夏野菜のトマト煮込み!イタリアの家庭料理【カポナータ】レシピ集

夏野菜のトマト煮込み!イタリアの家庭料理【カポナータ】レシピ集

ナスやズッキーニといった夏野菜をたっぷり美味しく食べられる「カポナータ」。「カポナータ」とはトマトで野菜を煮込んだ、イタリア・シチリア島の伝統料理。アツアツをいただくもよし、冷たく冷やしていただくもよしという、夏にぴったりの料理です。今回は、この「カポナータ」の基本レシピ&アレンジレシピをご紹介。材料や見た目が似ているラタトゥイユとの違いについてもご説明します。旬の栄養もしっかり摂れる「カポナータ」で、暑い夏を乗り切っていきましょう!2021年08月21日作成

カテゴリ:
グルメ
キーワード
レシピ鍋・オーブン料理煮込み料理トマトラタトゥイユ
お気に入り数216

「カポナータ」で旬の夏野菜をたっぷり食べよう!

夏野菜のトマト煮込み!イタリアの家庭料理【カポナータ】レシピ集
出典:
いまが旬の夏野菜をたっぷり味わえる煮込み料理「カポナータ」をつくってみませんか。

「カポナータ」は、イタリア・シチリア島が発祥。基本的には、揚げたナス、ズッキーニや玉ねぎ、パプリカなどの野菜をすこし甘酸っぱい味付けで煮こんでつくります。大きめにカットした野菜がごろごろと入っていて、食べ応え十分。栄養もしっかり摂れる一品です。

今回は「カポナータ」の基本レシピ&アレンジレシピをご紹介。
夏野菜のトマト煮込み!イタリアの家庭料理【カポナータ】レシピ集
出典:
できたての熱い状態でいただくのはもちろんのこと、しっかり冷やしていただく冷製メニューとしても大活躍。時間のあるときに、作り置きして冷蔵庫に入れておけば、すぐに食べられます。ぜひ夏の食卓で満喫してくださいね。

~レシピ紹介の前に~「カポナータ」って何?

一般的に広く知られている「カポナータ」は、イタリア・シチリア島生まれの伝統料理。

どのような料理かというと、揚げたナスと野菜を、トマト(生のトマトや、トマト缶、トマトピューレなど)と一緒に煮込んでつくります。メインは揚げナスですが、そのほかにズッキーニや玉ねぎ、セロリ、オリーブなどがよく使われます。砂糖や酢を使い、甘酸っぱく仕上げます。

実はナポリにも「カポナータ」がありますが、シチリアの「カポナータ」とはまったく異なる料理なのだそう。ナポリの「カポナータ」は、硬いパンの上にトマトをメインとした食材を和えたサラダのようなものをのせた料理です。同じイタリアの「カポナータ」なのに、面白いですね。
出典:

一般的に広く知られている「カポナータ」は、イタリア・シチリア島生まれの伝統料理。

どのような料理かというと、揚げたナスと野菜を、トマト(生のトマトや、トマト缶、トマトピューレなど)と一緒に煮込んでつくります。メインは揚げナスですが、そのほかにズッキーニや玉ねぎ、セロリ、オリーブなどがよく使われます。砂糖や酢を使い、甘酸っぱく仕上げます。

実はナポリにも「カポナータ」がありますが、シチリアの「カポナータ」とはまったく異なる料理なのだそう。ナポリの「カポナータ」は、硬いパンの上にトマトをメインとした食材を和えたサラダのようなものをのせた料理です。同じイタリアの「カポナータ」なのに、面白いですね。

材料が似ている「カポナータ」と「ラタトゥイユ」。大きな違いは何?

材料も見た目もよく似ているイタリアの「カポナータ」とフランスの「ラタトゥイユ」。どちらも野菜をトマトで煮た料理ですが、調理方法や味付けに違いがあります。
■材料の違い
「カポナータ」も「ラタトゥイユ」も夏の野菜をたっぷりと使う料理です。ナスやズッキーニ、玉ねぎ、ピーマン、トマトなどいろいろな夏野菜が入るという特徴があります。
そんな野菜の中でも、「カポナータ」は揚げたナスがメインで、「ラタトゥイユ」は炒めたズッキーニがメインとなるレシピが多いそう。

■調理の仕方の違い
「カポナータ」はナスやズッキーニを揚げてからトマトソースで煮こみます。そのため、コクと旨みが強い仕上がりに。
「ラタトゥイユ」は野菜を全部まとめて炒め、トマトソースで煮こみます。「カポナータ」よりもさっぱりとした味わいに仕上がります。

■味付け
「カポナータ」は酢(本場では白ワインビネガーを使用)と砂糖が入る甘酸っぱい味付けが基本。
「ラタトゥイユ」は白ワインや塩胡椒で、素材の持ち味を生かす味付けが基本です。

【基本】ベーシックなカポナータレシピ

初心者さん向け*簡単なカポナータの作り方

素揚げなしのシンプルレシピ

初心者さん向けの簡単カポナータレシピです。素揚げの工程が入らないので、驚くほど簡単にカポナータがつくれます。具材を切ったらどんどん鍋に入れて炒め、弱火で煮込んでいくレシピ。一晩寝かせて、味をなじませると美味しくいただけます。
出典:

初心者さん向けの簡単カポナータレシピです。素揚げの工程が入らないので、驚くほど簡単にカポナータがつくれます。具材を切ったらどんどん鍋に入れて炒め、弱火で煮込んでいくレシピ。一晩寝かせて、味をなじませると美味しくいただけます。

プロの味を目指す!本格的なカポナータの作り方

素揚げありのコク旨レシピ

ナスを素揚げにしてコクを出した本格レシピ。水にさらしたナスはしっかり水気を切ってから揚げ油の中へ。水が残っていると、はねてしまい、ヤケドをする危険があります。

調理時間は短いのですが、グリーンオリーブ、ケッパー、松の実、レーズンなど材料の味わいの豊かさで、濃厚な旨みのあるカポナータが完成します。
出典:

ナスを素揚げにしてコクを出した本格レシピ。水にさらしたナスはしっかり水気を切ってから揚げ油の中へ。水が残っていると、はねてしまい、ヤケドをする危険があります。

調理時間は短いのですが、グリーンオリーブ、ケッパー、松の実、レーズンなど材料の味わいの豊かさで、濃厚な旨みのあるカポナータが完成します。

【応用編】色んなカポナータを楽しめるアレンジレシピ

<野菜たっぷり>

トマト、ナス、玉ねぎ、ズッキーニ、カボチャ、パプリカ、さやいんげんとたくさんの野菜がカラフルで楽しいカポナータです。すこしずつでも、いろいろな種類の野菜が食べられるので、満足感も◎。複雑に絡み合う野菜の旨みを堪能してみてくださいね。
出典:

トマト、ナス、玉ねぎ、ズッキーニ、カボチャ、パプリカ、さやいんげんとたくさんの野菜がカラフルで楽しいカポナータです。すこしずつでも、いろいろな種類の野菜が食べられるので、満足感も◎。複雑に絡み合う野菜の旨みを堪能してみてくださいね。

<トマトピューレを使用>

角切りにして大きさを揃えた野菜をトマトピューレでまとめたカポナータ。トマトピューレで煮ているので、短時間でコクが出て、炒めた野菜の甘味をしっかり味わえます。

具材が小さめにカットされており、このままパスタソースとして使っても◎。フレッシュタイムを使って香りよく仕上げています。タイムの代わりに、ローリエを使っても大丈夫です。
出典:

角切りにして大きさを揃えた野菜をトマトピューレでまとめたカポナータ。トマトピューレで煮ているので、短時間でコクが出て、炒めた野菜の甘味をしっかり味わえます。

具材が小さめにカットされており、このままパスタソースとして使っても◎。フレッシュタイムを使って香りよく仕上げています。タイムの代わりに、ローリエを使っても大丈夫です。

<ホールトマト缶を使用>

ホールトマト缶を使ったカポナータレシピ。トマトピューレやカットトマト缶よりも、トマトのほどよい酸味を感じやすいホールトマト缶。ジューシーなトマトらしさも楽しめます。

二色のパプリカを使って、カラフルに。夏野菜らしい華やかさのあるレシピです。
出典:

ホールトマト缶を使ったカポナータレシピ。トマトピューレやカットトマト缶よりも、トマトのほどよい酸味を感じやすいホールトマト缶。ジューシーなトマトらしさも楽しめます。

二色のパプリカを使って、カラフルに。夏野菜らしい華やかさのあるレシピです。

<カットトマト缶を使用>

潰す手間がかからないカットトマト缶を使ったカポナータです。香りのいいセロリを入れて、風味もアップ。大きめにカットした野菜がごろごろ入って、食べごたえもありますね。

ボリューム感があるので、シンプルなオムレツに添えたり、肉料理や魚料理の付け合わせにもおすすめです。
出典:

潰す手間がかからないカットトマト缶を使ったカポナータです。香りのいいセロリを入れて、風味もアップ。大きめにカットした野菜がごろごろ入って、食べごたえもありますね。

ボリューム感があるので、シンプルなオムレツに添えたり、肉料理や魚料理の付け合わせにもおすすめです。

<塩麹&ケチャップを使用>

塩麹とケチャップ、バルサミコ酢で深みとコクをプラスしたカポナータです。

塩麹が野菜の甘味を引き出して、ひと味違ったカポナータに。野菜の水分で煮ていくタイプのカポナータなので、旨みが凝縮されて、濃厚なお味が楽しめます。
出典:

塩麹とケチャップ、バルサミコ酢で深みとコクをプラスしたカポナータです。

塩麹が野菜の甘味を引き出して、ひと味違ったカポナータに。野菜の水分で煮ていくタイプのカポナータなので、旨みが凝縮されて、濃厚なお味が楽しめます。

<白ワイン&レモン汁を使用>

白ワインとレモン汁で仕上げるコク旨カポナータ。

赤い色のカポナータが一般的なので、黄色いカポナータはぱっと目を惹きますね。かぼちゃとニンジン、パプリカと黄色系の野菜を揃えて、鮮やかに。たっぷりの白ワインを加え、煮詰めていきます。作っている最中からいい香りが漂って、つまみ食いしたくなってしまいそう。
出典:

白ワインとレモン汁で仕上げるコク旨カポナータ。

赤い色のカポナータが一般的なので、黄色いカポナータはぱっと目を惹きますね。かぼちゃとニンジン、パプリカと黄色系の野菜を揃えて、鮮やかに。たっぷりの白ワインを加え、煮詰めていきます。作っている最中からいい香りが漂って、つまみ食いしたくなってしまいそう。

<トマトなし・大根入り>

トマトを使わない、ちょっぴりユニークなカポナータレシピです。

トマトの代わりに大根を使い、食べごたえのあるカポナータに。ナスとエリンギ、そして大根という異なる食感の食材がいいアクセントになっています。いつもと違うカポナータが食べたいときにおすすめ。
出典:

トマトを使わない、ちょっぴりユニークなカポナータレシピです。

トマトの代わりに大根を使い、食べごたえのあるカポナータに。ナスとエリンギ、そして大根という異なる食感の食材がいいアクセントになっています。いつもと違うカポナータが食べたいときにおすすめ。

<和風だしを使用>

ナスにプチトマト、オクラ、万願寺唐辛子、枝豆を出汁で煮ていく和風のカポナータ。

米酢と蜂蜜を使って、まろやかなコクもプラス。仕上げにシソの葉を散らして完成です。ほっとひと息つきたくなる、箸休めにもぴったりのレシピ。
出典:

ナスにプチトマト、オクラ、万願寺唐辛子、枝豆を出汁で煮ていく和風のカポナータ。

米酢と蜂蜜を使って、まろやかなコクもプラス。仕上げにシソの葉を散らして完成です。ほっとひと息つきたくなる、箸休めにもぴったりのレシピ。

<タコ入り・パレルモ風>

タコの入ったパレルモ風カポナータ。くるんと巻いたタコの足は迫力があって、美味しそうですよね。オリーブもグリーンとブラック二色を使って、豪華に。メイン料理にもなりますし、見栄えがいいのでおもてなし料理としてもおすすめです。
出典:

タコの入ったパレルモ風カポナータ。くるんと巻いたタコの足は迫力があって、美味しそうですよね。オリーブもグリーンとブラック二色を使って、豪華に。メイン料理にもなりますし、見栄えがいいのでおもてなし料理としてもおすすめです。

<厚揚げ入り>

ズッキーニ、トマト、タマネギ、エリンギに厚揚げをプラスした食べごたえのあるカポナータ。味付けをシンプルにしているので、それぞれの素材の旨みをしっかり楽しめるレシピになっています。

味の素を隠し味に、塩分を抑えて、ヘルシーに。仕上げに黒胡椒をしっかり振ると、味が引き締まりますよ。
出典:

ズッキーニ、トマト、タマネギ、エリンギに厚揚げをプラスした食べごたえのあるカポナータ。味付けをシンプルにしているので、それぞれの素材の旨みをしっかり楽しめるレシピになっています。

味の素を隠し味に、塩分を抑えて、ヘルシーに。仕上げに黒胡椒をしっかり振ると、味が引き締まりますよ。

<大豆&梅干し入り>

大豆と梅干が入った和風カポナータ。たっぷり入った大豆でたんぱく質も摂れるひと皿に仕上がっています。

野菜は大豆に馴染むよう、すこし小さめにカット。火通りもはやくなって一石二鳥。火を止めた後にもオリーブオイルを加えて、風味と香りをプラスしています。最後まで丁寧に作られていることを感じるカポナータです。
出典:

大豆と梅干が入った和風カポナータ。たっぷり入った大豆でたんぱく質も摂れるひと皿に仕上がっています。

野菜は大豆に馴染むよう、すこし小さめにカット。火通りもはやくなって一石二鳥。火を止めた後にもオリーブオイルを加えて、風味と香りをプラスしています。最後まで丁寧に作られていることを感じるカポナータです。

<冷製仕立て>

トマトピューレを使って、さっと煮たカポナータを冷製仕立てに。長時間煮込まないので、野菜のフレッシュな食感が生かされています。しっかり冷やしていただきましょう。
出典:

トマトピューレを使って、さっと煮たカポナータを冷製仕立てに。長時間煮込まないので、野菜のフレッシュな食感が生かされています。しっかり冷やしていただきましょう。

<冷製仕立て&そうめんアレンジ>

ナス、タマネギ、ズッキーニ、カボチャ、マッシュルームと野菜がごろごろ入った冷製カポナータ。はちみつで甘みをつけて、まろやかなコクを。

作り置きして冷蔵庫に入れておけば、そうめんのトッピングにもぴったりです。暑い夏の定番にしたくなるひと品ですね。
出典:

ナス、タマネギ、ズッキーニ、カボチャ、マッシュルームと野菜がごろごろ入った冷製カポナータ。はちみつで甘みをつけて、まろやかなコクを。

作り置きして冷蔵庫に入れておけば、そうめんのトッピングにもぴったりです。暑い夏の定番にしたくなるひと品ですね。

アツアツも冷製も美味しい!「カポナータ」で夏野菜を楽しもう

夏野菜のトマト煮込み!イタリアの家庭料理【カポナータ】レシピ集
出典:
「カポナータ」は具材の応用の幅が広い料理のひとつです。基本の作り方をマスターしたら、あとは、お家にある野菜を使って、自分流にアレンジしていってもいいですね。

イタリアでもそれぞれのご家庭で味わいが違うといわれる「カポナータ」。ぜひ、あなたのお家らしい味わいの「カポナータ」を見つけて、夏野菜をたっぷり楽しんでみてくださいね♪

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play