暑くても、食が進む!夏の献立におすすめ「さっぱりレシピ」のヒント

暑くても、食が進む!夏の献立におすすめ「さっぱりレシピ」のヒント

食欲の落ちやすいこの季節、さっぱりした味が欲しくなりますね。そこで今回は、梅干し・お酢・薬味やハーブ・ヨーグルト・柑橘類などのさっぱり食材を、いつものメニューにプラスしたり、他の調味料の代わりにするレシピをご紹介。それぞれのカテゴリごとに、野菜・肉・魚介・麺類などのアレンジレシピをまとめますので、夏の献立の参考にしてみてください。 2019年08月06日作成

カテゴリ:
グルメ
キーワード:
レシピ
季節レシピ
夏レシピ
夏バテ対策・解消
薬味
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1778

さっぱり味プラスで、夏向きの料理に!

暑くても、食が進む!夏の献立におすすめ「さっぱりレシピ」のヒント
出典:
食欲の落ちやすいこの季節、さっぱりした味が欲しくなりますね。梅干し・お酢・ハーブや薬味・大根おろし・ヨーグルト・柑橘類…いつものメニューにちょっと加えるだけで、さっぱりした味わいになりますよ。今回は、暑くても食が進む、夏の献立におすすめのレシピをご紹介します。

「梅干し」でさっぱりレシピ

朝食やお弁当にもぴったりの小松菜の梅おかか和え

小松菜のおかか和えに梅を入れることで、さっぱりした酸味が加わります。時短で作れるので、朝食やお弁当にもおすすめ。緑に赤が映えて、彩りのバランスもよくなります。
出典:

小松菜のおかか和えに梅を入れることで、さっぱりした酸味が加わります。時短で作れるので、朝食やお弁当にもおすすめ。緑に赤が映えて、彩りのバランスもよくなります。

鶏むね肉の梅しそ焼き

酸味のある梅とあっさりとした鶏胸肉を使ったメインおかず。胸肉は、塩と砂糖をもみ込むことで柔らかになるそう。お弁当にもぴったりです。
出典:

酸味のある梅とあっさりとした鶏胸肉を使ったメインおかず。胸肉は、塩と砂糖をもみ込むことで柔らかになるそう。お弁当にもぴったりです。

夏向きの梅風味しょうが焼き

人気のスタミナ料理、しょうが焼き。ちょっと重いなと感じるときは、このレシピのように梅を入れてみるのもいいアイデア。思わず食が進みます。ここではチューブを使っていますが、もちろん梅干しでOK。
出典:

人気のスタミナ料理、しょうが焼き。ちょっと重いなと感じるときは、このレシピのように梅を入れてみるのもいいアイデア。思わず食が進みます。ここではチューブを使っていますが、もちろん梅干しでOK。

サクッと食べられる梅ソースの白身魚のフライ

揚げ物に梅ソースを合わせるのもいいですね。マヨネーズだと濃厚すぎると感じる方も多い季節。梅入りにすることで、揚げ物もサクッと楽しむことができそうです。
出典:

揚げ物に梅ソースを合わせるのもいいですね。マヨネーズだと濃厚すぎると感じる方も多い季節。梅入りにすることで、揚げ物もサクッと楽しむことができそうです。

梅干しの炊き込みごはん

白いごはんが進まないときは、梅を加えた炊き込みごはんはいかがでしょうか?殺菌作用があるといわれる梅干しは、夏のお弁当にもおすすめです。
出典:

白いごはんが進まないときは、梅を加えた炊き込みごはんはいかがでしょうか?殺菌作用があるといわれる梅干しは、夏のお弁当にもおすすめです。

濃厚だけどさっぱり味わえる!梅入りごまダレそうめん

練りごまを使った濃厚なタレに、梅干しを加えることでさっぱりとしたあと味に。食欲のないときにも、つるつるっといただけます。梅干しやごまの栄養が摂れるのもうれしいですね。
出典:

練りごまを使った濃厚なタレに、梅干しを加えることでさっぱりとしたあと味に。食欲のないときにも、つるつるっといただけます。梅干しやごまの栄養が摂れるのもうれしいですね。

「お酢」でさっぱりレシピ

いつもの納豆をお酢入りで

いつもの食品や料理にお酢を加えるのも、さっぱり感を増すいい方法。こちらは、朝食に欠かせない納豆。お酢を入れるとこで、ふわふわになり、タレがなくてもおいしい。酸味もそれほどきつくなく、まろやかです。
出典:

いつもの食品や料理にお酢を加えるのも、さっぱり感を増すいい方法。こちらは、朝食に欠かせない納豆。お酢を入れるとこで、ふわふわになり、タレがなくてもおいしい。酸味もそれほどきつくなく、まろやかです。

夏にうれしい揚げナスの酢和え

揚げナスをさっぱり食べたいときにおすすめの酢和え。お酢を使った調味液がナスにしみて、ごちそう副菜になります。お酢の栄養が摂れるのもメリット。丼物にしてもいいかも。
出典:

揚げナスをさっぱり食べたいときにおすすめの酢和え。お酢を使った調味液がナスにしみて、ごちそう副菜になります。お酢の栄養が摂れるのもメリット。丼物にしてもいいかも。

意外と簡単にできるアジの酢じめ

アジの刺身もおいしいですが、酢じめにするのもおすすめ。意外と簡単にできて、サバよりも失敗が少ないそうですよ。夏の上質なおかずやおつまみとして、作り方を覚えておくのもよさそうですね。
出典:

アジの刺身もおいしいですが、酢じめにするのもおすすめ。意外と簡単にできて、サバよりも失敗が少ないそうですよ。夏の上質なおかずやおつまみとして、作り方を覚えておくのもよさそうですね。

鶏手羽元のさっぱり煮

お酢・醤油・砂糖を1:1:1の割合で煮込むだけの簡単レシピ。煮物にお酢を加えることでさっぱりするだけでなく、お肉が柔らかくなる効果も期待できます。お好みで、しょうがやにんにくを加えたり、煮汁で煮卵を作ってトッピングするのもおすすめです。
出典:

お酢・醤油・砂糖を1:1:1の割合で煮込むだけの簡単レシピ。煮物にお酢を加えることでさっぱりするだけでなく、お肉が柔らかくなる効果も期待できます。お好みで、しょうがやにんにくを加えたり、煮汁で煮卵を作ってトッピングするのもおすすめです。

ポン酢で!鮭のたまねぎ煮込み

鮭の煮込みおかずは、ポン酢を加えてあっさり食べやすく。こちらのレシピではみじん切りの玉ねぎを炒めていますが、すりおろしてたれと一緒に加えると、さっぱり感を後押ししてくれそうです。
出典:

鮭の煮込みおかずは、ポン酢を加えてあっさり食べやすく。こちらのレシピではみじん切りの玉ねぎを炒めていますが、すりおろしてたれと一緒に加えると、さっぱり感を後押ししてくれそうです。

たたききゅうりの冷麺風そうめん

麺つゆでいただく素麺が定番ですが、お酢を加えて零面風に。たたききゅうりやキムチをのせてピリ辛に。ごま油やラー油を仕上げにかけるのもおすすめです。
出典:

麺つゆでいただく素麺が定番ですが、お酢を加えて零面風に。たたききゅうりやキムチをのせてピリ辛に。ごま油やラー油を仕上げにかけるのもおすすめです。

「薬味・ハーブ」でさっぱりレシピ

~薬味~

「合わせ薬味」があると便利!

ねぎ・大葉・みょうが・しょうがを刻んで混ぜ合わせた「合わせ薬味」を常備しておくと便利です。刺身に冷奴のトッピングや、油っぽい肉料理と一緒に食べるとさっぱり。
出典:

ねぎ・大葉・みょうが・しょうがを刻んで混ぜ合わせた「合わせ薬味」を常備しておくと便利です。刺身に冷奴のトッピングや、油っぽい肉料理と一緒に食べるとさっぱり。

山形の郷土料理だし

みょうが・大葉・しょうがの薬味類と細かく刻んだ夏野菜を合わせた山形名物の「だし」。食欲がない日も、白いごはんにかけてもりもり食べられそうです。
出典:

みょうが・大葉・しょうがの薬味類と細かく刻んだ夏野菜を合わせた山形名物の「だし」。食欲がない日も、白いごはんにかけてもりもり食べられそうです。

大葉が香るねぎ味噌ハンバーグ

みんなが大好きなハンバーグを大葉入りでさっぱり風味にアレンジ。一口サイズに作ってお弁当のおかずにしてもいいですね。
出典:

みんなが大好きなハンバーグを大葉入りでさっぱり風味にアレンジ。一口サイズに作ってお弁当のおかずにしてもいいですね。

薬味たっぷりの夏チヂミ

ねぎ・大葉・みょうがの3つの薬味をたっぷり使ったチチミは、夏のおつまみにもぴったり。多めのごま油でカリッと香ばしく焼きましょう。
出典:

ねぎ・大葉・みょうがの3つの薬味をたっぷり使ったチチミは、夏のおつまみにもぴったり。多めのごま油でカリッと香ばしく焼きましょう。

鯵の開きとたっぷり薬味の混ぜごはん

大葉とみょうがの薬味に加え、カリカリ梅とすし酢のトリプル効果で食欲をアップの鯵の混ぜごはんレシピ。彩りもよく、ごちそう感もありますね。
出典:

大葉とみょうがの薬味に加え、カリカリ梅とすし酢のトリプル効果で食欲をアップの鯵の混ぜごはんレシピ。彩りもよく、ごちそう感もありますね。

~ハーブ~

いろいろ使える「ハーブバター」

バターにフレッシュハーブや香辛料を混ぜ込んだ「ハーブバター」は、パンに塗ったり、ソテーの仕上げやパスタなど大活躍!
出典:

バターにフレッシュハーブや香辛料を混ぜ込んだ「ハーブバター」は、パンに塗ったり、ソテーの仕上げやパスタなど大活躍!

ハーブたっぷり♪爽やか魚介のマリネ

フレッシュハーブをたっぷり使った魚介のマリネは、冷蔵庫で冷やして、バゲットやワインと一緒に召し上がれ♪
出典:

フレッシュハーブをたっぷり使った魚介のマリネは、冷蔵庫で冷やして、バゲットやワインと一緒に召し上がれ♪

カジキのソテー フレッシュハーブのミルクソース添え

シンプルなお魚のソテーも、ハーブソースで爽やかにアップデート!あっさりとしたカジキとハーブソースがベストマッチです。
出典:

シンプルなお魚のソテーも、ハーブソースで爽やかにアップデート!あっさりとしたカジキとハーブソースがベストマッチです。

香りに癒されるハーブ入りの簡単・時短オムレツ

洋朝食に欠かせないオムレツにハーブを入れるのも素敵。ここではドライタイムを使い、オムレツ用のルクエでレンジにかけていますが、ほかのフレッシュハーブを使ってもOK。爽やかな香りと風味がたまりません。
出典:

洋朝食に欠かせないオムレツにハーブを入れるのも素敵。ここではドライタイムを使い、オムレツ用のルクエでレンジにかけていますが、ほかのフレッシュハーブを使ってもOK。爽やかな香りと風味がたまりません。

イタリアンパセリの洋風スティックおにぎり

ハーブ・オリーブの実とオイルを使った洋風のおしゃれなスティックおにぎり。ベーコンのコクとハーブの爽やかな後味を楽しんで。
出典:

ハーブ・オリーブの実とオイルを使った洋風のおしゃれなスティックおにぎり。ベーコンのコクとハーブの爽やかな後味を楽しんで。

「大根おろし」でさっぱりレシピ

彩夏野菜のみぞれ揚げ浸し

夏の定番おかず揚げ浸し。カラフルな夏野菜をたっぷり使って、大根おろしを加えてさっぱりと。冷やして食べるとよりおいしくいただけます。
出典:

夏の定番おかず揚げ浸し。カラフルな夏野菜をたっぷり使って、大根おろしを加えてさっぱりと。冷やして食べるとよりおいしくいただけます。

さっぱりコクうま!から揚げのみぞれあんかけ

ボリュームのあるこってりとしたから揚げも、みぞれあんをかけることで、さっぱりと食べられます。大根おろしをそのまま添えてもいいかも。
出典:

ボリュームのあるこってりとしたから揚げも、みぞれあんをかけることで、さっぱりと食べられます。大根おろしをそのまま添えてもいいかも。

豚おくら巻き*梅みぞれ

旬のオクラを豚肉巻きに。脂の多い豚バラも、梅みぞれソースでさっぱり。大根おろしは、水気を軽く切るのがポイントです。
出典:

旬のオクラを豚肉巻きに。脂の多い豚バラも、梅みぞれソースでさっぱり。大根おろしは、水気を軽く切るのがポイントです。

サバとキュウリのみぞれ和え

塩サバ・大根・きゅうり、3つの材料で簡単に作れるみぞれ和えのレシピ。あっさりと食べられ、冷酒のお供にもよさそうです。
出典:

塩サバ・大根・きゅうり、3つの材料で簡単に作れるみぞれ和えのレシピ。あっさりと食べられ、冷酒のお供にもよさそうです。

マグロとアボカドのサッパリおろし丼

表面を焼いたマグロの刺身とアボカドの丼に、大根おろしをのせてさっぱりと。ごはんも酢めしにすることで、食が進みます。
出典:

表面を焼いたマグロの刺身とアボカドの丼に、大根おろしをのせてさっぱりと。ごはんも酢めしにすることで、食が進みます。

レンコンと大根のみぞれ雑炊

みぞれ雑炊は、夏バテ気味のときにおすすめのメニューです。しょうが・ねぎ・大根と体に優しい食材ばかり。おろしを加えてからは、あまり火を通し過ぎないのがポイントです。
出典:

みぞれ雑炊は、夏バテ気味のときにおすすめのメニューです。しょうが・ねぎ・大根と体に優しい食材ばかり。おろしを加えてからは、あまり火を通し過ぎないのがポイントです。

大根おろし入りのホワイトソースでドリア

夏のオーブン料理は…という方におすすめなのが、ホワイトソースに大根おろしを加えるアイデア。そのほか、昆布茶や昆布の佃煮など和風の素材で統一感を持たせています。
出典:

夏のオーブン料理は…という方におすすめなのが、ホワイトソースに大根おろしを加えるアイデア。そのほか、昆布茶や昆布の佃煮など和風の素材で統一感を持たせています。

「ヨーグルト」でさっぱりレシピ

爽やかな酸味のヨーグルトドレッシング

オイル類を使わないヨーグルトベースの爽やかなドレッシング。ほんのり甘くて、野菜がどんどん食べられます。ヨーグルトや味噌などの栄養が摂れるのもうれしいですね。
出典:

オイル類を使わないヨーグルトベースの爽やかなドレッシング。ほんのり甘くて、野菜がどんどん食べられます。ヨーグルトや味噌などの栄養が摂れるのもうれしいですね。

マヨネーズ+ヨーグルトでさっぱりポテトサラダ

おなじみのポテトサラダを、マヨネーズだけでなく、ヨーグルトをプラスして仕上げることでさっぱりした口当たりに。定番料理は、季節によって味を変えるのもいいですね。りんごの酸味とサクサク感も爽やかさを感じさせます。
出典:

おなじみのポテトサラダを、マヨネーズだけでなく、ヨーグルトをプラスして仕上げることでさっぱりした口当たりに。定番料理は、季節によって味を変えるのもいいですね。りんごの酸味とサクサク感も爽やかさを感じさせます。

ヨーグルト&えごまタルタルのチキン南蛮

マヨネーズの代わりにヨーグルトとえごま油を使ったヘルシー・タルタルを、少なめの油で揚げ焼きしたチキンにかけて。暑い季節のスタミナ食におすすめです。
出典:

マヨネーズの代わりにヨーグルトとえごま油を使ったヘルシー・タルタルを、少なめの油で揚げ焼きしたチキンにかけて。暑い季節のスタミナ食におすすめです。

水切りヨーグルトでタルティーヌ

バターなどを使わず、水切りヨーグルトをぬったタルティーヌは、爽やかな味わいです。スモークサーモンやグリルしたズッキーニで彩りを添えて。
出典:

バターなどを使わず、水切りヨーグルトをぬったタルティーヌは、爽やかな味わいです。スモークサーモンやグリルしたズッキーニで彩りを添えて。

「柑橘」でさっぱりレシピ

上品なかぼすの香りのさつま芋煮

さつま芋の甘煮に、かぼすをほんのり香らせて。柔らかな酸味が自然な甘さと調和します。かぼすは半分はいちょう切り、もう半分は皮をすりおろして使っています。
出典:

さつま芋の甘煮に、かぼすをほんのり香らせて。柔らかな酸味が自然な甘さと調和します。かぼすは半分はいちょう切り、もう半分は皮をすりおろして使っています。

里芋とつくねの塩すだち煮

鶏つくねと里芋の煮物を、塩とかぼすであっさりと仕上げています。冷たいままでもおいしく食べられそうです。
出典:

鶏つくねと里芋の煮物を、塩とかぼすであっさりと仕上げています。冷たいままでもおいしく食べられそうです。

フルーティなオレンジのキーマカレー

フレッシュなオレンジをまること1個加えたキーマカレー。コクとともにフルーティな爽やかさが感じられる夏向きの味。ルウを使用せず、カレー粉を使ったレシピです。
出典:

フレッシュなオレンジをまること1個加えたキーマカレー。コクとともにフルーティな爽やかさが感じられる夏向きの味。ルウを使用せず、カレー粉を使ったレシピです。

すだちのさっぱり素麺

夏の定番“素麺”も、すだちの輪切りとみょうがをたっぷりのせてさっぱりと。爽やかな風味で、つるっとお箸が進みます。
出典:

夏の定番“素麺”も、すだちの輪切りとみょうがをたっぷりのせてさっぱりと。爽やかな風味で、つるっとお箸が進みます。

おしゃれで爽やか風味のレモンクリームパスタ

クリームパスタにレモンを加えるのも、おすすめの爽やかテクニック。レモンの皮のすりおろしも使いますので、有機栽培など安心なものを選ぶといいですね。
出典:

クリームパスタにレモンを加えるのも、おすすめの爽やかテクニック。レモンの皮のすりおろしも使いますので、有機栽培など安心なものを選ぶといいですね。

海老とセロリの塩レモン焼きそば

ソース味の焼きそばは少し重たい…そんなときは、白だしや塩、レモンでさっぱり味に仕上げましょう。パパッと作れて、夏のランチにもぴったりです。
出典:

ソース味の焼きそばは少し重たい…そんなときは、白だしや塩、レモンでさっぱり味に仕上げましょう。パパッと作れて、夏のランチにもぴったりです。

さっぱり食材をプラスして、すっきりした夏の味に!

暑くても、食が進む!夏の献立におすすめ「さっぱりレシピ」のヒント
出典:
梅干しやお酢、薬味、大根おろし、ヨーグルト、柑橘など身近な素材を使って、いつものお料理を季節に合うさっぱり味に。食欲が落ちる夏を元気に乗り切りましょう。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play