本当は素直になりたいのに…。自分らしく、自然体でいるために心がけたいこと

本当は素直になりたいのに…。自分らしく、自然体でいるために心がけたいこと

褒められてうれしいのに素直にありがとうと言えなかったり、好きな人に好きと伝えられなかったり、本当はすごく辛いときも「大丈夫」と強がってみたり・・・。幼いころはストレートに気持ちを伝えられていたはずなのに、大人になるにつれて素直な気持ちを伝えることに抵抗が出てきてしまうもの。今回は5つのケースに分けて、自分が自分らしく、ありのままの自分でいるためのヒントをご紹介します。2020年12月16日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード
暮らし生き方なりたい自分ヒント人間関係
お気に入り数740

本当の自分を隠していませんか?

大切な人にきちんと愛を伝えられなかったり、本当は嫌で断りたい頼まれごともついつい引き受けてしまったり。伝えたい場面で、伝えたい人に本音を言えていますか? 本心を隠して生きていくことは、心に負担がかかってしまいます。素直な自分でいるためにできることはなにか、一緒に考えてみましょう。

CASE1、本当の自分を見られるのが恥ずかしい

人に見られるのが苦手で、本音を知られることが恥ずかしく感じてしまう…という人は相手にどう思われるかを常に気にしてしまい、思っていることや感じていることを口に出すのがとても苦手。感情を表に出にくいため、つらい悩みがあるときも誰にも相談できずに抱え込んでしまいます。

我慢せずに感情を表に出してみる

シャイであるが故に、人前で怒ったり泣いたりすることに抵抗感がありますよね。どんなときでも自分の感情を上手くコントロールすることはとても大切なことです。しかし、思っていることを言わずに我慢をし続けると、自分にストレスがかかるだけではなく、周りの人達も自身の過ちに気付けないままになってしまうなんてことも。
出典:www.pexels.com

シャイであるが故に、人前で怒ったり泣いたりすることに抵抗感がありますよね。どんなときでも自分の感情を上手くコントロールすることはとても大切なことです。しかし、思っていることを言わずに我慢をし続けると、自分にストレスがかかるだけではなく、周りの人達も自身の過ちに気付けないままになってしまうなんてことも。

怒りや悲しみなど、マイナスな感情を持つことは決して悪いことではありません。むしろ、相手は本音でぶつかってきてくれたことをうれしく思ってくれるはず。全ての感情をさらけだす必要はありませんが、時には我慢せずに、喜怒哀楽を表に出してみることも大事です。
出典:www.pexels.com

怒りや悲しみなど、マイナスな感情を持つことは決して悪いことではありません。むしろ、相手は本音でぶつかってきてくれたことをうれしく思ってくれるはず。全ての感情をさらけだす必要はありませんが、時には我慢せずに、喜怒哀楽を表に出してみることも大事です。

CASE2、プライドが高い

人に弱いところを見せたくない、格好悪い自分を晒したくない等、プライドの高さから本当の自分を隠してはいませんか? でも、完璧な人間でいようとすればするほど無理を重ね、息苦しくなってしまいます。良いも悪いもオープンにしていくことが、時には大切だったりしますよ。

本当の自分の気持ちを優先する

プライドの高い人は、いつも「人にどう思われるか」を気にして選択肢を狭めがち。本当に大事なことは「自分がどうしたいか」です。人の顔色ばかり伺っていては、ストレスも溜まりやすく、自分が本当にしたいことも分からなくなってしまいます。
出典:www.pexels.com

プライドの高い人は、いつも「人にどう思われるか」を気にして選択肢を狭めがち。本当に大事なことは「自分がどうしたいか」です。人の顔色ばかり伺っていては、ストレスも溜まりやすく、自分が本当にしたいことも分からなくなってしまいます。

自分の心に嘘をついたり、意見を持つことをやめてしまったら、人に素直な自分を見てもらえるはずもありません。人それぞれ異なるアイディアを持っているからこそ、良い答えが導き出せることもあります。いつも自分の本心に耳を傾け、少しでもこうしたい!と思うことがあるのなら、自分自身の気持ちに素直に行動してみましょう。
出典:www.pexels.com

自分の心に嘘をついたり、意見を持つことをやめてしまったら、人に素直な自分を見てもらえるはずもありません。人それぞれ異なるアイディアを持っているからこそ、良い答えが導き出せることもあります。いつも自分の本心に耳を傾け、少しでもこうしたい!と思うことがあるのなら、自分自身の気持ちに素直に行動してみましょう。

CASE3、自己肯定感が低い

誰かに褒めてもらったとき、「そんなことないです」などと否定から入ってしまう人は、自分に自信がない証拠。本当は褒められてうれしいはずなのに、自己評価を低くみてしまっているため、素直にお礼を言うことに引け目を感じてしまったり、抵抗があるのかもしれませんね。

感謝の言葉を口に出して伝えてみる

大人になるにつれ、ついつい言葉にするのを忘れがちな感謝の気持ち。「ありがとう」という言葉は、感謝された側だけでなく、感謝を伝える自分も温かく気持ちにさせてくれます。また、人から褒められたときに否定で返してしまうことは、相手の素直な気持ちを無意識に否定していることに。
出典:www.pexels.com

大人になるにつれ、ついつい言葉にするのを忘れがちな感謝の気持ち。「ありがとう」という言葉は、感謝された側だけでなく、感謝を伝える自分も温かく気持ちにさせてくれます。また、人から褒められたときに否定で返してしまうことは、相手の素直な気持ちを無意識に否定していることに。

自分の気持ちをさらけ出せない人は、普段から「ありがとう」を言葉にすることで、思っていることを自然と口に出すための訓練にも、素直になれる&信頼できる友達や仲間が増えるきっかけにもなります。まずは、勇気を出して、感謝の気持ちを素直に伝えることを意識してみましょう。
出典:www.pexels.com

自分の気持ちをさらけ出せない人は、普段から「ありがとう」を言葉にすることで、思っていることを自然と口に出すための訓練にも、素直になれる&信頼できる友達や仲間が増えるきっかけにもなります。まずは、勇気を出して、感謝の気持ちを素直に伝えることを意識してみましょう。

CASE4、過去に自分を否定された等のトラウマがある

家庭環境や失恋経験など、人間関係のトラブルがトラウマとなり、本来は素直だったはずの人でも性格が変わってしまうことも。それは、“自分の発言によって相手の態度が変わってしまった”と自分自身に思いこませてしまっているからです。そういった苦しい経験が、次第に本当の感情や表情を表に出すことを避けるようになってしまうのですね。

弱い部分や過去の失敗も全て受け入れてあげる

仕事でミスをしたとき、素直に謝るのではなく、真っ先に言い訳をしてしまっていませんか?失敗や過去の過ちは消すことはできません。しかし、次に同じような事を繰り返さないためには、自分の弱い部分や失敗を素直に認めて、ひとつの経験として自分の中で浄化し、反省することが大切です。
出典:www.pexels.com

仕事でミスをしたとき、素直に謝るのではなく、真っ先に言い訳をしてしまっていませんか?失敗や過去の過ちは消すことはできません。しかし、次に同じような事を繰り返さないためには、自分の弱い部分や失敗を素直に認めて、ひとつの経験として自分の中で浄化し、反省することが大切です。

弱い所や欠点は誰しもあるものなので、自分を否定する必要はありません。自分で自分を否定してしまうと自信がなくなり、どんどん素直に行動ができなくなってしまいます。今の自分を全て受け入れ、否定するのではなく改善できる対策を見つけてみましょう。
出典:www.pexels.com

弱い所や欠点は誰しもあるものなので、自分を否定する必要はありません。自分で自分を否定してしまうと自信がなくなり、どんどん素直に行動ができなくなってしまいます。今の自分を全て受け入れ、否定するのではなく改善できる対策を見つけてみましょう。

CASE5、そもそも「素直」というものが分からない

生まれ育った環境によって、そもそも“素直”とは何なのかが分からないという方もいるでしょう。自分が兄弟の一番上で「お姉ちゃん(お兄ちゃん)でしょ」と両親から言われ続ていると、自分の感情を抑える癖ができてしまうことも。いざ大人になったときに素直な気持ちを出せなかったり、周りに頼ることも避けてしまいがちです。
出典:www.pexels.com

生まれ育った環境によって、そもそも“素直”とは何なのかが分からないという方もいるでしょう。自分が兄弟の一番上で「お姉ちゃん(お兄ちゃん)でしょ」と両親から言われ続ていると、自分の感情を抑える癖ができてしまうことも。いざ大人になったときに素直な気持ちを出せなかったり、周りに頼ることも避けてしまいがちです。

周りの人を信用して頼ってみる

元々人に頼ることが出来ない人は、なかなか本音を言えなかったり、辛いことも一人で考え込みがちです。自分でどうにもできない問題に立ちはだかったとき、一人で抱え込んでしまっていては、問題もなかなか解決できません。少しずつ周囲に心を開き、頼る努力をしてみましょう。
出典:www.pexels.com

元々人に頼ることが出来ない人は、なかなか本音を言えなかったり、辛いことも一人で考え込みがちです。自分でどうにもできない問題に立ちはだかったとき、一人で抱え込んでしまっていては、問題もなかなか解決できません。少しずつ周囲に心を開き、頼る努力をしてみましょう。

すでに、周りの人達はあなたの不安を感じ取っているかもしれません。自分の悩んでいることを相談することで、さらにその人との信頼関係が深まり、ありのままの自分で接することができるようになるはずです。頼ること、話すことも素直になるための第一歩ですよ。
出典:www.pexels.com

すでに、周りの人達はあなたの不安を感じ取っているかもしれません。自分の悩んでいることを相談することで、さらにその人との信頼関係が深まり、ありのままの自分で接することができるようになるはずです。頼ること、話すことも素直になるための第一歩ですよ。

ありのままの自分を好きになる

素直になれないことは、自分が傷つかないための防衛反応でもあります。ただ、周りに気を遣って本当の自分を隠し続けるよりも、ありのままの自分で過ごす毎日の方がきっと楽しいはず。まずは焦らず、少しずつでいいので素直になる努力をしてみましょう。そして、素直になれた自分をたくさん褒めてあげてくださいね◎

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play