1. トップ
  2. グルメ
  3. レシピ
  4. 魚料理
  5. めんどうな下処理なし◎フライパンやトースターで作る「お魚」のお手軽レシピ
めんどうな下処理なし◎フライパンやトースターで作る「お魚」のお手軽レシピ

めんどうな下処理なし◎フライパンやトースターで作る「お魚」のお手軽レシピ

お魚料理は下処理が大変で難しそうだから、どうしても日々の食事が肉料理に偏ってしまっている…という方も多いのではないでしょうか?しかし、魚には、体づくり大切な栄養が含まれているので、日常的にしっかりと摂りたいものです。そこで今回は普段お魚料理に慣れない方でも、美味しく仕上げられるコツや、簡単なレシピをご紹介。ぜひ参考にして、日々の食事に、お魚料理を摂り入れるきっかけにしてくださいね。2020年08月03日作成

カテゴリ:
グルメ
キーワード
レシピ魚料理簡単レシピ焼き魚
お気に入り数452

手軽に作れる「お魚レシピ」を覚えよう!

めんどうな下処理なし◎フライパンやトースターで作る「お魚」のお手軽レシピ
出典:www.instagram.com(@tomita_tadasuke)
下処理が大変、難しそうと避けがちな「魚料理」。献立がお肉に料理に偏ってしまうという方も多いのでは?
健康を保つのに大切な栄養価を含む魚は、バランス良く食べたいものです。

最初から、丸ごとのお魚を買うのではなく、切り身を使って焼くだけ、揚げるだけと簡単なレシピを覚えるのがコツ。簡単な下処理で済むので、扱いやすいですよ。

貴重なたんぱく質源。改めて知りたい「魚」の栄養価

体づくりの基礎となる、アミノ酸のバランスがとれた良質なたんぱく質のほか、骨を強くしてくれるカルシウムがとても豊富です。

また、昔から"魚を食べると頭が良くなる"といわれていますが、よく耳にするDHA(ドコサヘキサエン酸)は脳の機能を向上させるので認知症予防にもなり、EPA(エイコサペンタエン酸)は、血流を良くすることが期待できます。

またタウリンは、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らすといわれいます。さらに、ビタミンも豊富なので、美容を意識したい方にも欠かせない食材なのです。

焼き魚は、「ふり塩」で生臭さを取りましょう

お魚の生臭さが苦手で料理を避けがちという方は多いのではないでしょうか。
生臭さを消すポイントは「ふり塩」。すると、しないのとでは仕上がりの美味しさが違います。
ふり塩をすると、魚から余分な水分と臭みを抜くことができ、身が締まります。
最近では新鮮な魚が出回っているため、白身魚は味付けとして塩をふり、すぐに焼くことが一般的のよう。
比較的臭みの強い青魚は、塩をふってから30~1時間ほど、新鮮であれば10分ほどでOKとするなど、諸説あるようです。

魚から出た水分が身にふれないようにザルにおき、ペーパータオルで拭き取りましょう。

ふり塩の量は?

めんどうな下処理なし◎フライパンやトースターで作る「お魚」のお手軽レシピ
出典:
基本的には魚の重量の2~3%程度の塩を高い位置からムラにならないようにまんべんなく振りましょう。白味魚や切り身は基本的にうす塩が良く、青魚や皮・身が厚いものには強めにするのがいいとされています。

ムニエルや照り焼きにも

ムニエルや照り焼きなどの場合は、ふり塩の量は少し控えめにすることで、旨味を引き出すことができます。

フライパンで簡単【ムニエル編】

ここからは、下処理が必要ない、もしくは簡単な下処理でOK!フライパンやトースターで簡単に作れるお魚レシピをご紹介します。

バターの香りがたまらない「鮭のムニエル」

魚料理が苦手な人でも、ムニエルならフライパンでできるので、作りやすいですよ。おすすめは鮭やタラ、スズキなどです。
鮭の切り身に塩胡椒とともに、小麦粉をふりかけ、バターとオリーブオイルで焼き上げます。仕上げにソースをかけると、味わいも深まり、見栄えも美しくなりますよ。
ママレードを使ったオレンジソースで一気にレストランのように。手間がかかりそうですが、オレンジ果汁やレモン汁など、煮詰めるだけなので簡単です。
出典:

魚料理が苦手な人でも、ムニエルならフライパンでできるので、作りやすいですよ。おすすめは鮭やタラ、スズキなどです。
鮭の切り身に塩胡椒とともに、小麦粉をふりかけ、バターとオリーブオイルで焼き上げます。仕上げにソースをかけると、味わいも深まり、見栄えも美しくなりますよ。
ママレードを使ったオレンジソースで一気にレストランのように。手間がかかりそうですが、オレンジ果汁やレモン汁など、煮詰めるだけなので簡単です。

香味溢れる「カジキのハーブムニエル」

カジキマグロも入手しやすく、お値段もリーズナブルなお魚です。カジキマグロに小麦粉をまぶし、焼き上げ、乾燥ハーブをふりかけるだけでおしゃれな一品になります。ハーブの香りがお魚の匂いを和らげてくれて、お子様もきっと喜ぶはず!
出典:

カジキマグロも入手しやすく、お値段もリーズナブルなお魚です。カジキマグロに小麦粉をまぶし、焼き上げ、乾燥ハーブをふりかけるだけでおしゃれな一品になります。ハーブの香りがお魚の匂いを和らげてくれて、お子様もきっと喜ぶはず!

一味違う味わい!「ブリのムニエル」

煮付けや照り焼きにする印象が強いブリですが、ムニエルにしても美味しくいただけます。臭みが気になるなら、ふり塩することのほか、牛乳で洗うのもおすすめです。身が厚めなので、焼くときは白ワインを加えて蒸し焼きに。いつもと一味違うブリの一皿を楽しんでくださいね。
出典:

煮付けや照り焼きにする印象が強いブリですが、ムニエルにしても美味しくいただけます。臭みが気になるなら、ふり塩することのほか、牛乳で洗うのもおすすめです。身が厚めなので、焼くときは白ワインを加えて蒸し焼きに。いつもと一味違うブリの一皿を楽しんでくださいね。

変化球で楽しもう「カレー風味のたらムニエル」

あっさりとした味わいのタラはムニエルにぴったり。カレー風味を効かせると、ちょっと変化が出て、さらに美味しくいただけますよ。

タラに小麦粉をまぶす際に、カレー粉も一緒にまぶすだけなので、とても簡単です。バターで焼き上げると、カレーの香りがふんわり漂います。
出典:

あっさりとした味わいのタラはムニエルにぴったり。カレー風味を効かせると、ちょっと変化が出て、さらに美味しくいただけますよ。

タラに小麦粉をまぶす際に、カレー粉も一緒にまぶすだけなので、とても簡単です。バターで焼き上げると、カレーの香りがふんわり漂います。

サクサク美味しい【フライのアレンジ】

意外とあっさり「たらのフライハーブマヨソース」

クセがないタラはフライにもぴったり! トンカツなどと同じように、小麦粉、溶き卵、パン粉をつけて170℃の油で揚げるだけ。とても簡単です。バジルを加え、玉ねぎやニンニクも入れて仕上げたハーブマヨソースで、ちょっとおしゃれな一品に。ボリュームもあるので、育ち盛りのお子様のためにもぴったりです。
出典:

クセがないタラはフライにもぴったり! トンカツなどと同じように、小麦粉、溶き卵、パン粉をつけて170℃の油で揚げるだけ。とても簡単です。バジルを加え、玉ねぎやニンニクも入れて仕上げたハーブマヨソースで、ちょっとおしゃれな一品に。ボリュームもあるので、育ち盛りのお子様のためにもぴったりです。

これぞ王道!「アジフライ」

昔ながらの洋食メニューとして、代表的なアジフライ。美味しく仕上げるポイントは、ふり塩して10分くらい置いておくこと。パン粉の衣をつけて揚げる時間も2~3分と短めで、手軽に作ることができます。キャベツと大葉の千切りを添えると、野菜もたっぷり取ることができます。
出典:

昔ながらの洋食メニューとして、代表的なアジフライ。美味しく仕上げるポイントは、ふり塩して10分くらい置いておくこと。パン粉の衣をつけて揚げる時間も2~3分と短めで、手軽に作ることができます。キャベツと大葉の千切りを添えると、野菜もたっぷり取ることができます。

作り方も簡単「しそタルタルソースで味わうイワシフライ」

栄養価も高いイワシはフライにしても美味しくいただけます。塩コショウしたイワシは、小麦粉・卵・水を溶いたバッター液につけて、そのあとパン粉をつけて揚げるだけなので、普通のフライより手順も少なくて楽ですよ。シソ入りのタルタルソースでさっぱりと!
出典:

栄養価も高いイワシはフライにしても美味しくいただけます。塩コショウしたイワシは、小麦粉・卵・水を溶いたバッター液につけて、そのあとパン粉をつけて揚げるだけなので、普通のフライより手順も少なくて楽ですよ。シソ入りのタルタルソースでさっぱりと!

栄養満点!「鯖のフライ」

青魚が苦手な人でも、フライにすれば香ばしくて、パクパクと食べやすくなります。サバは切り身を買えば調理が楽です。パン粉にハーブソルトを混ぜておくのがポイント。オリーブオイルを使い、フライパンで揚げ焼きすると、ヘルシーな仕上がりです。
出典:

青魚が苦手な人でも、フライにすれば香ばしくて、パクパクと食べやすくなります。サバは切り身を買えば調理が楽です。パン粉にハーブソルトを混ぜておくのがポイント。オリーブオイルを使い、フライパンで揚げ焼きすると、ヘルシーな仕上がりです。

意外と簡単【煮付けのアレンジ】

これは押さえておこう!「イワシの生姜煮」

イワシは安価で手に入りやすく、栄養価もとても高いので、ぜひ献立に取り入れてほしい食材。生姜煮にすると臭みも抑えられます。お酒のおつまみにもぴったりです。

少し大きめのイワシを使うのがおすすめ。生姜の千切りも出来るだけ細くすると見栄えも美しくなります。イワシの骨を取る必要がないので、処理も楽チンです。
出典:

イワシは安価で手に入りやすく、栄養価もとても高いので、ぜひ献立に取り入れてほしい食材。生姜煮にすると臭みも抑えられます。お酒のおつまみにもぴったりです。

少し大きめのイワシを使うのがおすすめ。生姜の千切りも出来るだけ細くすると見栄えも美しくなります。イワシの骨を取る必要がないので、処理も楽チンです。

心にしみる「ぶり大根」

定番ともいえる、みんな大好きなぶり大根。味のしみた大根も、ほろっと崩れるぶりもたまらなく美味しい一品です。甘めの味付けなので、お子様もきっと喜ぶはず。ぶりの「あら」を使いますが、生臭さを消すコツは熱湯にくぐらせることです。お酒、砂糖、醤油で煮付けて完成です。
出典:

定番ともいえる、みんな大好きなぶり大根。味のしみた大根も、ほろっと崩れるぶりもたまらなく美味しい一品です。甘めの味付けなので、お子様もきっと喜ぶはず。ぶりの「あら」を使いますが、生臭さを消すコツは熱湯にくぐらせることです。お酒、砂糖、醤油で煮付けて完成です。

簡単なのに豪華見え!「カレイの煮付け」

こちらも定番のカレイの煮付け。ごぼうを入れて炊く事で、風味が加わり美味しさも増します。カレイはウロコやぬめりを洗い流した後、味が染み込みやすいよう切れ目を入れましょう。子持ちカレイを使う場合は、卵だけ取り出して、別に煮ると、煮えムラなく仕上がります。
出典:

こちらも定番のカレイの煮付け。ごぼうを入れて炊く事で、風味が加わり美味しさも増します。カレイはウロコやぬめりを洗い流した後、味が染み込みやすいよう切れ目を入れましょう。子持ちカレイを使う場合は、卵だけ取り出して、別に煮ると、煮えムラなく仕上がります。

ご飯が進む!「銀だらの煮つけ」

銀だらの下処理は、熱湯をかけておくだけなので簡単。煮汁を回しかけながら、10分ほど煮れば完成です。
ホロホロとくずれるあっさりとした白身に、ご飯がすすむ甘じょっぱい煮汁がしみて美味。
出典:

銀だらの下処理は、熱湯をかけておくだけなので簡単。煮汁を回しかけながら、10分ほど煮れば完成です。
ホロホロとくずれるあっさりとした白身に、ご飯がすすむ甘じょっぱい煮汁がしみて美味。

オーブントースターで!【ホイル焼きアレンジレシピ】

オイスターソースを加えた「白身魚と玉ねぎのマヨホイル焼き」

あっさりとした白身魚は、ホイル焼きにぴったりです。アルミホイルに玉ねぎと白身魚をのせて、オイスターソースを混ぜたマヨネーズを入れ、オーブントースターで焼くだけ◎仕上げにブラックペッパーをかけて、風味を加えても。
出典:

あっさりとした白身魚は、ホイル焼きにぴったりです。アルミホイルに玉ねぎと白身魚をのせて、オイスターソースを混ぜたマヨネーズを入れ、オーブントースターで焼くだけ◎仕上げにブラックペッパーをかけて、風味を加えても。

栄養価満点!「鮭のちゃんちゃん風ホイル焼き」

北海道名物のちゃんちゃん焼きも、ホイル焼きなら簡単に再現できます。鮭の切り身に、キャベツや玉ねぎ、しいたけを入れ、味噌を混ぜたタレを加えて焼くだけ!コクがあり、とても美味しくいただけます。野菜もたっぷり入っているので、タンパク質もビタミンも繊維質も取れる、優秀な一品です。
出典:

北海道名物のちゃんちゃん焼きも、ホイル焼きなら簡単に再現できます。鮭の切り身に、キャベツや玉ねぎ、しいたけを入れ、味噌を混ぜたタレを加えて焼くだけ!コクがあり、とても美味しくいただけます。野菜もたっぷり入っているので、タンパク質もビタミンも繊維質も取れる、優秀な一品です。

さっぱりと美味しい「サンマのホイル焼き」

秋になったら真っ先に食べたいサンマ。コンロや網で焼くのは、臭いと汚れが気になるという人におすすめなのが、ホイル焼きです。サンマの脂とゆずのさっぱり感がマッチして、リピートメニューになるはず。
出典:

秋になったら真っ先に食べたいサンマ。コンロや網で焼くのは、臭いと汚れが気になるという人におすすめなのが、ホイル焼きです。サンマの脂とゆずのさっぱり感がマッチして、リピートメニューになるはず。

ゆず風味がたまらない「ブリのホイル焼き」

ホイル焼きにしても、ブリは風味を損なわず、とても美味しくいただくことができます。ポイントは、ブリを下味に漬け込むこと。舞茸やししとう、ゆずを加えて焼くと、彩りもよく、美味しくなります。仕上げに、刻みネギを散らして。
出典:

ホイル焼きにしても、ブリは風味を損なわず、とても美味しくいただくことができます。ポイントは、ブリを下味に漬け込むこと。舞茸やししとう、ゆずを加えて焼くと、彩りもよく、美味しくなります。仕上げに、刻みネギを散らして。

献立に定番に。お魚のお手軽レシピを覚えよう♪

めんどうな下処理なし◎フライパンやトースターで作る「お魚」のお手軽レシピ
出典:
一見ハードルが高そうに感じる魚料理ですが、コツを掴むととても簡単です。最初は、切り身の魚を使うことから始め、徐々に様々なレシピに挑戦していくといいのではないでしょうか。

今回紹介した、ムニエル・フライ・煮付け・ホイル焼きの他にも、焼き魚やお刺身、カルパッチョなど、お魚の調理法は幅広くあります。ぜひ色々、チャレンジしてみてくださいね!

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play