1. トップ
  2. グルメ
  3. レシピ
  4. スープ・味噌汁
  5. 食べるスープ
  6. 野菜たっぷり!【デトックススープ】で調子を整えるレシピ
野菜たっぷり!【デトックススープ】で調子を整えるレシピ

野菜たっぷり!【デトックススープ】で調子を整えるレシピ

体調を崩しやすくなる季節の境目。「なんだか身体の調子が悪いな」と感じる時は、デトックススープを作ってみませんか?今回は、さまざまな種類のデトックススープの作り方と、アレンジレシピを紹介します。野菜メインで作るのでヘルシーで、ダイエットにも役立つので、気になる方はぜひ覗いてみてください。2020年09月30日作成

カテゴリ:
グルメ
キーワード
レシピスープ・味噌汁食べるスープヘルシー・ダイエットレシピ野菜
お気に入り数2148

ダイエット効果で話題「デトックススープ」とは

野菜たっぷり!【デトックススープ】で調子を整えるレシピ
出典:unsplash.com
デトックススープとは、肉を使わずに野菜を中心とした材料で作るスープのことです。
食物繊維たっぷりのスープを飲むことで血液をサラサラにしたり、腸の調子を良くしたりなど、身体の調子を整える効果が期待できます。

1週間プログラムで減量を目指すスープ

野菜たっぷり!【デトックススープ】で調子を整えるレシピ
出典:unsplash.com
デトックススープは低カロリーで脂肪燃焼効果も期待できます。
そのため、1週間スープ+α(野菜・糖質の低いフルーツ・脂肪分の少ない肉など)の食生活を続けることで、短期間で減量を目指す人気のダイエット方法があるほどです。ただし食べ方が細かく決まっており、タンパク質不足になりがちなので1週間に留める必要があります。
この記事では、ストイックなダイエット方法ではなく、野菜をたっぷり食べられるヘルシーなスープのレシピをご紹介します。

基本の「デトックススープ」レシピ

野菜だけデトックススープ

たっぷりの野菜をコンソメで煮る、スタンダードなデトックススープの作り方です。野菜の切り方は自由ですが、小さいと火が通りやすく時短になり、大きいと食べごたえがアップします。
出典:

たっぷりの野菜をコンソメで煮る、スタンダードなデトックススープの作り方です。野菜の切り方は自由ですが、小さいと火が通りやすく時短になり、大きいと食べごたえがアップします。

味付けや野菜を変えてアレンジ

押し麦とたっぷり野菜のデトックススープ

野菜だけのスープだと物足りないなら、押し麦をプラスしてリゾット風にしてみましょう。野菜の甘味が染み込んだ押し麦は食感が良く、食べごたえがかなりアップします。
出典:

野菜だけのスープだと物足りないなら、押し麦をプラスしてリゾット風にしてみましょう。野菜の甘味が染み込んだ押し麦は食感が良く、食べごたえがかなりアップします。

食べる具だくさんデトックススープ

野菜だけのデトックススープばかり食べていると、タンパク質が不足しやすくなります。お肉を加えれば、旨味もプラスされて満足度大。鶏皮を除けば、カロリーも気になりにくいです。
出典:

野菜だけのデトックススープばかり食べていると、タンパク質が不足しやすくなります。お肉を加えれば、旨味もプラスされて満足度大。鶏皮を除けば、カロリーも気になりにくいです。

切り干し大根の具沢山デトックスおかずスープ

切り干し大根は食物繊維が豊富で、旨味が出やすいのでデトックススープの具材にぴったり。戻す手間がいらないので、10分で簡単に出来上がっておすすめです。
出典:

切り干し大根は食物繊維が豊富で、旨味が出やすいのでデトックススープの具材にぴったり。戻す手間がいらないので、10分で簡単に出来上がっておすすめです。

マッシュルーム香るタンパク質も取れるデトックススープ

コンソメ味に飽きた時は、トマト缶を使ってお手軽トマトスープにアレンジしましょう。大豆を加えることで、タンパク質もしっかりと補うことができます。
出典:

コンソメ味に飽きた時は、トマト缶を使ってお手軽トマトスープにアレンジしましょう。大豆を加えることで、タンパク質もしっかりと補うことができます。

豆腐入りヘルシーデトックススープ

食べごたえを出しつつ低カロリー・低糖質に抑えたいなら、豆腐を具材にするのもおすすめ!レンジで水切りすれば、野菜の味が染みだしたスープを薄める心配もありません。野菜を一度炒めるのが、甘味を引き出すコツです。
出典:

食べごたえを出しつつ低カロリー・低糖質に抑えたいなら、豆腐を具材にするのもおすすめ!レンジで水切りすれば、野菜の味が染みだしたスープを薄める心配もありません。野菜を一度炒めるのが、甘味を引き出すコツです。

100kcal以下のトマキムスープ

生のトマトとキムチで作る、ちょっと変わった中華風スープのレシピ。にら・もやし・まいたけの食物繊維と、キムチの乳酸菌効果で腸のはたらきをサポートしてくれます。
出典:

生のトマトとキムチで作る、ちょっと変わった中華風スープのレシピ。にら・もやし・まいたけの食物繊維と、キムチの乳酸菌効果で腸のはたらきをサポートしてくれます。

我が家のデトックすーぷ

続いてもキムチを使ったレシピ。豆乳で煮込むのでお腹に溜まりやすく、辛さがマイルドになるので辛いのがあまり得意ではない人にもおすすめ。
出典:

続いてもキムチを使ったレシピ。豆乳で煮込むのでお腹に溜まりやすく、辛さがマイルドになるので辛いのがあまり得意ではない人にもおすすめ。

野菜の旨味たっぷり春雨スープ

春雨をプラスした、あっさり中華風のデトックススープレシピ。食べごたえがあり、夕食にしても満足できます。冷凍可能なので、多めに作ってストックしても◎
出典:

春雨をプラスした、あっさり中華風のデトックススープレシピ。食べごたえがあり、夕食にしても満足できます。冷凍可能なので、多めに作ってストックしても◎

根菜の和風デトックススープ

大根・にんじん・ごぼうといった根菜をごろごろ入れた、あっさり味で胃に優しい和風デトックススープ。大きめに切った根菜をゴロゴロ入れ、食べごたえ抜群。体を温めてくれるので、特に冬におすすめです。
出典:

大根・にんじん・ごぼうといった根菜をごろごろ入れた、あっさり味で胃に優しい和風デトックススープ。大きめに切った根菜をゴロゴロ入れ、食べごたえ抜群。体を温めてくれるので、特に冬におすすめです。

海老セロリもやしの脂肪燃焼デトックススープ

ちょっと特別感を出したい時は、海老を使ったこちらのレシピを。ウェイパ-を使ったスタンダードな中華スープと見せかけて、セロリで風味をプラスするのがポイントです。
出典:

ちょっと特別感を出したい時は、海老を使ったこちらのレシピを。ウェイパ-を使ったスタンダードな中華スープと見せかけて、セロリで風味をプラスするのがポイントです。

きのこのデトックススープ

変化をつけたい時は、オクラのとろみを活かしたこちらのレシピがおすすめ。豆乳で煮て味噌とカレー粉で味つけした、個性派ながらもクセになる味わいがポイントです。
出典:

変化をつけたい時は、オクラのとろみを活かしたこちらのレシピがおすすめ。豆乳で煮て味噌とカレー粉で味つけした、個性派ながらもクセになる味わいがポイントです。

豆乳根菜スープ

クリーミーなのに乳製品や小麦粉不使用。シチューのように見えますが、味つけは味噌や鶏がらスープで行うのであっさりしています。じっくり煮込むほど甘くなり、時間を置くほどに味が染みて美味しくなりますよ。朝食にもおすすめです。
出典:

クリーミーなのに乳製品や小麦粉不使用。シチューのように見えますが、味つけは味噌や鶏がらスープで行うのであっさりしています。じっくり煮込むほど甘くなり、時間を置くほどに味が染みて美味しくなりますよ。朝食にもおすすめです。

ほぼ野菜スープのカレー

糖質制限中にもぴったりの、野菜たっぷりカレー風アレンジ。カレールウは使わずにカレー粉で味つけするので、あっさりめでどこか懐かしい味わいです。
出典:

糖質制限中にもぴったりの、野菜たっぷりカレー風アレンジ。カレールウは使わずにカレー粉で味つけするので、あっさりめでどこか懐かしい味わいです。

野菜をたっぷり食べよう♪

外食や手軽な一品料理が続くと、どうしても野菜が不足しがちに。
そんな時はデトックススープを飲むと、血液や腸が綺麗になり、体調をリセットすることができます。
ダイエットにも役立つので、気になった方はぜひレシピを参考にして献立に取り入れてみてください。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play