お菓子作り1年生へ贈る、これだけは覚えてスタート!その2・基本の材料のこと、作り方のコツ

お菓子作り1年生へ贈る、これだけは覚えてスタート!その2・基本の材料のこと、作り方のコツ

かわいらしいクッキーの型など、お気に入りのものを見つけてはお菓子作りの道具集めをコツコツ。すこしずつ道具が揃ったら、お菓子作りに挑戦したくなってきますよね。そこで今回は"お菓子作り1年生へ贈る"シリーズ第2弾です!お菓子作りの"基本の材料"や、材料を扱うちょっとした"コツ"などをご紹介します。材料の扱い方やポイントをおさえることで、出来上がりにもグッと差がつきます。クリスマスやバレンタインなど、イベント目白押しのこれからの季節に、手作りのお菓子をふるまったりプレゼントできるといいですね。 2017年11月02日作成

カテゴリ:
グルメ
キーワード:
お菓子・スイーツ
お菓子作り
スイーツレシピ
手作りお菓子・スイーツ
基本の作り方
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
388

お菓子作りの前に、マスターしておきましょう!

甘い香りがココロまで癒してくれそうなお菓子たち。
上手に作るにはちょっとしたコツが必要なんです。
お菓子作りのその1では、お菓子作りの道具についてご紹介しました。
雑貨屋さんなどで見かける可愛らしいお菓子の焼き型は、集めて飾っているだけでもほっこりしますよね。でも、せっかく集めた道具はやっぱりお菓子作りに使ってこそ!ですよね。
出典:unsplash.com

お菓子作りのその1では、お菓子作りの道具についてご紹介しました。
雑貨屋さんなどで見かける可愛らしいお菓子の焼き型は、集めて飾っているだけでもほっこりしますよね。でも、せっかく集めた道具はやっぱりお菓子作りに使ってこそ!ですよね。

そこで今回は続編、その2"材料と作り方のコツ"についてご紹介していきます。

「お菓子作りって難しそう」なんて印象を抱いている方もいるかもしれませんが、お菓子作りの成功の要(かなめ)ともいえるポイントをおさえておけば完成度はグンとUPします。小麦粉やたまごなどの材料や、オーブンなどの扱い方をしっかりマスターすることでお菓子作りもきっと楽しくなるはずです。
出典:www.flickr.com(@Beth)

そこで今回は続編、その2"材料と作り方のコツ"についてご紹介していきます。

「お菓子作りって難しそう」なんて印象を抱いている方もいるかもしれませんが、お菓子作りの成功の要(かなめ)ともいえるポイントをおさえておけば完成度はグンとUPします。小麦粉やたまごなどの材料や、オーブンなどの扱い方をしっかりマスターすることでお菓子作りもきっと楽しくなるはずです。

お気に入りのお菓子作りの道具たちもきっと大活躍してくれますね。

お菓子作りの時にお菓子を焼くいい香りが広がって、なんだかワクワクしてきます。
出来上がったら、好きな音楽をBGMに流して、お茶と一緒にゆっくり味わって。

上手にできたら、嬉しい気持ちと一緒に誰かにおすそ分けするのもいいですね。
出典:unsplash.com

お気に入りのお菓子作りの道具たちもきっと大活躍してくれますね。

お菓子作りの時にお菓子を焼くいい香りが広がって、なんだかワクワクしてきます。
出来上がったら、好きな音楽をBGMに流して、お茶と一緒にゆっくり味わって。

上手にできたら、嬉しい気持ちと一緒に誰かにおすそ分けするのもいいですね。

~お菓子作りの基本の材料とその選び方~

お菓子作り1年生へ贈る、これだけは覚えてスタート!その2・基本の材料のこと、作り方のコツ
出典:unsplash.com
お菓子作りの基本はしっかりと計量すること。
プラス、材料を選ぶ際に覚えておきたいことやちょっとしたコツをご紹介します。

小麦粉

小麦粉には大きく分けて"薄力粉"と"強力粉"の2種類があります。お菓子作りには"薄力粉"を使い、強力粉は主にパン作りなどに使われます。

使うときは、粉をふるいにかけてダマをなくしておきましょう。
出典:

小麦粉には大きく分けて"薄力粉"と"強力粉"の2種類があります。お菓子作りには"薄力粉"を使い、強力粉は主にパン作りなどに使われます。

使うときは、粉をふるいにかけてダマをなくしておきましょう。

バター

バターは無塩バターを使いましょう。無塩バターはお菓子の風味を損ねることなくバター本来の風味をプラスしてくれますよ。また、植物性のビーガンバターなどでも作ることができ、味はあっさりとした仕上がりになります。自分で作ることもできるのでナチュラル派の人は下記も参考にしてみてください。
出典:www.flickr.com(@Veganbaking.net)

バターは無塩バターを使いましょう。無塩バターはお菓子の風味を損ねることなくバター本来の風味をプラスしてくれますよ。また、植物性のビーガンバターなどでも作ることができ、味はあっさりとした仕上がりになります。自分で作ることもできるのでナチュラル派の人は下記も参考にしてみてください。

ケーキに使うバターは常温に戻してから下ごしらえ開始。泡立て器などで白っぽくなるまで充分に混ぜましょう。
出典:

ケーキに使うバターは常温に戻してから下ごしらえ開始。泡立て器などで白っぽくなるまで充分に混ぜましょう。

砂糖

お菓子に使う砂糖はグラニュー糖や粉砂糖が一般的。一方、料理にはよりコクのある上白糖を使います。上白糖はグラニュー糖より高い吸湿性があるため、しっとり仕上げたいカステラなどの和菓子を作るのにも向いています。逆に、ビスケットやスポンジケーキなど軽い仕上がりにしたい焼き菓子にはグラニュー糖を。 また、上白糖は焦げやすい性質があるため、濃い焼き色をつけたくないお菓子作りにはグラニュー糖を選ぶと失敗しません。
出典:

お菓子に使う砂糖はグラニュー糖や粉砂糖が一般的。一方、料理にはよりコクのある上白糖を使います。上白糖はグラニュー糖より高い吸湿性があるため、しっとり仕上げたいカステラなどの和菓子を作るのにも向いています。逆に、ビスケットやスポンジケーキなど軽い仕上がりにしたい焼き菓子にはグラニュー糖を。 また、上白糖は焦げやすい性質があるため、濃い焼き色をつけたくないお菓子作りにはグラニュー糖を選ぶと失敗しません。

通常のグラニュー糖よりも粒子が細かい"細目グラニュー糖"なら冷たいものにも溶けやすく、仕上がりのざらつきを防いでくれるので初心者さんでも扱いやすくおすすめです。また、焼き菓子などのコクを出したい時にはカソナード、まろやかな甘みを出したいときは、きび糖、和三盆を使ってみて。
出典:

通常のグラニュー糖よりも粒子が細かい"細目グラニュー糖"なら冷たいものにも溶けやすく、仕上がりのざらつきを防いでくれるので初心者さんでも扱いやすくおすすめです。また、焼き菓子などのコクを出したい時にはカソナード、まろやかな甘みを出したいときは、きび糖、和三盆を使ってみて。

砂糖はデコレーションの一つとしても使われています。粉砂糖を茶こしなどでポンポンとふるうと雰囲気のある仕上がりに。ココアパウダーなどで色付けしてもきれいですね。
出典:www.instagram.com(@happyriechan)

砂糖はデコレーションの一つとしても使われています。粉砂糖を茶こしなどでポンポンとふるうと雰囲気のある仕上がりに。ココアパウダーなどで色付けしてもきれいですね。

卵白

卵白は泡立てたものを"メレンゲ"といいます。メレンゲはシフォンケーキなど、ふんわりとした焼き上がりを出したい時に使います。

作ったメレンゲに小麦粉などを混ぜる時は、ふんわり感をつぶさないようにしながらさっくりと切るように混ぜましょう。なかなか角が立つほど固くならない時は、氷水にボールをひたしながら泡立てると早めに仕上がって時短になりますよ。
出典:www.flickr.com(@Veganbaking.net)

卵白は泡立てたものを"メレンゲ"といいます。メレンゲはシフォンケーキなど、ふんわりとした焼き上がりを出したい時に使います。

作ったメレンゲに小麦粉などを混ぜる時は、ふんわり感をつぶさないようにしながらさっくりと切るように混ぜましょう。なかなか角が立つほど固くならない時は、氷水にボールをひたしながら泡立てると早めに仕上がって時短になりますよ。

卵黄

生地に卵を混ぜ入れる時は、あらかじめといておきスプーンなどで少しずつ入れながら混ぜていきましょう。
一度に入れると分離してダマのもとになってしまいます。
出典:

生地に卵を混ぜ入れる時は、あらかじめといておきスプーンなどで少しずつ入れながら混ぜていきましょう。
一度に入れると分離してダマのもとになってしまいます。

卵黄はパイの艶出しにも使われています。
パイを焼く前に溶いた卵黄をハケで塗って焼き上げると、香ばしくて美味しそうな艶が出ますよ。
出典:

卵黄はパイの艶出しにも使われています。
パイを焼く前に溶いた卵黄をハケで塗って焼き上げると、香ばしくて美味しそうな艶が出ますよ。

生クリーム

お菓子のデコレーションで王道なのが生乳から作られるこっくりとした生クリーム。生クリームのほかにも、植物性の原料で作られたホイップクリームもあります。生クリームよりもさっぱりとした風味で、乳化剤や安定剤などが含まれいているため生クリームより日持ちするのですが、ナチュラル派さんはやはり生クリームを選びたいところ。

メレンゲ作りと同様に、氷水でボールを冷やしながら泡立てると固いクリームがいつもより早く完成しますよ。
出典:www.flickr.com(@S G)

お菓子のデコレーションで王道なのが生乳から作られるこっくりとした生クリーム。生クリームのほかにも、植物性の原料で作られたホイップクリームもあります。生クリームよりもさっぱりとした風味で、乳化剤や安定剤などが含まれいているため生クリームより日持ちするのですが、ナチュラル派さんはやはり生クリームを選びたいところ。

メレンゲ作りと同様に、氷水でボールを冷やしながら泡立てると固いクリームがいつもより早く完成しますよ。

ケーキ全体にコーティングしても絞って飾りつけしても、見映えよく仕上がってくれる生クリームは、シナモンやココアを混ぜて泡立てたり、ジャムを一緒にトッピングしても美味しく仕上がるので試してみて下さいね。
出典:unsplash.com

ケーキ全体にコーティングしても絞って飾りつけしても、見映えよく仕上がってくれる生クリームは、シナモンやココアを混ぜて泡立てたり、ジャムを一緒にトッピングしても美味しく仕上がるので試してみて下さいね。

~知っておくと便利!素材を生かすお菓子作りの知恵袋~

材料の温度

お菓子作りをするときには、必要な材料は室温に戻しておきます。材料に温度差があるとうまく混ざらなかったり、分離やダマの原因になることがあります。

バターは指で押すとすぐつぶれる程度、卵は触ってみて冷たさを感じない程度が目安です。小麦粉などを冷蔵庫で管理している人は、忘れずに一緒に常温に戻しておくようにしましょう。
出典:unsplash.com

お菓子作りをするときには、必要な材料は室温に戻しておきます。材料に温度差があるとうまく混ざらなかったり、分離やダマの原因になることがあります。

バターは指で押すとすぐつぶれる程度、卵は触ってみて冷たさを感じない程度が目安です。小麦粉などを冷蔵庫で管理している人は、忘れずに一緒に常温に戻しておくようにしましょう。

湯せん

生地に混ぜたり、トッピングするときにバターやチョコレートなどを溶かすときには湯せんをします。直火で溶かすと焦げ付いたり風味がかわってしまうこともあるのです。

ボールや鍋に熱湯を注ぎ、その上に材料を入れたボールを浮かべてゆっくり混ぜ溶かしていきます。
出典:www.flickr.com(@Veganbaking.net)

生地に混ぜたり、トッピングするときにバターやチョコレートなどを溶かすときには湯せんをします。直火で溶かすと焦げ付いたり風味がかわってしまうこともあるのです。

ボールや鍋に熱湯を注ぎ、その上に材料を入れたボールを浮かべてゆっくり混ぜ溶かしていきます。

~メカが苦手でも大丈夫!お菓子を焼く時のコツ~

持っているオーブンやトースターのクセを知って、
仲良くなることでお菓子作りの腕が上がるかも!
オーブンやトースターにも特性があります。例えば、配置する場所によってお菓子の焼け方が違ったり。

お家にある調理器具の個性を知ることも大切です。工夫した配置をしたり、早く焼けるところを先に取り出すことで失敗を未然に防ぐことができますよ。
出典:www.flickr.com(@Minh Quテ「n Tr蘯ァn)

オーブンやトースターにも特性があります。例えば、配置する場所によってお菓子の焼け方が違ったり。

お家にある調理器具の個性を知ることも大切です。工夫した配置をしたり、早く焼けるところを先に取り出すことで失敗を未然に防ぐことができますよ。

オーブン

レシピを見ると"オーブンを○○度に予熱して"とありますよね。予熱の温度は、トレーを出し入れするときにオーブン内の温度が下がってしまうため、記載よりも少しだけ高めに設定しておくのがポイント。
出典:www.flickr.com(@Veganbaking.net)

レシピを見ると"オーブンを○○度に予熱して"とありますよね。予熱の温度は、トレーを出し入れするときにオーブン内の温度が下がってしまうため、記載よりも少しだけ高めに設定しておくのがポイント。

トースター

ビスコッティやクッキーなど簡単な焼き菓子ならトースターでも作ることができます。トースターもあらかじめ予熱しておくときれいに焼きあがります。付属のトレーにアルミホイルを敷いて使うと、あと片付けもラクですよ。
出典:www.flickr.com(@Tatsuo Yamashita)

ビスコッティやクッキーなど簡単な焼き菓子ならトースターでも作ることができます。トースターもあらかじめ予熱しておくときれいに焼きあがります。付属のトレーにアルミホイルを敷いて使うと、あと片付けもラクですよ。

トッピングでバリエーション広がる!

歯ごたえや風味にアクセントをつけてくれる、可愛い味方!
トッピングでデコレートしたらもっと美味しくなりそう♪
同じクッキーやケーキもトッピングをかえるだけでバリエーションが楽しめます。

スライスしたアーモンドやナッツで歯ごたえにメリハリをつけたり、オレンジピールやジャムで味にアクセントをつけたり。また、リキュールをプラスして、ちょっぴり贅沢な大人スイーツに仕上げてもおしゃれですね。
出典:unsplash.com

同じクッキーやケーキもトッピングをかえるだけでバリエーションが楽しめます。

スライスしたアーモンドやナッツで歯ごたえにメリハリをつけたり、オレンジピールやジャムで味にアクセントをつけたり。また、リキュールをプラスして、ちょっぴり贅沢な大人スイーツに仕上げてもおしゃれですね。

お絵かきのようにかわいらしいクッキーをつくるアイシングもおすすめです。アイシングは、卵白と粉砂糖を泡立てて食用色素で色をつけて作ります。
出典:

お絵かきのようにかわいらしいクッキーをつくるアイシングもおすすめです。アイシングは、卵白と粉砂糖を泡立てて食用色素で色をつけて作ります。

もらってうれしい、食べておいしい「ハロウィンクッキー」 | minne mag.(ミンネマグ)
アイシングデコレーション、詳しくはこちらからどうぞ。
生地を作る時点で、小麦粉にココアパウダーや抹茶などを一緒に混ぜて焼き上げてもGOOD。固めの生地のクッキーやケーキならあえてざっくり混ぜて焼くとマーブル状に仕上がりますよ。
出典:unsplash.com

生地を作る時点で、小麦粉にココアパウダーや抹茶などを一緒に混ぜて焼き上げてもGOOD。固めの生地のクッキーやケーキならあえてざっくり混ぜて焼くとマーブル状に仕上がりますよ。

いかがでしたか?

お気に入りのお菓子の道具で作った、自分だけのオリジナルのお菓子。コツをマスターして美味しいお菓子をいろいろ作ってみて下さいね。

出来上がったら喜びもひとしおで、とても愛おしく感じそうです。

次回の"お菓子作り1年生へ贈る、これだけは覚えてスタート!"は、"その3・基本のお菓子レシピとラッピング"をご紹介します。お楽しみに♪
出典:www.flickr.com(@Kamil Kaczor)

お気に入りのお菓子の道具で作った、自分だけのオリジナルのお菓子。コツをマスターして美味しいお菓子をいろいろ作ってみて下さいね。

出来上がったら喜びもひとしおで、とても愛おしく感じそうです。

次回の"お菓子作り1年生へ贈る、これだけは覚えてスタート!"は、"その3・基本のお菓子レシピとラッピング"をご紹介します。お楽しみに♪

<参考サイト>

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play