伝統工芸

160件RSS

初心者さんこそ使いたい。「磁器」と「漆器」でつくる趣ある食卓

初心者さんこそ使いたい。「磁器」と「漆器」でつくる趣ある食卓

季節の食材を取り入れながら、お気に入りの器で食事をすることは日々を豊かにしてくれるものです。ここでは、実は使い勝手の良い「和の器」の特徴や扱い方をおさらいしながら、初心者さんこそ使いたい「磁器」と「漆器」をご紹介します。

k-little

10年後、20年後が楽しみになる。使うほどに愛着が湧く【漆の器】を食卓に

10年後、20年後が楽しみになる。使うほどに愛着が湧く【漆の器】を食卓に

「漆器」と言うとハレの日に使うものと思い込んでいませんか?毎日使いの器に用いるのも、漆器の楽しみ方の一つです。毎日使うからこそ味わい深くなるから、きっと10年後が楽しみになるはず・・・。そこで、日常で使いたい漆器のおすすめブランドをご紹介します。また、あわせてお手入れ方法もご紹介するので、お気に入りの器を見つけて、経年変化を楽しみな...

22hana

”いいもの”は大人だけ?大切な我が子に贈りたい【ベビー・キッズ用食器】

”いいもの”は大人だけ?大切な我が子に贈りたい【ベビー・キッズ用食器】

「食べる」ということは、生きていく上で欠かせない、とても大切なこと。お子さんが誕生し、すくすくと育っていくためにも食事の時間は大切にしたいものですよね。かわいいお子さんのためにも、食べるものだけでなく、器もこだわって選んであげたいもの。食事の時間を楽しく、あたたかいものにしてくれるベビー・キッズ用食器をご紹介します。

みう

日々の食卓にスッと溶け込む。"益子焼"のかわいい器を普段使いに迎えよう

日々の食卓にスッと溶け込む。"益子焼"のかわいい器を普段使いに迎えよう

栃木で江戸時代末期から親しまれている益子焼(ましこやき)。気取らない風合いと土ものらしい温もりがあり、日常使いにぴったりの器です。最近ではモダンなデザインのものも登場し、ますます目が離せない存在に。現代の暮らしにも心地よくフィットする、素朴で穏やかな益子焼の魅力について紐解きます。

ten_ten

伝統と今。そして人をつなぐ【桜井こけし店】のモダンなこけし

伝統と今。そして人をつなぐ【桜井こけし店】のモダンなこけし

「こけし」といえば誰もが知る日本の伝統工芸品。最近では、昔ながらのイメージを覆すモダンなデザインも増え、あらためてその魅力が見直されています。今回は、伝統的なものから今のインテリアに馴染むもの、さらに手紙として送れるものまで、国内外から注目を集める「桜井こけし店」のこけしをご紹介します。

ten_ten

伝統をもっと身近に。京都が誇る“清水焼”を日常に届ける「トキノハ」の世界

伝統をもっと身近に。京都が誇る“清水焼”を日常に届ける「トキノハ」の世界

「生活に寄り添う器」というコンセプトのもと、京都を代表する伝統工芸品である清水焼を現代の生活に届け続けるトキノハ。シンプルで洗練された形と、優しい色調、手作業ならではの滑らかなタッチが物語るのは、トキノハが大切にする“つくる”ことへのこだわりです。つくり手の器への愛情や、使う人への思いやりを感じるトキノハの器。芸術的な美しさを醸し出...

mmrr

ノスタルジックな雰囲気を味わえる「常滑焼」の里を訪ねてみませんか?

ノスタルジックな雰囲気を味わえる「常滑焼」の里を訪ねてみませんか?

平安後期から焼き物が作られていた愛知県常滑市。普段から馴染みのある茶色ベースの壺や甕の生産地であり、INAXのタイルや衛生陶器を作っているところでもあります。今回は、常滑焼の魅力を知れるスポットと散策途中に寄り道したいカフェをご紹介します。

villagea

歴史があるのに新しい。「毎日愛用したくなる」使いやすくておしゃれな"伝統工芸品"

歴史があるのに新しい。「毎日愛用したくなる」使いやすくておしゃれな"伝統工芸品"

全国各地に伝わる、様々な伝統工芸品。最近は若い職人さんの新しいアイディアによって、オシャレに進化していることをご存知でしょうか?食器・調理道具・インテリア雑貨など、日常的に愛用したくなるような物がたくさん揃っているんです。伝統工芸品がもっと親しみ深いものに変わる、素敵なアイテムをご紹介します。

mkico

今日から“茶人”はじめませんか?「お茶の楽しみ方」事典

今日から“茶人”はじめませんか?「お茶の楽しみ方」事典

近年ますますコーヒーや紅茶が大人気ですが、たまにいただく日本茶には、言葉で言い表せないほどの癒しの力があります。丁寧に抹茶を点ててみたり、お気に入りの茶器や和菓子を用意して茶会をひらいたり…。いつでもどこでも、お茶の時間を自由に楽しめたら素敵ですよね。今回は美味しい抹茶の点て方や煎茶の淹れ方、揃えたい道具や器など、美味しい日本茶を味...

phrud

秋を楽しみながら、お気に入りの器を探しに出かけよう♪ 全国津々浦々【陶器市情報】

秋を楽しみながら、お気に入りの器を探しに出かけよう♪ 全国津々浦々【陶器市情報】

暑かった夏が過ぎ、過ごしやすい行楽シーズンの秋。秋には全国各地で陶器市が開催されます。焼き物の里は自然が豊かなところも多く、お気に入りの器を探しながら散策も楽しめるので、秋のおでかけにはぴったりです。9月~11月にかけて全国各地で開催される陶器市をご紹介します。

villagea

毎日使うものだから。こだわって選びたい【お茶碗・汁碗】名品カタログ

毎日使うものだから。こだわって選びたい【お茶碗・汁碗】名品カタログ

毎日の食卓に欠かせない、ご飯とお味噌汁。ずっと使うものだからお茶碗と汁椀は、いいものを大切に使い続けて行きたいですよね…。 そこで今回は、そんなこだわり派さんにおすすめの”お茶碗&汁椀”をご紹介したいと思います。よそったご飯や味噌汁を美味しく引き立ててくれる器達は、食卓を豊かにするパートナー。手に取った時の手触りや口当たりの優しさ...

mooco

一泊二日で、職人に弟子入り!日本一の彫刻の町「井波」で叶える、新たな旅のかたち

一泊二日で、職人に弟子入り!日本一の彫刻の町「井波」で叶える、新たな旅のかたち

今年の夏休みは、いつもと違う思い出を作ってみてはいかがでしょう。おすすめしたい旅の舞台は、富山県が誇る伝統工芸“井波彫刻”の里「井波(いなみ)」。実は昨今、この「井波」で“職人に弟子入りする”新しい旅のスタイルが注目を集めています。その滞在拠点となるのが、『BED AND CRAFT』の名を冠した古民家ゲストハウスです。今回は、「井...

kanakosato

ゆったり流れる心地いいリズム。素朴でおおらかな「沖縄」の風を暮らしに取り入れて♪

ゆったり流れる心地いいリズム。素朴でおおらかな「沖縄」の風を暮らしに取り入れて♪

素朴でおおらかな風合いが心地いい沖縄生まれのモノたちに囲まれて、ゆったりのんびりと暮らす幸せ。そんなナチュラルな夏も、素敵ではありませんか?旅行に行く時間がないという方も、沖縄の焼き物「やちむん」や琉球ガラスなどの食器をはじめ、現地の伝統工芸をモチーフにしたインテリア・雑貨、そして自然に恵まれた島ならではの食などを暮らしに取り入れて...

natsusweeet

その美しさにうっとり。ひとつずつ集めたくなる【東屋】の暮らしの道具

その美しさにうっとり。ひとつずつ集めたくなる【東屋】の暮らしの道具

美しさと機能面を持ち合わせた「東屋」の暮らしの道具達。思わず”うっとり”するその佇まいと使い勝手の良さは、歳を重ねてもずっと使い続けて行きたくなる。そんな魅力であふれています。「東屋」のアイテムの裏面には、さりげなく3種類の刻印が施されています。そこにも注目しながら、今回は、「東屋」のアイテムの数々を紹介したいと思います。

mooco

GWは、お気に入りの器を探しに出掛けよう♪全国津々浦々【陶器市情報】

GWは、お気に入りの器を探しに出掛けよう♪全国津々浦々【陶器市情報】

行楽シーズンのGW、どこへお出かけの予定はお決まりですか?GWには全国各地で、陶器市が開催されます。いつもよりたくさんの器を見ることができたり、お手頃価格でお気に入りの器が手に入りますし、屋台がでるなどお祭り気分も味わえる楽しいイベントです。

villagea

「民藝って何?」のあなたも。日本各地の民藝館を訪ねてみませんか【関西・中四国・九州編】

「民藝って何?」のあなたも。日本各地の民藝館を訪ねてみませんか【関西・中四国・九州編】

「日本各地の民藝館」パート2は、関西・中国・四国・九州をご案内します。手仕事の温もりを感じる、生活に根差した美しい工芸品、民藝運動家達の目指した本物の美しさにも触れに出掛けてみませんか?売店を併設し、民藝品も実際に購入できるところも多いので、実際に使って「用の美」を実感できます。

villagea

【日本全国】伝統・ものづくり体験の旅へ。体験を通してもっと知って、もっと楽しもう!

【日本全国】伝統・ものづくり体験の旅へ。体験を通してもっと知って、もっと楽しもう!

「誰かと一緒に何かを作る」。大人になるとなかなか経験できないことの1つです。「温泉」や「リゾート」への大人の女子旅もいいですが、たまには旅先で何かを≪体験≫してみるのはいかがですか。旅した人と何かを一緒に作ることで絆も深まり、また旅先の文化や名物への理解も深まります。旅の選択肢も広がってオススメですよ。

yumi3

丁寧な暮らしのそばに…長く大切に使いたい昔ながらの「日本の道具」たち

丁寧な暮らしのそばに…長く大切に使いたい昔ながらの「日本の道具」たち

忙しさに追われる毎日ですが、ふと立ち止まって、暮らしを見直してみませんか?自然のぬくもりが感じられる土鍋やおひつ、ひとつひとつ丁寧に編まれた竹ざるやかごなど、昔ながらの「日本の道具」を取り入れた“丁寧な暮らし”は、私たちの心をより豊かにしてくれます。今回は、「鉄瓶」「たわし」「おろし金」などの【台所・調理道具】から、「ほうき」「ちり...

itotonton

心華やぐ器を求めて*金沢を訪れたら『九谷焼』めぐりを楽しみませんか♪

心華やぐ器を求めて*金沢を訪れたら『九谷焼』めぐりを楽しみませんか♪

新幹線が開通してから観光地として盛り上がりを見せる、石川県「金沢」。兼六園や21世紀美術館、ご当地グルメ…と観光の魅力がたくさんありますが、数々の伝統的工芸品も見逃せません。中でも今回ご紹介したいのは【九谷焼】。職人によって描かれた繊細で豪華な装飾模様が特徴の磁器で、それは目が釘付けになるほどの美しさです。今回は金沢市内で、そんな九...

nana-n

「民藝って何?」のあなたも。日本各地の民藝館を訪ねてみませんか【関東・東北・中部編】

「民藝って何?」のあなたも。日本各地の民藝館を訪ねてみませんか【関東・東北・中部編】

民藝がお好きですか?手仕事の温もりを感じる、生活に根差した美しい工芸品。身近のおいて日々の生活を豊かにもしたいですいし、民藝運動家達の目指した本物の美しさにも触れてみたいですね。今回は、日本各地に今も残る民藝館の紹介をしていきます。

villagea

癒しを求めて…。「南部鉄器」の里・盛岡はノスタルジックな雰囲気が魅力の街

癒しを求めて…。「南部鉄器」の里・盛岡はノスタルジックな雰囲気が魅力の街

伝統工芸品「南部鉄瓶」は、近ごろお洒落なデザインの物が増えていて、ネット通販でも人気のようです。しかし、購入するなら実際に見て魅力を確認したいと思うもの。そんな南部鉄器の里・岩手県盛岡は、平安時代からお城が築かれ長い歴史ある街のためか、ノスタルジック雰囲気が漂っています。今回は、そんな盛岡に、南部鉄器の魅力とレトロモダンなおしゃれカ...

villagea

たなごころで包みたくなる~加藤那美子さんの “手に馴染む漆の器”

たなごころで包みたくなる~加藤那美子さんの “手に馴染む漆の器”

つるつるとした「工芸品」ではなく、しっくりと手におさまる…そんな「日用品」としての漆器をつくりつづけている加藤那美子さん。思わず目をひかれるモダンなデザインが印象的ですが、手に取って眺めてみると、実に日本的な姿と風情に心惹かれます。あたたかで使い心地のいい、加藤さんの漆の器の世界をご紹介します。

cotacosu

陶器市も人気!シンプルで丈夫、普段使いしやすい器『波佐見焼』の里を訪ねてみよう

陶器市も人気!シンプルで丈夫、普段使いしやすい器『波佐見焼』の里を訪ねてみよう

グットデザイン賞でも有名な“波佐見焼”の器は、長崎県でつくられているのをご存知でしょうか?伝統ある和食器でありながらシンプルで洗練されたフォルムは、キナリノ女子の生活にフィットしそうです。今回は、波佐見焼の里を訪ねて、自分好みの器を探す旅のご紹介です。

villagea

シンプルだけど美しい。"水引"の結び方の意味を知って大切な人へ想いを贈ろう

シンプルだけど美しい。"水引"の結び方の意味を知って大切な人へ想いを贈ろう

結婚式のご祝儀袋などに飾られている水引。よく見ると結び方にも種類があって、使い方のマナーがあるみたい。古くから続く日本の伝統には、いったいどんな意味があるのでしょう?今回は、様々な水引の結び方の意味から、進化する水引の素敵なアイテムまで幅広くご紹介致します。意味を知ればきっと、大切な人への贈り物に、マナーやしきたり以上の深い気持ちが...

to_mo_jol

【日用品編】日本の手しごととともに。『民藝』のある暮らしをはじめませんか?

【日用品編】日本の手しごととともに。『民藝』のある暮らしをはじめませんか?

昔からの伝統・技術を守り、受け継いで、職人さんがひとつひとつ手づくりしている日用品や実用品は「民藝品」と呼ばれています。大量生産された日用品も安価で便利ですが、日本の手しごとで作られ続けている伝統工芸品は、佇まいが美しく、機能的で、丈夫で長く使い続けられるものばかりです。毎日使うアイテムこそ、民藝品を取り入れてみませんか?今回はわた...

maaa_0514

【うつわ編】日本の手しごととともに。『民藝』のある暮らしをはじめませんか?

【うつわ編】日本の手しごととともに。『民藝』のある暮らしをはじめませんか?

職人さんの手しごとで作られた日用品こそ美しい、と評価され今の時代にも伝わっているものが「民藝」です。益子焼や小鹿田焼など、長い歴史を持った「うつわ」も民藝品のひとつ。伝統と技術が受け継がれて作られているもので、地方によってデザインや技法など、特徴はさまざま。その楽しさを知って、暮らしに取り入れてみませんか?今回は民藝品であるうつわを...

maaa_0514

自然豊かな土地に佇む美しい美術館。民藝の器とおいしいご飯に出合う旅…in信楽

自然豊かな土地に佇む美しい美術館。民藝の器とおいしいご飯に出合う旅…in信楽

“美しいもの”はお好きですか?美しい物を見ると心が豊かになりますね。そして、日常にも美しい物を取り入れたいもの。今回は、信楽にある『MIHO MUSEUM 』を訪ね、日本六古窯の1つ信楽焼の里でお気に入りの器に出会う旅にご案内します♪キナリノ女子は、美味しい料理を盛る器もこだわりたいものですね。

villagea

伝統工芸に自由な発想をプラス。「畑漆器店」の暮らしの道具

伝統工芸に自由な発想をプラス。「畑漆器店」の暮らしの道具

「畑漆器店」は、1930年に手塗り職人・畑卯之松氏が創業した漆器メーカー。石川県加賀市で450年もの間培われてきた「山中漆器」の木工ろくろ挽きの技術を基に製造されています。伝統工芸品に、既成概念にとらわれない新しい発想を自由に取り入れた暮らしの道具。木の温もりあふれるカラフルな器は、生活に彩りをプラスしてくれそうです。

みう

職人による妥協のないものづくり。暮らしにスッと馴染む「PINT」のプロダクト

職人による妥協のないものづくり。暮らしにスッと馴染む「PINT」のプロダクト

たくさんのモノがあふれ、簡単に手に入れることのできる現代社会。「便利で簡単なだけで本当の満足感が得られるのか」と、疑問に感じた代表の中地さんは、人と「もの」の関わり方、ものづくりの在り方から見つめ直したいと思い、2012年「PINT」を設立しました。日本の風土に合っている伝統ある素材と技術を、今の暮らしのシーンに本当にフィットさせた...

みう

ハレもケも。やさしくて温かい「漆の器」をもっと身近に【基礎知識~お手入れ方法まで】

ハレもケも。やさしくて温かい「漆の器」をもっと身近に【基礎知識~お手入れ方法まで】

日本人の生活に欠かせない道具として、古くから親しまれてきた「漆器」。最近は洋食器にも合うモダンな漆器も数多く販売されていますが、「漆の器=特別な日に使うもの」というイメージが強く、普段の食卓ではなかなか使用しませんよね。扱い方も難しいと思われがちですが、実は基本のお手入れ方法はとっても簡単なんです。そこで今回は、漆器の洗い方や保管方...

phrud

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play