1. トップ
  2. グルメ
  3. 食材
  4. その他
  5. 寒天
  6. つるんとした口当たりと透明感。ひんやり“涼”を味わう夏の「寒天」レシピ
つるんとした口当たりと透明感。ひんやり“涼”を味わう夏の「寒天」レシピ

つるんとした口当たりと透明感。ひんやり“涼”を味わう夏の「寒天」レシピ

暑くなってくると、ひんやりとした食べ物が恋しくなりますよね。夏の冷たいデザート作りにおすすめなのが、つるんとしたのど越しと少しかための食感がクセになる「寒天」です。心地良い口当たりだけでなく、見た目も涼しげなので、テーブルに爽やかな風を運んでくれます。今回は、フルーティーなゼリーや、パーティーやおもてなしにぴったりのケーキやスイーツなど、ヘルシーな「寒天」を使ったおすすめデザートレシピをご紹介します。2018年06月17日作成

カテゴリ:
グルメ
キーワード
食材その他寒天スイーツレシピ夏レシピ
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数270

「寒天」を使って涼を味わいましょう

寒天は、普通のゼリーよりも凝固力が高く食感も少しかため。常温でも凝固するので“固まらない”という失敗が少なく、デザートや食事に使いやすい食材です。
出典:

寒天は、普通のゼリーよりも凝固力が高く食感も少しかため。常温でも凝固するので“固まらない”という失敗が少なく、デザートや食事に使いやすい食材です。

「寒天」の種類と使い方

寒天はテングサやオゴノリなどの海藻を原料にして作りますが、角・糸・粉と形状が異なる物があります。それぞれの特徴は以下の通りです。

角寒天

古来からの製法で作られた寒天の基本スタイル。ところてんを寒ざらしにして凍らせた物で、“棒寒天”とも呼ばれています。戻した物をちぎってサラダや和え物に使うのもおすすめです。

【戻し方】
よく洗ってから30分以上水に浸す→水気を絞る。
そのまま素材として使う場合はこの段階で使えます。

【固める時】
水から入れて火にかけ溶かす方法と、水や出汁を煮立ててから加える方法があります。
そのままでも煮溶かせますが、絞った後でちぎってから入れた方が早くきれいに溶けます。
かたまりがなくなって透明感がでるまで数分程度火にかけます。
出典:

古来からの製法で作られた寒天の基本スタイル。ところてんを寒ざらしにして凍らせた物で、“棒寒天”とも呼ばれています。戻した物をちぎってサラダや和え物に使うのもおすすめです。

【戻し方】
よく洗ってから30分以上水に浸す→水気を絞る。
そのまま素材として使う場合はこの段階で使えます。

【固める時】
水から入れて火にかけ溶かす方法と、水や出汁を煮立ててから加える方法があります。
そのままでも煮溶かせますが、絞った後でちぎってから入れた方が早くきれいに溶けます。
かたまりがなくなって透明感がでるまで数分程度火にかけます。

糸寒天

糸寒天は、寒天用のところてんを、ところてん突きで押し出した状態で凍らせた物です。戻してそのまま春雨のような使い方もできます。

【戻し方】
よく洗ってから水に浸した後、絞ります。
細い分、戻りが良いのでそのまま食べる場合は水に浸す時間は15分程度が目安になります。
煮溶かして固めるのに使う場合は、角寒天と同様に30分程度浸しておきます。

【固める時】
煮溶かす方法は角寒天と同じく、ベースの液体が沸騰してから加えて煮溶かします。
切らずにそのまま煮溶かしても大丈夫ですが、鍋からはみ出ないよう切った方が扱いやすいです。
出典:

糸寒天は、寒天用のところてんを、ところてん突きで押し出した状態で凍らせた物です。戻してそのまま春雨のような使い方もできます。

【戻し方】
よく洗ってから水に浸した後、絞ります。
細い分、戻りが良いのでそのまま食べる場合は水に浸す時間は15分程度が目安になります。
煮溶かして固めるのに使う場合は、角寒天と同様に30分程度浸しておきます。

【固める時】
煮溶かす方法は角寒天と同じく、ベースの液体が沸騰してから加えて煮溶かします。
切らずにそのまま煮溶かしても大丈夫ですが、鍋からはみ出ないよう切った方が扱いやすいです。


糸寒天を素材として使ったサラダ。キラキラして涼やかな見た目です。糖質が低いので、春雨の代わりに使ってもおいしくいただけます。
出典:

糸寒天を素材として使ったサラダ。キラキラして涼やかな見た目です。糖質が低いので、春雨の代わりに使ってもおいしくいただけます。

粉寒天

粉寒天は、寒天の凝固成分を精製したものなので、他の形状の寒天の半量程度で同じ量の水分を固める事ができます。

【使い方】
戻す手間はないのですが、常温の水の中に入れてよく混ぜてから火にかけます。
最低1分以上は煮立ててしっかり溶かさないと固まりません。加熱時間の目安は静かに沸騰させてから弱火で1分半~2分程度。
※調味料を入れる場合は、煮立て終わって寒天が完全に溶けてから入れましょう。
出典:

粉寒天は、寒天の凝固成分を精製したものなので、他の形状の寒天の半量程度で同じ量の水分を固める事ができます。

【使い方】
戻す手間はないのですが、常温の水の中に入れてよく混ぜてから火にかけます。
最低1分以上は煮立ててしっかり溶かさないと固まりません。加熱時間の目安は静かに沸騰させてから弱火で1分半~2分程度。
※調味料を入れる場合は、煮立て終わって寒天が完全に溶けてから入れましょう。

松木寒天産業/寒天の基本の扱い方
寒天の詳しい扱い方が解説されています。一読しておくと寒天の使い方のコツがよくわかります。

寒天の使用量の目安

角寒天1本がおおよそ8g程度で、500cc前後の水分を固める事ができます。(ただし、寒天を戻すための水分も含まれるので、煮溶かす段階で加える水分は450~600ccくらいまで)
※以下の量が500ccを固める寒天の量の目安になります。

《棒寒天》1本(8g)
《糸寒天》24~26本(8g)
《粉寒天》4g(一袋4gの商品が多いが要確認)
出典:

角寒天1本がおおよそ8g程度で、500cc前後の水分を固める事ができます。(ただし、寒天を戻すための水分も含まれるので、煮溶かす段階で加える水分は450~600ccくらいまで)
※以下の量が500ccを固める寒天の量の目安になります。

《棒寒天》1本(8g)
《糸寒天》24~26本(8g)
《粉寒天》4g(一袋4gの商品が多いが要確認)

「寒天」を使ったおすすめレシピ

フルーティーな味わいの寒天デザート

こちらは、ラズベリージャムで色付けしたピンク色が愛らしい、バラモチーフの寒天デザート。寒天は凝固力が高いので、複雑なデザインの型を使ってもきれいな形を保ってくれるのも魅力です。
出典:

こちらは、ラズベリージャムで色付けしたピンク色が愛らしい、バラモチーフの寒天デザート。寒天は凝固力が高いので、複雑なデザインの型を使ってもきれいな形を保ってくれるのも魅力です。

切っても形が崩れないのも寒天ならでは。ケーキ屋さんの夏の定番メニュー、柑橘系ゼリーも自宅で楽しむ事ができますよ。
出典:

切っても形が崩れないのも寒天ならでは。ケーキ屋さんの夏の定番メニュー、柑橘系ゼリーも自宅で楽しむ事ができますよ。

夏野菜のトマトと塩レモンを使った爽やかな寒天ゼリー。優しい色合いがきれいです。汗をかいた後の夏のおやつタイムにいかがでしょうか。
出典:

夏野菜のトマトと塩レモンを使った爽やかな寒天ゼリー。優しい色合いがきれいです。汗をかいた後の夏のおやつタイムにいかがでしょうか。

紅茶とオレンジコンポートを使ったエレガントな味わいの寒天スイーツです。ガラスの器に盛り付けて、涼しげに味わいましょう。
出典:

紅茶とオレンジコンポートを使ったエレガントな味わいの寒天スイーツです。ガラスの器に盛り付けて、涼しげに味わいましょう。

梅雨の季節を代表する花、あじさいをかたどった寒天デザートです。ブルーベリージュースで自然な色合いに染めています。

※あじさいの葉は中毒を引き起こす事がありますので、誤って口にしないよう注意して下さい。お菓子に葉を添える場合は、ミントなどの食用ハーブまたは、プラスチック製のフィルムで代用するのがおすすめです。
出典:

梅雨の季節を代表する花、あじさいをかたどった寒天デザートです。ブルーベリージュースで自然な色合いに染めています。

※あじさいの葉は中毒を引き起こす事がありますので、誤って口にしないよう注意して下さい。お菓子に葉を添える場合は、ミントなどの食用ハーブまたは、プラスチック製のフィルムで代用するのがおすすめです。

酸が強く、ゼリーにするのが難しいキウイも寒天ならうまく行きます。ただし、熱々の寒天液に酸の強い果汁を加えると加水分解が起きるので寒天液の粗熱が取れてから加えて下さい。日焼けした体にうれしいビタミンCがしっかり取れます。
出典:

酸が強く、ゼリーにするのが難しいキウイも寒天ならうまく行きます。ただし、熱々の寒天液に酸の強い果汁を加えると加水分解が起きるので寒天液の粗熱が取れてから加えて下さい。日焼けした体にうれしいビタミンCがしっかり取れます。

真っ赤な色合いを見るだけで元気が出てきそうなスイカのスムージー。寒天でなめらかな口当たりを演出しています。
出典:

真っ赤な色合いを見るだけで元気が出てきそうなスイカのスムージー。寒天でなめらかな口当たりを演出しています。

青空・星空を食べるような寒天スイーツ

ブルーのゼリーのなかに白あんを入れ、澄みきった青空を閉じ込めたような爽やかなスイーツに。暑い時期のおもてなしにもぴったりです。
出典:

ブルーのゼリーのなかに白あんを入れ、澄みきった青空を閉じ込めたような爽やかなスイーツに。暑い時期のおもてなしにもぴったりです。

こちらは水ようかんと組み合わせて天の川のイメージで。水に浮かぶ光のような金箔が華やかです。
出典:

こちらは水ようかんと組み合わせて天の川のイメージで。水に浮かぶ光のような金箔が華やかです。

神秘的なブルーグリーンの寒天ゼリー。寒天は濃度によって若干白味がかった色で固まりますが、それを利用してきれいな星のシルエットが浮かび上がっています。
出典:

神秘的なブルーグリーンの寒天ゼリー。寒天は濃度によって若干白味がかった色で固まりますが、それを利用してきれいな星のシルエットが浮かび上がっています。

爽やかなストライプに三日月のようなレモンが映えるゼリー。青は爽やかなレモネード、白い層はココナツミルクでコクのある味わいです。
出典:

爽やかなストライプに三日月のようなレモンが映えるゼリー。青は爽やかなレモネード、白い層はココナツミルクでコクのある味わいです。

色付けにかき氷シロップを使ったお手軽レシピ。一人分ずつグラスで作ってもきれいです。七夕メニューの締めくくりにもおすすめです。
出典:

色付けにかき氷シロップを使ったお手軽レシピ。一人分ずつグラスで作ってもきれいです。七夕メニューの締めくくりにもおすすめです。

宝石のようなビジュアルが人気の「琥珀糖」。爽やかな季節のティータイムのお茶請けにいかがでしょうか。常温で二週間程度は日持ちするので、パーティー後のゲストのお土産にもぴったりです。
出典:

宝石のようなビジュアルが人気の「琥珀糖」。爽やかな季節のティータイムのお茶請けにいかがでしょうか。常温で二週間程度は日持ちするので、パーティー後のゲストのお土産にもぴったりです。

パーティーに華を添える寒天デザート

寒天は常温でも溶けないため、パーティーなどテーブルに置く時間が長いデザートにもおおすめ。シロップを回しかけておけばフルーツも乾燥しにくく、料理の間にちょっとつまむと舌もリフレッシュされます。
出典:

寒天は常温でも溶けないため、パーティーなどテーブルに置く時間が長いデザートにもおおすめ。シロップを回しかけておけばフルーツも乾燥しにくく、料理の間にちょっとつまむと舌もリフレッシュされます。

真夏のバースデーパーティーなど、クリームのケーキではちょっと重いかも…という時は、寒天を使った「ゼリーケーキ」がおすすめです。宝石箱のようなキラキラした断面がとても華やか。
出典:

真夏のバースデーパーティーなど、クリームのケーキではちょっと重いかも…という時は、寒天を使った「ゼリーケーキ」がおすすめです。宝石箱のようなキラキラした断面がとても華やか。

暑さで体が参りそうな季節にはシンプルで甘酸っぱいレシピも喜ばれます。レモンの輪切りがフォトジェニックな寒天スイーツは、見た目も涼しげでさっぱりとした味わいです。
出典:

暑さで体が参りそうな季節にはシンプルで甘酸っぱいレシピも喜ばれます。レモンの輪切りがフォトジェニックな寒天スイーツは、見た目も涼しげでさっぱりとした味わいです。

全てが寒天ではありませんが、スチームケーキを土台にして表面を寒天で飾り付けしたキュートな紫陽花のケーキ。溶けにくく複雑な形が保てる寒天だからこそできる、華やかなデコレーションですね。
出典:

全てが寒天ではありませんが、スチームケーキを土台にして表面を寒天で飾り付けしたキュートな紫陽花のケーキ。溶けにくく複雑な形が保てる寒天だからこそできる、華やかなデコレーションですね。

「寒天」で夏のデザートタイムを楽しもう

つるんとしたのど越しと少しかための食感がクセになる「寒天」は、透明な見た目も涼しげで夏のデザートにぴったりです。つややかな見た目とひんやりした口当たりで涼を味わってみてくださいね。
出典:

つるんとしたのど越しと少しかための食感がクセになる「寒天」は、透明な見た目も涼しげで夏のデザートにぴったりです。つややかな見た目とひんやりした口当たりで涼を味わってみてくださいね。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play