1. トップ
  2. グルメ
  3. 食材
  4. 旬の食材
  5. 寒い季節に旬を迎える野菜は強い!2月が食べごろな「おすすめ旬レシピ」をご紹介
寒い季節に旬を迎える野菜は強い!2月が食べごろな「おすすめ旬レシピ」をご紹介

寒い季節に旬を迎える野菜は強い!2月が食べごろな「おすすめ旬レシピ」をご紹介

厳しい寒さは残っていても、立春を過ぎれば暦の上では春を迎える2月。冬の間にたくさんの栄養を蓄えた野菜の旬であり、ひと足早く春を感じさせる野菜の走りでもあります。そこで今回は、2月に美味しくなる野菜を使ったレシピをたっぷりご紹介。主食から副菜、汁物、パパッとできる箸休めまでいろいろなレシピを集めました。さっそく今夜の献立に、美味しい旬野菜を使った一品をいかがですか?2020年01月29日作成

カテゴリ:
グルメ
キーワード
食材旬の食材アレンジ・リメイクレシピ野菜冬レシピ
お気に入り数757

寒い季節も、旬の野菜で美味しく過ごす

夏の野菜には身体を冷やす効果を持つものが多いように、冬の野菜には身体を温める効果を持つものがたくさんあります。最近ではハウス栽培などで一年を通じて出回る野菜も多いですが、旬の野菜はやっぱり美味しく、栄養も豊富。流通量も増えるので、価格が安くて手に入りやすいのも嬉しいですよね。
出典:www.photo-ac.com

夏の野菜には身体を冷やす効果を持つものが多いように、冬の野菜には身体を温める効果を持つものがたくさんあります。最近ではハウス栽培などで一年を通じて出回る野菜も多いですが、旬の野菜はやっぱり美味しく、栄養も豊富。流通量も増えるので、価格が安くて手に入りやすいのも嬉しいですよね。

2月が食べごろ「おすすめ旬レシピ」

栄養たっぷり「小松菜レシピ」

小松菜はビタミン類やミネラルなどが豊富で、非常に栄養価が高い緑黄色野菜です。皮膚や粘膜の保護・免疫力の向上などに役立つβカロテン、貧血予防効果のある鉄、骨の健康に欠かせないカルシウムにおいては、ほうれん草よりも含有値が高いほど。旬にたくさん食べたい野菜の一つです。
出典:www.photo-ac.com

小松菜はビタミン類やミネラルなどが豊富で、非常に栄養価が高い緑黄色野菜です。皮膚や粘膜の保護・免疫力の向上などに役立つβカロテン、貧血予防効果のある鉄、骨の健康に欠かせないカルシウムにおいては、ほうれん草よりも含有値が高いほど。旬にたくさん食べたい野菜の一つです。

さつまいもと小松菜の味噌汁

小松菜のほろ苦さにさつまいもの甘さがマッチする、ほっこり美味しいお味噌汁。仕上げにすりおろし生姜を加えるのがポイントです。風味をキリッと引き締めてくれますよ。
出典:

小松菜のほろ苦さにさつまいもの甘さがマッチする、ほっこり美味しいお味噌汁。仕上げにすりおろし生姜を加えるのがポイントです。風味をキリッと引き締めてくれますよ。

小松菜と油揚げのきんぴら風

忙しい時にもパパッとできる小松菜の小さなおかずです。
きんぴら風の甘辛い出汁がしみた油揚げと、歯ごたえシャキシャキの小松菜との組み合わせはごはんにぴったり。強火でサッと炒めるのがコツです。
出典:

忙しい時にもパパッとできる小松菜の小さなおかずです。
きんぴら風の甘辛い出汁がしみた油揚げと、歯ごたえシャキシャキの小松菜との組み合わせはごはんにぴったり。強火でサッと炒めるのがコツです。

小松菜と長芋のエスニック炒め

和食に使うことが多い小松菜と長芋を、ナンプラーで仕上げるとエスニックな炒め物になります。ベーコンのおかげで旨味とコクもアップ。小松菜の苦みが苦手な子どもたちもぱくぱく食べられるおかずです。
出典:

和食に使うことが多い小松菜と長芋を、ナンプラーで仕上げるとエスニックな炒め物になります。ベーコンのおかげで旨味とコクもアップ。小松菜の苦みが苦手な子どもたちもぱくぱく食べられるおかずです。

独特の香りがクセになる「春菊レシピ」

春菊の香りはαピネンと呼ばれる成分で、森林浴をした時の香りに含まれる物質と同じなのだそう。自律神経に働きかけて心身をリラックスさせる効果があります。β-カロテンの含有量が非常に多く、カルシウム、鉄、マグネシウム等、骨を丈夫にするミネラルも豊富。咳を鎮めたり、胃腸を整える成分を持つため、漢方では食べる風邪薬とも呼ばれます。
出典:www.photo-ac.com

春菊の香りはαピネンと呼ばれる成分で、森林浴をした時の香りに含まれる物質と同じなのだそう。自律神経に働きかけて心身をリラックスさせる効果があります。β-カロテンの含有量が非常に多く、カルシウム、鉄、マグネシウム等、骨を丈夫にするミネラルも豊富。咳を鎮めたり、胃腸を整える成分を持つため、漢方では食べる風邪薬とも呼ばれます。

春菊とトマトのオイルパスタ ジェノベーゼ風

バジルが定番のジェノベーゼを、春菊で作るパスタレシピ。春菊の独特の風味も、にんにくやオリーブオイル、粉チーズのコクで食べやすく、美味しくなります。ソースはフードプロセッサーで混ぜるだけなのでとっても簡単ですよ♪
出典:

バジルが定番のジェノベーゼを、春菊で作るパスタレシピ。春菊の独特の風味も、にんにくやオリーブオイル、粉チーズのコクで食べやすく、美味しくなります。ソースはフードプロセッサーで混ぜるだけなのでとっても簡単ですよ♪

春菊と豆腐のピリ辛サラダ

春菊は生のままサラダで食べることもできます。  ポン酢にゴマ油とラー油を合わせたドレッシングはピリ辛で、食欲をそそる味わい。ヘルシーな豆腐と、歯ごたえのアクセントにもなるクルミとの組み合わせで栄養も満点です。
出典:

春菊は生のままサラダで食べることもできます。 ポン酢にゴマ油とラー油を合わせたドレッシングはピリ辛で、食欲をそそる味わい。ヘルシーな豆腐と、歯ごたえのアクセントにもなるクルミとの組み合わせで栄養も満点です。

シャキシャキの歯触りも楽しい「水菜レシピ」

冬の鍋物にもよく使われる水菜は、ほっそりとした見た目に反してさまざまな栄養を豊富に含む緑黄色野菜です。風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があるビタミンCのほか、カロテンやカリウム、カルシウム、ミネラルであるマグネシウムや鉄、リン等、幅広い栄養素を蓄えています。
出典:www.photo-ac.com

冬の鍋物にもよく使われる水菜は、ほっそりとした見た目に反してさまざまな栄養を豊富に含む緑黄色野菜です。風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があるビタミンCのほか、カロテンやカリウム、カルシウム、ミネラルであるマグネシウムや鉄、リン等、幅広い栄養素を蓄えています。

水菜のゆずこしょう和え

時間がない!でも何とかあと一品欲しい!という時におすすめしたいお助けレシピ。食べやすく切った水菜にお酒少々を振ってレンジにかけ、ゆずこしょうと和えるだけです。ピリッとした爽やかな辛みが箸休めにもぴったりですよ。
出典:

時間がない!でも何とかあと一品欲しい!という時におすすめしたいお助けレシピ。食べやすく切った水菜にお酒少々を振ってレンジにかけ、ゆずこしょうと和えるだけです。ピリッとした爽やかな辛みが箸休めにもぴったりですよ。

豚肉と水菜のはりはり巻

鍋物やサラダで人気の水菜ですが、おひたしや炒め物にしても美味しく、さまざまな食べ方で水菜ならではの食感を楽しめます。こちらはポン酢とにんにくの風味で仕上げる豚肉巻き。ごはんがすすむしっかり味のおかずです。
出典:

鍋物やサラダで人気の水菜ですが、おひたしや炒め物にしても美味しく、さまざまな食べ方で水菜ならではの食感を楽しめます。こちらはポン酢とにんにくの風味で仕上げる豚肉巻き。ごはんがすすむしっかり味のおかずです。

たっぷり野菜あんかけの揚げ出し豆腐

寒い日の献立には、あつあつのあんかけが嬉しいですよね。こちらの揚げ出し豆腐は、きのこや野菜をたくさん入れたあんでいただきます。仕上げには白髪ネギと一緒に、パリッとした生の水菜をたっぷりトッピングしましょう。
出典:

寒い日の献立には、あつあつのあんかけが嬉しいですよね。こちらの揚げ出し豆腐は、きのこや野菜をたくさん入れたあんでいただきます。仕上げには白髪ネギと一緒に、パリッとした生の水菜をたっぷりトッピングしましょう。

冬に美味しい万能野菜「キャベツレシピ」

2月は寒さの中で甘みを蓄えた冬キャベツの旬ですが、水分が多く柔らかい春キャベツも出回り始めます。ちなみに冬キャベツと春キャベツは別の品種で、春だから葉が柔らかいわけではないのだそう。胃の粘膜を再生・強化するビタミンU(キャベジン)は、その名の通りキャベツから発見された栄養素です。その他ビタミンC、血液の凝固促進や骨の形成に役立つビタミンKなどを多く含んでいます。
出典:www.photo-ac.com

2月は寒さの中で甘みを蓄えた冬キャベツの旬ですが、水分が多く柔らかい春キャベツも出回り始めます。ちなみに冬キャベツと春キャベツは別の品種で、春だから葉が柔らかいわけではないのだそう。胃の粘膜を再生・強化するビタミンU(キャベジン)は、その名の通りキャベツから発見された栄養素です。その他ビタミンC、血液の凝固促進や骨の形成に役立つビタミンKなどを多く含んでいます。

チキンとキャベツのチーズ蒸し

甘辛く炒めたキャベツ&鶏もも肉と、とろ〜りチーズの組み合わせが美味しい一品。蒸したキャベツはさらに甘みが増して、モリモリ食べられます。
出典:

甘辛く炒めたキャベツ&鶏もも肉と、とろ〜りチーズの組み合わせが美味しい一品。蒸したキャベツはさらに甘みが増して、モリモリ食べられます。

ベーコンオイルのキャベツサラダ

生のキャベツも、オイル・塩気・酸味のバランスが絶妙なサラダならついつい箸がのびてしまいます。にんにくと一緒にこんがり炒めたベーコンを混ぜ合わせたキャベツは、時間が経つと塩が回ってほどよくしっとり。アクセントのネギもいい仕事をしてくれます。
出典:

生のキャベツも、オイル・塩気・酸味のバランスが絶妙なサラダならついつい箸がのびてしまいます。にんにくと一緒にこんがり炒めたベーコンを混ぜ合わせたキャベツは、時間が経つと塩が回ってほどよくしっとり。アクセントのネギもいい仕事をしてくれます。

キャベツと厚揚げの炒め物

味噌味の炒め物は、白いごはんがどんどん進んでしまう魔法のおかず。ピリッとした唐辛子と生姜の風味がますます食欲をそそります。キャベツは芯の部分まで使ってじっくり時間をかけて火を通しましょう。甘みが引き立ち、さらに美味しく仕上がります。さらに厚揚げを豚ばら肉に変えると、男子も喜ぶ食べ応えに◎。
出典:

味噌味の炒め物は、白いごはんがどんどん進んでしまう魔法のおかず。ピリッとした唐辛子と生姜の風味がますます食欲をそそります。キャベツは芯の部分まで使ってじっくり時間をかけて火を通しましょう。甘みが引き立ち、さらに美味しく仕上がります。さらに厚揚げを豚ばら肉に変えると、男子も喜ぶ食べ応えに◎。

旬ならではの甘みも凝縮!「白菜レシピ」

野菜売場では一年中見かける白菜ですが、夏白菜は4月~10月、冬白菜は11月~2月が旬。甘みがあるのは冬白菜です。
ほとんどが水分で、食物繊維のほかはカリウムやカルシウムなどのミネラル、ビタミンC、さまざまなアミノ酸などが含まれています。
出典:www.photo-ac.com

野菜売場では一年中見かける白菜ですが、夏白菜は4月~10月、冬白菜は11月~2月が旬。甘みがあるのは冬白菜です。
ほとんどが水分で、食物繊維のほかはカリウムやカルシウムなどのミネラル、ビタミンC、さまざまなアミノ酸などが含まれています。

豆乳仕立てのロール白菜

キャベツを白菜に代えて作るロール白菜は、煮込んで柔らかくなったジュージーな食感も魅力です。スープの味付けはコンソメ味やトマト味など家庭によっていろいろですが、こちらは豆乳仕立てのクリーム味。中のタネには鶏ひき肉と豆腐を使った、とってもヘルシーな一皿です。
出典:

キャベツを白菜に代えて作るロール白菜は、煮込んで柔らかくなったジュージーな食感も魅力です。スープの味付けはコンソメ味やトマト味など家庭によっていろいろですが、こちらは豆乳仕立てのクリーム味。中のタネには鶏ひき肉と豆腐を使った、とってもヘルシーな一皿です。

じゃがいも生地で白菜のお好み焼き

キャベツの代わりに白菜で作るお好み焼きはとろりとした食感がとっても美味しいのですが、こちらのレシピではじゃがいもを使ってモチモチ感もプラス。ベーコンの旨味も加わり、いつもとはひと味違う仕上がりになります。
出典:

キャベツの代わりに白菜で作るお好み焼きはとろりとした食感がとっても美味しいのですが、こちらのレシピではじゃがいもを使ってモチモチ感もプラス。ベーコンの旨味も加わり、いつもとはひと味違う仕上がりになります。

タラと白菜のおろし煮

たっぷりの大根おろしでタラと白菜を煮込む、優しい味わいのおかずです。ゴマ油の風味や仕上げの七味唐辛子が食欲アップのアクセント。白ごはんにかけて丼にしても美味しそうですね。
出典:

たっぷりの大根おろしでタラと白菜を煮込む、優しい味わいのおかずです。ゴマ油の風味や仕上げの七味唐辛子が食欲アップのアクセント。白ごはんにかけて丼にしても美味しそうですね。

ひと足早い春を知らせる「菜の花レシピ」

菜の花に含まれる豊富なβカロテンは、粘膜、皮膚、髪などの健康を守り、視力の維持に役立ちます。また、カルシウムやマグネシウム、カリウム、鉄などのミネラル、ビタミンB群の含有量も多く、栄養価の高い野菜です。
出典:www.photo-ac.com

菜の花に含まれる豊富なβカロテンは、粘膜、皮膚、髪などの健康を守り、視力の維持に役立ちます。また、カルシウムやマグネシウム、カリウム、鉄などのミネラル、ビタミンB群の含有量も多く、栄養価の高い野菜です。

菜の花とじゃが芋のごまサラダ

あたたかい季節が近付いたことを感じさせる菜の花は、やっぱり春らしい彩りの副菜に仕立てたくなりますよね。じゃがいもとゆで卵を使った明るい色合いのサラダを、練りごまのドレッシングでいただくレシピがこちら。スナップえんどうやアスパラを加えても綺麗です。
出典:

あたたかい季節が近付いたことを感じさせる菜の花は、やっぱり春らしい彩りの副菜に仕立てたくなりますよね。じゃがいもとゆで卵を使った明るい色合いのサラダを、練りごまのドレッシングでいただくレシピがこちら。スナップえんどうやアスパラを加えても綺麗です。

菜の花の白和え

定番の白和えも、ひとつひとつの準備に丁寧に手間をかけるとぐっと美味しくなります。菜の花を茹でる時は、硬めの茎と火が通りやすい芽の部分を切り分け、茎→芽の順に湯に放ちましょう。お豆腐は泡立て器を使ってフワフワに。菜の花のほろ苦さをお豆腐が優しく包む、上品な白和えです。
出典:

定番の白和えも、ひとつひとつの準備に丁寧に手間をかけるとぐっと美味しくなります。菜の花を茹でる時は、硬めの茎と火が通りやすい芽の部分を切り分け、茎→芽の順に湯に放ちましょう。お豆腐は泡立て器を使ってフワフワに。菜の花のほろ苦さをお豆腐が優しく包む、上品な白和えです。

ビタミンCで風邪予防!「ブロッコリーレシピ」

ブロッコリーはビタミンCが非常に豊富なことで知られており、その含有量はみかんやレモンを凌ぐほどです。加熱しても壊れにくいビタミンCなので、疲労回復やかぜの予防、老化防止に効果的。そのほか、ビタミンEやビタミンK、βカロテン、葉酸も多く含まれています。
出典:www.photo-ac.com

ブロッコリーはビタミンCが非常に豊富なことで知られており、その含有量はみかんやレモンを凌ぐほどです。加熱しても壊れにくいビタミンCなので、疲労回復やかぜの予防、老化防止に効果的。そのほか、ビタミンEやビタミンK、βカロテン、葉酸も多く含まれています。

かにかまブロッコリー 豆腐クリームコロッケ

柔らかい生地を作って一旦冷やして…という手間を思うと、家で作るのは少し面倒なクリームコロッケ。でも、ブロッコリーや豆腐も入ったヘルシーなこちらのレシピなら、手を汚すこともなく手軽に作れます。おうちでアツアツのクリームコロッケが食べられたら、やっぱり嬉しいですよね。
出典:

柔らかい生地を作って一旦冷やして…という手間を思うと、家で作るのは少し面倒なクリームコロッケ。でも、ブロッコリーや豆腐も入ったヘルシーなこちらのレシピなら、手を汚すこともなく手軽に作れます。おうちでアツアツのクリームコロッケが食べられたら、やっぱり嬉しいですよね。

ブロッコリーの豆乳ポタージュ

ブロッコリーが苦手な子どもたちには、ポタージュにするのがおすすめ。味にクセがなく、とろりとした優しい舌触りで美味しく食べられます。牛乳の代わりに豆乳を使えば良質なたんぱく質も摂取でき、ブロッコリーのビタミンCと共に美肌づくりにも役立ちますよ♪
出典:

ブロッコリーが苦手な子どもたちには、ポタージュにするのがおすすめ。味にクセがなく、とろりとした優しい舌触りで美味しく食べられます。牛乳の代わりに豆乳を使えば良質なたんぱく質も摂取でき、ブロッコリーのビタミンCと共に美肌づくりにも役立ちますよ♪

味が染みしみ「大根レシピ」

大根は、根の部分は淡色野菜、葉の部分は緑黄色野菜に分類されます。根に含まれるデンプン分解酵素のジアスターゼは消化を助け、胃もたれや胸やけなどに効果的。またすりおろすことで生成される辛味成分には発がん抑制作用や抗菌作用があるとされます。葉には多くのβ-カロテンのほかビタミンC、E、カリウム、カルシウムが含まれるので、葉付き大根が手に入ったら美味しく食べ切りたいですね。
出典:

大根は、根の部分は淡色野菜、葉の部分は緑黄色野菜に分類されます。根に含まれるデンプン分解酵素のジアスターゼは消化を助け、胃もたれや胸やけなどに効果的。またすりおろすことで生成される辛味成分には発がん抑制作用や抗菌作用があるとされます。葉には多くのβ-カロテンのほかビタミンC、E、カリウム、カルシウムが含まれるので、葉付き大根が手に入ったら美味しく食べ切りたいですね。

大根おろしたっぷり雪見鍋

旬の時期には余らせがちな大根を、美味しく大量消費できるのが雪見鍋。大根のすり下ろしには少々体力が要りますが、その甲斐はある滋味深さです。豚肉や鶏肉など具材は何でも合いますし、こちらのレシピのように魚介類をメインもにしても旨味たっぷりの鍋になります。
出典:

旬の時期には余らせがちな大根を、美味しく大量消費できるのが雪見鍋。大根のすり下ろしには少々体力が要りますが、その甲斐はある滋味深さです。豚肉や鶏肉など具材は何でも合いますし、こちらのレシピのように魚介類をメインもにしても旨味たっぷりの鍋になります。

カリッカリ・ツナ大根餅

大根おろしを使ったレシピをもうひとつ。外はカリカリで香ばしく、中はモチモチの食感が楽しめる大根餅です。中に入れる具はネギやツナのほか、干しえびも合います。酢醤油に豆板醤を添えれば、ピリ辛のおつまみとしてもおすすめ◎。
出典:

大根おろしを使ったレシピをもうひとつ。外はカリカリで香ばしく、中はモチモチの食感が楽しめる大根餅です。中に入れる具はネギやツナのほか、干しえびも合います。酢醤油に豆板醤を添えれば、ピリ辛のおつまみとしてもおすすめ◎。

豚バラ大根

ごはんが進む大根のおかずといえば、やっぱり豚バラ大根は外せませんよね。キリッと生姜をきかせ、豚バラの旨味がしっかりしみた大根は絶品。仕上げの薬味は黒胡椒のほか、一味唐辛子や柚子も合うそうですよ♪
出典:

ごはんが進む大根のおかずといえば、やっぱり豚バラ大根は外せませんよね。キリッと生姜をきかせ、豚バラの旨味がしっかりしみた大根は絶品。仕上げの薬味は黒胡椒のほか、一味唐辛子や柚子も合うそうですよ♪

ほっこり優しい「かぶレシピ」

かぶの根の部分に含まれる消化酵素のアミラーゼはデンプンの消化酵素で、胃もたれや胸やけの解消、整腸効果などが期待できます。また葉の部分は大根同様、緑黄色野菜。β-カロテン、ビタミンCのほか、カルシウムやカリウムも豊富に含みます。根の部分より葉の方に多くの栄養がある野菜です。
出典:www.photo-ac.com

かぶの根の部分に含まれる消化酵素のアミラーゼはデンプンの消化酵素で、胃もたれや胸やけの解消、整腸効果などが期待できます。また葉の部分は大根同様、緑黄色野菜。β-カロテン、ビタミンCのほか、カルシウムやカリウムも豊富に含みます。根の部分より葉の方に多くの栄養がある野菜です。

ツナ塩昆布 de かぶの無限サラダ

甘みを蓄えた冬のかぶは、生で食べてもジューシーでとっても美味。塩揉みした薄切りのかぶをツナと塩昆布で和えるだけの簡単サラダなら、あっという間にできちゃいます。
出典:

甘みを蓄えた冬のかぶは、生で食べてもジューシーでとっても美味。塩揉みした薄切りのかぶをツナと塩昆布で和えるだけの簡単サラダなら、あっという間にできちゃいます。

カブのおろしご飯

かぶは葉の部分に特に豊富な栄養を含んでいるので、ぜひ捨てずに使い切りましょう。刻んで茹でた葉を混ぜたごはんは彩りも綺麗ですね。根の部分はすりおろし、かつおダシの素と一緒に炊き込みます。かぶを丸ごと使う、美味しくてヘルシーな節約レシピです。
出典:

かぶは葉の部分に特に豊富な栄養を含んでいるので、ぜひ捨てずに使い切りましょう。刻んで茹でた葉を混ぜたごはんは彩りも綺麗ですね。根の部分はすりおろし、かつおダシの素と一緒に炊き込みます。かぶを丸ごと使う、美味しくてヘルシーな節約レシピです。

サクサクもっちり「蓮根レシピ」

秋口に収穫される蓮根に比べ、冬物の蓮根は粘りが強く甘みが増します。疲労回復に役立つビタミンCが非常に豊富な上、粘りの元になっているムチンという成分が喉の粘膜を保護してくれるため、昔から咳止めや風邪予防にも重宝されてきました。また、切り口が茶色く変色するのはアクに含まれるポリフェノール類によるもの。抗炎症作用や胃粘膜の修復などの効果が期待できます。
出典:www.photo-ac.com

秋口に収穫される蓮根に比べ、冬物の蓮根は粘りが強く甘みが増します。疲労回復に役立つビタミンCが非常に豊富な上、粘りの元になっているムチンという成分が喉の粘膜を保護してくれるため、昔から咳止めや風邪予防にも重宝されてきました。また、切り口が茶色く変色するのはアクに含まれるポリフェノール類によるもの。抗炎症作用や胃粘膜の修復などの効果が期待できます。

蓮根のコチュマヨ炒め

あと一品欲しい時、簡単にささっとできる小さなおかずです。マヨネーズのコクとコチュジャンの辛み、蜂蜜の甘みのバランスがポイント。おつまみにも重宝します。
出典:

あと一品欲しい時、簡単にささっとできる小さなおかずです。マヨネーズのコクとコチュジャンの辛み、蜂蜜の甘みのバランスがポイント。おつまみにも重宝します。

しゃきしゃきれんこんのチーズつくね

蓮根とひき肉を合わせて甘辛く味付けしたつくね風のレシピは、蓮根料理の中でも定番のひとつ。刻んだ蓮根の歯ごたえも楽しいおかずです。チーズをプラスすることでボリュームも出て、満足感もアップしますよ。
出典:

蓮根とひき肉を合わせて甘辛く味付けしたつくね風のレシピは、蓮根料理の中でも定番のひとつ。刻んだ蓮根の歯ごたえも楽しいおかずです。チーズをプラスすることでボリュームも出て、満足感もアップしますよ。

レンコンとエリンギのサラダ

薄くスライスして揚げた蓮根は、パリパリした食感と香ばしさがやみつきになる美味しさです。そのままおやつとして食べたいくらいですが、イタリアンドレッシングを使ったさっぱりサラダにトッピングしても相性は抜群。バターでソテーしたコリコリのエリンギや、シャッキリ瑞々しい水菜との食感のコラボも楽しめます。
出典:

薄くスライスして揚げた蓮根は、パリパリした食感と香ばしさがやみつきになる美味しさです。そのままおやつとして食べたいくらいですが、イタリアンドレッシングを使ったさっぱりサラダにトッピングしても相性は抜群。バターでソテーしたコリコリのエリンギや、シャッキリ瑞々しい水菜との食感のコラボも楽しめます。

食べ方いろいろ。美味しい旬野菜に元気をもらおう

旬の野菜は手に入りやすい分、特売でつい多めに買い込んだり、貰い物が重なったりして持て余してしまうこともあります。でも2月は冬の野菜がまだまだ美味しい時期。いつもの煮物や炒め物に飽きたら、すり下ろして汁物に使ったり、刻んで混ぜごはんに加えるなど、新しいレシピを探してみませんか?栄養満点の旬の野菜をぜひ美味しく食べ切って、元気に春本番を迎えましょう。
出典:www.photo-ac.com

旬の野菜は手に入りやすい分、特売でつい多めに買い込んだり、貰い物が重なったりして持て余してしまうこともあります。でも2月は冬の野菜がまだまだ美味しい時期。いつもの煮物や炒め物に飽きたら、すり下ろして汁物に使ったり、刻んで混ぜごはんに加えるなど、新しいレシピを探してみませんか?栄養満点の旬の野菜をぜひ美味しく食べ切って、元気に春本番を迎えましょう。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play