をトーンダウンさせ、大人っぽい着こなしを完成されてくれます。
出典:

トレンド感を重視するなら赤とブルーデニムの組み合わせが一番。赤は暖色、ブルーは寒色で全く逆の色ですが、トリコロールカラーを連想してもらうとわかる通り、とても相性の良い組み合わせです。そのうえ赤が持つ華やかさがデニムのカジュアル感をトーンダウンさせ、大人っぽい着こなしを完成されてくれます。

顔色がパッと明るく見える「オレンジ」

個性的でインパクトの強い色のため敬遠する人も多いようですが、意外と日本人の肌の色とも相性のよいオレンジ。何よりも表情を明るく見せてくれるところが大人の女性には嬉しいポイント。

オレンジと黒を合わせると強いイメージになってしまうのですが、ブルーデニムを合わせるとオレンジのインパクトを和らげてくれます。オレンジが持つカジュアルな雰囲気もデニムとの相性が抜群。
出典:

個性的でインパクトの強い色のため敬遠する人も多いようですが、意外と日本人の肌の色とも相性のよいオレンジ。何よりも表情を明るく見せてくれるところが大人の女性には嬉しいポイント。

オレンジと黒を合わせると強いイメージになってしまうのですが、ブルーデニムを合わせるとオレンジのインパクトを和らげてくれます。オレンジが持つカジュアルな雰囲気もデニムとの相性が抜群。

優しい雰囲気に仕上がる「シャーベットピンク」

シャツを合わせるのなら、2024年のトレンドカラーとして注目されるシャーベットカラーがおすすめ。中でもピンクはシャツやデニム素材が持つメンズライクな雰囲気をやわらげ、優しい印象へと変えてくれます。
出典:

シャツを合わせるのなら、2024年のトレンドカラーとして注目されるシャーベットカラーがおすすめ。中でもピンクはシャツやデニム素材が持つメンズライクな雰囲気をやわらげ、優しい印象へと変えてくれます。

フレッシュな印象を与えてくれる「エメラルドグリーン」

取り入れるだけで今どきに見えるのがエメラルドグリーン。色合わせがかなり難しいカラーですが、デニムとなら違和感なく合わせられます。顔がくすんで見えるようなら、写真のように白いカーディガンやシャツを肩がけするといいでしょう。パールのネックレスやイヤリングなどで顔まわりに艶感をプラスするのもおすすめです。
出典:

取り入れるだけで今どきに見えるのがエメラルドグリーン。色合わせがかなり難しいカラーですが、デニムとなら違和感なく合わせられます。顔がくすんで見えるようなら、写真のように白いカーディガンやシャツを肩がけするといいでしょう。パールのネックレスやイヤリングなどで顔まわりに艶感をプラスするのもおすすめです。

お気に入りのデニムスカートを着回そう!

 着痩せテクやおしゃれに見える色合わせも。『デニムスカート』大人のおしゃれな着こなし帖
出典:
1枚持っているとかなり役に立つデニムスカート。イメージだけで取り入れるのを躊躇っているのならもったいない!いろいろ試して自分の体型に合うものを見つけ、とことん着回してくださいね。

この記事の執筆者

水浦裕美
ライター
水浦裕美
女性誌編集部を経て、2011年よりフリーの編集ライターとして活動。 女性誌を中心に、メンズ誌、WEB媒体、書籍、企業の販促物などの制作に携わる。 美容、ライフスタイル、タレントインタビュー、マネー企画などを幅広く担当。 プライベートでは二児の母。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

App Store バナーGoogle Play バナー