やっぱり紙の本もいい。今見直したい「紙の本」の13の魅力

やっぱり紙の本もいい。今見直したい「紙の本」の13の魅力

電子書籍の進化が目覚ましい今、紙の本の存在感は薄れつつあるようです。しかし、紙の本には紙の本にしかない魅力があります。「効率的じゃないから」という理由だけで紙の本から離れるのは、もったいないことかもしれません。紙の本の存在価値に目を向けて、今一度、紙の本との付き合い方を考えてみませんか?2021年11月05日作成

カテゴリ:
アート・カルチャー
キーワード
おうち時間読書本屋古本
お気に入り数371

紙の本は好きですか?

「紙の本は値段も高いし場所も取る」「内容は同じなんだから紙にこだわる必要はない」そんな声が増えてきているなかで、紙の本を読む理由になるのは、その“魅力”しかありません。比べる対象があるからこそ浮き彫りになる「紙の本の魅力」とは―。

今回は、そのひとつひとつを丁寧にご紹介していきます。紙の本が大好きな方にも、紙の本から離れて久しい方にも、その魅力を再認識していただければ幸いです。

媒体としての魅力

目にやさしい

やっぱり紙の本もいい。今見直したい「紙の本」の13の魅力
出典:unsplash.com
言うまでもなく、紙の本は紙でできているため、ページの表面からブルーライトが出ることはありません。あたりまえのように聞こえますが、ブルーライトなしに情報を得る機会が減ってしまったことを思えば、それも立派な“紙の本の魅力”なのです。

本の内容に集中しやすい

本を読んでいても何の通知も来ない。読んでいる本以外の情報が目に入ってこない。この「自分と本の間に何もない」という状況は、紙の本の特長のひとつです。そのぶん本の内容に集中しやすくなりますので、読書タイムが充実したものに♪とくに、小説など世界観に没頭したいものを読むときには、欠かせない要素ではないでしょうか?

ページをめくるワクワク感

ページをめくるという動作は、紙の本ならではのもの。めくるときの感触・音も手伝って、そのワクワク感は高まります。ページをめくるたびに物語が進んでいく体験は、紙の本でなければできません。「まえのページに戻って読み返す」「あのページはどこだったかと記憶をたよりに探す」。ページを行ったり来たりする煩わしさも含めて、紙の本を読むことの醍醐味なのかもしれません。

書き込みができる

やっぱり紙の本もいい。今見直したい「紙の本」の13の魅力
出典:unsplash.com
本に書き込めるということも、紙の本の良さです。読んでいて心に響いたフレーズにマーカーやアンダーラインを引いたり、出てきた言葉の意味を調べて余白に書き込んだりすることで、内容がより深く理解できたり印象に残ったりすることも。ほかにも、読んで感じたことを書き込んだり、大事なページに付箋を貼ったりとアレンジは無限です。そうすることで、“自分にとっての”その本の価値は上がっていくでしょう。

モノとしての魅力

装丁が楽しめる

やっぱり紙の本もいい。今見直したい「紙の本」の13の魅力
出典:unsplash.com
表紙のデザインやページの紙質、使われている書体やしおりの紐など、紙の本に関するデザインは一冊一冊違います。本の世界観に合わせてつくられた、それらひとつひとつにじっくり向き合ってみるのも楽しいもの。紙の本は、書いてある内容だけでなく、まわりのデザイン=装丁も楽しめるという、とても贅沢なアイテムなのです。

▽こちらの記事もおすすめです▽
本の魅力を実直に捉え、表現する。「装丁」から出合う本の話
本の魅力を実直に捉え、表現する。「装丁」から出合う本の話

書店で本を選ぶ時、パッと目につくのは装丁です。本の魅力を伝える1つの方法として欠かせない装丁ですが、どんな役割を持っているのでしょうか。作家と装丁家・デザイナーとの関係性、これから読書を始めたい人におすすめの「美しい装丁の本」をご紹介していきます。

インテリアにもなる

装丁が素晴らしい本は、インテリアとしても活躍します。置いておくだけでサマになるため、おしゃれさはもちろんのこと、知的な雰囲気も演出することが◎ディスプレイ目的で洋書を買うという方もいるほど、紙の本にはインテリアの要素があるのです。

▽こちらの記事もおすすめです▽
インテリアとして飾りたい!装丁が光る素敵な絵本15選
インテリアとして飾りたい!装丁が光る素敵な絵本15選

絵本の雰囲気は好きだけれども、大人になってから触れる機会が減ったという方は多いかもしれません。でも、絵画やポストカードのようにお部屋に飾れたら楽しいですよね。今回は、しばらく遠ざかってしまっているという方のために、インテリアに映えるような、装丁が素敵な絵本をご紹介します。お気に入りの作家や作品を見つけるきっかけになったら嬉しいです♪

じっくりと本の世界に浸れる空間作り。「ブックカフェ風インテリア」のすすめ
じっくりと本の世界に浸れる空間作り。「ブックカフェ風インテリア」のすすめ

読書とお茶を一緒に楽しめることが出来るブックカフェ。時間を忘れて本に没頭出来るだけでなく、おしゃれなインテリアやコーヒーが心も身体も和ませてくれて、癒されますよね。「癒し」を求めてついつい通ってしまう方も多いのではないでしょうか。そんなブックカフェのような、本好きにとって至福の空間をお家でも実現出来たら素敵だと思いませんか?憧れのブックカフェ風インテリアの作り方のコツやポイントをまとめました。

読みたい場所に置いておける

やっぱり紙の本もいい。今見直したい「紙の本」の13の魅力
出典:unsplash.com
ベッドサイドやトイレなど、本棚以外にも本を置いているという方も少なくないのでは?その場所だからこそ読みたい本、もしくは家族に読んでほしい本などを、それぞれ適した場所に置いておくことで、自然とその本に手がのびることに。読書装置をセットしていくような感覚で、至る所に本を置いてみましょう。きっと新たな読書体験がうまれるはずです。

本まわりのモノも楽しめる

やっぱり紙の本もいい。今見直したい「紙の本」の13の魅力
出典:unsplash.com
しおりやブックカバー、ブックエンドにブックスタンドなど、紙の本には関連するアイテムがたくさんあります。それらを選ぶ楽しみ・使う楽しみは、紙の本の魅力のひとつ。自分好みのテイストでまとめれば、本を読むことがより楽しく感じられるでしょう。

▽本まわりのモノについてのご紹介▽
こだわりの「栞」を本に挟もう。お気に入りを見つけて読書をもっと楽しく♪
こだわりの「栞」を本に挟もう。お気に入りを見つけて読書をもっと楽しく♪

最近「栞」使っていますか? 背表紙に付いている栞紐も便利ですが、独立した栞はよりページが開きやすくなりますし、お気に入りの栞を挟めば、読書がもっと楽しくなりますよね♪ テイスト別に、素敵な栞をご紹介。自分用にはもちろん、読書好きな方へのプレゼントにもおすすめです!

ブックカバーのおすすめ15選+おしゃれな作り方。革製&透明フィルム、手作り材料も紹介
ブックカバーのおすすめ15選+おしゃれな作り方。革製&透明フィルム、手作り材料も紹介

本が好きな人にはお馴染みの「ブックカバー」。市販の「ブックカバー」は、紙や布、革など素材も豊富になってきていますよね。その「ブックカバー」、いざ選ぶとなると選択肢が多すぎて「何を基準に探せばよいか分からない」というお悩みも。そこで今回は、キナリノ視点で「ブックカバー」のおすすめの商品をご紹介!市販のブックカバーのほか、布や紙を使った「ブックカバーの作り方」もあわせてお届け。「手作りブックカバー」を使うのもアリですよ♪お気に入りの「ブックカバー」で毎日の読書ライフをもっと充実させてくださいね!

乱雑とした本がスッキリ《ブックスタンド・ブックエンド》で収納上手
乱雑とした本がスッキリ《ブックスタンド・ブックエンド》で収納上手

散らかりがちな本類をすっきりまとめてくれるブックスタンドやブックエンド。お気に入りの本を素敵に見せてくれる、インテリア性に優れたアイテムをご紹介します。

貸し借りができる

紙の本はコミュニケーションツールにもなります。親しくなりたい人との距離を縮めたいとき、本好きな友人ができたとき、本の貸し借りは効果的なコミュニケーションの手段になるのです。自分の好きな本を貸すことは、心のなかを相手に知られるようで少しドキドキするもの。しかし、そこでお互いに興味を持つことができれば、その後いい関係を築ける可能性は高くなるはずです。

古くなる

長い間持っている本は、古くなります。日焼けをしたり、角がつぶれたり、ページが破れたり―。そんな古くなった本には、その本を買ったときの思い出や、夢中で読んでいたときの思い出もつまっているもの。

本棚の整理中に昔の本に手がのびて、つい読みふけってしまったという経験もめずらしくないはず。思い出のアルバムをめくるように、思い出の本をめくり、当時の自分のことを振り返る。紙の本は古くなると、自分を振り返るためのアイテムにもなるんですね。

場所にまつわる魅力

本屋で自分を知ることができる

やっぱり紙の本もいい。今見直したい「紙の本」の13の魅力
出典:unsplash.com
本屋に行くことは、“今の自分”を知ることにもなります。自分が手に取った本=自分が興味のあることなので、「どんな本に手がのびることが多いか」が自分を分析するための材料になるのです。

なので「自分の好きなことがわからない」「やりたいことがない」と思ったときは、本屋に行くのがおすすめ。本屋でたくさんの本を見て回るうちに、頭の中が整理されていき、店を出るころにはだいぶ答えに近づいているはずです。

▽こちらの記事もおすすめです▽
人生を変える一冊に出合えるかも?素敵な本の「選び方」教えます
人生を変える一冊に出合えるかも?素敵な本の「選び方」教えます

本の選び方をご紹介しています。本屋や図書館などの場所ごとの楽しみ、またおすすめの本屋なども記載しています。本に馴染みのない方にも興味を持って頂ける内容になっているかと思うので、そうした方も是非ご一読ください。きっと新たな楽しみが見つかりますよ。

選書にオーナーのセンス感じる*眺めるだけでも楽しい「オンラインブックストア」
選書にオーナーのセンス感じる*眺めるだけでも楽しい「オンラインブックストア」

おうちで目当ての本を検索して購入する。こうしたワンクリックだけの流れが一般的になりつつありますが、あえて書店の方が提案・おすすめする本を見てみませんか。 今回は、選書にオーナーのセンスが光るオンラインブックストアをご紹介。知らない世界への扉を開ける一冊に、きっと出会えますよ!まさに一期一会を楽しめるような、素敵なオンラインブックストアをご紹介します*

図書館で心も体もリラックス

無料で本を読んだり借りたりできる図書館。居心地が良く、静かなのも特長ですよね。予定のない休日にふらっと図書館へ行き、時間を気にせず思う存分本を読む。長居して嫌な顔をされることもなく、お金をつかう必要もない。こんなに贅沢な過ごし方は、図書館だからこそできるもの。最寄りの図書館だけでなく、少し足をのばして、いろいろな図書館に行ってみるのもおすすめです。

▽素敵な図書館のご紹介です▽
本だけじゃないよ♪建物や空間も楽しめる日本全国のステキな図書館10選
本だけじゃないよ♪建物や空間も楽しめる日本全国のステキな図書館10選

心地よい空間でゆっくり読書をしたり、気分転換におしゃれなカフェでコーヒーやケーキなどを味わいゆったりのんびり一日を過ごしたい・・・♪そんなときは図書館にお出かけしてみませんか?“図書館=本を借りる場所”というイメージが強いですが、最近は、様々なデザイン性のある建物や趣向を凝らしたインテリアなど、まるで美術館のようなアートでモダンな図書館が存在します。今回は、そんな建築物や空間自体を楽しむことができる日本全国の素敵な図書館を、東北、関東、中部、九州地方の中からピックアップしてご紹介します。

ブックカフェでまったり読書タイム

やっぱり紙の本もいい。今見直したい「紙の本」の13の魅力
出典:unsplash.com
カフェのなかに本棚があり、自由に本が読めるブックカフェ。読書に集中するも良し、普通のカフェのようにおしゃべりを楽しむのも良し。飲んだり食べたりしながら、好きなように過ごせるのがブックカフェの魅力です。図書館とはひと味違った、店主の好みが反映された本のセレクトにも注目!

▽素敵なブックカフェのご紹介です▽
本に囲まれて“おいしい読書”を満喫♪東京都内のおすすめ「ブックカフェ」
本に囲まれて“おいしい読書”を満喫♪東京都内のおすすめ「ブックカフェ」

カフェと本屋さんが融合した「ブックカフェ」。最近は、おいしいランチや、お昼からお酒が飲めるブックカフェも多いんですよ。今回は、小説に登場するメニューが食べられる「BUNDAN(ブンダン)」や、雨の日にも訪れたい「Rainy Day Bookstore & Cafe(レイニーデイ ブックストア&カフェ)」など、東京都内のおすすめブックカフェをご紹介します。本に囲まれた空間で、おいしいコーヒーを飲みながらゆったり読書を楽しんでみませんか?

京都でのんびり読書もいい。ブックカフェで過ごす“じぶん時間”
京都でのんびり読書もいい。ブックカフェで過ごす“じぶん時間”

「京の風を感じながら」「のんびりコーヒーを嗜みながら」そんな読書時間を愉しむのも粋ですね。情緒あふれる京都の町で、美味しいコーヒーと美味しいごはん、居心地のいい空間を満喫できるブックカフェを見つけました。観光を目的とせず、あえて読書をするためだけに、京都でじぶんの時間を過ごしてみませんか。

素敵な時間を過ごせる「札幌のブックカフェ」7選
素敵な時間を過ごせる「札幌のブックカフェ」7選

本を読むという至福の時間。自然と足を向けたくなるスポットが「ブックカフェ」。札幌や近郊にも個性的なブックカフェが点在しています。薫り高いコーヒーを楽しみながら、まだ見ぬ本に出会い、新しい世界の扉を開く時間を楽しみませんか? 今回は、札幌市内のブックカフェ「WORLD BOOK CAFE」「Brown Books Cafe」「六花文庫」「モリヒコ 藝術劇場」「詩とパンと珈琲 モンクール」「北菓楼 札幌本館」の7店をご紹介します。

大切にしたい、本のある風景

やっぱり紙の本もいい。今見直したい「紙の本」の13の魅力
出典:unsplash.com
本のある風景は、紙の本ならではのもの。図書室や本屋さん、実家の本棚など、本のある風景があたりまえだった時代は、少しずつ変化しているようです。だからこそ大切にしたい、本のある風景。それは本を読む人がいる風景であり、本を介したコミュニケーションがある風景。

これからますます貴重になっていくであろう紙の本。少しでも長く楽しめるよう、本のある暮らしを大切に営んでいけたら素敵ではないでしょうか?

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play