焼き物 [2ページ目]

57件RSS

心も、カラダも、ぽかぽかに。寒くなる季節は、お気に入りの「マグカップ」でゆったりと。

心も、カラダも、ぽかぽかに。寒くなる季節は、お気に入りの「マグカップ」でゆったりと。

寒い季節に近づいてくると、体が冷えて飲みたくなるホットドリンク。そこで欠かせないのが、マグカップの存在。ほっこり、ゆったりと過ごす時間にぴったりですよね。心も体もぽかぽか温まって、日頃のストレスも解消。今回は、自宅やオフィスで使う自分用にも、プレゼント用などにも使える素敵なマグカップを集めました。装飾のないシンプルなものから、長崎・...

キナリノ商品部
毎日の食卓に彩りを添えてくれる『和食器』ブランド&テーブルコーディネート集

毎日の食卓に彩りを添えてくれる『和食器』ブランド&テーブルコーディネート集

ごはん、お味噌汁、焼き魚、お漬物・・・シンプルな食卓にこだわりの素敵な『和食器』を取り入れてみませんか?「和食器は難しい・・・」なんて思われがちですが、実は和洋どんなスタイルにも合うデザインがたくさんあるんですよ。今回は、波佐見焼の『白山陶器』『馬場商店』をはじめ、日本の伝統美を感じる『東屋』、沖縄の民芸の器『やちむん』など、日々の...

a_yano
爽やかな青と白。お料理がより美味しく見える「千段十草」「蒼十草」の食器たち

爽やかな青と白。お料理がより美味しく見える「千段十草」「蒼十草」の食器たち

今回は、食卓に彩りを添えてくれる青いストライプ模様の器をご紹介します。岐阜県美濃市にある老舗陶器メーカー「カネ定製陶」と「昭和製陶」が作り出す素敵な模様"千段十草""蒼十草"。古くから愛されてきたその模様は、現代の食卓にもよく馴染み、お料理をより美味しそうに見せてくれます。あわせて、デンマークのテキスタイルブランドの「ティータオル」...

キナリノ商品部
いつものおかずも上品しとやか。「和食器デビュー」におすすめの器と、お手入れ方法

いつものおかずも上品しとやか。「和食器デビュー」におすすめの器と、お手入れ方法

バタバタと作ったごはんも、和食器にのせると上品なひと品になり、不思議とゆったりした気持ちで味わえます。いつか揃えたい、と憧れつつもまだ迎え入れてない方へ「和食器ってどんな種類があるの?」「どこで手に入るの?」「お手入れ方法は?」など、和食器デビューの前に知っておきたいことをまとめました。人気の和食器ブランドや、作家ものの器を扱うおす...

hhrrkk
東海地方の空の玄関口!焼き物と空港の街 ~愛知県常滑市の見どころ~

東海地方の空の玄関口!焼き物と空港の街 ~愛知県常滑市の見どころ~

「ワールドベストエアポート2015」で世界7位に輝いたセントレア(中部国際空港)がある愛知県常滑市は、東海地方の空の玄関口として重要な役割を果たしています。また、古くから窯業が盛んな常滑市では、日本六古窯の一つとされる常滑焼の窯元が数多く現存しています。窯元が集中するエリアは、「やきもの散歩道」として整備されており、窯業で栄えた古き...

poporo
【茶碗】贈り物にも、自分用にも。毎日使うものだからお気に入りを見つけよう

【茶碗】贈り物にも、自分用にも。毎日使うものだからお気に入りを見つけよう

白いご飯、炊き込みご飯…ほっかほかのご飯をお茶碗に盛り付ける光景は、日々の暮らしの中で繰り返される幸せな時間。自分用に選ぶお気に入りのお茶碗、パートナーと色違いで揃えたお茶碗、家族一人ひとりが使うお茶碗。毎日使うものだからこそ、お気に入りのひとつを見つけてみませんか!

kurumi
Vol.39 陶芸作家・久保田健司さん-泥で描く美しい模様。繊細な仕事が生み出す、心ほどける優しい器

Vol.39 陶芸作家・久保田健司さん-泥で描く美しい模様。繊細な仕事が生み出す、心ほどける優しい器インタビュー

「泥」で描く模様や絵柄を得意とする陶芸作家の久保田健司さん。「イッチン」というその技法によって作り出される器たちは、繊細で丁寧な仕事によってかたちづくられています。そうして生み出されるのは、日々のお菓子の時間など、ちょっと特別でゆっくりと過ごしたいときに華を添えてくれる、心ほどける優しい器。焼き物の町である栃木県・益子で作陶をおこな...

キナリノ編集部
“ほっと一息”を大切に。 こだわりを感じる、素敵な「お茶用品」集めました

“ほっと一息”を大切に。 こだわりを感じる、素敵な「お茶用品」集めました

忙しい一日のリセット時間のお供には、コーヒーや紅茶などの一杯が欠かせませんよね。そんな、束の間の安らぎを与えてくれるブレイクタイムを、お気に入りのポットやカップとともに過ごせば、気分はもっと上がるはず。今回は日本茶や紅茶を飲むときにおすすめの「お茶用品」をご紹介します。茶筒や茶匙といった昔ながらの道具から、北欧デザインのモダンなティ...

キナリノ商品部
ごはんを食べるのが嬉しく・楽しくなるよ。白山陶器の「平茶碗」

ごはんを食べるのが嬉しく・楽しくなるよ。白山陶器の「平茶碗」

少し大きめで、軽くて平らな「平茶碗」。不思議と手に馴染むサイズ、裏にある「も」のマーク、どれにしようか迷ってしまうほどたくさんある柄・・・新しいお茶碗をお探しの人に是非おすすめしたいアイテムです。ごはん以外にも、おかずや果物、いろいろなものを入れる器として毎日の食卓で活躍してくれる優秀食器をご紹介します。

u_ho
ずっと使ってもらえる植木鉢を。「井澤製陶」のガーデニングアイテム

ずっと使ってもらえる植木鉢を。「井澤製陶」のガーデニングアイテム

愛知県碧南(へきなん)市、高浜市周辺地域では古くから瓦・植木鉢・七輪などがつくられてきました。そんな地に誕生した井澤製陶は、3代に渡り、植木鉢を作り続けているブランドです。技術を大事に受け継ぎ現在のモダンさも取り入れたデザインは、ファンも多くガーデニングをより楽しくしてくれるアイテムが揃います。今回はそんな井澤製陶についてまとめてみ...

motoue
料理をおいしく引き立てるよ♪クラスカの食器は“シンプルだけどちょっと特別”

料理をおいしく引き立てるよ♪クラスカの食器は“シンプルだけどちょっと特別”

感度の高いアイテムが揃うライフスタイルショップ、Gallery & Shop "DO"。そんな"DO" が展開するオリジナルのテーブルウェアは、食卓にすっとなじむシンプルさと、他にはないどこか特別な魅力を持ちあわせています。その秘密は、いったいどこにあるのでしょうか。

キナリノ商品部
シンプルモダンで和食にも洋食にも合う。ハサミポーセリンのテーブルウェア

シンプルモダンで和食にも洋食にも合う。ハサミポーセリンのテーブルウェア

長崎県で約400年前の江戸時代につくられはじめた磁器、波佐見焼。その伝統の技術を、LA在住のデザイナー篠本拓宏氏(tortoise)のディレクションにより現代のコンセプトで革新したのがHASAMI PORCELAIN(ハサミポーセリン)です。ここではマットな風合いと色彩から和食、洋食どんな食材と合わせても違和感がないのが魅力のテーブ...

キナリノ商品部
料理を美味しく美しく。使うたびに好きになる「翠窯」の器を食卓に

料理を美味しく美しく。使うたびに好きになる「翠窯」の器を食卓に

愛知県瀬戸市で陶磁器を制作している「翠窯(suiyou)」は、陶芸家の穴山大輔さんと妻で画家の穴山文香さんが2013年にはじめたブランドです。翡翠(ひすい)と呼ばれるくらい美しい器を作ろうと、翡翠から一字もらい名付けられた、そんな命名の由来に相応しい、美しい器をご紹介します。

musasi
有田焼の老舗「今村家」が提案する「JICON」の"素材感"のある器

有田焼の老舗「今村家」が提案する「JICON」の"素材感"のある器

創業350年以上の有田焼の老舗「今村家」とデザイナー大治将典のコラボにより誕生した「JICON」は、完璧すぎず、媚びない「生成りの白」で有田焼の概念を覆し、斬新な手法で新たな挑戦に試みました。白磁にこだわり、シンプル&ナチュラルでありながらも、気品にあふれています。なめらかな基本の白い器は、どんな生活のシーンにもやわらかく溶け込みま...

hon-ma
波佐見焼の新しいカタチ。「HASAMI PORCELAIN」の器

波佐見焼の新しいカタチ。「HASAMI PORCELAIN」の器

長崎県・波佐見焼の伝統を受け継いで、現代に生まれ変わった新しいテーブルウェアを提案する「HASAMI PORCELAIN(ハサミポーセリン)」 をご紹介。シンプルだけど温かみのある独特の風合いと、こだわりの機能美をぜひご覧ください。

yummy19
器好きなら訪れたい♪波佐見焼誕生の地「西の原」のおすすめスポット!

器好きなら訪れたい♪波佐見焼誕生の地「西の原」のおすすめスポット!

陶器の町として有名な「波佐見」。いったいどんな場所なのかご存知ですか?今回は波佐見町の魅力を発信して、満喫することのできる素敵なスポット「西の原」をご紹介♪1500坪もの広大な敷地内に、いくつものお店が集まった素敵な場所です。器好きなら是非一度は訪れて欲しいおすすめの観光地です。

22hana
毎日を楽しく彩る器。「KANEAKI SAKAI POTTERY」を食卓に

毎日を楽しく彩る器。「KANEAKI SAKAI POTTERY」を食卓に

日本一の陶磁器生産を誇る岐阜県土岐市。そこに工房を構える金秋酒井製陶所のブランド「KANEAKI SAKAI POTTERY(カネアキサカイポタリー)」の器は、女性職人によるデザインでひとつひとつ手作りされています。伝統に裏打ちされた確かな技術と今の暮らしに寄り添うデザインによって作られる「KANEAKI SAKAI POTTERY...

satosato
心に優しいともし火を。灯々舎さんが作る《陶ブローチ》が素敵

心に優しいともし火を。灯々舎さんが作る《陶ブローチ》が素敵

手作りの陶器ブローチを作る「灯々舎(とうとうしゃ)」さん。ブランドをお一人で手がける望月優美さんの人柄を表したような、とても優しく心が温かくなる世界観が人気です。望月さんは小さい頃からろうそくがお好きだったそうで、はじめはこだわりの素材を使った造形美あふれるろうそくを制作されていたんですよ。そんな灯々舎の、お花やユーモラスな動物たち...

cetsu
淡路島の美しさとともに受け継ぐ器。【あわびウェア】の魅力。

淡路島の美しさとともに受け継ぐ器。【あわびウェア】の魅力。

淡路島を拠点に、日用食器を製作している【あわびウェア(Awabi ware)】。世代を越えて使い続けられる「受け継ぐ器」をコンセプトに、島に伝わる伝統的な制作スタイルを取り入れつつ、現代の暮らしに寄り添うようなモダンでぬくもりの感じられる器たちがとっても魅力的です。そんな、淡路島発・注目を集める〈あわびウェア〉の魅力をご紹介します。

funny
ほっこりかわいい益子焼「よしざわ窯」が手がける生活陶器「on the table」の素敵な器たち

ほっこりかわいい益子焼「よしざわ窯」が手がける生活陶器「on the table」の素敵な器たち

手に取るだけでうっとり、ほれぼれしてしまう益子焼「よしざわ窯」のお皿や器たち。テーブルにさりげない彩り、ニュアンスをそっと添えてくれるほっこりかわいい陶器は、温かみがあるマットな質感、手にした時にほっと安心するようなぽってりとした厚みも魅力です。電子レンジや食洗機にも使え、とっても可愛いのに丈夫で日々の生活で扱いやすいのも魅力です。...

nondance
グラタンやスープが似合う器。信楽焼のイメージが変わる、清岡幸道さんの作品たち

グラタンやスープが似合う器。信楽焼のイメージが変わる、清岡幸道さんの作品たち

信楽焼といえば狸の陶器などのイメージがありますが、清岡幸道さんのつくる信楽焼はそのイメージを180度変えてくれる、スタイリッシュでクールな作品が勢ぞろい。グラタンやスープが似合う魅力的な器の数々を見ていきましょう。

tomomo
沖縄らしい大らかさが好き。「やちむんの里」へ自分だけのやちむんを探しに。

沖縄らしい大らかさが好き。「やちむんの里」へ自分だけのやちむんを探しに。

みなさんは、「やちむん」ってご存知でしょうか?「やちむん」とは、沖縄の言葉で「焼き物」の事をいうそうです。 『やちむんの里』は、那覇からほど近い沖縄の読谷村(よみたんそん)という所にあります。焼き物の工房などが集まった工芸村として、今、とっても注目のスポットなんです♪ 素朴で、堂々としていて、あたたかみがある…そんな沖縄の「やむ...

kurumi
沖縄の風を感じる器。『一翠窯』高畑伸也さんの「やちむん」

沖縄の風を感じる器。『一翠窯』高畑伸也さんの「やちむん」

沖縄在住の新鋭陶芸作家の「高畑伸也」さん。沖縄ならではの風土に恵まれた表現はとても色鮮やかで目を楽しませてくれます。北欧デザインにも似た、その優しくも力強い作品をご紹介します。

sutaugh
沖縄のやちむん通りって知ってる?沖縄の素敵な焼き物が勢ぞろい

沖縄のやちむん通りって知ってる?沖縄の素敵な焼き物が勢ぞろい

沖縄では陶器のことを親しみを込めてやちむんと呼んでいます。沖縄の国際通りから平和通りを抜けて5分位のところに数百メートルの石畳の道を歩いたところに壺屋焼き陶器のお店が軒を連ねています。沖縄には各有名な窯元がありそこで様々な個性のある焼き物が焼かれています。今は女性や若手の作家も多く輩出しています。特に赤絵、黒塗りの焼き物は有名です。...

jasu
きっと素敵な器に出会える!益子の陶器市の様子をまとめてみたよ

きっと素敵な器に出会える!益子の陶器市の様子をまとめてみたよ

益子の陶器市と言えば、きっと誰もが一度は名前を耳にしたことがあるでしょう。江戸時代からの古い窯元が300軒も現存する栃木県益子町で、1966年から毎年春と秋に開催されてきた、陶磁器好きにはたまらないイベントです。伝統的な益子焼や、普段使いのテーブルウェア、美術品クラスの作品まで多彩な商品が販売されており、気になる作家さんとの会話や触...

hymns
和食好き必見!ぜひこの食器に癒されてみては!?<東屋>の和食器

和食好き必見!ぜひこの食器に癒されてみては!?<東屋>の和食器

化けることもせず、嘘偽りのない、中身重視の東屋の和食器。伝統的な製法をもちつつも新しいデザインを取り入れた東屋の食器をぜひご覧ください♪

d_eight
やさしい色合いが生活を飾る<白山陶器>のある日常

やさしい色合いが生活を飾る<白山陶器>のある日常

白山陶器をご存知ですか?波佐見焼の陶器で、創業はなんと1779年(安永八年)です。それから1951年の会社設立から現在まで愛され続けている陶器なんです。数多くの商品がグッドデザイン賞やロングライフデザイン賞、その他様々な賞を獲得、さらにはその魅力は世界にも広がっているの白山陶器なのです。その魅力をご紹介します。

aka-1
  • 2

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play