伝統工芸 [4ページ目]

180件RSS

”らしさ”がわかると、もっと楽しい。人気の陶磁器の【歴史・特徴】まとめました

”らしさ”がわかると、もっと楽しい。人気の陶磁器の【歴史・特徴】まとめました

「波佐見焼」に「九谷焼」など人気の陶磁器はたくさんありますが、何にどのような特徴があってどこで作られているかご存知ですか?これから食器を探すときにも、既に家にある器を使うときにも、その特徴を理解していればきっと感じ方が変わってくるはずです。食卓の器をもっと楽しむために、特に人気が高い陶磁器の産地と歴史・特徴をご紹介します。

eriiy
献立、詰め方、お手入れのヒント。今年こそ憧れの「曲げわっぱ弁当」を

献立、詰め方、お手入れのヒント。今年こそ憧れの「曲げわっぱ弁当」を

日本に古くからある「曲げわっぱ」のお弁当箱は、質感・吸湿性・耐久性などを満たした万能のアイテムです。曲げわっぱ弁当を中心にレシピやブログを発信する3名のレシピブロガーさんから、お弁当箱を使いこなす様々なコツを教えてもらいましょう!

mkico
vol.55 YUIRO
日本の温泉文化を届けたい。愛媛発・現代の湯道具たち

vol.55 YUIRO 日本の温泉文化を届けたい。愛媛発・現代の湯道具たちインタビュー

二年前、あらたな温泉文化を伝える湯道具ブランド「YUIRO」が誕生しました。ラインナップには、富士山の形をした湯桶や伝統工芸を取り入れたお風呂まわりの雑貨など、どこか懐かしく、ユニークなアイテムが並びます。日本最古と伝えられる「道後温泉」で知られる愛媛県松山市の「伝統」に、新たな風を吹き込む理由とは……?今回は、松山市出身で「温泉ソ...

キナリノ編集部
やちむん・琉球ガラス…昔ながらの素朴な工芸に触れる『沖縄』手仕事の旅

やちむん・琉球ガラス…昔ながらの素朴な工芸に触れる『沖縄』手仕事の旅

観光スポットが多く、さまざまな楽しみ方がある沖縄ですが、なかでもおすすめしたいのが工芸に触れる旅。「やちむん」や「琉球ガラス」など沖縄の素朴な工芸にまつわる場所を巡ってみませんか?那覇の「壺屋やちむん通り」の素敵なショップ、読谷村の「やちむんの里」の窯元、糸満市の「琉球ガラス村」の工房、旅のお土産や思い出作りにぴったりの手作り体験、...

natsusweeet
目と手と心で感じる"美しい器"。美濃焼「SAKUZAN(作山窯)」

目と手と心で感じる"美しい器"。美濃焼「SAKUZAN(作山窯)」

岐阜県土岐市にある美濃焼のブランド「SAKUZAN」(さくざん)は伝統的な美濃焼の力強さや土の質感を生かしつつ、現代的にデザインされたアイテムを生み出しているブランドです。土の温もりを感じさせるような柔らかな質感や、他にはないニュアンスのある色合いはお料理を美しく、かつ特別に演出してくれます。明るいだけじゃない、古いだけじゃない、新...

22hana
“食べる”を豊かにしてくれる「日本の道具」。食卓にキッチンに迎えてみませんか

“食べる”を豊かにしてくれる「日本の道具」。食卓にキッチンに迎えてみませんか

昔から使われている日本の調理道具には、知恵や技術がたくさん詰まっています。使い込んでいくうちに手に馴染み、愛着がわいてくるのも道具の魅力。そんな、いつもの食をより美味しく楽しくしてくれる素敵な「日本の道具」をご紹介します。

piku_peku
ひと揃えしたい!日常で使える日本の心。「和漆器」の魅力ある世界

ひと揃えしたい!日常で使える日本の心。「和漆器」の魅力ある世界

料亭や旅館で使われている、ツヤ感のある和漆器って素敵ですよね!日本の心の伝統工芸、漆塗り。今は、ツヤっとした漆塗りだけでなく、マットな質感の漆塗りや和紙の質感をいかしたもの、カラフルなものもあるんです。毎日食卓に並ぶお椀やお箸など、暮らしにちょっと加える伝統工芸品、漆器はいかがでしょうか。美しい本格派の漆塗りからひとひねりあるアイテ...

nonn
おもちゃのようにカラフル*波佐見焼からうまれたポップな器『トイグラタン』

おもちゃのようにカラフル*波佐見焼からうまれたポップな器『トイグラタン』

「波佐見焼」は、長崎県東彼杵郡波佐見町でつくられる400年以上の歴史を持つ伝統的な焼き物のこと。2010年6月、そんな焼き物の街・波佐見町から、波佐見焼の陶磁器のブランド「HASAMI(ハサミ)」がスタートしました。ブランドのテーマは「道具、武骨さ、遊び心」。伝統的な焼き物を日常生活で気兼ねなく使える実用的なものとして世に送り出して...

みう
アート作品のような佇まい。【能作】のテーブルウェア"曲がる錫(すず)"

アート作品のような佇まい。【能作】のテーブルウェア"曲がる錫(すず)"

柔かく手で簡単に曲げることができる"錫(すず)"100%の「能作」のテーブルウェア。小皿も箸置きもバスケットも自由自在に曲げられるので、クリエイティブな想像力をかき立てられるのも楽しく、その姿はまるで現代アートの作品のようです。錫の良さを最大限に生かして作り上げている、デザイン性が高い能作の商品をご紹介します。

eriiy
丁寧な暮らしのそばに。一生付き合える「南部鉄器」の魅力とお手入れ方法

丁寧な暮らしのそばに。一生付き合える「南部鉄器」の魅力とお手入れ方法

岩手県の伝統工芸品「南部鉄器」は、大切に扱うことで何代にもわたって使い続けることができるほどの品質と様々なデザインが特徴で、永く多くの人に愛されてきました。古くからのデザインを踏襲したものはもちろん、現代に合うモダンなものも数多い南部鉄器。多くの人を惹きつけてやまない魅力と、永く使うために知っておきたいことをまとめました。

dayasu
多色で大胆、キュートな色絵の多い「九谷焼」の魅力!おすすめブランドもご紹介

多色で大胆、キュートな色絵の多い「九谷焼」の魅力!おすすめブランドもご紹介

日本には多くの焼き物の里がありますが、今回はそのひとつ、石川県の「九谷焼」をご紹介します。石川県加賀の「九谷焼」は、色絵の美しさが特徴のひとつである磁器です。磁器はつるつるしているので陶器よりも絵を描くのに適しているといわれています。今回は、そんな九谷焼の大胆でキュートな色絵を沢山ご覧いただきます♪

range
今年こそ、お気に入りの一点を。食卓に「伝統ある食器」を迎えませんか?

今年こそ、お気に入りの一点を。食卓に「伝統ある食器」を迎えませんか?

伝統ある食器に憧れはあっても「高そう」「普段使いしにくいのでは?」と思って手を出さずにいませんか?実はお手頃な価格で購入できる伝統工芸品もたくさんあるんです。それに、意外にもどんなメニューでも合わせられる品も多いんですよ。そこで、今回は日本の伝統的な食器を作っているブランド・工房を伝統工芸品の種類ごとにご紹介します。意外な使用方法も...

eriiy
vol.53 高澤ろうそく・高澤久さん
現代に伝えたい「日本のうつくしい炎」を灯し続ける

vol.53 高澤ろうそく・高澤久さん 現代に伝えたい「日本のうつくしい炎」を灯し続けるインタビュー

電気がこれほどまでに普及した今、私たちは何のために、ろうそくに火を灯すのでしょうか。石川県・七尾市で創業から120年以上「和ろうそく」を作り続けてきた高澤ろうそく店には、今までの和ろうそくのイメージを一新するようなアイテムが並んでいます。人々の昔からの知恵が込められた「和ろうそく」を、人々の暮らしにもう一度灯したい、「今」に残したい...

キナリノ編集部
vol.51 SUEKI 矢野耕市郎さん-二万回の挑戦から生まれた色。伝統窯の、自由でラフな器たち

vol.51 SUEKI 矢野耕市郎さん-二万回の挑戦から生まれた色。伝統窯の、自由でラフな器たちインタビュー

200年以上の歴史を誇る大谷焼の里、徳島県鳴門市。この土地で最も古い窯のひとつである矢野陶苑に「今までの日本になかった色」の器を焼く陶磁器メーカー「SUEKI(スエキ)」は生まれました。カラフルだけれども落ち着きのある“くすみカラー”と呼ばれる色は、なんと二万回ものテストから選ばれたもの。伝統ある窯元で焼かれるSUEKIの器は、いっ...

キナリノ編集部
和・洋・中、どんなお料理も美味しく見える美濃焼「瑞々」の器たち

和・洋・中、どんなお料理も美味しく見える美濃焼「瑞々」の器たち

岐阜県で古くから生産されている「美濃焼」から生まれた新しいブランド「瑞々(ミズミズ)」。小田陶器と株式会社深山、そしてデザイナーの小野里奈さん3人のコラボレーションシリーズです。そのデザインは「瑞々しくて、端正」がテーマ。ベーシックな白と渋みのある褐色は艶やかな釉薬でお料理を一層美味しそうに引き立ててくれます。和洋食を問わず盛りつけ...

22hana
フランスと日本の素敵なめぐり合わせ。山口未来さんのガラスの器「KIRIKO」

フランスと日本の素敵なめぐり合わせ。山口未来さんのガラスの器「KIRIKO」

フランスでガラス作りを学んだ山口未来さんが日本の伝統的な江戸切子の技法を用いて製作している「KIRIKO(キリコ)」。東京都港区にあるガラス工房「atelier ALI-BAB(アトリエ アリ・バブ」で、日々制作されています。透明ガラスを使用して繊細な模様を彫り込んだ硝子の器たちは、日々の暮らしを豊かにしてくれますよ。「KIRIKO...

sanchan
古くて新しい、快適な日常着。うなぎの寝床オリジナル「もんぺ」の魅力とは?

古くて新しい、快適な日常着。うなぎの寝床オリジナル「もんぺ」の魅力とは?

うなぎの寝床が手掛ける久留米絣のもんぺは、いわゆるもんぺのイメージを覆すオシャレで毎日使いにぴったりのズボンです。伝統ある織り物を現代的にアレンジしたデザインは、作業着として着るにはもったいないくらい。履くほどに体に馴染んで自分だけの一着になっていく過程も楽しめますよ。ズボンとして楽しめるコーディネートもご紹介するので参考にしてください。

キナリノ商品部
寒い日は、ぬくもりのある〔和食器〕を。ほっこりかわいいおすすめの器たち

寒い日は、ぬくもりのある〔和食器〕を。ほっこりかわいいおすすめの器たち

寒くなってくると、あたたかみのある和食器のぬくもりが恋しくなりますよね。作家さんが作った和の器は表情豊かで飽きがこず、ぽっくりとした質感がこれからの季節の食卓にはぴったりです。手にもって、ながめてほっこり。使ってにっこり。そんな、ちょっとかわいらしいデザインのものにスポットをあてて、おすすめの器をご紹介していきたいと思います。

itotonton
vol.47 にじゆら・中尾雄二さん -欠点を美しさに変えて。にじんでゆらぐ、大阪生まれの染め文化

vol.47 にじゆら・中尾雄二さん -欠点を美しさに変えて。にじんでゆらぐ、大阪生まれの染め文化インタビュー

手ぬぐい専門店「にじゆら」は、堺市の染め工場・株式会社ナカニのオリジナルブランド。大阪で生まれた染色方法・注染(ちゅうせん)の文化を大切にしながらも新しいデザインに挑戦していくブランドとして、2008年に立ち上がりました。染料を注いで布を染める注染という技法においてはそれまで欠点とされていた特徴である、“にじみ”や“ぼかし”を美しさ...

キナリノ編集部
独特なひび割れ模様が美しい「苫米地正樹」さんの器

独特なひび割れ模様が美しい「苫米地正樹」さんの器

「貫入(かんにゅう)」と呼ばれる表面上がひび割れる現象を利用して美しい器を作り出している作家さんがいらっしゃいます。器のひび割れに墨を流し込み表現された独特の美しさは、インディアンジュエリーのターコイズを思わせます。普段使いはもちろんのこと、ちょっとしたおもてなしの席に使うのにも素敵な、ハッとさせる美しさを持つ特徴的な器です。

22hana
心も、カラダも、ぽかぽかに。寒くなる季節は、お気に入りの「マグカップ」でゆったりと。

心も、カラダも、ぽかぽかに。寒くなる季節は、お気に入りの「マグカップ」でゆったりと。

寒い季節に近づいてくると、体が冷えて飲みたくなるホットドリンク。そこで欠かせないのが、マグカップの存在。ほっこり、ゆったりと過ごす時間にぴったりですよね。心も体もぽかぽか温まって、日頃のストレスも解消。今回は、自宅やオフィスで使う自分用にも、プレゼント用などにも使える素敵なマグカップを集めました。装飾のないシンプルなものから、長崎・...

キナリノ商品部
毎日の食卓に彩りを添えてくれる『和食器』ブランド&テーブルコーディネート集

毎日の食卓に彩りを添えてくれる『和食器』ブランド&テーブルコーディネート集

ごはん、お味噌汁、焼き魚、お漬物・・・シンプルな食卓にこだわりの素敵な『和食器』を取り入れてみませんか?「和食器は難しい・・・」なんて思われがちですが、実は和洋どんなスタイルにも合うデザインがたくさんあるんですよ。今回は、波佐見焼の『白山陶器』『馬場商店』をはじめ、日本の伝統美を感じる『東屋』、沖縄の民芸の器『やちむん』など、日々の...

a_yano
爽やかな青と白。お料理がより美味しく見える「千段十草」「蒼十草」の食器たち

爽やかな青と白。お料理がより美味しく見える「千段十草」「蒼十草」の食器たち

今回は、食卓に彩りを添えてくれる青いストライプ模様の器をご紹介します。岐阜県美濃市にある老舗陶器メーカー「カネ定製陶」と「昭和製陶」が作り出す素敵な模様"千段十草""蒼十草"。古くから愛されてきたその模様は、現代の食卓にもよく馴染み、お料理をより美味しそうに見せてくれます。あわせて、デンマークのテキスタイルブランドの「ティータオル」...

キナリノ商品部
いつものおかずも上品しとやか。「和食器デビュー」におすすめの器と、お手入れ方法

いつものおかずも上品しとやか。「和食器デビュー」におすすめの器と、お手入れ方法

バタバタと作ったごはんも、和食器にのせると上品なひと品になり、不思議とゆったりした気持ちで味わえます。いつか揃えたい、と憧れつつもまだ迎え入れてない方へ「和食器ってどんな種類があるの?」「どこで手に入るの?」「お手入れ方法は?」など、和食器デビューの前に知っておきたいことをまとめました。人気の和食器ブランドや、作家ものの器を扱うおす...

hhrrkk
Vol.43 廣田硝子・廣田達朗さん-東京で一番古い硝子メーカーが、今、「復刻版」をつくる理由

Vol.43 廣田硝子・廣田達朗さん-東京で一番古い硝子メーカーが、今、「復刻版」をつくる理由インタビュー

明治時代からの歴史を誇り、東京で一番老舗の硝子メーカー「廣田硝子」。長く愛され続けるロングセラーを抱える一方で、東京復刻硝子「BRUNCH(ブランチ)」や「大正浪漫」といった、「復刻」の製品も手がけています。夏休みのある日を思い出すような、レトロでちょっぴりノスタルジックなガラスたち……。廣田硝子が、今、「復刻」硝子をつくる理由とス...

キナリノ編集部
【山形】地域の手仕事文化を引き継ぐ「工房ストロー」の藁細工

【山形】地域の手仕事文化を引き継ぐ「工房ストロー」の藁細工

山形県に、伝統の技と新しい感覚を融合させた手作り工房があります。材料は藁(わら)。昔から日本人にとっては身近な素材で、藁細工には手作りならではの優しさと温かみがあります。年々廃れていく技術を伝え、現代の生活に活かしてくれる「工房ストロー」についてご紹介したいと思います。鍋敷きやほうきなどの暮らしの道具から、オーナメントのインテリアア...

soa
岡山を初めて観光するのなら。倉敷美観地区で出会う8つの“素敵”

岡山を初めて観光するのなら。倉敷美観地区で出会う8つの“素敵”

城下町として、交通の要衝として、果物の産地として知られる“晴れの国”岡山。観光地としても名高く、中でも「倉敷美観地区」は特に人気です。倉敷帆布やデニムといった倉敷ブランドを扱う商店や町家のカフェが、しっとりとした風情の町並みの中に溶け込み、美観地区を散策すれば、“素敵”な風景や逸品と出会えます。今回は、倉敷美観地区の美しい風景や川畔...

rocoroco
東海地方の空の玄関口!焼き物と空港の街 ~愛知県常滑市の見どころ~

東海地方の空の玄関口!焼き物と空港の街 ~愛知県常滑市の見どころ~

「ワールドベストエアポート2015」で世界7位に輝いたセントレア(中部国際空港)がある愛知県常滑市は、東海地方の空の玄関口として重要な役割を果たしています。また、古くから窯業が盛んな常滑市では、日本六古窯の一つとされる常滑焼の窯元が数多く現存しています。窯元が集中するエリアは、「やきもの散歩道」として整備されており、窯業で栄えた古き...

poporo
何でもないような日々に寄り添う、『暮らしのほとり舎』の道具たち

何でもないような日々に寄り添う、『暮らしのほとり舎』の道具たち

工芸品や日本各地で作られる「暮らしの道具」を中心に扱っているオンラインショップ『暮らしのほとり舎』が、新しくキナリノモール内にオープンしました。先人たちの知恵や工夫から生まれた昔ながらの道具たちは、生活様式が変化した現代の暮らしにおいても、魅力的で役に立つものばかり。『暮らしのほとり舎』がセレクトした実用性と美しさを兼ね備えたアイテ...

キナリノ商品部
器だけでなく、汁椀にもこだわって。食卓に彩りを添える美しい椀3選

器だけでなく、汁椀にもこだわって。食卓に彩りを添える美しい椀3選

家庭の汁椀というと、木でできた焦げ茶色のものが多いですが、実はブナやケヤキでできたやさしい色のお椀や、お吸い物にぴったりな漆のお椀など、様々な種類のものがあるんです。今回は、素材はもちろん、そのシルエットも美しい三種類のお椀をご紹介します。これを機に、食卓のお椀を新調してみませんか?

キナリノ商品部

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play