2ddff24e52e820af778606ea6491d590d2929e78

【連載】素敵な人に聞いた「おしゃれ」のあれこれ
vol.8-モデル・デザイナー 雅姫さん【後編】

「素敵なあの人は、なんでおしゃれなんだろう?」――この疑問をご本人にぶつけて、おしゃれのあれこれを聞く連載の第8回目。今回はモデル・デザイナーの雅姫(まさき)さんにお話を伺いました。 前編では、雅姫さんのおしゃれに目覚めたきっかけや、定番アイテムについて伺いました。後編では、コーディネートやとっておきのアイテムをご紹介しています。シンプルで上品な大人のおしゃれを楽しむ雅姫さんの「あれこれ」をどうぞ。(2018年05月02日作成)

写真:松木宏祐 ヘアメイク:渡辺みゆき 文:キナリノ編集部

<< 前編はこちら
【連載】素敵な人に聞いた「おしゃれ」のあれこれ 
vol.8-モデル・デザイナー 雅姫さん【後編】
モデルとしての活躍のみならず、インテリアや素敵な暮らしの提案で多くの人に支持され続ける雅姫さん。子ども服から始まった『ハグ オー ワー』、大人っぽいカジュアルなデイリーウェアの『クロス&クロス』での洋服のデザインや、ムック本『SENS de MASAKI』の責任編集など、活躍は多岐に渡ります。
自分らしく、素敵に「暮らし」を楽しむ雅姫さんに、今回は「おしゃれ」の話をたっぷり伺いました。

定番コーディネート

袖の立体的なフリルがポイントになったトップスをメインにした、カジュアルなコーディネート。足元は白いスニーカーで爽やかに。

ストライプVネックブラウス/クロス&クロス
ストレートパンツ/ハグ オー ワー

袖の立体的なフリルがポイントになったトップスをメインにした、カジュアルなコーディネート。足元は白いスニーカーで爽やかに。

ストライプVネックブラウス/クロス&クロス
ストレートパンツ/ハグ オー ワー

同系色でまとめたコーディネートは、明るい色の分量を多めにとって洗練された着こなし。ガウンの付属のベルトは、ゆるく結んで。

5分袖Tシャツ、リネンロングガウン、リネンロングスカート/クロス&クロス

同系色でまとめたコーディネートは、明るい色の分量を多めにとって洗練された着こなし。ガウンの付属のベルトは、ゆるく結んで。

5分袖Tシャツ、リネンロングガウン、リネンロングスカート/クロス&クロス

ハリのある生地のプリーツで陰影が美しいスカートに、最近楽しめるようになったというヒールの靴を合わせた上品な着こなし。シンプルなコーディネートに、華奢なネックレスを2点つけてさりげないアクセントに。

プルオーバーセーター、プリーツスカート/クロス&クロス

ハリのある生地のプリーツで陰影が美しいスカートに、最近楽しめるようになったというヒールの靴を合わせた上品な着こなし。シンプルなコーディネートに、華奢なネックレスを2点つけてさりげないアクセントに。

プルオーバーセーター、プリーツスカート/クロス&クロス

今のおしゃれの気分

「今のおしゃれの気分」を聞いて返ってきた答えは、定番アイテムと共通するマキシ丈やロング丈のアイテム。
【連載】素敵な人に聞いた「おしゃれ」のあれこれ 
vol.8-モデル・デザイナー 雅姫さん【後編】
「パンツばかり穿いている時期もあったし、今も穿くけれど、この春夏は特にマキシ丈のスカートやワンピースが気分。」

ムック本『SENS de MASAKI』でも、マキシ丈のワンピースを上品に着こなす姿が印象的でした。
そして、雅姫さんはいつもデコルテをきれいに出しているイメージがあります。

「首、手首、足首を出すとすっきり見えるような気がします。意識しているというよりは、基本的に首がつまっている服が好きじゃなくて。衿ぐりがあいてる服を着ていることが多いです。寒い時は大好きなストールをふんわり羽織っています。」

おしゃれのアイテムで好きなものは何ですか?

「ワンピースですね。ロングワンピースなどは1枚でかたちになるし、女性らしいから好きです。プリントだったらかわいらしく、無地だったらぐっと大人っぽくなるし。素材感でも印象がずいぶん変わります。せっかくなら男性には楽しめないおしゃれを楽しみたいです。」
画像提供:masaki
今季のハグ オー ワーのワンピースは、オリジナルのペイズリー柄。

画像提供:masaki
今季のハグ オー ワーのワンピースは、オリジナルのペイズリー柄。

雅姫さんのおしゃれの話でよく出てくるキーワード、“女性らしさ”。
“女性らしさ”とは、いったいどんなものなのでしょうか?

「男性に媚を売るような方向の女性らしさには興味がなく、若いころは反発もあって古着とかスニーカーばかり着ていました。今も、女性らしさとは肌を出すことではなくて、身に着けるものによって喋りかたや仕草が変わるようなことだと思います。」

定型的な“女性らしさ”に反発をしていたという雅姫さん。しっかりと価値観を持ちつつも、自分の考える“女性らしさ”をおしゃれで体現するのは、最近になってからのこと。

「アクセサリーをつけたり、ヒールをはいたりとかは子どもが大きくなってから出来るようになりました。やっぱり、余裕がないとそこまでのおしゃれは楽しめないので。今後も色々な小物で女性らしさを表現していきたいですね。」

年齢によって変わっていく自分の体やまわりの環境。そんな変化に無理に抗うことなく、おしゃれを楽しんでいるように見える雅姫さん。
20代、30代の頃と40代の今を比べても、今が一番おしゃれを楽しんでいるのではないでしょうか。

「そうかもしれないです。また、自分のことを前より知っているかもしれないですね。若いころはがむしゃらに様々な色などに挑戦できて、冒険という意味では楽しかったんですけど。今は何となく自分に似合う、似合わない色やシルエットがわかってきています。」

特別な日のおしゃれ

パーティーや特別な食事など、ちょっと特別な時には、どんなものを身に着けますか?

「パーティーなどの機会は頻繁にはないですけど、そういうときはジュエリー、ストール、靴などのアクセサリーや小物で変化をつけます。同じデニムでも、靴をちょっといいものを穿くと気分が変わります。友達と食事に行くときに、あえていつもより大人っぽいスタイルにすることもありますね。」
【連載】素敵な人に聞いた「おしゃれ」のあれこれ 
vol.8-モデル・デザイナー 雅姫さん【後編】
今日お持ちいただいたのは、2wayで付けられるピアスと、小さな小さなベビーパールのピアス。

「『あこやパール』という、うちでも取引している真珠が大好きな方と一緒に作ったものです。ピアスって小さいけれど、そういうものが自分の御守りがわりになるような気がします。」

雅姫さん自身も、パールには並々ならぬ思い入れがあるようです。

「ベビーパールって本当に貴重でなかなか採れないんです。今までは冠婚葬祭、とかお母さんに借りる、というイメージだったんですけど、今日持ってきたピアスもボーダーとか、定番の普段着に合わせたりするのが良いな思います。パールにはなんとなく清楚さがあるから、つけるときはちょっと気分が違うという感じがします。カジュアルでも品のあるコーディネートにはなりますね。」

暮らしを楽しむおしゃれ

洋服や小物は、意識して気分が上がるものを選んでいるのでしょうか?

「例えば雨の日とか、何も予定もなく、打ち合わせもないような時にはボーダーやパッと目に付いたアイテムのコーディネートで着ることもあるけど、同じボーダーでも出かけるときはレースのスカートにしようかな、などその日の気分で組み合わせを考えたりすることが楽しいですね。」
【連載】素敵な人に聞いた「おしゃれ」のあれこれ 
vol.8-モデル・デザイナー 雅姫さん【後編】
自分が自分らしく、心地良くいられることを大切にする雅姫さんにとって、「着心地の良い」普段着と「気分が上がる」特別なものはどちらも欠かせないのかもしれません。
インテリアや暮らしぶりも注目される雅姫さんは、たびたび家族と楽しく過ごしている姿をインスタグラムや『SENS de MASAKI』 でも発信されています。

娘さんとの洋服を共有することはあるのでしょうか?

「身長も同じくらいなので、共有することは結構あります。気付くと、私のものを着ていたりします。無意識にハイクラスのものをセレクトしていたり、うちの娘は結構目利きなんですよ。(笑)洋服のやりとりをしながら、娘にインスピレーションをもらうこともありますね。」

おしゃれの趣味は近いのですか?

「趣味は全然違いますが、定番のものを共有していることが多いです。父の教えなのか、母を見ているのかはわからないけど、一応メンズっぽいリュックはこれ、とかスニーカーはコンバース、ヴァンズ、ニューバランスなどを履いていますね。」
【連載】素敵な人に聞いた「おしゃれ」のあれこれ 
vol.8-モデル・デザイナー 雅姫さん【後編】
アパレルブランド『WACKO MARIA』のデザイナー・森敦彦さんと雅姫さんを親に持つ環境は、おしゃれの感性がどんどん育つものなのでしょう。

インタビュー中、「おしゃれ」や「洋服」の話はモデル・デザイナーとして仕事モードで落ち着いてお話されている印象を受けましたが、家族の話になると少し声のトーンが変わって、より生き生きとした顔になったように感じました。
母として、モデル、デザイナーとして。家族との日常を大事にしながら毎日を楽しく過ごすための服が、雅姫さんのおしゃれの軸になっているのですね。

雅姫(モデル・デザイナー)

モデルとして雑誌,広告等で活躍するほか、東京自由が丘に着心地のよいレディス服の店「ハグ オー ワー」と大人のための衣食住を提案する「クロス&クロス」の2店舗をプロデュース、自らデザイナーも務める。ライフスタイルを発信する著書は30冊以上に及び新刊『SENS de MASAKI VOL.8(集英社)』好評発売中。5月31日には『食いしん坊のお弁当ダイアリー(扶桑社)』が発売予定。家族と愛犬3匹との暮らしを綴ったインスタグラムも大人気!
●「定番コーディネート」で雅姫さん着用の『ハグ オー ワー』『クロス&クロス』のお問い合わせ先

ハグ オー ワー 03-5729-7045
クロス&クロス 03-6421-3086

バックナンバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play