和食の献立をもっと豊かに。少しの手間で作れる食材別「和食」レシピ

和食の献立をもっと豊かに。少しの手間で作れる食材別「和食」レシピ

イタリアンや洋食もいいけれど、やっぱり食べたくなるのが「和食」。定番おかずから、ひと工夫を加えたアレンジレシピまで、色々な和食レシピをマスターしておけば、毎日の献立にも困りませんよ。忙しい方には作り置きもおすすめです♪2019年08月05日更新

カテゴリ:
グルメ
キーワード:
レシピ
調理方法・準備
副菜
和食
献立
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1410

献立が豊かに♪和食の人気レシピが大集合

和食の献立をもっと豊かに。少しの手間で作れる食材別「和食」レシピ
出典:www.instagram.com(@chisato3pei)
コロッケなどの洋食やパスタも美味しいけれど、やっぱり食べたくなるのが「和食」。優しい味わいに、心がほっと和みますよね。お肉や野菜をバランス良くとるためにも、和食のレシピは増やしたいところ。

献立を考える時、「主菜」は大切です。満足感を得られるし、食卓も華やぎます。
和食の献立をもっと豊かに。少しの手間で作れる食材別「和食」レシピ
出典:www.instagram.com(@xmizukax)
そして、もう1品加えたいと思うこともありますよね。そんな時に頼もしい助っ人になってくれるのが、旬の野菜などを使ってささっと作れる「副菜」です。ちょっとした副菜があるだけで、和食の献立はぐっと彩り豊かになります。

和食中心の献立になるはず

和食の献立をもっと豊かに。少しの手間で作れる食材別「和食」レシピ
出典:www.instagram.com(@flit_21)
忙しい人にとっては手軽に作れるのも大事なポイントですよね。そこでここからは、少しの手間で作れる和食のレシピをご紹介します♪レパートリーが増えれば、献立に悩むことも少なくなるはずですよ。

1)季節の素材も取り入れて。"野菜"が主役の和食レシピ

春野菜の美味しい時期に「やみつきニラキャベツ」

キャベツとニラが旬を迎える春の時期、ぜひ作りたいのがこちらの副菜。ざく切りにしたキャベツにごま油で炒めたニラを加え、お醤油・白ごまでシンプルに味付けすれば完成です。旬の美味しさがぎゅっと詰まった一品になりますよ。
出典:

キャベツとニラが旬を迎える春の時期、ぜひ作りたいのがこちらの副菜。ざく切りにしたキャベツにごま油で炒めたニラを加え、お醤油・白ごまでシンプルに味付けすれば完成です。旬の美味しさがぎゅっと詰まった一品になりますよ。

おつまみにもぴったりの副菜「キャベツ巾着」

こちらは千切りキャベツを使ったおかず。マヨネーズ・塩・コショウを和えたキャベツを稲荷用の油揚げに詰め、カリっと香ばしく焼き上げます。ヘルシーなのに食べ応えはしっかり。お酒のおつまみにもおすすめです。
出典:

こちらは千切りキャベツを使ったおかず。マヨネーズ・塩・コショウを和えたキャベツを稲荷用の油揚げに詰め、カリっと香ばしく焼き上げます。ヘルシーなのに食べ応えはしっかり。お酒のおつまみにもおすすめです。

柔らかくて甘い♪ 今が旬のおいしい「春キャベツ」をつかった簡単アレンジレシピ集
柔らかくて甘い♪ 今が旬のおいしい「春キャベツ」をつかった簡単アレンジレシピ集

あたたかい季節になり、この時期だからこそ出会える旬の美味しい野菜がスーパーに並びはじめました。タケノコや菜の花など色々あれど、柔らかな歯ごたえでみずみずしい「春キャベツ」を使った、旬の味わいが楽しめる美味しいお料理はいかがでしょうか?今回は、こんな使い方があったんだ!というような、春キャベツを使った”主菜、副菜、主食”の美味しいレシピをご紹介致します。生はもちろん、煮る、焼く、蒸すなど、どれも簡単に作れるレシピばかり。いつもの食卓にもう一品、旬の春キャベツを取り入れてみましょう♪

「春キャベツ」を使った“主菜、副菜、主食”のレシピはこちらで詳しく。生はもちろん、煮る、焼く、蒸すなど、どれも簡単な調理法ばかり。いつもの食卓にもう一品、旬の彩りを取り入れてみませんか♪

夏野菜たっぷり!「トマトときゅうりと香味野菜の塩昆布サラダ」

みずみずしさを活かしたい夏野菜は、和風サラダでたっぷり味わいましょう。味付けは塩昆布・ごま油・ごまだけ。お豆腐やそうめんなどに乗せるのもいいそうですよ。
出典:

みずみずしさを活かしたい夏野菜は、和風サラダでたっぷり味わいましょう。味付けは塩昆布・ごま油・ごまだけ。お豆腐やそうめんなどに乗せるのもいいそうですよ。

揚げないから簡単「なすの煮びたし」

ご飯にもよく合うこちらのなすの煮びたしは、揚げずに作るレシピ。少し多めの油で、キレイな紫色になるまで焼いたら、合わせ調味料を入れてぐつぐつと煮ればできあがり。保存容器に移して2~3時間味をしみ込ませるのが、さらに美味しくするポイントです。
出典:

ご飯にもよく合うこちらのなすの煮びたしは、揚げずに作るレシピ。少し多めの油で、キレイな紫色になるまで焼いたら、合わせ調味料を入れてぐつぐつと煮ればできあがり。保存容器に移して2~3時間味をしみ込ませるのが、さらに美味しくするポイントです。

 暑いから、火を使わずに!食欲アップで夏バテ防止にも『夏野菜おかず』レシピ帖
暑いから、火を使わずに!食欲アップで夏バテ防止にも『夏野菜おかず』レシピ帖

今年もやってきた夏の時季。栄養満点の夏野菜でおかずを作ろうと思っても、こう暑いとコンロの前に立つのはちょっと憂鬱になってしまうなんてことも。今回は、そんな暑い時季にも嬉しい「火を使わずにできる夏野菜おかずレシピ」をご紹介します。レンジやオーブンを活用したり、和えるだけの冷たいおかずにしてみたり。火を使わなくても、工夫次第でさまざまな夏野菜料理が作れますよ♪

夏野菜おかずのレシピはこちらにも。火を使わずに作れるので、暑い日も楽チン。栄養たっぷりの夏野菜をたっぷり味わいましょう。

まるでお餅みたい!「モチモチ揚げ山芋」

粘りの強い山芋は、すりおろして揚げるとお餅のような食感に。きれいなキツネ色が食欲をそそります。おろしショウガやだししょうゆを付けて召し上がれ♪
出典:

粘りの強い山芋は、すりおろして揚げるとお餅のような食感に。きれいなキツネ色が食欲をそそります。おろしショウガやだししょうゆを付けて召し上がれ♪

さっぱりした夏の味「オクラと長芋の梅おかか和え」

山芋の種類の中でも、長芋は水分が多めで粘り気が少ないのが特徴。夏野菜のオクラと一緒に、季節感のある和食に仕上げましょう。ほぐした梅干しで酸味を加えるので、さっぱりした味になります。
出典:

山芋の種類の中でも、長芋は水分が多めで粘り気が少ないのが特徴。夏野菜のオクラと一緒に、季節感のある和食に仕上げましょう。ほぐした梅干しで酸味を加えるので、さっぱりした味になります。

余った大根で作り置き「大根としょうがのおかか炒め」

シャキシャキの食感が魅力の大根。でも、使い切れずに余らせてしまう人も多いのではないでしょうか?そんな時はしょうがや唐辛子と一緒に炒めてみましょう。時間を置くとさらに味が染み込むので、作り置きにぴったりのレシピです。
出典:

シャキシャキの食感が魅力の大根。でも、使い切れずに余らせてしまう人も多いのではないでしょうか?そんな時はしょうがや唐辛子と一緒に炒めてみましょう。時間を置くとさらに味が染み込むので、作り置きにぴったりのレシピです。

部位によって賢く使い分け♪メインからサブまで、冬の『大根』レシピ
部位によって賢く使い分け♪メインからサブまで、冬の『大根』レシピ

冬に旬を迎える『大根』は、煮物をはじめ、サラダ、汁物など、主菜から副菜まで様々な料理に使える万能野菜です。大根は部位によって甘みや水分量が異なるため、料理によって使い分けることでよりおいしいく味わうことができますよ。今回は、大根の選び方をはじめ、箸休めにぴったりのお漬物、熱々のおでん、定番のお味噌汁、お弁当のおにぎりにもおすすめの炊き込みごはんや混ぜごはん、捨ててしまいがちな大根の葉を使ったものまで、大根の部位別の特徴を活かしたアレンジレシピをご紹介します。

主菜から副菜まで様々な料理に使える万能野菜『大根』。部位によって甘みや水分量が異なるので料理によって使い分けるとさらにおいしくなります。こちらでは、大根の選び方をはじめ、大根の部位別の特徴を活かしたアレンジレシピをご紹介します。

素材の甘さが際立つ「にんじんしりしり」

色鮮やかなにんじんは、和食にも度々登場する定番野菜。沖縄の郷土料理である「にんじんしりしり」。しりしり(千切り)という名前の通り、千切りのにんじんを炒める料理です。卵を加えたら、あまり混ぜすぎないのがポイントなのだそう。
出典:

色鮮やかなにんじんは、和食にも度々登場する定番野菜。沖縄の郷土料理である「にんじんしりしり」。しりしり(千切り)という名前の通り、千切りのにんじんを炒める料理です。卵を加えたら、あまり混ぜすぎないのがポイントなのだそう。

女性に嬉しい栄養たっぷり!にんじんを絶対おいしく食べられるレシピをご紹介
女性に嬉しい栄養たっぷり!にんじんを絶対おいしく食べられるレシピをご紹介

子供が苦手な野菜の代表格"にんじん"。大人になっても苦手な人も多いのではないでしょうか。しかし食べずにいるのはもったいないほどの栄養がにんじんには詰まっています。女性は特に気になるアンチエイジング効果にも期待大*今回は、そんなにんじんの持つパワーはもちろん、にんじんスープやサラダ、人気のにんじんしりしりから、お弁当にも便利な作り置きまで、にんじんをおいしく食べられる簡単レシピをご紹介します。

栄養がたっぷり詰まった“にんじん”をおいしく食べる簡単レシピはこちらで詳しく!人気のにんじんしりしりからスープやサラダ、お弁当にも便利な作り置きまでたっぷりとご紹介しますよ。

彩りもキレイ「ホウレン草の白和え」

白和えと聞くとなんだか難しそうなイメージがありますが、基本的には材料を切って、木綿豆腐を合わせるだけ。ニンジンを入れれば、ほうれん草と一緒に彩り豊かな副菜に。
出典:

白和えと聞くとなんだか難しそうなイメージがありますが、基本的には材料を切って、木綿豆腐を合わせるだけ。ニンジンを入れれば、ほうれん草と一緒に彩り豊かな副菜に。

おひたしだけじゃないよ!栄養たっぷり「ほうれん草」のレシピいろいろ
おひたしだけじゃないよ!栄養たっぷり「ほうれん草」のレシピいろいろ

鉄分、βカロテン、ビタミンCが多く含まれ栄養たっぷりの嬉しい野菜「ほうれん草」。ほうれん草は冷凍保存も可能なので、お弁当のおかずや付け合わせまで大活躍してくれます。そのうえ、おひたしやサラダ、スイーツなど、アレンジ自由な食材と、嬉しいことがいっぱいなんです♪今回は、そんな栄養たっぷりで美味しいほうれん草の茹で方と保存方法、レシピを紹介します。

ほうれん草のレシピは他にもいろいろ。栄養がぎゅっと詰まって彩りも良いので、副菜として大活躍してくれます。

デリ風のおしゃれな一品「ゴボウとレンコンのサラダ」

お店の惣菜としても人気のごぼうサラダに、れんこんをプラス。シャキシャキ食感がさらに増して美味しさもアップ♪マヨネーズで和える前にしっかりと下味をつける、味わい深い一品です。
出典:

お店の惣菜としても人気のごぼうサラダに、れんこんをプラス。シャキシャキ食感がさらに増して美味しさもアップ♪マヨネーズで和える前にしっかりと下味をつける、味わい深い一品です。

2)献立のメインにしたい。"魚"の和食レシピ

秋の味覚を味わう「サンマのおろし煮」

秋に旬を迎える定番の魚"サンマ"。塩焼きくらいしかレパートリーがない…という人におすすめしたいのが、大根おろしと麺つゆで煮る"おろし煮"。三枚に下ろす必要がないので、手軽に作れますよ。
出典:

秋に旬を迎える定番の魚"サンマ"。塩焼きくらいしかレパートリーがない…という人におすすめしたいのが、大根おろしと麺つゆで煮る"おろし煮"。三枚に下ろす必要がないので、手軽に作れますよ。

秋刀魚(さんま)が美味しい季節です◎基本の塩焼きとアレンジレシピをご紹介♪
秋刀魚(さんま)が美味しい季節です◎基本の塩焼きとアレンジレシピをご紹介♪

秋グルメの楽しみの一つと言えば「秋刀魚(さんま)」。脂がのって一番美味しい時期のさんまを、より美味しく食べる為のレシピをご紹介します◎基本の塩焼きはもちろん、おすすめのアレンジレシピまで。さんまをとことん美味しく食べつくしましょ♪

旬のさんまを味わい尽くすレシピ集はこちらにも。おかずはもちろん、ご飯やパンとの相性もバッチリですよ。

たっぷり野菜でアレンジ「鮭のシンプル蒸し焼き」

シンプルな焼き鮭も美味しいけれど、野菜をたっぷりのせた蒸し焼きで違った味わいに♪少し洋風テイストのあるおしゃれな一品に、食卓が華やぎます。
出典:

シンプルな焼き鮭も美味しいけれど、野菜をたっぷりのせた蒸し焼きで違った味わいに♪少し洋風テイストのあるおしゃれな一品に、食卓が華やぎます。

旬のお魚、どう食べる?《秋鮭》を使ったおすすめアレンジレシピ12選!
旬のお魚、どう食べる?《秋鮭》を使ったおすすめアレンジレシピ12選!

この時期、旬の味覚として楽しめる「秋鮭」。脂肪分が少なめでさっぱりとした味わいなので、さまざまな料理とよく合います。今回は、そんな秋鮭の選び方や保存方法、思わず作りたくなるアレンジレシピを和風・洋風に分けてたっぷりご紹介していきます。毎日の食卓やお弁当、おもてなし料理としてぜひ取り入れてみて下さいね♪

あっさりしてクセが少ない秋鮭は、おかずにも主食にもなる強い味方。こちらのアレンジレシピも参考に、いろんな食べ方を楽しんで下さいね。

冬の和食の定番「ぶり大根」

ぶりといえば「ぶり大根」というほどの定番和食レシピ。味のしみた大根が、ぶりの美味しさを引き立てます。ほっこりと心がほぐれる定番レシピは、覚えておきたいもの。疲れたときに、じわっと美味しさがしみ渡ります。
出典:

ぶりといえば「ぶり大根」というほどの定番和食レシピ。味のしみた大根が、ぶりの美味しさを引き立てます。ほっこりと心がほぐれる定番レシピは、覚えておきたいもの。疲れたときに、じわっと美味しさがしみ渡ります。

クセがなくて美味しい「ブリカツ」

佐渡名物「ブリカツ」は、さくっとした衣と、ふわっとしたぶりの食感が美味しい一品。魚が苦手というお子さんでも、フライにすることで食べやすく◎下味の付け方にも臭みを取るコツがありますよ。
出典:

佐渡名物「ブリカツ」は、さくっとした衣と、ふわっとしたぶりの食感が美味しい一品。魚が苦手というお子さんでも、フライにすることで食べやすく◎下味の付け方にも臭みを取るコツがありますよ。

マイルドな酸味でさっぱり「サバの南蛮漬け」

すっぱさが美味しい南蛮漬けは、疲れたとき、暑いときにむしょうに食べたくなりますよね。マスタードを加えることで、すっぱさがマイルドになるのだとか。魚をさばくのが難しいなら、切り身でお手軽に作りましょう。
出典:

すっぱさが美味しい南蛮漬けは、疲れたとき、暑いときにむしょうに食べたくなりますよね。マスタードを加えることで、すっぱさがマイルドになるのだとか。魚をさばくのが難しいなら、切り身でお手軽に作りましょう。

さんま、鮭、ぶりも♪ 秋冬が旬の《お魚》を「お弁当おかず」にして味わおう
さんま、鮭、ぶりも♪ 秋冬が旬の《お魚》を「お弁当おかず」にして味わおう

寒くなる秋冬に「旬」を迎えて、美味しいお魚は多いですよね。さんま、鮭、さば、ぶりなど・・・旬の味を満喫するのも、この時期ならではの大きな楽しみ。そんな美味しいお魚を、お弁当でも、美味しく食べませんか♪今回は「秋冬に旬を迎えるお魚」でつくる、お弁当向けのカンタンおかずをご提案します。一匹まるごと焼くのも良いですが、お弁当用に詰めやすいようコンパクトに。かつ、冷めても美味しく、汁が無いお魚おかずを多めにセレクトしました。ぜひお弁当でも、旬の魚を召し上がれ♪

秋冬に旬を迎える魚は、お弁当のおかずにもなりますよ。こちらのレシピ集では、冷めても美味しいコツも一緒にご紹介。お弁当おかずのレパートリーが広がります。

3)おもてなしのごちそうにも◎。"お肉"の和食レシピ

パーティーの持ち寄りにいかが?「鶏むね肉のしそわさび醤油」

美味しさを何倍にもしてくれる薬味。こちらのレシピは、にんにく、大葉、わさびの入ったソースを絡ませたレシピ。ボリュームがあるので、ホームパーティーの持ち寄りにするのもいいかも♪むね肉は、フォークで穴をあけ、砂糖と塩を順番にもみ込むのがやわらかくするポイントです。
出典:

美味しさを何倍にもしてくれる薬味。こちらのレシピは、にんにく、大葉、わさびの入ったソースを絡ませたレシピ。ボリュームがあるので、ホームパーティーの持ち寄りにするのもいいかも♪むね肉は、フォークで穴をあけ、砂糖と塩を順番にもみ込むのがやわらかくするポイントです。

火を使わず簡単「レンジ蒸し鶏」

電子レンジで10分程度加熱すれば作れる簡単レシピ。蒸し汁を合わせダレに使うことで、鶏の旨みを余すことなく味わえます。ミツバをちらすことで、彩りがアップ。
出典:

電子レンジで10分程度加熱すれば作れる簡単レシピ。蒸し汁を合わせダレに使うことで、鶏の旨みを余すことなく味わえます。ミツバをちらすことで、彩りがアップ。

家にあるもので簡単に!「鶏肉+○○」が余っている時にできる人気レシピ15選
家にあるもので簡単に!「鶏肉+○○」が余っている時にできる人気レシピ15選

日々の食卓によく並ぶ鶏肉を使った料理たち。日々使っていると、お肉がちょっとだけ残ったりすることも多いですよね。今回は鶏肉がお家に残っている時に、その食材を使ったおすすめのレシピをご紹介します。夕飯のメインおかずになるものから、お弁当におすすめの作り置き可能レシピまで。幅広くご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

鶏肉が余ったら、他のレシピにもチャレンジしてみませんか?こちらのレシピ集では、身近な野菜をプラスして作れるメニューをご紹介。ササっと簡単に作れますよ。

爽やかな夏の風味「豚肉の香り大葉炒め」

切り落としのお肉を活用したお財布にやさしい一品。豚肉、玉ねぎを炒めて火が通ったら、醤油を加えて、大葉を散らせばできあがり!食べ応え十分な主菜が簡単に作れるのはうれしいですよね。
出典:

切り落としのお肉を活用したお財布にやさしい一品。豚肉、玉ねぎを炒めて火が通ったら、醤油を加えて、大葉を散らせばできあがり!食べ応え十分な主菜が簡単に作れるのはうれしいですよね。

定番和食をヘルシーに「炒めずあっさり肉じゃが」

お肉も野菜もバランスよく食べられる定番レシピ「肉じゃが」は、炒めずに煮ることであっさりとした味わいに。油を使わないのでヘルシーに仕上がります。牛肉のこま切れや豚肉でも美味しく作れるそうですよ。
出典:

お肉も野菜もバランスよく食べられる定番レシピ「肉じゃが」は、炒めずに煮ることであっさりとした味わいに。油を使わないのでヘルシーに仕上がります。牛肉のこま切れや豚肉でも美味しく作れるそうですよ。

4)前菜として大活躍。"海藻類"の和食レシピ

まろやかな酸味で食べやすい「わかめとキュウリのさわやかポン酢和え」

海藻類は、風味や栄養をプラスしてくれるので、どんどん使いたい食材です。わかめは酢の物によく使われますが、酸味が苦手という場合はまろやかな味のポン酢がおすすめ。食べやすい味に仕上がりますよ。
出典:

海藻類は、風味や栄養をプラスしてくれるので、どんどん使いたい食材です。わかめは酢の物によく使われますが、酸味が苦手という場合はまろやかな味のポン酢がおすすめ。食べやすい味に仕上がりますよ。

作り置きにぴったり「切り干し大根とわかめの和風マリネ」

こちらもポン酢を使って味付けするレシピです。切り干し大根もわかめも水で戻すだけなので、他のメニューと平行して作れそうですね。作り置きにも適しています。
出典:

こちらもポン酢を使って味付けするレシピです。切り干し大根もわかめも水で戻すだけなので、他のメニューと平行して作れそうですね。作り置きにも適しています。

お味噌汁だけじゃないよ♪意外に使える!「乾燥わかめ」活用レシピ集
お味噌汁だけじゃないよ♪意外に使える!「乾燥わかめ」活用レシピ集

お家に常備されている「乾燥わかめ」どんなふうに活用していますか?お味噌汁や酢の物、和物などが定番ですが、それ以外にも美味しい食べ方はたくさんあるんです。今回は、主菜、副菜、作り置きおかずやスープなど、乾燥わかめの活用法・レシピをバリエーション豊かにご紹介。女性の美と健康にも嬉しい食材「わかめ」を、いろいろなメニューに取り入れてみましょう!

お家の常備品「乾燥わかめ」には、定番の使い方以外にも美味しい食べ方が沢山あるんです!こちらでは、その活用法やレシピをバリエーション豊かにご紹介します。

レンジで簡単「ひじきの煮もの」

時間がかかりそうな煮物も、レンジを活用すればあっという間にできちゃいます。にんじんは火が通りやすいように細く切るのがポイント。また、ひじきの水気を切る時は手で絞らずにザルを使うと、少し水分が残ってちょうどいい味付けになるそうです。
出典:

時間がかかりそうな煮物も、レンジを活用すればあっという間にできちゃいます。にんじんは火が通りやすいように細く切るのがポイント。また、ひじきの水気を切る時は手で絞らずにザルを使うと、少し水分が残ってちょうどいい味付けになるそうです。

手軽で栄養満点「ヒジキのサバ缶煮」

サバ缶を使うことで、手のかかる下処理や煮込みの時間も必要なく、簡単に魚の美味しさを味わえます。味つけも麺つゆを使っているので、とってもお手軽!ご飯もすすみそうですね。
出典:

サバ缶を使うことで、手のかかる下処理や煮込みの時間も必要なく、簡単に魚の美味しさを味わえます。味つけも麺つゆを使っているので、とってもお手軽!ご飯もすすみそうですね。

上手な味付けで美味しさUP「ヒジキのヘルシーサラダ」

わかめはもちろん、ひじきもサラダによく合う海藻です。味付けのポイントは、ひじきだけを先にドレッシングと和えておくこと。味をなじませている間に他の野菜の準備をすると効率がいいですね。
出典:

わかめはもちろん、ひじきもサラダによく合う海藻です。味付けのポイントは、ひじきだけを先にドレッシングと和えておくこと。味をなじませている間に他の野菜の準備をすると効率がいいですね。

煮物にサラダ・・・カルシウムや食物繊維が豊富な「ひじき」レシピ
煮物にサラダ・・・カルシウムや食物繊維が豊富な「ひじき」レシピ

カルシウムや食物繊維、マグネシウム、ビタミンAなどがたっぷり含まれている栄養豊富な「ひじき」。ご飯・煮物だけじゃなく、最近はサラダや揚げ物などのレシピも人気があるそうです。そこで、栄養たっぷりの「ひじき」レシピの紹介です。

食物繊維やミネラル、ビタミンAなどがたっぷり含まれた栄養豊富な「ひじき」レシピはこちらから。ご飯・煮物だけじゃなく、最近はサラダや揚げ物などのレシピも人気上昇中です。

5)ヘルシーなのに食べ応えもあり。"加工食品"の和食レシピ

ご飯が進む「ちくわとこんにゃくの照り焼き」

続いては、和食に使われることの多い加工食品に注目していきましょう。まずは、独特な歯ごたえが魅力のこんにゃく。ちくわと一緒に炒めると、ご飯のお供にぴったりの美味しい副菜になります。しっかり味を染み込ませるために、表面に格子状に切り込みを入れるのがポイントだそうですよ。
出典:

続いては、和食に使われることの多い加工食品に注目していきましょう。まずは、独特な歯ごたえが魅力のこんにゃく。ちくわと一緒に炒めると、ご飯のお供にぴったりの美味しい副菜になります。しっかり味を染み込ませるために、表面に格子状に切り込みを入れるのがポイントだそうですよ。

食べやすい工夫も「こんにゃくと油揚げの煮物」

小さなお子さんやご高齢のご家族がいる場合は、こんにゃくを薄切りにすると食べやすくなります。お醤油とお砂糖の甘辛い味は、みんながほっとする優しい味わい。
出典:

小さなお子さんやご高齢のご家族がいる場合は、こんにゃくを薄切りにすると食べやすくなります。お醤油とお砂糖の甘辛い味は、みんながほっとする優しい味わい。

安くてヘルシー、冷凍もOK♪常備菜に便利な「こんにゃく」を使ったレシピ集
安くてヘルシー、冷凍もOK♪常備菜に便利な「こんにゃく」を使ったレシピ集

今晩のメニューはどうしよう...、あれこれ練って、あと一品足りないという時、副菜に悩むことありますよね。そんなとき、ヘルシーなこんにゃくのおかずはいかが?比較的、保存期限の長めなこんにゃくは、食材として、常に冷蔵庫においておくと安心です。マンネリ化を防ぐためにも、おいしいこんにゃくレシピを幾つかストックしておきましょう。今回は常備菜レシピ、刺身こんにゃくレシピ、そして冷凍こんにゃくレシピをご紹介します。

保存期限の長めなこんにゃくは、常備品として冷蔵庫に置いておくと安心◎こちらでは、常備菜、刺身こんにゃく、冷凍こんにゃくなど、マンネリ知らずのこんにゃくレシピを幅広くご紹介します。

おつまみにもオススメ「厚揚げと長ネギのピリ辛味噌炒め」

厚揚げも幅広い世代に人気のヘルシーな加工食品です。味が染み込みやすいので、短時間の調理で美味しく仕上がりますよ。こちらはお味噌や豆板醤で味付けする大人向けの副菜。お好みの野菜でアレンジもできます。
出典:

厚揚げも幅広い世代に人気のヘルシーな加工食品です。味が染み込みやすいので、短時間の調理で美味しく仕上がりますよ。こちらはお味噌や豆板醤で味付けする大人向けの副菜。お好みの野菜でアレンジもできます。

大根おろしでさっぱり「厚揚げのおろし和え」

手でちぎった厚揚げはさらに味が染み込みやすくなり、時短にもなります。カリっと焼いた厚揚げを、大根おろしと和えてさっぱりと♪カイワレをトッピングすると見栄えが良くなりますね。
出典:

手でちぎった厚揚げはさらに味が染み込みやすくなり、時短にもなります。カリっと焼いた厚揚げを、大根おろしと和えてさっぱりと♪カイワレをトッピングすると見栄えが良くなりますね。

食べ応えのある満足食材◎ 「厚揚げ」を使ってレシピの幅を広げよう。
食べ応えのある満足食材◎ 「厚揚げ」を使ってレシピの幅を広げよう。

お豆腐は、あっさりしているので、頻繁に食べると飽きてしまいがち。でも、厚揚げは食べ応えがあるので満足感を得られやすく、お料理のレパートリーも多いので、飽きにくい。しかも、大豆たんぱく・カルシウム・鉄分・葉酸といった栄養も豊富。そんな厚揚げ使ってメインディッシュを作ってみませんか?

食べ応えがあって腹持ちが良い厚揚げは、お料理のレパートリーも広いからマンネリ知らず!しかも栄養も豊富。そんな厚揚げでつくるメインディッシュレシピを紹介しています。

余った紅ショウガで「さつま揚げと紅ショウガ炒め」

お魚のすり身で作られたさつま揚げは、お肉に比べるとカロリーも低くヘルシー。ただ焼くだけでなく、いろいろアレンジしてみましょう。こちらは紅ショウガと一緒にさっと炒めたもの。余らせがちな紅ショウガの消費にもなります。
出典:

お魚のすり身で作られたさつま揚げは、お肉に比べるとカロリーも低くヘルシー。ただ焼くだけでなく、いろいろアレンジしてみましょう。こちらは紅ショウガと一緒にさっと炒めたもの。余らせがちな紅ショウガの消費にもなります。

食感が楽しい「さつま揚げとえのきたけのピリ辛和え」

えのき茸やきゅうりなど、シャキシャキした食感の野菜とさつま揚げを和えるのもおすすめです。ラー油でピリ辛に仕上げていますが、辛い味が苦手な場合はお好みで調整して下さいね。
出典:

えのき茸やきゅうりなど、シャキシャキした食感の野菜とさつま揚げを和えるのもおすすめです。ラー油でピリ辛に仕上げていますが、辛い味が苦手な場合はお好みで調整して下さいね。

和食のおかずで献立をさらに豊かに♪

和食の献立をもっと豊かに。少しの手間で作れる食材別「和食」レシピ
出典:www.instagram.com(@flit_21)
ちょっとした手間で作れる数々の和食のおかず。レパートリーが増えれば増えるほど、食卓に美味しさが広がります。ぜひいろいろなレシピを試してみてくださいね。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play