おうちでまったり海外旅行♪本場気分が味わえる「欧風レシピ」集合

おうちでまったり海外旅行♪本場気分が味わえる「欧風レシピ」集合

街歩きや美術館巡りなど、楽しいこと盛りだくさんの海外旅行ですが、一番の醍醐味は「美味しいものを食べること」ではないでしょうか?この記事では、身近な材料で再現できる本場風レシピを厳選しました。レシピと共に楽しめる、食の豆知識も合わせてご紹介。なかなか旅行に行けなくても、おうちでのんびりしながら、外国のレストランで食事しているような、ちょっぴり特別な気分を味わってみてはいかがでしょう?2021年06月16日作成

カテゴリ:
グルメ
キーワード
世界の料理おうち時間レシピ北欧ヨーロッパ
お気に入り数522
おうちでまったり海外旅行♪本場気分が味わえる「欧風レシピ」集合
出典:unsplash.com
海外旅行の醍醐味といえば、やはりその国ならではの「美味しいものを食べること」ではないでしょうか?なかなか海外旅行に行けなくても、おうちで外国のレストラン気分を楽しめる、そんなレシピを集めました。

今日は「北欧」に行ってみましょう*

おうちでまったり海外旅行♪本場気分が味わえる「欧風レシピ」集合
出典:unsplash.com
スウェーデンには、「ちょうど良いものはご馳走と同じ」という諺があるのだそう。冬の時期が長い北欧では、質素でも豊かな気持ちで暮らせる工夫がたくさん。とびっきり豪華なお料理は少ないけれど、温かい気持ちになれるレシピが多いのが特徴です。

「北欧料理」レシピ集

ブルサンとサーモンのスモーブロー

スモーブローとは、デンマーク名物のオープンサンド。魚介類が豊富な北欧では、スモークサーモンやニシンの酢漬けが人気の具材なのだそう。こちらは日本でも簡単に手に入る、サーモンのお刺身を使ったレシピ。お皿に載せて、ナイフとフォークでいただきます。
出典:

スモーブローとは、デンマーク名物のオープンサンド。魚介類が豊富な北欧では、スモークサーモンやニシンの酢漬けが人気の具材なのだそう。こちらは日本でも簡単に手に入る、サーモンのお刺身を使ったレシピ。お皿に載せて、ナイフとフォークでいただきます。

ハッセルバックポテト

スウェーデン発祥のお料理ハッセルバックポテトは、その見た目からアコーディオンポテトとも呼ばれています。見た目の美しさもさることながら、どなたでも美味しいと感じそうなクセのない味が特徴です。
出典:

スウェーデン発祥のお料理ハッセルバックポテトは、その見た目からアコーディオンポテトとも呼ばれています。見た目の美しさもさることながら、どなたでも美味しいと感じそうなクセのない味が特徴です。

ロヒケイット- 鮭とじゃがいもの北欧風スープ

フィンランドのごちそうスープのロヒケイット。お野菜と鮭の旨味が溶け出したスープは、最後の一滴まで美味しくいただけそう。
出典:

フィンランドのごちそうスープのロヒケイット。お野菜と鮭の旨味が溶け出したスープは、最後の一滴まで美味しくいただけそう。

【おまけ】北欧のちょっぴり美味しい習慣

スウェーデンには、「フィーカ(Fika)」と呼ばれる、午前10時の休憩時間かあるんですよ。大人も子どもも関係なく、美味しい飲み物とおやつの休憩を取ります。この休憩タイムには、コーヒーとスウェーデン風シナモンロール「カネールブッレ」を合わせる人が多いのだとか。
出典:unsplash.com

スウェーデンには、「フィーカ(Fika)」と呼ばれる、午前10時の休憩時間かあるんですよ。大人も子どもも関係なく、美味しい飲み物とおやつの休憩を取ります。この休憩タイムには、コーヒーとスウェーデン風シナモンロール「カネールブッレ」を合わせる人が多いのだとか。

今日は「スペイン」に行ってみましょう*

おうちでまったり海外旅行♪本場気分が味わえる「欧風レシピ」集合
出典:unsplash.com
1日の食事が3回以上という人や、お昼寝(シエスタ)をする人が多いスペインでは、夕食は大皿のお料理よりも、軽くつまめるタパスが定番。おうちパーティーで喜ばれそうなレシピが多いのも、特徴です。

「スペイン料理」レシピ集

エビのアヒージョ

メインの具材がエビだけのアヒージョは、本場スペインでも定番のレシピ。エビのお出汁が入ったオリーブオイルを捨てるなんてもったいない!と、食べ終わった後にパンを浸す人も多いそう。
出典:

メインの具材がエビだけのアヒージョは、本場スペインでも定番のレシピ。エビのお出汁が入ったオリーブオイルを捨てるなんてもったいない!と、食べ終わった後にパンを浸す人も多いそう。

エビのアヒージョ by Junya | レシピサイト Nadia | ナディア
詳しいレシピはこちらからご覧ください。

トルティージャ-ブロッコリーの厚焼きオムレツ

余ったお野菜も美味しくいただけるトルティージャは、お財布にも優しいレシピ。こちらのレシピはブロッコリーを芯まで使っています。写真のようにピンチョスにしても綺麗。
出典:

余ったお野菜も美味しくいただけるトルティージャは、お財布にも優しいレシピ。こちらのレシピはブロッコリーを芯まで使っています。写真のようにピンチョスにしても綺麗。

フラメンカエッグのパンタパス

スペイン南部の郷土料理のフラメンカエッグは、「華やかな見た目がフラメンコダンサーのよう」というのが名前の由来です。オーブンでグラタンのように焼くのが一般的ですが、食べやすくパンタパスにしたレシピをご紹介。
出典:

スペイン南部の郷土料理のフラメンカエッグは、「華やかな見た目がフラメンコダンサーのよう」というのが名前の由来です。オーブンでグラタンのように焼くのが一般的ですが、食べやすくパンタパスにしたレシピをご紹介。

【おまけ】スペインのちょっぴり美味しい習慣

スペインの飲み会では、バルを何軒も梯子しながら、タパスやピンチョスを摘まむ人が多いのだそう。カウンターに並んだピンチョスをお客さんが自分で持ってきて、最後はピンチョスの櫛の数でお会計という、バルのスタッフにも優しいスタイルが定番。
出典:unsplash.com

スペインの飲み会では、バルを何軒も梯子しながら、タパスやピンチョスを摘まむ人が多いのだそう。カウンターに並んだピンチョスをお客さんが自分で持ってきて、最後はピンチョスの櫛の数でお会計という、バルのスタッフにも優しいスタイルが定番。

今日は「イタリア」に行ってみましょう*

おうちでまったり海外旅行♪本場気分が味わえる「欧風レシピ」集合
出典:unsplash.com
南北に長いイタリアは、地域によって文化が異なるため、郷土料理も多いのが特徴。ひとくくりにイタリア料理と呼んでしまいますが、そのような呼び方をしないと考えている人も多いそう。同じお料理でも、ローマ風、ナポリ風、ミラノ風など、地域によって食材や調理法が異なることも。

「イタリア料理」レシピ集

バーニャカウダ

バーニャカウダはイタリアの北部、ピエモンテ州の郷土料理。本場では、「フォイョ」という陶器の小鍋にソースを入れて、下からキャンドルの炎で熱し、そこにお野菜をディップしていただきます。
出典:

バーニャカウダはイタリアの北部、ピエモンテ州の郷土料理。本場では、「フォイョ」という陶器の小鍋にソースを入れて、下からキャンドルの炎で熱し、そこにお野菜をディップしていただきます。

簡単本格ボロネーゼ

正式名称は「ラグー・アッラ・ボロネーゼ」で、ボローニャの伝統料理。どんな種類のパスタを使っても美味しくいただけるのですが、本場では平打ちパスタ「タリアテッレ」以外はボロネーゼではないと言われているそう。……とはいえ、こちらのレシピでは、日本のご家庭でも本場に近い味を再現できます。
出典:

正式名称は「ラグー・アッラ・ボロネーゼ」で、ボローニャの伝統料理。どんな種類のパスタを使っても美味しくいただけるのですが、本場では平打ちパスタ「タリアテッレ」以外はボロネーゼではないと言われているそう。……とはいえ、こちらのレシピでは、日本のご家庭でも本場に近い味を再現できます。

鯛のアクアパッツァ

魚介類をトマトとオリーブオイルと一緒に煮込んだアクアパッツァは、ナポリの郷土料理。豪華で凝った見た目ですが、失敗なく作れるという嬉しいレシピです。
出典:

魚介類をトマトとオリーブオイルと一緒に煮込んだアクアパッツァは、ナポリの郷土料理。豪華で凝った見た目ですが、失敗なく作れるという嬉しいレシピです。

【おまけ】イタリアのちょっぴり美味しい習慣

美味しいワインが簡単に安く手に入るイタリアですが、食後のコーヒーも欠かせません。小さなカップで、濃いエスプレッソをくいっと飲み干します。薄いコーヒーを邪道と言うイタリア人も。食へのこだわりが強い人が多いからこそ、美味しい食べ物がたくさんあるのかもしれませんね。
出典:unsplash.com

美味しいワインが簡単に安く手に入るイタリアですが、食後のコーヒーも欠かせません。小さなカップで、濃いエスプレッソをくいっと飲み干します。薄いコーヒーを邪道と言うイタリア人も。食へのこだわりが強い人が多いからこそ、美味しい食べ物がたくさんあるのかもしれませんね。

今日は「フランス」に行ってみましょう*

おうちでまったり海外旅行♪本場気分が味わえる「欧風レシピ」集合
出典:unsplash.com
フランスの食文化は、ユネスコの無形文化遺産にも登録されています。その歴史は長く、14世紀のレシピ本にも「とり肉のシナモンソース」のような、お洒落で美味しそうなレシピが載っているそうです。後のルイ14世、その後のナポレオンの時代にさらに洗練され、現在の名声を築きました。

「フランス料理」レシピ集

生くるみとパインのキャロットラペ

お洒落なキャロットラぺですが、ニンジンがあればささっと作ることができます。色どりも鮮やかで、テーブルに並んでいるだけで気分が踊ります。
出典:

お洒落なキャロットラぺですが、ニンジンがあればささっと作ることができます。色どりも鮮やかで、テーブルに並んでいるだけで気分が踊ります。

時短オニオングラタンスープ

フランスの家庭料理のオニオングラタンスープ。玉ねぎを飴色になるまで炒めて…と、なんだか手間のかかるイメージですが、こちらはなんと10分で完成する時短レシピ。おうちで、パリの裏通りのレストランの味を楽しめます。
出典:

フランスの家庭料理のオニオングラタンスープ。玉ねぎを飴色になるまで炒めて…と、なんだか手間のかかるイメージですが、こちらはなんと10分で完成する時短レシピ。おうちで、パリの裏通りのレストランの味を楽しめます。

鶏むね肉のクネルとキャベツのミルク煮

クネルは白身魚や鶏肉のすり身をオーブンで焼いた、メインディッシュとして親しまれているお料理。ふわふわ食感のクネルにソースが絡んで、クセになるお味です。本場ではお米といただくことが多く、日本人にとっても馴染みやすいのが特徴。
出典:

クネルは白身魚や鶏肉のすり身をオーブンで焼いた、メインディッシュとして親しまれているお料理。ふわふわ食感のクネルにソースが絡んで、クセになるお味です。本場ではお米といただくことが多く、日本人にとっても馴染みやすいのが特徴。

【おまけ】フランスのちょっぴり美味しい習慣

食だけではなくワイン大国でもあるフランスでは、食事の際のワインは必須ともいえます。本場では、前菜用、メイン用、デザート用のように、お料理とワインとコンビネーションを考え、1回の食事の間に異なるワインを飲むことも。簡単には真似できませんが、おうちでフランス料理を味わう日には、ちょっぴり特別なワインを用意しても良いですね。
出典:unsplash.com

食だけではなくワイン大国でもあるフランスでは、食事の際のワインは必須ともいえます。本場では、前菜用、メイン用、デザート用のように、お料理とワインとコンビネーションを考え、1回の食事の間に異なるワインを飲むことも。簡単には真似できませんが、おうちでフランス料理を味わう日には、ちょっぴり特別なワインを用意しても良いですね。

今日は「イギリス」に行ってみましょう*

おうちでまったり海外旅行♪本場気分が味わえる「欧風レシピ」集合
出典:unsplash.com
フィッシュ&チップス以外のお料理は何かあるの?と、思われがちなイギリスですが、一般家庭でも大きなオーブンがあるためロースト料理が定番。お肉もお野菜も全てワンプレートに盛りつけ、豪快にソースをかけていただきます。

「イギリス料理」レシピ集

カリフラワーチーズグラタン

イギリスでは「カリフラワーチーズ」と呼ばれている、カリフラワーのグラタン。メイン料理のような存在感ですが、取り分けて、ロースト料理の副菜として添えられることが一般的。
出典:

イギリスでは「カリフラワーチーズ」と呼ばれている、カリフラワーのグラタン。メイン料理のような存在感ですが、取り分けて、ロースト料理の副菜として添えられることが一般的。

ローストビーフ~ブルーベリーソース添え~

今日のローストは、チキン?ポーク?それともビーフ?と、週末の食事の選択肢に上がることの多いローストビーフ。こちらのレシピのように冷やしても、温かいままでも美味しくいただけます。
出典:

今日のローストは、チキン?ポーク?それともビーフ?と、週末の食事の選択肢に上がることの多いローストビーフ。こちらのレシピのように冷やしても、温かいままでも美味しくいただけます。

ヨークシャープティング&オニオン・グレイビー

ヨークシャー発祥ですが、イングランド全土で人気のヨークシャープティング。プティングという名称ですが甘くなく、グレイビーソースをかけて、ロースト料理の横に添えるのが一般的。こちらのレシピでは、オニオングレイビーソースも紹介されているので、一緒に作ってみるのがおすすめです。
出典:

ヨークシャー発祥ですが、イングランド全土で人気のヨークシャープティング。プティングという名称ですが甘くなく、グレイビーソースをかけて、ロースト料理の横に添えるのが一般的。こちらのレシピでは、オニオングレイビーソースも紹介されているので、一緒に作ってみるのがおすすめです。

ヨークシャープティング&ローストお料理の素敵な盛り付け例

本場のヨークシャープティングのレシピはさることながら、イギリス流ローストお料理の盛り付けには、こちらの写真を参考に。
出典:

本場のヨークシャープティングのレシピはさることながら、イギリス流ローストお料理の盛り付けには、こちらの写真を参考に。

ヨークシャー・プディング by ミササカナさん | レシピブログ
詳しいレシピはこちらからご覧ください。

【おまけ】イギリスのちょっぴり美味しい習慣

イギリスには「サンデーロースト」と呼ばれる習慣があり、日曜日の午後に家族や友人と、おうちでゆっくりロースト料理を楽しみます。なんでもない週末なのに、いただくお料理はクリスマスさながら。ランチタイムに始めたのに、ディナータイムが過ぎてもまだお喋り…なんていうことも珍しくありません。
出典:unsplash.com

イギリスには「サンデーロースト」と呼ばれる習慣があり、日曜日の午後に家族や友人と、おうちでゆっくりロースト料理を楽しみます。なんでもない週末なのに、いただくお料理はクリスマスさながら。ランチタイムに始めたのに、ディナータイムが過ぎてもまだお喋り…なんていうことも珍しくありません。

遠い外国に思いを馳せて

おうちでまったり海外旅行♪本場気分が味わえる「欧風レシピ」集合
出典:unsplash.com
そんなに簡単には行けない海外ですが、おうちで旅行気分を味わえたら嬉しいですよね。お料理を真似てみるだけでも楽しいですが、ほんの少しその国の食文化も知ることで、より本場の気分を味わえそう。おうちでお料理しながら、遠い国に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play