陶磁器 [3ページ目]

107件RSS

気になるキーワードで探す

vol.51 SUEKI 矢野耕市郎さん-二万回の挑戦から生まれた色。伝統窯の、自由でラフな器たち

vol.51 SUEKI 矢野耕市郎さん-二万回の挑戦から生まれた色。伝統窯の、自由でラフな器たちインタビュー

200年以上の歴史を誇る大谷焼の里、徳島県鳴門市。この土地で最も古い窯のひとつである矢野陶苑に「今までの日本になかった色」の器を焼く陶磁器メーカー「SUEKI(スエキ)」は生まれました。カラフルだけれども落ち着きのある“くすみカラー”と呼ばれる色は、なんと二万回ものテストから選ばれたもの。伝統ある窯元で焼かれるSUEKIの器は、いっ...

キナリノ編集部

和・洋・中、どんなお料理も美味しく見える美濃焼「瑞々」の器たち

和・洋・中、どんなお料理も美味しく見える美濃焼「瑞々」の器たち

岐阜県で古くから生産されている「美濃焼」から生まれた新しいブランド「瑞々(ミズミズ)」。小田陶器と株式会社深山、そしてデザイナーの小野里奈さん3人のコラボレーションシリーズです。そのデザインは「瑞々しくて、端正」がテーマ。ベーシックな白と渋みのある褐色は艶やかな釉薬でお料理を一層美味しそうに引き立ててくれます。和洋食を問わず盛りつけ...

22hana

あたたかな、やさしい器。アセビマコト(馬酔木誠)さんの器たち

あたたかな、やさしい器。アセビマコト(馬酔木誠)さんの器たち

鎌倉に窯を構える陶芸家、アセビマコト(馬酔木誠)さん。マットでぬくもりのある質感の器、丸みがあるフォルムと柔らかな輪郭は、作り手の人となりがにじみ出ているよう。その器たちは、忙しい日々の食卓を、大切に深呼吸をしたくなる食卓に変えてくれます。あたたかな白の食器から、深い色合いが美しいものまで。優しさに溢れる、アセビマコトさんの器をご紹...

Citronette

Vol.45 アトリエテテ- 職人の手仕事を伝えたい。コロンとしたティーポットが産まれるまで

Vol.45 アトリエテテ- 職人の手仕事を伝えたい。コロンとしたティーポットが産まれるまでインタビュー

コロンとした雰囲気がかわいらしい「atelier tete(アトリエテテ)」のティーポット。ツルリと美しいかたちとひとつひとつ異なる釉薬(ゆうやく)が生み出す景色は、シンプルだけれども風合いがあります。「職人の手仕事の跡を楽しんで欲しい」と生み出されるこれらのティーポットは、いったいどのようにつくられているのでしょうか。今回は、貴重...

キナリノ編集部

爽やかな青と白。お料理がより美味しく見える「千段十草」「蒼十草」の食器たち

爽やかな青と白。お料理がより美味しく見える「千段十草」「蒼十草」の食器たち

今回は、食卓に彩りを添えてくれる青いストライプ模様の器をご紹介します。岐阜県美濃市にある老舗陶器メーカー「カネ定製陶」と「昭和製陶」が作り出す素敵な模様"千段十草""蒼十草"。古くから愛されてきたその模様は、現代の食卓にもよく馴染み、お料理をより美味しそうに見せてくれます。あわせて、デンマークのテキスタイルブランドの「ティータオル」...

キナリノ商品部

素敵にかわいい動物柄のお皿も♪「苔色工房」の、にっこりしちゃう器たち

素敵にかわいい動物柄のお皿も♪「苔色工房」の、にっこりしちゃう器たち

「ほんの少しだけ変わっているもの。でもシンプルなもの。使いやすいもの。和食のような洋食のような普段の食事にあったもの。そして、日常の中でちょっとにっこりできるもの。そんな器を陶を素材に作っています。」という苔色工房。池袋には工房兼直営店もあります。今回は、苔色工房のかわいらしい器をたくさんご紹介しながら、魅力をお伝えします♪

range

自分用に、二人用に。誰かにもあげたくなる「コーヒーカップ」12選

自分用に、二人用に。誰かにもあげたくなる「コーヒーカップ」12選

ひとりのゆったりとした時間に、二人で過ごす時間に、そして誰かへのギフト用に。素敵なコーヒーカップはいかがでしょうか。自分で気軽に使えるマグカップや、おもてなしにぴったりのカップ&ソーサーなど、日本のブランドと北欧・東欧ブランドでご紹介します。

suun

Vol.39 陶芸作家・久保田健司さん-泥で描く美しい模様。繊細な仕事が生み出す、心ほどける優しい器

Vol.39 陶芸作家・久保田健司さん-泥で描く美しい模様。繊細な仕事が生み出す、心ほどける優しい器インタビュー

「泥」で描く模様や絵柄を得意とする陶芸作家の久保田健司さん。「イッチン」というその技法によって作り出される器たちは、繊細で丁寧な仕事によってかたちづくられています。そうして生み出されるのは、日々のお菓子の時間など、ちょっと特別でゆっくりと過ごしたいときに華を添えてくれる、心ほどける優しい器。焼き物の町である栃木県・益子で作陶をおこな...

キナリノ編集部

お洒落な大人のたしなみ。“酒器選び”で日本酒をもっと楽しもう

お洒落な大人のたしなみ。“酒器選び”で日本酒をもっと楽しもう

海外での和食ブームが追い風となり、今世界から注目を集める『日本酒』。スパークリング日本酒や、まるでワインやシャンパンのようなスタイリッシュなボトルの日本酒などが続々と登場し、今や日本酒は女性も楽しめるお酒に変化しつつあります。せっかく日本酒を飲むなら“酒器”にもこだわってみませんか?酒器にはガラス、陶器、磁器、漆器、錫など様々な材質...

mine_mine

ごはんを食べるのが嬉しく・楽しくなるよ。白山陶器の「平茶碗」

ごはんを食べるのが嬉しく・楽しくなるよ。白山陶器の「平茶碗」

少し大きめで、軽くて平らな「平茶碗」。不思議と手に馴染むサイズ、裏にある「も」のマーク、どれにしようか迷ってしまうほどたくさんある柄・・・新しいお茶碗をお探しの人に是非おすすめしたいアイテムです。ごはん以外にも、おかずや果物、いろいろなものを入れる器として毎日の食卓で活躍してくれる優秀食器をご紹介します。

u_ho

鳥たちの心地よいさえずりを。暮らしを彩るBIRDS' WORDSのやさしい陶磁器たち

鳥たちの心地よいさえずりを。暮らしを彩るBIRDS' WORDSのやさしい陶磁器たち

キナリノモールに、またひとつ素敵なショップが仲間入りしました。鳥や花などのモチーフを中心に、日々の暮らしにそっと寄り添う陶磁器の雑貨を生み出すBIRDS' WORDS(バーズワーズ)。愛らしく、温もりあふれる作品の数々は、おおらかな造形で思わず手に取りたくなるものばかりです。鳥たちが心地よい言葉を奏でるように、心に伝わるようにとの想...

キナリノ商品部

日常にやわらかく馴染む。「AR Piece(アールピース)」のプロダクト

日常にやわらかく馴染む。「AR Piece(アールピース)」のプロダクト

デザイナー矢島光(やじまひかる)さんと、パートナーの佳代子(かよこ)さんが手がける生活道具のブランド「AR Piece(アールピース)」。バッグから器、文房具・・・と様々な”暮らしの道具”を日本の職人とともに作り上げています。一つ一つにこだわりや遊び心が溢れるプロダクトは、自分用にもプレゼントにも喜ばれそうな素敵な一品ばかり。

22hana

日常を美しいと思える器づくりを。ミシンポタリークリエイションの優しいテーブルウェア

日常を美しいと思える器づくりを。ミシンポタリークリエイションの優しいテーブルウェア

素材と向き合い、手間と時間をかけてオリジナルの陶器や家具をデザイン・販売している「mishim(ミシン)」。丁寧なものづくりを行っているmishimと様々な作風の陶芸作家さんたちが出会って生まれた器が「MISHIM POTTERY CREATION(ミシンポタリークリエイション)」です。現在4つのシリーズがあり、どの作品もオールハン...

sanchan

料理を美味しく美しく。使うたびに好きになる「翠窯」の器を食卓に

料理を美味しく美しく。使うたびに好きになる「翠窯」の器を食卓に

愛知県瀬戸市で陶磁器を制作している「翠窯(suiyou)」は、陶芸家の穴山大輔さんと妻で画家の穴山文香さんが2013年にはじめたブランドです。翡翠(ひすい)と呼ばれるくらい美しい器を作ろうと、翡翠から一字もらい名付けられた、そんな命名の由来に相応しい、美しい器をご紹介します。

musasi

絵になる美しさを暮らしの中に。倉敷意匠の「白磁の道具」シリーズ

絵になる美しさを暮らしの中に。倉敷意匠の「白磁の道具」シリーズ

伝統が残る岡山県倉敷市を拠点に活動する生活雑貨メーカー「倉敷意匠」。オリジナルの「白磁の道具」は、小物入れやペントレイなどを展開している日用品のシリーズ。シンプルな形でありながら、スタイリッシュすぎず、そこにあるだけで日常の一コマに温かみを与えてくれます。ものづくりにとことんこだわる倉敷意匠の感性と技が詰まった「白磁の道具」の魅力を...

キナリノ商品部

有田焼の老舗「今村家」が提案する「JICON」の"素材感"のある器

有田焼の老舗「今村家」が提案する「JICON」の"素材感"のある器

創業350年以上の有田焼の老舗「今村家」とデザイナー大治将典のコラボにより誕生した「JICON」は、完璧すぎず、媚びない「生成りの白」で有田焼の概念を覆し、斬新な手法で新たな挑戦に試みました。白磁にこだわり、シンプル&ナチュラルでありながらも、気品にあふれています。なめらかな基本の白い器は、どんな生活のシーンにもやわらかく溶け込みま...

hon-ma

波佐見焼の新しいカタチ。「HASAMI PORCELAIN」の器

波佐見焼の新しいカタチ。「HASAMI PORCELAIN」の器

長崎県・波佐見焼の伝統を受け継いで、現代に生まれ変わった新しいテーブルウェアを提案する「HASAMI PORCELAIN(ハサミポーセリン)」 をご紹介。シンプルだけど温かみのある独特の風合いと、こだわりの機能美をぜひご覧ください。

yummy19

和食も洋食も引き立てる「ブルー」。青い食器やマグ、グラスを集めました

和食も洋食も引き立てる「ブルー」。青い食器やマグ、グラスを集めました

気が付けば食器がすべて真っ白のものばかり!なんてことはありませんか?白は使いやすいですが、カラフルな食器も食卓を手軽に華やかにできるので、使ってみたいですよね。中でも青色の食器は青磁や陶器の塗り物など古くから日本人に馴染みのあるものです。今回は「白山陶器」「1616 / Arita Japan」「ARABIA(アラビア)の24h A...

nonn

食事をより楽しく!「SUZUGAMA(スズガマ)」のシンプルで美しい器

食事をより楽しく!「SUZUGAMA(スズガマ)」のシンプルで美しい器

シンプルだけど、ハンドメイドのぬくもりや作家さんのこだわりが感じられる「SUZUGAMA」の白いお皿。持ってみると分かる、つるりとした肌触り。プレート・ボウル・豆皿をはじめ、キャニスターやティーポットまで揃います。どんな料理を盛りつけようかな?と、考えるのが楽しくなる、そんな「SUZUGAMA」の器たちをご紹介します♪

yummy19

毎日を楽しく彩る器。「KANEAKI SAKAI POTTERY」を食卓に

毎日を楽しく彩る器。「KANEAKI SAKAI POTTERY」を食卓に

日本一の陶磁器生産を誇る岐阜県土岐市。そこに工房を構える金秋酒井製陶所のブランド「KANEAKI SAKAI POTTERY(カネアキサカイポタリー)」の器は、女性職人によるデザインでひとつひとつ手作りされています。伝統に裏打ちされた確かな技術と今の暮らしに寄り添うデザインによって作られる「KANEAKI SAKAI POTTERY...

satosato

「自分だけ」の一点ものの食器を。作家さんの陶器が手に入るお店たち。

「自分だけ」の一点ものの食器を。作家さんの陶器が手に入るお店たち。

毎日使う食器。何年も使っているお茶碗は自然に愛着がわいてくるものです。そのお茶碗が手仕事から生まれたものだったら、なおさら愛着は深まります。そして陶器は、使えば使うほど独特の味わいが出てきます。そんな心を奪うような数々の「自分だけ」の一点ものの器たちが手に入るお店をご紹介したいと思います!

mmyk2

まるで虹・花・空を描いた陶のアート。心ときめく「ミヤマリカ」さんの器

まるで虹・花・空を描いた陶のアート。心ときめく「ミヤマリカ」さんの器

まるで絵本の世界が描かれたようなミヤマリカさんの器。虹に花、空と、カラフルで優しい色に心がほぐされるようです。1点1点に、丁寧な手描きならではの温かみがあふれています。

Creema

ミニマルなフォルムにほっこり。ムシメガネブックスのあたたかな器たち

ミニマルなフォルムにほっこり。ムシメガネブックスのあたたかな器たち

手にするたびに心が和む、mushimegane books.(ムシメガネブックス)の器たち。どこまでもシンプル、それでいて作り手の優しさが伝わるあたたかなデザイン。暮らしに穏やかな彩りをもたらす、可愛くてモダンなセラミックブランドの魅力に迫ります。

ten_ten

思わず笑顔になるよ☆ 陶磁器のアクセサリー「maitoparta」

思わず笑顔になるよ☆ 陶磁器のアクセサリー「maitoparta」

「maitoparta(マイトパルタ)」とはフィンランド語で牛乳ヒゲのこと。名前のように思わず笑顔になっちゃうような、素敵で楽しいアクセサリーを届けるブランド「maitoparta」についてご紹介します!

l_olly

無機質なのにあたたかい。釉薬の質感が美しいSŌK(ソーク)の陶芸作品たち

無機質なのにあたたかい。釉薬の質感が美しいSŌK(ソーク)の陶芸作品たち

釉薬にこだわり、微妙な色合いの変化や質感を表現するSŌK(ソーク)。その「計算されたシンプル」には、ただの無機質とはひと味違う、作り手の確かな温もりが息づいています。そんな、手にする人を魅了し、心に響くSŌKの陶芸作品をご紹介します。

ten_ten

淡路島の美しさとともに受け継ぐ器。【あわびウェア】の魅力。

淡路島の美しさとともに受け継ぐ器。【あわびウェア】の魅力。

淡路島を拠点に、日用食器を製作している【あわびウェア(Awabi ware)】。世代を越えて使い続けられる「受け継ぐ器」をコンセプトに、島に伝わる伝統的な制作スタイルを取り入れつつ、現代の暮らしに寄り添うようなモダンでぬくもりの感じられる器たちがとっても魅力的です。そんな、淡路島発・注目を集める〈あわびウェア〉の魅力をご紹介します。

funny

好みの食器を自分の手で!東京都内のオススメ陶芸教室6選

好みの食器を自分の手で!東京都内のオススメ陶芸教室6選

毎日の食事で使う器を自分の手でつくれたらとっても素敵ですよね。でも陶芸なんて窯やアトリエが必要だからなかなか・・・と思いがちですが、都内にも気軽に利用できる陶芸工房がたくさんあるのです。簡単なものなら1回1〜2時間、数千円でできるので、仕事帰りやちょこっと空いた時間に「お皿をつくってこよ」なんてことも。もちろん、本格的なものづくりを...

e_a_o_n

徳島・大谷生まれ。【SUEKI CERAMICS】のどこか懐かしいモダンな器

徳島・大谷生まれ。【SUEKI CERAMICS】のどこか懐かしいモダンな器

「SUEKI CERAMICS」は、大谷焼の伝統技術と新しい世界観が融合したブランド。主に、大谷の赤土で作られたベーシックな「OOTANI」と、新しいシリーズとして石灰石を釉薬に使用した程よい艶やかさとマットさが魅力の「ANAN」を展開しています。シンプルモダンなテイストの中にどこか懐かしさも感じる「SUEKI CERAMICS」の...

りの*あや

美しさと静寂さと力強さと。「SŌK」から生まれる陶芸作品

美しさと静寂さと力強さと。「SŌK」から生まれる陶芸作品

陶芸作家の鈴木絵里加さんとデザイナーの黒崎真由(まさよし)さんのお二人から生まれたブランドSŌK(ソーク)。アクセサリーや器といった陶芸作品を中心にSŌKの世界はどんどん広がっています。シンプルで無骨さもありながらも、美しく、深い魅力が伝わってくるSŌKの作品と活動をまとめました。

sorakumo

シンプルで素敵な取り皿で、おいしくて楽しい食卓を

シンプルで素敵な取り皿で、おいしくて楽しい食卓を

シンプルな取り皿は、お料理を引き立ててくれる欠かせない存在。色や形が違うだけで、盛り付けたお料理の見栄えや雰囲気が違って見えます。

toca

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play