編集部のお気に入り
120年の歴史が詰まった
「グンゼ」の綿100%インナのカバー画像

120年の歴史が詰まった
「グンゼ」の綿100%インナー

PR:グンゼ株式会社
244
2024年04月22日作成
食べものでも身に着けるものでも、きちんと選びたいなぁと思う今日この頃。これでいいや〜と思うこともしばしばありますが、忙殺された日々の中で、一つだけでも自分のためにきちんと選んだものがあると、なんだか誇らしげな気分になったりするのです。それは肌に直接触れる下着もしかり。

元々人より肌が弱いタイプで、幼少期の頃から“下着は綿!”という母の教えもあってか、手に取るのはやっぱりコットン100%のインナー。(レースが付いた下着はチクチクかゆくなったり、化繊はムレてかぶれたりと、いろいろ試すも自分には合わず……涙)
当時から母娘で愛用していたのが、120年以上の歴史を誇る老舗肌着メーカーGUNZE(グンゼ)。

中でも、肌に向き合い続けてきたグンゼの技術が詰まった「the GUNZE」シリーズは、マスターピースともいえる究極のベーシックインナーが揃っています。
旅行の前に下着の衣替え。「the GUNZE」はラインナップも豊富で、レディースはもちろん、メンズやキッズの展開も。老若男女家族全員で愛用できます。

旅行の前に下着の衣替え。「the GUNZE」はラインナップも豊富で、レディースはもちろん、メンズやキッズの展開も。老若男女家族全員で愛用できます。

そのこだわりは、綿の研究開発と品質管理を重ね、編み立てから染色、縫製に至るまでを一貫生産。分業化が進む令和の時代に、自分たちだけで作った品質の高い国産商品を展開するのは改めてすごいなぁと感心してしまいます。

肌触りはどれもふんわりと柔らかく、やさしく体にフィット。脇に縫い目がないので、第2の皮膚をまとっているかのような着心地が味わえます。チクチクしにくいタグプリントなのも、心地良さを追求したメイドインジャパンならでは!

また驚いたのがムレにくく快適だということ。その訳は、綿100%の良さをアップデートしたグンゼ独自の改質綿を使用しているからだそう。しかもお洗濯にも強く、汚れ落ちもしやすい&型崩れしにくい!洗えば洗うほどびよびよに伸びる綿の下着を見ては悲しい気持ちになっていましたが、これなら安心して長く使えそうです。
素材の良さをダイレクトに感じられる上質なコットン100%のタンクトップ。Tシャツの透け予防にもなるカラバリも。

素材の良さをダイレクトに感じられる上質なコットン100%のタンクトップ。Tシャツの透け予防にもなるカラバリも。

“下着は綿!”とは本当によく言ったもので、私もすっかり虜になった「the GUNZE」のインナー。
最近少し汗ばむ気候になって、着ている方が快適かもと思えるように。定番のタンクトップは、今ではTシャツコーデになくてはならない存在です。

シンプルなデザインで、カラーバリエーションやサイズも豊富!これぞ究極のベーシックインナー。今日も120年の歴史をまとって、誇らしげな気持ちになっているのでした。
「the GUNZE」【綿100%】タンクトップはこちらから>>

この記事を書いた人

編集 こじめぐ
キナリノ編集部
編集 こじめぐ
ファッション担当/キナリノコエスタッフ。ボブ歴8年目のボーダー好きなアラフォー。キナリノオリジナルアパレルブランド「knrn.」もよろしくお願いいたします〜!