凛と自分らしく生きるために…“プライド”の上手な持ち方と手放し方

凛と自分らしく生きるために…“プライド”の上手な持ち方と手放し方

「プライド」という言葉にどんな印象を持ちますか?「プライドを持って生きる」のようにプラスに使うこともあれば、「プライドが高い、プライドが邪魔をする」のように、マイナスにも使われる言葉ですよね。「プライド」という呼び方は同じでも、しっかり持っているべきものと、手放すべきものがありそうです。自分を支えてくれる大事なプライドだからこそ、上手に付き合う方法を知っておきたいと思いませんか? 2019年07月03日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
暮らし
生き方
なりたい自分
思考法
自分
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
464
「プライド」という言葉にどんな印象をお持ちですか?また、「プライド」という言葉をどんな時に、どのように使っているでしょうか。
出典:www.pexels.com

「プライド」という言葉にどんな印象をお持ちですか?また、「プライド」という言葉をどんな時に、どのように使っているでしょうか。

プライドという言葉は、「プライドをかけて仕事をする」とか「私にはプライドがある」というようにプラスに使う一方で、「プライドが高い」とか、「プライドが邪魔をする」のようにマイナスの側面に使わることもありますよね。
出典:unsplash.com

プライドという言葉は、「プライドをかけて仕事をする」とか「私にはプライドがある」というようにプラスに使う一方で、「プライドが高い」とか、「プライドが邪魔をする」のようにマイナスの側面に使わることもありますよね。

自分を支える、大事なプライド

プライドは、私たちが日々仕事をしたり、生きていく上でとても重要なものですよね。なぜなら、プライドは、自分の自信を支える基盤であり、自分を高めていく原動力にもなるものだからです。
出典:unsplash.com

プライドは、私たちが日々仕事をしたり、生きていく上でとても重要なものですよね。なぜなら、プライドは、自分の自信を支える基盤であり、自分を高めていく原動力にもなるものだからです。

こんなプライドなら、いらない。

ところが、プラスとマイナスの両面から使われるとお話した通り、プライドにはマイナスの側面もあります。例えば、前職で培ったノウハウと誇りを持って、転職したとしましょう。ところが、新しい職場では今までのノウハウが全く通用しません。そんな時、プライドが邪魔をして同僚にわからないことを素直に質問できないとしたら…。
出典:unsplash.com

ところが、プラスとマイナスの両面から使われるとお話した通り、プライドにはマイナスの側面もあります。例えば、前職で培ったノウハウと誇りを持って、転職したとしましょう。ところが、新しい職場では今までのノウハウが全く通用しません。そんな時、プライドが邪魔をして同僚にわからないことを素直に質問できないとしたら…。

いつまでも以前のやり方にこだわるのか、新しいことを吸収するためにゼロからやり直そうと思うのか、とでは全く違う未来が待っていると思いませんか?
出典:unsplash.com

いつまでも以前のやり方にこだわるのか、新しいことを吸収するためにゼロからやり直そうと思うのか、とでは全く違う未来が待っていると思いませんか?

誰もが持っているプライドですが、それが自分を頑なにしてしまうようなら、むしろ邪魔になってしまいますよね。ポジティブに前へ進もうとする力が働かないプライドは一早く手放したいものです。
出典:www.instagram.com(@kotochoki)

誰もが持っているプライドですが、それが自分を頑なにしてしまうようなら、むしろ邪魔になってしまいますよね。ポジティブに前へ進もうとする力が働かないプライドは一早く手放したいものです。

いらないプライドを手放すための4ステップ

一方で、自分の持っているプライドを手放すのはなかなか難しいことです。そもそもプライドが邪魔をしていることに、自分ではなかなか気づけないかもしれません。けれど、「なんだか息苦しい」、「噛み合わない」、そう思ったら次の4ステップを試してみましょう。
出典:unsplash.com

一方で、自分の持っているプライドを手放すのはなかなか難しいことです。そもそもプライドが邪魔をしていることに、自分ではなかなか気づけないかもしれません。けれど、「なんだか息苦しい」、「噛み合わない」、そう思ったら次の4ステップを試してみましょう。

1.自分を客観視する

まずは、自分をしっかりと客観視しましょう。そして、「今苦しい状態にあること」や「できないことはできない」など、ありのままの自分を認めてあげることが必要です。
出典:www.instagram.com(@botan_hiramoto)

まずは、自分をしっかりと客観視しましょう。そして、「今苦しい状態にあること」や「できないことはできない」など、ありのままの自分を認めてあげることが必要です。

2.分析と模索をする

そんな自分を認めた上で、「ならばどうすべきか」、「何が足りないのか」、しっかり分析することが重要です。そして、「今からできることは何か」、「状況を打破するには、どんな方法があるか」について模索します。
出典:www.pexels.com

そんな自分を認めた上で、「ならばどうすべきか」、「何が足りないのか」、しっかり分析することが重要です。そして、「今からできることは何か」、「状況を打破するには、どんな方法があるか」について模索します。

3.行動する

次にやるべき事を行動に移します。考え方を柔軟にし、時には今までの常識を一度壊さなくてはならないかもしれません。また、新しい知識を習得したり、誰かに教えを請わなければならないこともあるでしょう。
出典:www.pexels.com

次にやるべき事を行動に移します。考え方を柔軟にし、時には今までの常識を一度壊さなくてはならないかもしれません。また、新しい知識を習得したり、誰かに教えを請わなければならないこともあるでしょう。

4.小さな結果を積み上げていく

着実に行動することで、少しづつ結果を得られるようになるでしょう。小さな結果を積み重ねていくことは、同時に小さな自信を積み重ねていくことです。
出典:www.pexels.com

着実に行動することで、少しづつ結果を得られるようになるでしょう。小さな結果を積み重ねていくことは、同時に小さな自信を積み重ねていくことです。

少しづつでも小さな結果と自信を積み重ねていくと、やがて大きな結果となり、周りからの評価や認知につながります。それはきっと、とても大きな自信を与えてくれるでしょう。気がつけば邪魔なプライドなど消えてなくなっているはずです。
出典:www.pexels.com

少しづつでも小さな結果と自信を積み重ねていくと、やがて大きな結果となり、周りからの評価や認知につながります。それはきっと、とても大きな自信を与えてくれるでしょう。気がつけば邪魔なプライドなど消えてなくなっているはずです。

自分が行動することで得た自信には、「これだけの結果を出した」という思いと「周りからの評価」という根拠があります。根拠のある自信は、揺らぐことのない本物のプライドと言えそうです。
出典:stocksnap.io

自分が行動することで得た自信には、「これだけの結果を出した」という思いと「周りからの評価」という根拠があります。根拠のある自信は、揺らぐことのない本物のプライドと言えそうです。

本物のプライドを持って、自分らしく輝こう

前だけを見つめて、こうと決めた道をまっすぐに進むように、自分の生き方にプライドがある人はとても素敵に見えますよね。そのプライドは、日々の積み重ねによって得られたものではないでしょうか。
出典:www.pexels.com

前だけを見つめて、こうと決めた道をまっすぐに進むように、自分の生き方にプライドがある人はとても素敵に見えますよね。そのプライドは、日々の積み重ねによって得られたものではないでしょうか。

絶え間なく努力を重ね、それを確かな自信につないでいくことで得られる本物のプライドは、足かせとなるような負のプライドの存在を忘れさせてくれるでしょう。
出典:www.pexels.com

絶え間なく努力を重ね、それを確かな自信につないでいくことで得られる本物のプライドは、足かせとなるような負のプライドの存在を忘れさせてくれるでしょう。

仕事に対して、暮らしに対して、生き方に対して。本物のプライドを持って自分らしく輝くことができたら、とても素敵なことです。
出典:stocksnap.io

仕事に対して、暮らしに対して、生き方に対して。本物のプライドを持って自分らしく輝くことができたら、とても素敵なことです。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play