春は気分が落ち込みやすい!?揺らぐ心を整える、5つの生活習慣をご紹介

春は気分が落ち込みやすい!?揺らぐ心を整える、5つの生活習慣をご紹介

春になると心身ともに重く、なんだかすっきり…そんな経験はありませんか?暖かくなって気分も上がりやすくなるはずなのに不思議ですよね。季節の変わり目は自律神経のバランスが乱れやすくなっていると言われていますが、春ならではの原因も考えられます。今回は春に気分が曇ってしまいがちな原因や、健やかな心と体で春を過ごすために心がけたい5つの生活習慣をご紹介していきます。2021年04月15日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード
ヘルス・ビューティー不調セルフケア季節の変わり目ストレッチ
お気に入り数749

春は気分がアップダウンしやすい!?

ポカポカ陽気で過ごしやすくなる春。新生活で気持ちがワクワクする反面、身体のちょっとした不調を感じたり、ふと気持ちが落ち込み気味になってしまったり…なんだかすっきりしないという声も多く聞きます。季節の変わり目は自律神経のバランスが崩れやすく、気分のアップダウンが生じやすくなると言われています。同時に血流やリンパも滞りやすくなるため、身体のむくみが出やすくなる傾向に。
そんな気分のアップダウンや身体のむくみを緩和するためには、自律神経を整える必要があると言えそうです。そこで今回は、自立神経を整えるために役立つ日頃から意識したい生活習慣や、むくみをすっきりとさせるストレッチなどをご紹介します。

自律神経が崩れやすくなってしまう原因って?

自律神経のバランスが乱れてしまう原因として、前途の通り季節の変わり目の他にも、いくつか原因が考えられます。とくに春に起こりやすい原因を探っていきましょう。
出典:unsplash.com

自律神経のバランスが乱れてしまう原因として、前途の通り季節の変わり目の他にも、いくつか原因が考えられます。とくに春に起こりやすい原因を探っていきましょう。

一日の中での寒暖差に体が対応できない

季節の変わり目は寒暖差が大きくなります。春は一年の中でもそれが一番大きいと言われています。日中は20度近くまで上がっても、夜には10度下回る日も少なくないでしょう。日々の気温差はもちろん、一日の中での寒暖差は身体にとってストレスになりやすく、自律神経を崩す原因になってしまうことも。そうすると全身の巡りが悪くなり、気分も落ち込みやすくなってしまいます。
出典:www.pexels.com

季節の変わり目は寒暖差が大きくなります。春は一年の中でもそれが一番大きいと言われています。日中は20度近くまで上がっても、夜には10度下回る日も少なくないでしょう。日々の気温差はもちろん、一日の中での寒暖差は身体にとってストレスになりやすく、自律神経を崩す原因になってしまうことも。そうすると全身の巡りが悪くなり、気分も落ち込みやすくなってしまいます。

職場やプライベートで環境が変わる

春になると多くなるのが新生活による環境の変化。引っ越しや転職、異動に伴う新しいポジション。こういった変化が心に与えるストレスはとても大きいものです。気温のような“外からのストレス”と”心のストレス”で、自身が思っている以上にストレスがかかっていることも。それが自律神経へのダメージへとつながることも少なくないでしょう。
出典:unsplash.com

春になると多くなるのが新生活による環境の変化。引っ越しや転職、異動に伴う新しいポジション。こういった変化が心に与えるストレスはとても大きいものです。気温のような“外からのストレス”と”心のストレス”で、自身が思っている以上にストレスがかかっていることも。それが自律神経へのダメージへとつながることも少なくないでしょう。

周りとの違いに不安を感じやすくなる

周囲に新しいスタートを楽しむ人や、いきいきとしている様子を見ると、自分との違いに不安を抱いてしまうことも。私はあんなに上手くできない…というようなマイナスの感情は、心への負担が大きくストレスも膨れ上がってしまいます。
出典:www.pexels.com

周囲に新しいスタートを楽しむ人や、いきいきとしている様子を見ると、自分との違いに不安を抱いてしまうことも。私はあんなに上手くできない…というようなマイナスの感情は、心への負担が大きくストレスも膨れ上がってしまいます。

冬の間の「運動不足」

運動不足になると、血行が悪くなったり筋力不足から基礎代謝がダウンしたりしやすくなると言われています。寒い冬はどうしても運動不足になりがち。そのため春先は全身の巡りがあまりよくない状態にある可能性も。巡りがよくないと自ずとむくみやすくなり、春になって暖かくなってもなかなか血行が改善されない…なんてことになりかねません。
出典:unsplash.com

運動不足になると、血行が悪くなったり筋力不足から基礎代謝がダウンしたりしやすくなると言われています。寒い冬はどうしても運動不足になりがち。そのため春先は全身の巡りがあまりよくない状態にある可能性も。巡りがよくないと自ずとむくみやすくなり、春になって暖かくなってもなかなか血行が改善されない…なんてことになりかねません。

揺らぐ心を整えるために。心がけたい5つの生活習慣

朝はゆとりをもち、毎日決まった時間に起きよう

仕事の日は朝早く起きるけれど、休みの日はお昼まで寝ている…なんてことはありませんか?疲れが溜まっている時に、たまにであれば一日ゆっくりと寝る日があってもいいかもしれませんが、普段から起きる時間がバラバラになっていると体内時計が狂いやすい状態になってしまいます。
出典:unsplash.com

仕事の日は朝早く起きるけれど、休みの日はお昼まで寝ている…なんてことはありませんか?疲れが溜まっている時に、たまにであれば一日ゆっくりと寝る日があってもいいかもしれませんが、普段から起きる時間がバラバラになっていると体内時計が狂いやすい状態になってしまいます。

体内時計が狂うと自律神経のバランスを乱す原因につながります。朝はできるだけ一定の時間に起きて朝日を浴び、ぐーんと軽いストレッチなどをして体内時計をリセットしてあげましょう。
出典:unsplash.com

体内時計が狂うと自律神経のバランスを乱す原因につながります。朝はできるだけ一定の時間に起きて朝日を浴び、ぐーんと軽いストレッチなどをして体内時計をリセットしてあげましょう。

体を冷やさないようにしよう

春はおしゃれも楽しい季節。ふわりとしたフレアスカートやワンピース、トレンドのシアー系のシャツも楽しみたいですよね。でも夜になると、ぐっと冷え込むこともしばしば。薄着では身体を冷やしてしまいます。羽織を一枚持ち歩いて寒暖差に対応できるようにしておきましょう。腹巻を鞄の中に忍ばせておくのもおすすめです。
出典:

春はおしゃれも楽しい季節。ふわりとしたフレアスカートやワンピース、トレンドのシアー系のシャツも楽しみたいですよね。でも夜になると、ぐっと冷え込むこともしばしば。薄着では身体を冷やしてしまいます。羽織を一枚持ち歩いて寒暖差に対応できるようにしておきましょう。腹巻を鞄の中に忍ばせておくのもおすすめです。

カフェなどで飲み物を頼む時は、なるべくアイスよりホットを。冷たい飲み物を選ぶときは氷抜きにしてもらうなど工夫するとベターです。
出典:unsplash.com

カフェなどで飲み物を頼む時は、なるべくアイスよりホットを。冷たい飲み物を選ぶときは氷抜きにしてもらうなど工夫するとベターです。

日常の中で体を動かす習慣を身に付けよう

基礎代謝のアップや、血流・リンパの流れを良くするためには運動は不可欠です。ですが、いざ始めるとなるとなかなか一歩を踏み出せないですよね。また忙しいと、その時間を確保するのも大変な方も多いかもしれません。
出典:unsplash.com

基礎代謝のアップや、血流・リンパの流れを良くするためには運動は不可欠です。ですが、いざ始めるとなるとなかなか一歩を踏み出せないですよね。また忙しいと、その時間を確保するのも大変な方も多いかもしれません。

そんな時は日常の動作の中に運動を組み込むと、効率的に体を動かすことができます。ドライヤーをかけるときはつま先立ちで、洗い物をするときはお腹を引っ込めて姿勢を正す、スーパーにいくときは自転車を使わずに歩いて行くなど日常の動きと連動させて取り組んでみましょう。
出典:www.pexels.com

そんな時は日常の動作の中に運動を組み込むと、効率的に体を動かすことができます。ドライヤーをかけるときはつま先立ちで、洗い物をするときはお腹を引っ込めて姿勢を正す、スーパーにいくときは自転車を使わずに歩いて行くなど日常の動きと連動させて取り組んでみましょう。

隙間時間にゆるっとスタート!「ながらストレッチ」でプチ不調を緩和しましょ♪
隙間時間にゆるっとスタート!「ながらストレッチ」でプチ不調を緩和しましょ♪

肩凝りがつらい、最近疲れが取れない…そんなプチ不調緩和には、運動やストレッチがおすすめです。でもまとまった時間を確保するのは、なかなか難しいもの。そこでおすすめなのが「ながらストレッチ」。〇〇しながら出来るので、日常に取り入れやすく、継続しやすいところが魅力です。無理なく自分ノペースで出来るので、運動初心者さんにもおすすめですよ。今回はこの「ながらストレッチ」についてご紹介します。

こちらの記事では「ながらストレッチ」の方法を詳しく紹介しています。併せて読んでみてくださいね。

幸せホルモンの分泌を促そう

幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌を促すことで、モヤモヤした気分をスッキリさせる効果が期待できます。セロトニンは日光を浴びることで分泌を促すと言われているので朝起きた時や運動の時など、意識的に日の光を浴びるようにしましょう。
出典:www.pexels.com

幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌を促すことで、モヤモヤした気分をスッキリさせる効果が期待できます。セロトニンは日光を浴びることで分泌を促すと言われているので朝起きた時や運動の時など、意識的に日の光を浴びるようにしましょう。

食事では豚肉や青魚などのビタミンB群、牛乳やチーズのような乳製品・大豆製品などのトリプトファンの分泌に関わる栄養素を摂ると良いと言われています。ただ栄養の偏りが出ると、その栄養素もパワーが発揮できなくなる可能性があるので、できるだけバランス良く食べるのが理想的です。
出典:www.pexels.com

食事では豚肉や青魚などのビタミンB群、牛乳やチーズのような乳製品・大豆製品などのトリプトファンの分泌に関わる栄養素を摂ると良いと言われています。ただ栄養の偏りが出ると、その栄養素もパワーが発揮できなくなる可能性があるので、できるだけバランス良く食べるのが理想的です。

ストレッチなど適度に体を動かそう

心身共にリラックスするためにも、ストレッチやヨガなど負荷が少ないものを取り入れると良いでしょう。呼吸を止めないように意識しながら、ゆっくりと凝り固まった部分をほぐすようにしていくと、自然と身体が軽くなりスッキリとした感覚を味わうことができるはずですよ。
出典:www.pexels.com

心身共にリラックスするためにも、ストレッチやヨガなど負荷が少ないものを取り入れると良いでしょう。呼吸を止めないように意識しながら、ゆっくりと凝り固まった部分をほぐすようにしていくと、自然と身体が軽くなりスッキリとした感覚を味わうことができるはずですよ。

一日の始まりで体のスイッチをON「10分朝ヨガ」

朝に行うことで一日の体の動きや巡りが良くなり、基礎代謝アップが期待できます。朝の10分間行うだけでその日は心身ともに元気いっぱいに過ごせるようになるでしょう。

免疫力アップも期待できる「自律神経を整えるマッサージ」

深い呼吸ができるようになり、睡眠の質や免疫力アップが期待できる自律神経を整えるマッサージ。ストレッチや体を動かすのが苦手な人でも取り組みやすい内容です。まずはこれから習慣化できるといいですね。

デスクワークの人におすすめ!足スッキリの「股関節ストレッチ」

股関節にはリンパ節があるので、ここをストレッチすることで上半身と下半身の巡りを促す効果が期待できるでしょう。また座りっぱなしの姿勢が続くと筋肉が縮んだままになってしまい骨盤の歪み、腰痛の原因にもなりかねないので、プチ不調の予防にもおすすめです。

足と一緒に行って相乗効果!首肩もスッキリする「上半身ストレッチ」

夕方になると指輪や時計がきついと感じることもあるでしょう。足だけでなく意外と上半身も気づかずにむくんでいることが多いので下半身と一緒に行うと効果的にストレッチできますよ。

健康な心と体で春を楽しもう!

気分のアップダウンが起こりやすい春に意識したい、生活習慣についてご紹介しました。いきなり全部をやろう!と思うとそれもストレスになってしまうので、できそうなものからひとつずつ実践してみてくださいね。
素敵な画像をご提供いただきありがとうございました

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play