「したいこと」、できてますか?毎日を私らしくハッピーに過ごすための6つの心がけ

「したいこと」、できてますか?毎日を私らしくハッピーに過ごすための6つの心がけ

日々たくさんのソーシャルメディアや目をひく娯楽に囲まれている私たち。「しなければならないこと」でただでさえ多忙な毎日を送っているのに、わずかな自分時間には目についた手近な娯楽で時間を潰してしまう……なんて事も。「したいこと」、できていますか?自分の本当に「したいこと」「自分にとって大切なこと」を見つけて、フォーカスを当てていくためのステップをご紹介します。 2019年04月27日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
暮らし
生き方
なりたい自分
一人時間
スケジュール
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1957

「すべきこと」に追われてしまう……

Photo by Rayi Christian Wicaksono on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Rayi Christian Wicaksono on Unsplash

あれこれと用事は尽きず…気づけば1日ももうすぐ終わり。疲れを覚えながら夜を迎えたら、なんとなくSNSをのぞいたり、TVを流し見したり。いつのまにか就寝時間が過ぎてしまい、睡眠不足気味に。
Photo by Chad Madden on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Chad Madden on Unsplash

いつかしたいと思っていた事も行きたかった場所も遠い夢の中でほこりをかぶって、「これでいいんだっけ?」と思いながらも、取り急ぎ「すべき事」に追われていく……。

「したいこと」、してますか?

忙しい……それでも時間を確保したい理由

Photo by Artem Maltsev on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Artem Maltsev on Unsplash

忙しく用事に追われていても、やりがいがないわけじゃない。充実しているともいえます。
家族のため、会社のため、一生懸命に頑張るのは素晴らしいこと。

でも、今取り組んでいる用事や仕事が自分の「したいこと」ならば、楽しくて仕方ないかも。
Photo by Drew Coffman on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Drew Coffman on Unsplash

でも、もし、そうでないなら……もしかすると、自分の中にかすかな不満や疑問が折り重なっていくのを感じているかもしれません。

「これでいいんだっけ?」「ずっとこのままなのかな?」「本当はしたいことがあるけど、ずっとできていない……」

「したいことをする時間をつくる」6つのステップ

1.「自分のための時間を作る」ことを自分に許可する

Photo by Jaelynn Castillo on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Jaelynn Castillo on Unsplash

自分の時間がほしいけれど、同時にそのことに罪悪感を抱く人も。「そんな時間があったら、あれをもっと完璧にしなきゃ」「子供がいるのに、自分の時間なんて」

そんな罪悪感のために時間があっても自分のために使えないでいるとしたら、ちょっと立ち止まって考えてみて。
Photo by Kate Krivanec on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Kate Krivanec on Unsplash

今「会社の一員」「子供の親」「誰かの家族」であるとして、それを「自分100%」にすることは、素晴らしいと同時に一面、危険なことでもあります。

例えば「空の巣症候群」のことをご存知でしょうか。
Photo by Asdrubal luna on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Asdrubal luna on Unsplash

母として全ての時間と情熱をかけて子育てに打ち込んできた人が、子供が巣立った後、生きる意味を見失って沈み込んでしまう……。自分の100%を育児に注いできた良妻賢母だからこそ、落ち込んだときの穴は深いのです。
Photo by Jeremy Goldberg on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Jeremy Goldberg on Unsplash

会社には定年があり、いずれ子供は自立します。

自分を支えるもう1つの軸足をしっかりと立てておくのは、貴方を大切に思っている家族のためでもあるはず。
「自分のしたいことをする」ことを、ほかならぬ自分自身に許可しましょう。
Photo by Katerina Kerdi on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Katerina Kerdi on Unsplash

「いつか時間ができたら趣味を作ろう」と思っていても、年をとってからでは新しい挑戦に飛び込む勇気がなかなか持てないこともあります。

「自分のしたいこと」は、自分を支えてくれる柱の1つ。「忙しいから」とあきらめずに、工夫して時間を作ってみませんか?

この世を去るときに、後悔の思いが残らないように…

Photo by Sharon McCutcheon on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Sharon McCutcheon on Unsplash

私たちは永遠には生きられません。

忙しさで自分を見失っているように思えた時には、たった1回きりの人生。「自分は最期を迎える時、後悔しないだろうか?」と自問自答してみるのもおすすめです。
Photo by Mayron Oliveira on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Mayron Oliveira on Unsplash

自分のお葬式には、どんな人として語られたいですか?
もし明日人生が終わるとしたら、今日1日何をしますか?

「死ぬまでにしたいことリスト」を作ってみるのもいいかもしれません。

2.「したいこと」の優先順位をつける

Photo by Evie Shaffer on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Evie Shaffer on Unsplash

単純に「したいこと」といっても、色々ありますよね。

好きな映画を好きなだけ見たい・大好きな音楽を生で聴きたい・趣味に没頭したい・旅行したい・夢を叶えるための勉強がしたい……。
Photo by Raychan on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Raychan on Unsplash

いかに効率よくタスクをこなしていても、その全部を実行するのは難しいかも。

「したいこと」を思い浮かべたら、「これだけは」と思えることを1つ選んでそれにフォーカスしましょう。
じっくりと1つのことに時間をかけられるので、満足度が上がります。

3.「今なんとなくしてること」は、本当に貴方の「したいこと」?

「したいこと」、できてますか?毎日を私らしくハッピーに過ごすための6つの心がけ
出典:www.instagram.com(@6directions.efu2)
「したいこと」が絞り込めたら、「特に『したい』わけじゃないけど、なんとなく空き時間にしてること」がどれくらいあるか思い浮かべてみてください。意外と沢山あるかも。

特に見たいというわけではないTV番組の流し見、スマホでSNSをチェック・ゲーム……。

4.「なんとなくしている時間潰し」の割合を減らす

Photo by Campaign Creators on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Campaign Creators on Unsplash

書き出してリストにし、使う時間を減らしてみて。「特にしたくないのに続けてしまう」理由を考えるのも◎。

問題に向き合うことを避けていませんか?「したいこと」に本格的に取りかかって失敗するのが怖くて、自分にとって大切ではないことを続けて、ごまかしているだけかもしれません。
Photo by Jonatán Becerra on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Jonatán Becerra on Unsplash

あるいは単純に「時間がない」「場所がない」「手のかかる子供がいる」等の理由のために、手を伸ばすことさえ諦めてしまっているのかもしれません。

でも諦めるのは、試してみてからでも遅くありません。
アプリ等を使って意識的に時間管理してみるのも1つの方法です。
ワンタッチで記録・円グラフで把握できるアプリ「TIME HACKER」
Photo by Icons8 team on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Icons8 team on Unsplash

iPhoneユーザーさんにおすすめの時間管理アプリは「TIME HACKER」。

「時間管理に時間を使いたくない」のも人情ですが、このアプリは手軽にアイコンをワンタッチするだけで「今していること」を記録できます。「1日の時間を何に使っているか」を円グラフに視覚化して振り返りを。
Androidの人におすすめ・目標に向かう時間管理アプリ「MyStats」
Photo by ShareGrid on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by ShareGrid on Unsplash

Androidユーザー「MyStats」は、あの三浦知良さんのトレーニングにも使われていたという自己管理アプリ。

「何にどれくらい時間を使ったか」を円グラフで把握できます。また、「体重」などの項目もカスタマイズして折れ線グラフで記録する事ができるのもポイント。

5.まずは環境づくりから…「協力」を頼む

Photo by Markus Spiske on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Markus Spiske on Unsplash

自分だけで全てをこなすのには限界がありますし、いつも限界を超えて頑張っている状態では、精神的に余裕もありませんよね。

「どれくらい時間がほしいか」「協力できないか」等、家族とお互いに「自分の時間を確保する」ことについて話し合うことも大切かもしれません。

6.「したいこと」を先に「予定」に入れてしまう

Photo by Estée Janssens on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Estée Janssens on Unsplash

「いつか、できたら」とぼんやり思っているだけだと、ずるずると予定が埋まってしまい、「いつまでもできないまま」になってしまうことも。

「本当は~をしたいとずっと思っているんだけど……」ということがあるなら、スケジュール帳に先に書き込んでしまいましょう。
Photo by Isaac Benhesed on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Isaac Benhesed on Unsplash

書き込んだら、頼まれ事で予定を書き変えてしまわないで。

それは暇つぶしの娯楽などではなく、自分のもう1つの軸足になる重要イベントなのです。

悔いのない人生を

Photo by Anika Huizinga on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Anika Huizinga on Unsplash

毎日時間がとれるとは限りません。できない日はあきらめてゆっくり別の事をするのもいいですね。

でも、前もってちゃんと「したいこと」「自分にとって大切なこと」に時間を使うことを心に決めていると、「したいこと」をしていない時でも、落ち着きを感じることができます。
Photo by Priscilla Du Preez on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Priscilla Du Preez on Unsplash

いつ最期の瞬間が来ても「悔いはないよ」と笑える人生って、いいですよね。

「しなかったこと」で悔やむよりはむしろ、数え切れないくらいの楽しみな予定を立てて「あれもこれもまだしてないから、長生きしなきゃ!」とワクワクする人生に塗り替えてしまいましょう。

人生はまだこれから。
悔いのない人生を!!
※記事内の素敵な画像はこちらからお借りしています。ご協力いただき、ありがとうございました。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play