部位によって賢く使い分け♪メインからサブまで、冬の『大根』レシピ

部位によって賢く使い分け♪メインからサブまで、冬の『大根』レシピ

冬に旬を迎える『大根』は、煮物をはじめ、サラダ、汁物など、主菜から副菜まで様々な料理に使える万能野菜です。大根は部位によって甘みや水分量が異なるため、料理によって使い分けることでよりおいしいく味わうことができますよ。今回は、大根の選び方をはじめ、箸休めにぴったりのお漬物、熱々のおでん、定番のお味噌汁、お弁当のおにぎりにもおすすめの炊き込みごはんや混ぜごはん、捨ててしまいがちな大根の葉を使ったものまで、大根の部位別の特徴を活かしたアレンジレシピをご紹介します。 2017年02月22日作成

カテゴリ:
グルメ
キーワード:
食材
野菜
大根
アレンジ・リメイクレシピ
サラダ
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
222

いろんな料理に変身!お役立ち野菜『大根』

冬に旬を迎える『大根』は、主菜・副菜・汁物など様々な料理に変身できる優秀野菜です。一口に大根料理といっても、上部・真ん中・下部と部位によって味の違いや、向いている料理が異なります。今回は、大根の部位別におすすめレシピをご紹介します。
出典:www.flickr.com(@[puamelia])

冬に旬を迎える『大根』は、主菜・副菜・汁物など様々な料理に変身できる優秀野菜です。一口に大根料理といっても、上部・真ん中・下部と部位によって味の違いや、向いている料理が異なります。今回は、大根の部位別におすすめレシピをご紹介します。

『大根』を選ぶときのポイント

日本で流通する大根の90%以上は、葉に近い上部が緑色の「青首大根」です。それ以外にも、地域特産など特徴ある他品種がいくつかあります。
出典:www.flickr.com(@David Barrie)

日本で流通する大根の90%以上は、葉に近い上部が緑色の「青首大根」です。それ以外にも、地域特産など特徴ある他品種がいくつかあります。

いい大根とは、太くてまっすぐなものです。ひげ根の毛穴が少なめで、ハリツヤがあってなめらかなものが良いですね。また、ずっしり重い大根は、みずみずしくて水分たっぷりです。
出典:www.flickr.com(@[puamelia])

いい大根とは、太くてまっすぐなものです。ひげ根の毛穴が少なめで、ハリツヤがあってなめらかなものが良いですね。また、ずっしり重い大根は、みずみずしくて水分たっぷりです。

カットして売られている大根の場合は、“ス(すきま、穴)”がないか確認しましょう。断面の切り口がきめが細かいとより良いですね。
出典:www.flickr.com(@ssakai777)

カットして売られている大根の場合は、“ス(すきま、穴)”がないか確認しましょう。断面の切り口がきめが細かいとより良いですね。

”上部”の特徴&おすすめレシピ

葉っぱに近い上部の特徴をひとことで言うと「甘み強め、かたい」です。かたいけれど甘いので、薄切りや千切りにしてサラダや浅漬けにしたり、大根おろしにしたりするなど、食べやすくしてからの生食がおすすめです。

大根サラダ

大根の千切りはスライサーを使うと簡単&きれいに仕上がります。こんがり焼いた油揚げと鰹節がアクセント。
出典:

大根の千切りはスライサーを使うと簡単&きれいに仕上がります。こんがり焼いた油揚げと鰹節がアクセント。

パリパリ浅漬け

浅漬けにすると、大根や他の野菜の甘みがグッと増してよりおいしくなります。冷蔵庫でしっかり冷やすと味がよく馴染みます。
出典:

浅漬けにすると、大根や他の野菜の甘みがグッと増してよりおいしくなります。冷蔵庫でしっかり冷やすと味がよく馴染みます。

なめたけおろしごはん

大根おろしとなめたけがベストマッチなごはん。飲み過ぎ食べ過ぎの翌日に食べたい、やさしいお味です。
出典:

大根おろしとなめたけがベストマッチなごはん。飲み過ぎ食べ過ぎの翌日に食べたい、やさしいお味です。

”真ん中部分”の特徴&おすすめレシピ

真ん中部分の特徴をひとことで言うと「甘みと辛みのバランスよし、水分多め」です。甘みと辛みのバランスがよく、水分が多くてみずみずしい部分です。なますやサラダなどにして、生のままでおいしく食べられます。また、煮物にすると味がよくしみ込みおいしくなるので、おでんやふろふき大根にもぴったりです。どんな風に調理してもおいしい部分なんです。

五目なます

大根の白、人参のオレンジ、柚子の黄色と、彩りも風味もよくおもてなしにぴったり。出来上がりから数時間後たつと味が馴染んでよりおいしくなります。冷蔵で1週間ほど保存も可能です。
出典:

大根の白、人参のオレンジ、柚子の黄色と、彩りも風味もよくおもてなしにぴったり。出来上がりから数時間後たつと味が馴染んでよりおいしくなります。冷蔵で1週間ほど保存も可能です。

ホタテ缶でおしゃれ大根サラダ

ホタテの汁が大根に絡んでいいお味に。大根の水気をよく切ることと、ソースは食べる直前にかけることがポイントです。
出典:

ホタテの汁が大根に絡んでいいお味に。大根の水気をよく切ることと、ソースは食べる直前にかけることがポイントです。

ふろふき大根

真ん中の部分を使えば、優しい口当たりのふろふき大根になります。味噌だれをたっぷりかけて、ほくほくあたたかいうちに召し上がれ。
出典:

真ん中の部分を使えば、優しい口当たりのふろふき大根になります。味噌だれをたっぷりかけて、ほくほくあたたかいうちに召し上がれ。

味噌大根そぼろ

お肉と味噌の旨味が大根にしみ込むほどおいしい1品。4日ほど冷蔵保存できるので、副菜として大活躍します。
出典:

お肉と味噌の旨味が大根にしみ込むほどおいしい1品。4日ほど冷蔵保存できるので、副菜として大活躍します。

静岡おでん

おでんといえば静岡県。他県の人が見たら驚くような真っ黒の煮汁と、ひとつひとつ串にささった具材が特徴です。
出典:

おでんといえば静岡県。他県の人が見たら驚くような真っ黒の煮汁と、ひとつひとつ串にささった具材が特徴です。

ぶり大根

冬に食べたくなる、じゅわっと味のしみ込んだぶり大根は、ご飯にもお酒にも合う冬の代表的な定番和食です。
出典:

冬に食べたくなる、じゅわっと味のしみ込んだぶり大根は、ご飯にもお酒にも合う冬の代表的な定番和食です。

”下部”の特徴&おすすめレシピ

下部の特徴をひとことで言うと「辛み強め、繊維しっかり」です。水分が少なめで筋っぽいので、細かく切って汁物の具や炒め物、漬物などにするといいでしょう。

具だくさん豚汁

大根・ごうぼ・人参・里芋など具だくさんにすると、様々な素材の味が混ざり合って絶品になります。ごま油もアクセント!たっぷり作って、具材が柔らかくなった翌日も楽しむのが◎。
出典:

大根・ごうぼ・人参・里芋など具だくさんにすると、様々な素材の味が混ざり合って絶品になります。ごま油もアクセント!たっぷり作って、具材が柔らかくなった翌日も楽しむのが◎。

大根のバター炒め

淡泊な大根にバターがぐんぐんしみ込みます。そぼろごはんなど丼物の上にのせるなど、料理のアクセントとして使えます。
出典:

淡泊な大根にバターがぐんぐんしみ込みます。そぼろごはんなど丼物の上にのせるなど、料理のアクセントとして使えます。

大根としょうがのおかか炒め

しょうがでさっぱり、赤唐辛子でピリッ、味のアクセントが楽しい1品。常備菜として冷蔵庫に置いておきたいですね。
出典:

しょうがでさっぱり、赤唐辛子でピリッ、味のアクセントが楽しい1品。常備菜として冷蔵庫に置いておきたいですね。

手作り福神漬け

お家で福神漬けが意外と簡単にできちゃうんです。大根の皮も使うことで歯ごたえが出ます。
出典:

お家で福神漬けが意外と簡単にできちゃうんです。大根の皮も使うことで歯ごたえが出ます。

大根のべったら風麹漬け

簡単にできる、塩気と甘みがほどよいお漬物。保存する際は、冷蔵庫に入れる前に水分をよーく切りましょう!
出典:

簡単にできる、塩気と甘みがほどよいお漬物。保存する際は、冷蔵庫に入れる前に水分をよーく切りましょう!

”大根の葉”の特徴&おすすめレシピ

大根炊き込みごはん

大根の葉っぱといつもの白い根っこ部分、大根をフル活用した炊き込みご飯です。ごま油で炒めた葉っぱが、ごはんにコクを与えてくれます。
出典:

大根の葉っぱといつもの白い根っこ部分、大根をフル活用した炊き込みご飯です。ごま油で炒めた葉っぱが、ごはんにコクを与えてくれます。

大根葉と柚子皮の浅漬け

刻んで袋に入れて揉んで完成!置かなくてもすぐにおいしく食べられます。柚子の香りが爽やかで、濃い味の主菜のお供としてぴったりの副菜です。
出典:

刻んで袋に入れて揉んで完成!置かなくてもすぐにおいしく食べられます。柚子の香りが爽やかで、濃い味の主菜のお供としてぴったりの副菜です。

大根の葉とちりめんじゃこを使った炒めものは、白いごはんと混ぜておにぎりにしても◎。
出典:

大根の葉とちりめんじゃこを使った炒めものは、白いごはんと混ぜておにぎりにしても◎。

大根の葉と彩り野菜の崩し豆腐和え

大根の葉と彩り野菜を崩し豆腐と和えた白和え風のカラフルな和え物。食卓を華やかにしてくれます。
出典:

大根の葉と彩り野菜を崩し豆腐と和えた白和え風のカラフルな和え物。食卓を華やかにしてくれます。

ツナと大根葉のおにぎり

大根の葉とツナ缶のオイルごと炒めるだけの簡単レシピ。おにぎり以外にも、パンに挟んだりパスタに絡めたりアレンジできますよ。
出典:

大根の葉とツナ缶のオイルごと炒めるだけの簡単レシピ。おにぎり以外にも、パンに挟んだりパスタに絡めたりアレンジできますよ。

賢い調理でますますおいしく!

生でそのまま、焼く、煮る、炒める…多彩な料理に変身できる『大根』。部位ごとに賢く使い分けて、それぞれのいいところを最大限に引き出しであげましょう。これであなたも今日から『大根マスター』の仲間入り!
出典:

生でそのまま、焼く、煮る、炒める…多彩な料理に変身できる『大根』。部位ごとに賢く使い分けて、それぞれのいいところを最大限に引き出しであげましょう。これであなたも今日から『大根マスター』の仲間入り!

和食の献立をもっと豊かに。少しの手間で作れる食材別「和食」レシピ
和食の献立をもっと豊かに。少しの手間で作れる食材別「和食」レシピ

イタリアンや洋食もいいけれど、やっぱり食べたくなるのが「和食」。定番おかずから、ひと工夫を加えたアレンジレシピまで、色々な和食レシピをマスターしておけば、毎日の献立にも困りませんよ。忙しい方には作り置きもおすすめです♪

日々の献立がより豊かになる♪和食のおかずレシピはこちらから。定番おかずから、ひと工夫を加えたアレンジレシピまで、さまざまな和食を食材別にご紹介しています。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play