常備菜にもピッタリ!【きんぴら】を季節の食材でいろいろアレンジ!レシピ17品

常備菜にもピッタリ!【きんぴら】を季節の食材でいろいろアレンジ!レシピ17品

常備菜としても人気の料理「きんぴら」。実は定番の「ごぼう」以外の食材でも「きんぴら」はできるんです。おなじみの甘辛いしょうゆ味の他に、あっさりとした塩きんぴらや子どもが大好きなカレーきんぴらなど、味つけにもバリエーションがあり、毎日の副菜としても大活躍!今回はセロリやピーマン、キノコやさつまいも、なすやかぼちゃ、切り干し大根など、季節の食材を使った“きんぴらのアレンジレシピ”をご紹介します。何だか最近、献立やお弁当のおかずがマンネリ気味かな?と思ったら、ぜひ試してみてくださいね。 2016年09月07日作成

カテゴリ:
グルメ
キーワード:
食材
野菜
ごぼう
野菜料理
常備菜
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
257

「きんぴら」と言えば…

漢字で書くと「金平」。江戸時代、古浄瑠璃『金平浄瑠璃』の主人公・坂田金平(さかたのきんぴら)が大変人気があったことから、強くて勇ましい金平になぞらえて、精がつき、歯ごたえのあるごぼうを使い、甘辛く味付けした料理を「金平ごぼう」と呼ぶように。やがて、ごぼうに限らず、細長く切った食材を醤油や砂糖で味付けした料理をすべて「きんぴら」と呼ぶようになったそうです。
出典:

漢字で書くと「金平」。江戸時代、古浄瑠璃『金平浄瑠璃』の主人公・坂田金平(さかたのきんぴら)が大変人気があったことから、強くて勇ましい金平になぞらえて、精がつき、歯ごたえのあるごぼうを使い、甘辛く味付けした料理を「金平ごぼう」と呼ぶように。やがて、ごぼうに限らず、細長く切った食材を醤油や砂糖で味付けした料理をすべて「きんぴら」と呼ぶようになったそうです。

おなじみ「きんぴらごぼう」

「きんぴら」といえば、おなじみの「きんぴらごぼう」。常備菜として2、3日は冷蔵保存が可能です。基本的な味付けをマスターしておけば、他の食材にも応用できます!
出典:

「きんぴら」といえば、おなじみの「きんぴらごぼう」。常備菜として2、3日は冷蔵保存が可能です。基本的な味付けをマスターしておけば、他の食材にも応用できます!

〈春〉の食材で作るきんぴら

セロリ

ごぼうと並んで食物繊維豊富な野菜「セロリ」。きんぴらにすればたっぷり食べられます。コンソメを使った洋風きんぴらでどうぞ。
出典:

ごぼうと並んで食物繊維豊富な野菜「セロリ」。きんぴらにすればたっぷり食べられます。コンソメを使った洋風きんぴらでどうぞ。

アスパラガス

春先にたくさん出回る「アスパラガス」。茹でてそのままもおいしいですが、パプリカやベーコンとともにきんぴらにしてみると、新たなおいしさと出会えそう。
出典:

春先にたくさん出回る「アスパラガス」。茹でてそのままもおいしいですが、パプリカやベーコンとともにきんぴらにしてみると、新たなおいしさと出会えそう。

絹さや

春らしい彩りの「絹さや」もきんぴらに。コクと香りをきかせた優しい味です。
出典:

春らしい彩りの「絹さや」もきんぴらに。コクと香りをきかせた優しい味です。

わかめ

「わかめ」といえば、味噌汁の具や酢の物に使うことが多いですが、きんぴらにするのもなかなか新鮮。このレシピはにんじんと合わせていますが、同じく春先が旬のたけのこと合わせるのもおすすめです。
出典:

「わかめ」といえば、味噌汁の具や酢の物に使うことが多いですが、きんぴらにするのもなかなか新鮮。このレシピはにんじんと合わせていますが、同じく春先が旬のたけのこと合わせるのもおすすめです。

〈夏〉の食材で作るきんぴら

ピーマン

きんぴらにすると「ピーマン」の苦味がやわらぎ、苦手な人にも食べられるかもしれません。ちくわのほか、しらすなど海の食材と合わせるとさらに苦味が消えておいしくいただけます。
出典:

きんぴらにすると「ピーマン」の苦味がやわらぎ、苦手な人にも食べられるかもしれません。ちくわのほか、しらすなど海の食材と合わせるとさらに苦味が消えておいしくいただけます。

ズッキーニ

イタリア料理などに使うイメージの「ズッキーニ」ですが、和テイストのおかずにももってこいなんです。歯ごたえがしっかりしているので、食べごたえのあるきんぴらに。黄色のズッキーニも使ってカラフルなきんぴらもいいかもしれません。
出典:

イタリア料理などに使うイメージの「ズッキーニ」ですが、和テイストのおかずにももってこいなんです。歯ごたえがしっかりしているので、食べごたえのあるきんぴらに。黄色のズッキーニも使ってカラフルなきんぴらもいいかもしれません。

新じゃが

夏にぴったりなカレー味のきんぴら。「じゃがいも」のシャキシャキ感が楽しめます。新じゃがに限らずじゃがいもは、きんぴらに使える野菜です。
出典:

夏にぴったりなカレー味のきんぴら。「じゃがいも」のシャキシャキ感が楽しめます。新じゃがに限らずじゃがいもは、きんぴらに使える野菜です。

なす

「なす」に同じく夏野菜のみょうがを加えたきんぴら。冷やして食べるとさらにおいしい夏ならではのきんぴらです。
出典:

「なす」に同じく夏野菜のみょうがを加えたきんぴら。冷やして食べるとさらにおいしい夏ならではのきんぴらです。

〈秋〉の食材で作るきんぴら

れんこん

「れんこん」もきんぴらでは定番の食材ですね。いつもの甘辛い味つけを変えて、明太子を使ったきんぴらはいかがですか?
出典:

「れんこん」もきんぴらでは定番の食材ですね。いつもの甘辛い味つけを変えて、明太子を使ったきんぴらはいかがですか?

キノコ

秋といえば「キノコ」が旬! しいたけ、しめじ、まいたけ、エリンギ…淡白な味のキノコ類はきんぴらの甘辛い味つけがぴったり。ご飯が進みそうなおかずです。
出典:

秋といえば「キノコ」が旬! しいたけ、しめじ、まいたけ、エリンギ…淡白な味のキノコ類はきんぴらの甘辛い味つけがぴったり。ご飯が進みそうなおかずです。

さつまいも

「さつまいも」もきんぴらの甘辛い味つけと合う素材。少しアレンジを加えて、バター風味のきんぴらにも挑戦してみてください。大学芋のようにおやつにも食べられそうなきんぴらに変身です。
出典:

「さつまいも」もきんぴらの甘辛い味つけと合う素材。少しアレンジを加えて、バター風味のきんぴらにも挑戦してみてください。大学芋のようにおやつにも食べられそうなきんぴらに変身です。

果物の「柿」をきんぴらに、というと意外かもしれませんが、柿のほのかな甘みは塩味とも合います。野沢菜とのコンビで新感覚のきんぴらをどうぞ。
出典:

果物の「柿」をきんぴらに、というと意外かもしれませんが、柿のほのかな甘みは塩味とも合います。野沢菜とのコンビで新感覚のきんぴらをどうぞ。

〈冬〉の食材で作るきんぴら

小松菜

「小松菜」と油揚げといえば、煮びたしにもよく使われるナイスコンビ。きんぴらとして調理してもやっぱりおいしい安定の組み合わせです。
出典:

「小松菜」と油揚げといえば、煮びたしにもよく使われるナイスコンビ。きんぴらとして調理してもやっぱりおいしい安定の組み合わせです。

切り干し大根

「大根」そのものは水分が多いので、きんぴらにするには少々テクニックがいりますが、切り干し大根なら手軽に調理できます。コリコリした食感がクセになりそう。
出典:

「大根」そのものは水分が多いので、きんぴらにするには少々テクニックがいりますが、切り干し大根なら手軽に調理できます。コリコリした食感がクセになりそう。

かぶ

「かぶ」のきんぴらと言っても、使うのは葉の部分。柿といっしょにゴマ油で炒めて、いつもと一味違うきんぴらをぜひ試してみてください。
出典:

「かぶ」のきんぴらと言っても、使うのは葉の部分。柿といっしょにゴマ油で炒めて、いつもと一味違うきんぴらをぜひ試してみてください。

かぼちゃ

冬野菜といえば、冬至にも食べる「かぼちゃ」。かぼちゃの煮物に飽きたら、きんぴらにしてみては? お酢を使ったさっぱりとした味わいのきんぴらはいかがでしょう。ごまをたっぷりかけていただきます。
出典:

冬野菜といえば、冬至にも食べる「かぼちゃ」。かぼちゃの煮物に飽きたら、きんぴらにしてみては? お酢を使ったさっぱりとした味わいのきんぴらはいかがでしょう。ごまをたっぷりかけていただきます。

いかがでしたか?

素材だけでなく、砂糖としょうゆを使った甘辛い味つけ以外にも、洋風だったり、塩味だったり、カレー風味だったり。いろいろな味つけのきんぴらをご紹介してみました。さらに自分流のアレンジを加えて、新たなきんぴらを生み出してみてください。きっと料理の幅が広がります。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play