ワインの魅力に触れてみよう。初心者さん向け「ワイン」を楽しむコツ

ワインの魅力に触れてみよう。初心者さん向け「ワイン」を楽しむコツ

ワインが分かる大人になりたい…!その思い、今から叶えてみませんか?難しいイメージもあるワインですが、基本が分かれば楽しくなるまではあっという間。初心者さんでも、すぐにワインを楽しめるようになるはずです。今回は、ワインの種類やワインに合う料理・おつまみのレシピ、初心者さん向けのワイングラスなど、はじめの一歩を踏み出す時に知っておきたいことをまとめました。知識がなくても大丈夫。一緒に学んでいきましょう。2019年11月29日作成

カテゴリ:
グルメ
キーワード:
ドリンク
ワイン
おつまみレシピ
ワイングラス
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
291

「ワイン」を楽しく飲んでみませんか?

ワインの魅力に触れてみよう。初心者さん向け「ワイン」を楽しむコツ
出典:unsplash.com
ワインを楽しく飲んでいる人って、憧れませんか?あんな風にワインを楽しめたら、とっても素敵ですよね。でも、ワインってなんだか難しそう…。気になってはいるけれど、なかなか手を出せていないという人も多いのではないでしょうか。
ワインの魅力に触れてみよう。初心者さん向け「ワイン」を楽しむコツ
出典:pixabay.com
そんなワイン初心者さん向けに、今回は「ワインの楽しむために知っておきたいこと」をご紹介していきます。ワインに関する基本的な知識やおつまみレシピ、おすすめのワイングラス紹介まで、これを機に自分のペースでゆっくり学んでいきましょう。

【はじめに】ワインの種類を知ろう

まずは、赤ワインや白ワイン、スパークリングワイン、グリューワインなど、ワインの種類について確認していきましょう。知識が増えれば、ワインに対する難しいというイメージも少しずつなくなっていくはずですよ。
出典:pixabay.com

まずは、赤ワインや白ワイン、スパークリングワイン、グリューワインなど、ワインの種類について確認していきましょう。知識が増えれば、ワインに対する難しいというイメージも少しずつなくなっていくはずですよ。

色だけじゃないよ!<赤ワイン>と<白ワイン>の違い

ぶどうが丸ごと使われる<赤ワイン>

皮が黒いぶどうのことを「黒ぶどう」と言います。この黒ぶどうを、皮や種が付いたまま、丸ごと高めの温度で発酵させて作られるのが<赤ワイン>です。黒ぶどうの皮や種には、タンニンと呼ばれる成分が含まれていて、このタンニンの影響で、鮮やかな赤色の独特の渋みを持つ<赤ワイン>が生まれます。
出典:unsplash.com

皮が黒いぶどうのことを「黒ぶどう」と言います。この黒ぶどうを、皮や種が付いたまま、丸ごと高めの温度で発酵させて作られるのが<赤ワイン>です。黒ぶどうの皮や種には、タンニンと呼ばれる成分が含まれていて、このタンニンの影響で、鮮やかな赤色の独特の渋みを持つ<赤ワイン>が生まれます。

そんな赤ワインの中で、最も渋く、濃い赤色で香りも濃厚なものを「フルボディ」と言います。反対に渋みが少なく薄い赤色のものは「ライトボディ」、この2つの中間を「ミディアムボディ」と言います。ラベルなどに記載があるので、チェックしてみてくださいね。初心者さんには、サラっと軽い口当たりのライトボディがおすすめです。
出典:www.pexels.com

そんな赤ワインの中で、最も渋く、濃い赤色で香りも濃厚なものを「フルボディ」と言います。反対に渋みが少なく薄い赤色のものは「ライトボディ」、この2つの中間を「ミディアムボディ」と言います。ラベルなどに記載があるので、チェックしてみてくださいね。初心者さんには、サラっと軽い口当たりのライトボディがおすすめです。

ぶどうの果汁で作る<白ワイン>

ぶどうを丸ごと使う赤ワインに対し、皮や種を取り除いたぶどうの果汁を、低温で発酵させて作るのが<白ワイン>です。使われるぶどうは、皮が黄緑色の「白ぶどう」が多いですが、黒ぶどうが使われることもあります。渋みが少なく、赤ワインより飲みやすいという声も多いです。
出典:www.pexels.com

ぶどうを丸ごと使う赤ワインに対し、皮や種を取り除いたぶどうの果汁を、低温で発酵させて作るのが<白ワイン>です。使われるぶどうは、皮が黄緑色の「白ぶどう」が多いですが、黒ぶどうが使われることもあります。渋みが少なく、赤ワインより飲みやすいという声も多いです。

そんな白ワインは、糖度の違いで「辛口」と「甘口」に分けられます。糖度の低い辛口は、色が薄く、酸味が強いスッキリとした味わいです。一方、糖度の高い甘口は、色が濃く、まろやかな味わいになります。同じ白ワインでも、辛口と甘口では全然味が違うので、甘さの好みに合わせて選んでみましょう。
出典:www.pexels.com

そんな白ワインは、糖度の違いで「辛口」と「甘口」に分けられます。糖度の低い辛口は、色が薄く、酸味が強いスッキリとした味わいです。一方、糖度の高い甘口は、色が濃く、まろやかな味わいになります。同じ白ワインでも、辛口と甘口では全然味が違うので、甘さの好みに合わせて選んでみましょう。

スパークリングワインって?

ワインの中でも、炭酸を含んだものを「スパークリングワイン」と言います。炭酸入りのジュースと同じように、シュワシュワとした爽やかな口当たりが特徴です。見た目も華やかなので、パーティーや特別な日のお食事におすすめですよ♪
出典:unsplash.com

ワインの中でも、炭酸を含んだものを「スパークリングワイン」と言います。炭酸入りのジュースと同じように、シュワシュワとした爽やかな口当たりが特徴です。見た目も華やかなので、パーティーや特別な日のお食事におすすめですよ♪

シャンパンはスパークリングワインの仲間

パーティーでよく飲まれる「シャンパン」も、このスパークリングワインの一種です。ただし、シャンパンという名称は、フランスのシャンパーニュ地方で作られたスパークリングワインのうち、厳しい条件をクリアしたものだけしか名乗ることができません。特別なスパークリングワインということです。
出典:unsplash.com

パーティーでよく飲まれる「シャンパン」も、このスパークリングワインの一種です。ただし、シャンパンという名称は、フランスのシャンパーニュ地方で作られたスパークリングワインのうち、厳しい条件をクリアしたものだけしか名乗ることができません。特別なスパークリングワインということです。

冬はグリューワインも人気!

香辛料やシロップなどを加えて温めたワインのことを「グリューワイン」と言います。日本では「ホットワイン」とも呼ばれていて、寒い時期におすすめのワインです。赤ワインで作られることが多いですが、白ワインでもOK。各地のクリスマスマーケットで人気のドリンクです。
出典:pixabay.com

香辛料やシロップなどを加えて温めたワインのことを「グリューワイン」と言います。日本では「ホットワイン」とも呼ばれていて、寒い時期におすすめのワインです。赤ワインで作られることが多いですが、白ワインでもOK。各地のクリスマスマーケットで人気のドリンクです。

ワインに合う料理・おつまみとレシピが気になる

ワインに合う料理の選び方の基本は「ワインの色に合わせる」です。赤ワインには赤い食材、白ワインには白い食材を合わせます。分かりやすい例を挙げると、赤身のお魚は赤ワイン、白身のお魚は白ワインという具合。それぞれがお互いの良さを引き出してくれるんですよ。
出典:www.pexels.com

ワインに合う料理の選び方の基本は「ワインの色に合わせる」です。赤ワインには赤い食材、白ワインには白い食材を合わせます。分かりやすい例を挙げると、赤身のお魚は赤ワイン、白身のお魚は白ワインという具合。それぞれがお互いの良さを引き出してくれるんですよ。

こってりとした料理には渋みの効いた赤ワイン、さっぱりした料理にはスッキリした白ワインなども、初心者さんに分かりやすい基準になります。こうした基準を参考に、自分好みのワインと料理の組み合わせを見つけることが、ワインを飲む楽しさを広げてくれるでしょう。
出典:www.pexels.com

こってりとした料理には渋みの効いた赤ワイン、さっぱりした料理にはスッキリした白ワインなども、初心者さんに分かりやすい基準になります。こうした基準を参考に、自分好みのワインと料理の組み合わせを見つけることが、ワインを飲む楽しさを広げてくれるでしょう。

<赤ワイン>に合う料理・おつまみのレシピ

トマト&チーズ

おつまみの定番・チーズは、赤ワインとの相性抜群!中でも、チェダーチーズやカマンベールチーズなど、濃厚な味わいのチーズがおすすめです。赤い食べ物・トマトも、赤ワインとの相性はバッチリ。2つを組み合わせたサラダは、簡単に作れる楽チンおつまみです。
出典:

おつまみの定番・チーズは、赤ワインとの相性抜群!中でも、チェダーチーズやカマンベールチーズなど、濃厚な味わいのチーズがおすすめです。赤い食べ物・トマトも、赤ワインとの相性はバッチリ。2つを組み合わせたサラダは、簡単に作れる楽チンおつまみです。

チョコレート&ドライフルーツ

赤ワインに合うチョコレートとドライフルーツで作るチョコサラミ。使用するチョコレートは、甘さ控えめのビターチョコレートがおすすめです。ドライフルーツは、いちじくやレーズンなど濃い色のフルーツをチョイス。赤ワインの渋みや香りを引き立ててくれますよ。
出典:

赤ワインに合うチョコレートとドライフルーツで作るチョコサラミ。使用するチョコレートは、甘さ控えめのビターチョコレートがおすすめです。ドライフルーツは、いちじくやレーズンなど濃い色のフルーツをチョイス。赤ワインの渋みや香りを引き立ててくれますよ。

ステーキなど、牛肉料理

濃厚な脂身の牛肉は、赤ワインと合わせることで、こってりし過ぎずさっぱりいただけます。ソースなど味付けが濃い場合は、渋みの強いワインを合わせましょう。自宅でステーキを食べる時はもちろん、外食する時にも覚えておくと便利な組み合わせ。その他の牛肉料理では、ビーフシチューも人気です。
出典:

濃厚な脂身の牛肉は、赤ワインと合わせることで、こってりし過ぎずさっぱりいただけます。ソースなど味付けが濃い場合は、渋みの強いワインを合わせましょう。自宅でステーキを食べる時はもちろん、外食する時にも覚えておくと便利な組み合わせ。その他の牛肉料理では、ビーフシチューも人気です。

ラタトゥイユなど、トマト料理

赤い食材の代表例・トマト!ワインのおつまみであれば、ラタトゥイユなどが人気です。渋みの強いフルボディと合わせるなら味付けはしっかりめに。エスニックの風味を強めるスパイスを入れるのもいいですね。ミディアムボディやライトボディと合わせるときは、味付けは控えめでもおいしくいただけます。
出典:

赤い食材の代表例・トマト!ワインのおつまみであれば、ラタトゥイユなどが人気です。渋みの強いフルボディと合わせるなら味付けはしっかりめに。エスニックの風味を強めるスパイスを入れるのもいいですね。ミディアムボディやライトボディと合わせるときは、味付けは控えめでもおいしくいただけます。

肉じゃがなど、しょうゆベースの和食

ワインは洋食というイメージが強いですが、実は和食ともよく合うんですよ!赤ワインに合うのは、しょうゆベースの和食。おすすめは肉じゃがです。味付けは少し濃いめに。初めての人にはなかなか思いつかない組み合わせですよね。ぜひ一度、試してみてください。
出典:

ワインは洋食というイメージが強いですが、実は和食ともよく合うんですよ!赤ワインに合うのは、しょうゆベースの和食。おすすめは肉じゃがです。味付けは少し濃いめに。初めての人にはなかなか思いつかない組み合わせですよね。ぜひ一度、試してみてください。

焼き鳥など、ソースベースの料理

しょうゆベースの和食と同じように、ソースベースの料理も赤ワインによく合います。例えば、焼き鳥や焼きそば、たこ焼き、お好み焼きなど。お互いのおいしさを引き立ててくれる組み合わせです。焼き網やホットプレートを用意して、机の上で作りながらワインを飲むのも楽しそう…♪
出典:

しょうゆベースの和食と同じように、ソースベースの料理も赤ワインによく合います。例えば、焼き鳥や焼きそば、たこ焼き、お好み焼きなど。お互いのおいしさを引き立ててくれる組み合わせです。焼き網やホットプレートを用意して、机の上で作りながらワインを飲むのも楽しそう…♪

<白ワイン>に合う料理・おつまみのレシピ

生ハム

白ワインに合うおつまみとして、最初におすすめするのは、生ハム!手軽に購入できて、そのまま食べてもアレンジしてもおいしい、はずさないおつまみです。サラダにすれば、ちょっと遅い時間になっても、罪悪感なく楽しめますね♪
出典:

白ワインに合うおつまみとして、最初におすすめするのは、生ハム!手軽に購入できて、そのまま食べてもアレンジしてもおいしい、はずさないおつまみです。サラダにすれば、ちょっと遅い時間になっても、罪悪感なく楽しめますね♪

カプレーゼなど、チーズを使った料理

どんなチーズでも合うのが、白ワインの魅力。中でもおすすめは、まろやかなクリームチーズです。カプレーゼを作る時は、バジルも忘れずに。トマトも加えて作れば、赤白両方のワインに合うおつまみの完成です!いろいろなワインを飲み比べてみたい時に便利ですよ。
出典:

どんなチーズでも合うのが、白ワインの魅力。中でもおすすめは、まろやかなクリームチーズです。カプレーゼを作る時は、バジルも忘れずに。トマトも加えて作れば、赤白両方のワインに合うおつまみの完成です!いろいろなワインを飲み比べてみたい時に便利ですよ。

ポテトサラダ

辛口系の白ワインには、ポテトサラダがおすすめです。じゃがいもやニンジンの甘味に、マヨネーズのまろやかな酸味や塩味、濃厚な口当たりが、白ワインをよりおいしく感じさせます。家族みんなで食べれて、ワインのおつまみにもなる、便利なメニューです。
出典:

辛口系の白ワインには、ポテトサラダがおすすめです。じゃがいもやニンジンの甘味に、マヨネーズのまろやかな酸味や塩味、濃厚な口当たりが、白ワインをよりおいしく感じさせます。家族みんなで食べれて、ワインのおつまみにもなる、便利なメニューです。

天ぷら&揚げ物

スッキリとした味わいの白ワインは、天ぷらや揚げ物などの脂っこさをまろやかにしてくれます。白ワインと合わせる時は、塩やコショウなど、シンプルな味付けにしておくことがポイント。白ワインの酸味もまろやかになるので、辛口の白ワインに挑戦したい時にぜひ♪
出典:

スッキリとした味わいの白ワインは、天ぷらや揚げ物などの脂っこさをまろやかにしてくれます。白ワインと合わせる時は、塩やコショウなど、シンプルな味付けにしておくことがポイント。白ワインの酸味もまろやかになるので、辛口の白ワインに挑戦したい時にぜひ♪

白身魚や貝類を使った料理

魚介類とも相性が良い白ワイン。中でも白身魚や貝類とは相性抜群です。料理としては、ムニエルやフライ、お寿司などが人気。しょうゆではなく、塩系でさっぱり仕上げるのがポイントです。
出典:

魚介類とも相性が良い白ワイン。中でも白身魚や貝類とは相性抜群です。料理としては、ムニエルやフライ、お寿司などが人気。しょうゆではなく、塩系でさっぱり仕上げるのがポイントです。

グラタンなど、ホワイトソースを使った料理

「ワインと同じ色の食材」という点から見ると、グラタンやシチューなど、ホワイトソースを使った料理もおすすめです。特にグラタンは、白ワインに合うチーズも入っていて、相性はピカイチ!ポテトサラダと同様に、家族みんなで食べれておつまみにもなる、嬉しいメニューです。
出典:

「ワインと同じ色の食材」という点から見ると、グラタンやシチューなど、ホワイトソースを使った料理もおすすめです。特にグラタンは、白ワインに合うチーズも入っていて、相性はピカイチ!ポテトサラダと同様に、家族みんなで食べれておつまみにもなる、嬉しいメニューです。

フレッシュなフルーツ

甘口系の白ワインなら、フレッシュなフルーツもおつまみになります。ワインの材料はぶどうなので、相性は間違いなし!実際に白ワインと果物を使ったゼリーもあるくらい、はずさない組み合わせです。食後のデザート感覚で楽しんでみてください。
出典:

甘口系の白ワインなら、フレッシュなフルーツもおつまみになります。ワインの材料はぶどうなので、相性は間違いなし!実際に白ワインと果物を使ったゼリーもあるくらい、はずさない組み合わせです。食後のデザート感覚で楽しんでみてください。

初心者さんにおすすめ!おしゃれでお手頃な<ワイングラス>

最後に、初心者さんにおすすめのワイングラスをご紹介します。普段使に丁度いい、おしゃれでお手頃かつ丈夫なワイングラスを集めました。お気に入りのワイングラスなら、ワインの時間がもっと楽しみになりそうですね。
出典:pixabay.com

最後に、初心者さんにおすすめのワイングラスをご紹介します。普段使に丁度いい、おしゃれでお手頃かつ丈夫なワイングラスを集めました。お気に入りのワイングラスなら、ワインの時間がもっと楽しみになりそうですね。

ALFRESCO(アルフレスコ)ワイングラス/KINTO(キントー)

初心者さんの普段使い用なら、大きすぎない方が使いやすいでしょう。KINTOのワイングラスは、軽くて割れにくい樹脂製。気楽に使えるところがいいですね。ガラスのような透明感があり、見た目も美しいです。スタッキングできるので、収納時も邪魔になりません。
出典:

初心者さんの普段使い用なら、大きすぎない方が使いやすいでしょう。KINTOのワイングラスは、軽くて割れにくい樹脂製。気楽に使えるところがいいですね。ガラスのような透明感があり、見た目も美しいです。スタッキングできるので、収納時も邪魔になりません。

Lempi(レンピ)/iittala(イッタラ)

キナリノでも人気のiittalaからは、短めのステムが付いたかわいいグラス・Lempiをご紹介。ワイングラスとして作られていないので、ワイン以外にも使いやすく、初心者さんにぴったりですね。こちらもスタッキング可能!シンプルだからこそ、長く使えるワイングラスになるでしょう。
出典:

キナリノでも人気のiittalaからは、短めのステムが付いたかわいいグラス・Lempiをご紹介。ワイングラスとして作られていないので、ワイン以外にも使いやすく、初心者さんにぴったりですね。こちらもスタッキング可能!シンプルだからこそ、長く使えるワイングラスになるでしょう。

Gaudi(ガウディ)/Vicrila(ヴィクリラ)

「ワインをもっとカジュアルに、デイリーに楽しんでほしい」そんな思いが込められたワイングラスGaudi。おしゃれだけど気取らない、そんな雰囲気があります。ころんと丸いシルエットがかわいい!スタッキングできて、食洗機での洗浄もOK。お手頃価格で気兼ねなく使えるグラスです。
出典:

「ワインをもっとカジュアルに、デイリーに楽しんでほしい」そんな思いが込められたワイングラスGaudi。おしゃれだけど気取らない、そんな雰囲気があります。ころんと丸いシルエットがかわいい!スタッキングできて、食洗機での洗浄もOK。お手頃価格で気兼ねなく使えるグラスです。

VINA(ヴィーニャ)/SCHOTT ZWIESEL(ショット・ツヴィーゼル)

SCHOTT ZWIESELのVINAシリーズは、ソムリエのコンクールでも使われる本格的なワイングラス。ワインを味わうことに重点を置き、赤・白・シャンパンなど、ワインの特徴に合わせてデザインされています。形は5種類。ワインから選んでも形から選んでもOKです。
出典:

SCHOTT ZWIESELのVINAシリーズは、ソムリエのコンクールでも使われる本格的なワイングラス。ワインを味わうことに重点を置き、赤・白・シャンパンなど、ワインの特徴に合わせてデザインされています。形は5種類。ワインから選んでも形から選んでもOKです。

迷える初心者さんには「タンブラー」がおすすめ。ワイングラスの形はそのままに、ステム部分をなくしたグラスです。ワイン以外にも使えて、和食にも合わせやすいところがポイント。まずはこれでいろいろなワインを味わって、慣れてきたら他のグラスを買いそろえてみてはいかがでしょうか。
出典:

迷える初心者さんには「タンブラー」がおすすめ。ワイングラスの形はそのままに、ステム部分をなくしたグラスです。ワイン以外にも使えて、和食にも合わせやすいところがポイント。まずはこれでいろいろなワインを味わって、慣れてきたら他のグラスを買いそろえてみてはいかがでしょうか。

ゴブレット・シャンパングラス/ATON LUCE(アートンルーチェ)

クラシカルなデザインがお好みなら、ATON LUCEのグラスがおすすめ。重厚感のあるイタリアガラスを使用した、贅沢な雰囲気のワイングラスです。2種類の大きさがあるゴブレットは、ワイン以外にもビール、ジュース、お水など、幅広く使えます。
出典:

クラシカルなデザインがお好みなら、ATON LUCEのグラスがおすすめ。重厚感のあるイタリアガラスを使用した、贅沢な雰囲気のワイングラスです。2種類の大きさがあるゴブレットは、ワイン以外にもビール、ジュース、お水など、幅広く使えます。

グラス部分が細長い、シャンパングラスも素敵ですね。クラシカルな雰囲気満点で、自然とリッチな気分になれそう…♪パーティーの時は、デザートやジュースなどにも使える、おしゃれで便利なシャンパングラスです。
出典:

グラス部分が細長い、シャンパングラスも素敵ですね。クラシカルな雰囲気満点で、自然とリッチな気分になれそう…♪パーティーの時は、デザートやジュースなどにも使える、おしゃれで便利なシャンパングラスです。

マイペースにワインを楽しもう♪

今回の内容で、ワイン=難しいというイメージも少しは変わったのではないでしょうか。まずは、気になるワインを調べてみる。その後は、そのワインに合うおつまみやグラスを用意する。ゆっくり自分のペースで、ワインの時間を楽しんでみてください。
ワインについては、以下を参考にさせていただきました。
素敵な画像とレシピのご協力ありがとうございました。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play