執着、不安、こだわりを手放そう。ラクに生きる《とらわれない心の持ち方》

執着、不安、こだわりを手放そう。ラクに生きる《とらわれない心の持ち方》

生きるのがつらい方。そこまでではなくても、人間関係や仕事、家庭のことなどがしんどいと感じる方。現実は変えられなくても、“心の持ち方”はあなた次第で変えられます。「こうあるべき」と自分を縛り付けたり、「絶対に許せない」といつまでも恨みを抱いたりしていませんか。そんな執着や不安、こだわりをするりと手放し、ラクに生きる《とらわれない心の持ち方》をご紹介します。2019年11月01日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
暮らし
生き方
なりたい自分
習慣
ストレスマネジメント
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
3428
つらいと思ってはいけない、しんどいのは自分だけじゃない。頑張り屋さんでまじめな方ほど、自分自身に厳しく、甘えを許さない傾向があるのではないでしょうか。わたしたちは生身の人間ですから、つらいときはつらい、しんどいときはしんどいと、ありのまま感じていいのです。そうやって自分の気持ちを無条件に受け入れられたら、もう少しラクに生きられる“心の持ち方”にシフトしていきましょう。
出典:unsplash.com

つらいと思ってはいけない、しんどいのは自分だけじゃない。頑張り屋さんでまじめな方ほど、自分自身に厳しく、甘えを許さない傾向があるのではないでしょうか。わたしたちは生身の人間ですから、つらいときはつらい、しんどいときはしんどいと、ありのまま感じていいのです。そうやって自分の気持ちを無条件に受け入れられたら、もう少しラクに生きられる“心の持ち方”にシフトしていきましょう。

「べき」にとらわれない

ついつい頑張りすぎてしまうのは、「べき」にとらわれているからかもしれません。「最後まで完璧にやり遂げるべき」「少しの手抜きも許すべきではない」「弱音を吐くべきではない」というように、自分を追い込んでいないでしょうか。ほかにも、「ねばならない」「してはならない」といった考え方も同様です。そんな「べき」にとらわれそうになったら、もっと寛容な考え方に置き換えてみませんか。
出典:unsplash.com

ついつい頑張りすぎてしまうのは、「べき」にとらわれているからかもしれません。「最後まで完璧にやり遂げるべき」「少しの手抜きも許すべきではない」「弱音を吐くべきではない」というように、自分を追い込んでいないでしょうか。ほかにも、「ねばならない」「してはならない」といった考え方も同様です。そんな「べき」にとらわれそうになったら、もっと寛容な考え方に置き換えてみませんか。

「まあいいか」

高い目標をもって努力することは素晴らしいのですが、「完璧にこなすべき」と自分自身を追い込んで、苦しくなってしまっては本末転倒です。自分に対して厳しい頑張り屋さんほど、たまには「まあいいか」と肩の力を抜きましょう。そうやって心をゆるめたら、またできることからリスタートすればいいのです。
出典:unsplash.com

高い目標をもって努力することは素晴らしいのですが、「完璧にこなすべき」と自分自身を追い込んで、苦しくなってしまっては本末転倒です。自分に対して厳しい頑張り屋さんほど、たまには「まあいいか」と肩の力を抜きましょう。そうやって心をゆるめたら、またできることからリスタートすればいいのです。

「それもありだよね」

相手に対して「こうあるべき」を求め、それが叶わないことでしんどい思いをしていませんか。親子やきょうだいであっても、それぞれ別の人格を持った人間です。「それもありだよね」と、相手の考え方、価値観、行動などを、ひとまず受け止めてみましょう。自分の凝り固まった考え方が、ふっとゆるむのを感じられるはずですよ。
出典:unsplash.com

相手に対して「こうあるべき」を求め、それが叶わないことでしんどい思いをしていませんか。親子やきょうだいであっても、それぞれ別の人格を持った人間です。「それもありだよね」と、相手の考え方、価値観、行動などを、ひとまず受け止めてみましょう。自分の凝り固まった考え方が、ふっとゆるむのを感じられるはずですよ。

「そのままでいいよ」

自分に対しても、相手に対しても、「べき」を求めすぎてしまう。そんな方は、最初は嘘でもいいので「そのままでいいよ」とつぶやいてみてください。失敗したり、うまくいかなかったり、完璧にできなかったりしても、「そのままでいいよ」と声に出すのです。人それぞれ、得意なことや不得意なことがあり、考え方や行動も違う、それがわたしたち人間なのだと気づくきっかけになります。
出典:unsplash.com

自分に対しても、相手に対しても、「べき」を求めすぎてしまう。そんな方は、最初は嘘でもいいので「そのままでいいよ」とつぶやいてみてください。失敗したり、うまくいかなかったり、完璧にできなかったりしても、「そのままでいいよ」と声に出すのです。人それぞれ、得意なことや不得意なことがあり、考え方や行動も違う、それがわたしたち人間なのだと気づくきっかけになります。

心をニュートラルに保つ

つらい、しんどい状況からなかなか抜け出せないのは、過剰に反応しているからかもしれません。「つらいのは○○だから」と理由を探したり、「しんどいのは△△が原因」と分析したり、自分で負の感情を増幅させてしまうことも。そうやって客観視するのも大切ですが、心をニュートラルに保つこと、偏りのない見方ができる状態をつくることも大切です。
出典:unsplash.com

つらい、しんどい状況からなかなか抜け出せないのは、過剰に反応しているからかもしれません。「つらいのは○○だから」と理由を探したり、「しんどいのは△△が原因」と分析したり、自分で負の感情を増幅させてしまうことも。そうやって客観視するのも大切ですが、心をニュートラルに保つこと、偏りのない見方ができる状態をつくることも大切です。

反応しない

つらい、苦しい、しんどい、痛い、逃げたい……これらは危険を回避するための、生きものとして当然の反応です。ただし、それに固執しすぎるのは、正しい反応ではありません。
「つらい……と思っている」「苦しい……と感じている」というように、「と言葉」で表現してみましょう。まるで他人事のような表現に変えることで、過剰に反応しすぎずに留まれる効果がありますよ。
出典:unsplash.com

つらい、苦しい、しんどい、痛い、逃げたい……これらは危険を回避するための、生きものとして当然の反応です。ただし、それに固執しすぎるのは、正しい反応ではありません。
「つらい……と思っている」「苦しい……と感じている」というように、「と言葉」で表現してみましょう。まるで他人事のような表現に変えることで、過剰に反応しすぎずに留まれる効果がありますよ。

考えない

わたしたちは言葉で思考しており、一日に何万回も頭の中でおしゃべりを繰り返しています。つらい、しんどいときは、同じことをぐるぐると思いめぐらせ、負の感情を増幅させてしまうのです。
そんな負のスパイラルを止めるには、考えないレベルまで「小さく、小さく」していきましょう。「考えないようにしよう」とすればするほど、考えてしまうのがわたしたち人間ですから、「小さく、小さく」と唱えて意識をそらすのが有効です。
出典:unsplash.com

わたしたちは言葉で思考しており、一日に何万回も頭の中でおしゃべりを繰り返しています。つらい、しんどいときは、同じことをぐるぐると思いめぐらせ、負の感情を増幅させてしまうのです。
そんな負のスパイラルを止めるには、考えないレベルまで「小さく、小さく」していきましょう。「考えないようにしよう」とすればするほど、考えてしまうのがわたしたち人間ですから、「小さく、小さく」と唱えて意識をそらすのが有効です。

判断しない

あらゆる物事には、二面性があります。良い面もあれば、悪い面もあるものです。ちょっと嫌な思いをしたり、気分を損ねることがあったりすると、「これは悪い」「絶対に許せない」と決めつけがちですよね。そんな一時の感情で「良い」「悪い」を判断すると、視野が狭くなりばかりか、「許せない」範囲がどんどん広がって自分が苦しくなるだけです。「良い」「悪い」を判断する前に、ひと呼吸入れて、「判断しない」選択肢があることを思い出してみましょう。
出典:unsplash.com

あらゆる物事には、二面性があります。良い面もあれば、悪い面もあるものです。ちょっと嫌な思いをしたり、気分を損ねることがあったりすると、「これは悪い」「絶対に許せない」と決めつけがちですよね。そんな一時の感情で「良い」「悪い」を判断すると、視野が狭くなりばかりか、「許せない」範囲がどんどん広がって自分が苦しくなるだけです。「良い」「悪い」を判断する前に、ひと呼吸入れて、「判断しない」選択肢があることを思い出してみましょう。

ふっと心が軽くなる。「良い」「悪い」をジャッジしない考え方のヒント
ふっと心が軽くなる。「良い」「悪い」をジャッジしない考え方のヒント

いつも心に余裕がなく、他人や環境の悪いところばかりを指摘していませんか。あるいは、自分のダメなところばかりを気にして、ひどく落ち込んだりしていないでしょうか。こんな風に考えてしまうのは、無意識のうちに物事に対して「良い」「悪い」をジャッジしているからかもしれません。「良い」「悪い」のジャッジをし続けると、常に切迫感や不安、苛立ちといった負の感情に駆られ、心が窮屈になるばかりです。「良い」「悪い」をジャッジしない考え方で、あなたの心を軽くしてみませんか?

「良い」「悪い」をジャッジしない考え方のヒントをご紹介していますので、こちらもご参考になさってくださいね。

具体的にどうすればいい?

「べき」にとらわれない、心をニュートラルに保つ……。そんなことが簡単にできれば苦労しない、そう思うのはごもっともです。では、執着や不安、こだわりを手放し、ラクに生きていくには、具体的にどうすればいいのでしょうか。ここでは、今日からできる“心を整える”方法をご紹介します。
出典:unsplash.com

「べき」にとらわれない、心をニュートラルに保つ……。そんなことが簡単にできれば苦労しない、そう思うのはごもっともです。では、執着や不安、こだわりを手放し、ラクに生きていくには、具体的にどうすればいいのでしょうか。ここでは、今日からできる“心を整える”方法をご紹介します。

感覚に意識を集中する「マインドフルネス」

感情からも思考からも離れる方法があります。それは、体の感覚に意識を集中する「マインドフルネス」です。
目を閉じ、あるいはうっすらと開けて、どんな音が聞こえているか、どんなにおいがしているかを感じ取ります。手のひらや足の裏は何に触れているか、温かいのか冷たいのか、お腹が膨らむ感じ、へこむ感じはどうでしょう。そうやって体の感覚に意識を集中すれば、あなたを煩わせる感情や思考は、自然と遠のいていきます。
出典:unsplash.com

感情からも思考からも離れる方法があります。それは、体の感覚に意識を集中する「マインドフルネス」です。
目を閉じ、あるいはうっすらと開けて、どんな音が聞こえているか、どんなにおいがしているかを感じ取ります。手のひらや足の裏は何に触れているか、温かいのか冷たいのか、お腹が膨らむ感じ、へこむ感じはどうでしょう。そうやって体の感覚に意識を集中すれば、あなたを煩わせる感情や思考は、自然と遠のいていきます。

過去や未来ではなく今、ここに集中しよう。『マインドフルネス』初心者さん向け実践法
過去や未来ではなく今、ここに集中しよう。『マインドフルネス』初心者さん向け実践法

世界のトップ達が実践していることで有名な『マインドフルネス』。近年、日本の企業でも導入され、話題になっているのをご存知ですか?メディアで取り上げられる機会が多いので、何となく言葉は知っていても「一体どういうものなのか、良くわからない…」という方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、現在注目されている『マインドフルネス』の特徴や実践方法についてご紹介します♪

こちらの記事で「マインドフルネス」の方法をご紹介しています。

書いて心を解放する「ジャーナリング」

頭の中で繰り返す思考は、そのままにしておくとどんどん増幅してしまいます。信頼できる人に話を聞いてもらうのも有効ですが、相手の都合もあって今すぐに対処できないこともありますよね。
そんなときは、思いのたけを紙に書き出す「ジャーナリング」がおすすめです。紙に書き出した後は、頭の中はスッキリしますし、心もふわっと軽やかになります。
出典:unsplash.com

頭の中で繰り返す思考は、そのままにしておくとどんどん増幅してしまいます。信頼できる人に話を聞いてもらうのも有効ですが、相手の都合もあって今すぐに対処できないこともありますよね。
そんなときは、思いのたけを紙に書き出す「ジャーナリング」がおすすめです。紙に書き出した後は、頭の中はスッキリしますし、心もふわっと軽やかになります。

心を整えるシンプルなメソッド。書く瞑想「ジャーナリング」を試してみない?
心を整えるシンプルなメソッド。書く瞑想「ジャーナリング」を試してみない?

仕事や家事に頭も体も常にフル回転。立ち止まる暇もなく、日々の雑務に忙殺されている。自分がいったい今どこにいるのかすら分からない……。そんなつらい思いをしていませんか。忙しくて時間がなくても、1日5分もあれば心を整えられます。それは、書く瞑想ともいわれる「ジャーナリング」を実践することです。座禅やメディテーションに苦手意識のある方でも、今すぐ気軽に始められます。そんな心を整えるシンプルなメソッド、「ジャーナリング」を試してみませんか?

こちらの記事で「ジャーナリング」の方法をご紹介しています。

ポジティブな宣言をする「アファメーション」

「べき」にとらわれないでいよう、心をニュートラルに保とう。そう決めたときは意識して実践するものの、時間が経つとともに忘れてしまい元通りに……なんてこともあるかもしれません。
そんな自分との約束を守りたいときは、「アファメーション」を試してみてはいかがでしょう。「わたしはもう自分を苦しめる“べき”にとらわれません」「良いも悪いも判断しない、フラットなわたしになります」というように宣言するのです。
出典:unsplash.com

「べき」にとらわれないでいよう、心をニュートラルに保とう。そう決めたときは意識して実践するものの、時間が経つとともに忘れてしまい元通りに……なんてこともあるかもしれません。
そんな自分との約束を守りたいときは、「アファメーション」を試してみてはいかがでしょう。「わたしはもう自分を苦しめる“べき”にとらわれません」「良いも悪いも判断しない、フラットなわたしになります」というように宣言するのです。

変わりたいあなたへ。“なりたい自分”に近づく「アファメーション」を習慣に
変わりたいあなたへ。“なりたい自分”に近づく「アファメーション」を習慣に

「わたしには無理」「ツイてないな」「どうせわたしなんて」……。そんなひとり言を頭の中で繰り返していませんか? わたしたちは一日に数万回、頭の中のひとり言を無意識に繰り返しています。ひとり言は無害のようでいて実は、他人の心ない言葉に傷つくように、ネガティブな言葉でも自分自身を傷つけてしまうのです。そんなことを繰り返さないように、ポジティブな言葉である「アファメーション」で未来を変えていきませんか?

「アファメーション」の実践方法は、こちらの記事をご参考になさってくださいね。

怒りをコントロールする「アンガーマネジメント」

生きていれば「イライラする」「許せない」と怒りを抱くことも、ときにはあるでしょう。そんな怒りの感情のおもむくまま行動してしまうと、大切な人間関係や社会的立場を失いかねません。怒りという感情そのものが問題なのではなく、いかに感情と行動をコントロールするかが大切です。
怒りの感情にとらわれないためには、「アンガーマネジメント」を知ることが有効です。
出典:unsplash.com

生きていれば「イライラする」「許せない」と怒りを抱くことも、ときにはあるでしょう。そんな怒りの感情のおもむくまま行動してしまうと、大切な人間関係や社会的立場を失いかねません。怒りという感情そのものが問題なのではなく、いかに感情と行動をコントロールするかが大切です。
怒りの感情にとらわれないためには、「アンガーマネジメント」を知ることが有効です。

怒りで人生を台無しにしない!「アンガーマネジメント」を学んでみませんか
怒りで人生を台無しにしない!「アンガーマネジメント」を学んでみませんか

「アンガーマネジメント」をご存知でしょうか? 怒りを予防し、コントロールする心理スキルのことです。怒りは問題解決に役立つ一面もありますが、たいていはマイナスの結果として自分に跳ね返ってきてしまいます。心にも体にも悪影響を与え、周囲との関係も険悪にしてしまう怒り。それをコントロールできるのとできないのとでは、人生の質をも左右するのです。「アンガーマネジメント」を学び、怒りにとらわれない生き方を目指しませんか。

「アンガーマネジメント」で人生の質を高める方法をご紹介しています。

とらわれない心でラクに生きよう

執着や不安、こだわりを手放す、心の持ち方をご紹介しました。「べき」にとらわれず、心をニュートラルに保つことで、今よりもずっとラクに生きていくことができるはずです。ご紹介した方法をご参考に、できるところからお試しくださいね。
出典:unsplash.com

執着や不安、こだわりを手放す、心の持ち方をご紹介しました。「べき」にとらわれず、心をニュートラルに保つことで、今よりもずっとラクに生きていくことができるはずです。ご紹介した方法をご参考に、できるところからお試しくださいね。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play