いつだって自分らしくいるために。“不安や緊張”を和らげる9つのヒント

いつだって自分らしくいるために。“不安や緊張”を和らげる9つのヒント

初めての場所や新しい人間関係、コミュニティ。そういった場面では誰だって緊張や不安を感じてしまうもの。でもできることなら臆することなく、いつだって自分らしく前向きに過ごしていきたいですよね。今回はそんな緊張や不安を和らげるために日常で心がけたいことをご紹介していきます。自分らしく前向きに輝けるように出来るものから取り入れてみてくださいね。 2019年04月17日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
暮らし
生き方
なりたい自分
習慣
不安
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1669

いつだって、自分らしくいるために

初めての場所や新しい人間関係、コミュニティ。そういった場面では誰だって緊張や不安を感じてしまうもの。でもできることなら、臆することなくいつだって自分らしく前向きに過ごしていきたいですよね。
出典:stocksnap.io

初めての場所や新しい人間関係、コミュニティ。そういった場面では誰だって緊張や不安を感じてしまうもの。でもできることなら、臆することなくいつだって自分らしく前向きに過ごしていきたいですよね。

今回はそんな緊張や不安を和らげるために日常で心がけたいことを紹介していきます。どれも日々の生活で取り入れやすいものばかりなでし。ぜひ出来そうなものからトライしてみてくださいね。
出典:stocksnap.io

今回はそんな緊張や不安を和らげるために日常で心がけたいことを紹介していきます。どれも日々の生活で取り入れやすいものばかりなでし。ぜひ出来そうなものからトライしてみてくださいね。

「不安や緊張」を和らげるために。日常で心がけたい9のヒント

1. 感情は呼吸から整える

例えば大勢の人の前に立って発言をしなければいけない時、緊張や不安から私たちの呼吸は無意識のうちに乱れてしまっています。ああどうしよう…と焦った時こそ、深くゆっくりとした呼吸を心がけてみましょう。
出典:unsplash.com

例えば大勢の人の前に立って発言をしなければいけない時、緊張や不安から私たちの呼吸は無意識のうちに乱れてしまっています。ああどうしよう…と焦った時こそ、深くゆっくりとした呼吸を心がけてみましょう。

立ち、座りどちらでもOK。無理のない姿勢で背筋を伸ばしたら、ゆっくりと深呼吸をしましょう。
自分のなかを空っぽにするような感覚で、吸うよりも吐く息に意識を向けて呼吸を整えていくと良いでしょう。決して無理はしないこと。自分が心地よいと感じることが何より大切です。呼吸が整うと感情も自然と落ち着いてくるはずです。
出典:unsplash.com

立ち、座りどちらでもOK。無理のない姿勢で背筋を伸ばしたら、ゆっくりと深呼吸をしましょう。
自分のなかを空っぽにするような感覚で、吸うよりも吐く息に意識を向けて呼吸を整えていくと良いでしょう。決して無理はしないこと。自分が心地よいと感じることが何より大切です。呼吸が整うと感情も自然と落ち着いてくるはずです。

2. こまめな水分補給を心がける

こまめな水分補給は体の健康を保つだけでなく、精神を安定させる効果があると言われています。
常温のお水をたっぷりと体に取り入れて心を落ち着かせましょう。飲むごとにじんわりと体が温まる白湯もおすすめです◎
出典:www.flickr.com(@Paul Rysz)

こまめな水分補給は体の健康を保つだけでなく、精神を安定させる効果があると言われています。
常温のお水をたっぷりと体に取り入れて心を落ち着かせましょう。飲むごとにじんわりと体が温まる白湯もおすすめです◎

3. 5分前行動で心に余裕を持つ

早めの行動を心がけることで心に余裕が生まれます。一日を気持ちよくスタートするためにも、まずは早めの起床を習慣づけましょう。バタバタと一日が始まってしまうと、どうしても体は緊張してしまいます。
「朝は苦手…」という人は、枕元に水を置いて朝一番に水分補給をすると、目覚めが良くなる効果が期待できますよ。
出典:unsplash.com

早めの行動を心がけることで心に余裕が生まれます。一日を気持ちよくスタートするためにも、まずは早めの起床を習慣づけましょう。バタバタと一日が始まってしまうと、どうしても体は緊張してしまいます。
「朝は苦手…」という人は、枕元に水を置いて朝一番に水分補給をすると、目覚めが良くなる効果が期待できますよ。

また常に5分前行動を心がけて過ごしてみましょう。もし何かトラブルがあっても、前途の通り時間に余裕があることで、心に余裕が生まれ必要以上に慌てなくてすみますね。前日から出発の準備を整えておく、電車の時刻表を確認しておく、腕時計を5分早めておくなど自分なりのちょっとした工夫を凝らしてみましょう。思っている以上に5分前行動のハードルは高くないものです。
出典:stocksnap.io

また常に5分前行動を心がけて過ごしてみましょう。もし何かトラブルがあっても、前途の通り時間に余裕があることで、心に余裕が生まれ必要以上に慌てなくてすみますね。前日から出発の準備を整えておく、電車の時刻表を確認しておく、腕時計を5分早めておくなど自分なりのちょっとした工夫を凝らしてみましょう。思っている以上に5分前行動のハードルは高くないものです。

4. 自分にとって特別な「おまじない」の言葉をみつける

映画を観たり、読書をしたり、誰かと話したり。日常の中でふと出合った「前向きな言葉」や「心がホッとする言葉」を自分にとってのおまじないにしましょう。
毎日使う手帳やスマホ画面などに記していつでも見れるようにしておくと、ドキドキする心を落ち着かせてくれたり、その言葉に「よし、大丈夫!」と勇気をもらえたりと心の緊張や不安をきっと緩和してくれるはずです。
出典:stocksnap.io

映画を観たり、読書をしたり、誰かと話したり。日常の中でふと出合った「前向きな言葉」や「心がホッとする言葉」を自分にとってのおまじないにしましょう。
毎日使う手帳やスマホ画面などに記していつでも見れるようにしておくと、ドキドキする心を落ち着かせてくれたり、その言葉に「よし、大丈夫!」と勇気をもらえたりと心の緊張や不安をきっと緩和してくれるはずです。

5. 意識的に今いる環境を変えてみる

考えても悩んでもなかなか解決方法が見つからない、不安が解消されない、そんな時は意識的に自分のいる環境を変えてみましょう。
出典:unsplash.com

考えても悩んでもなかなか解決方法が見つからない、不安が解消されない、そんな時は意識的に自分のいる環境を変えてみましょう。

特に室内にいる時間が多い人は「外へ出かける」機会を意識的に増やしてみましょう。外の空気に触れることで気分がリフレッシュされ、太陽の光を浴びることでエネルギーをチャージすることができます。広い世界に足を踏み出すことで、自分の中にある不安も自然と解消されるかもしれません。
出典:unsplash.com

特に室内にいる時間が多い人は「外へ出かける」機会を意識的に増やしてみましょう。外の空気に触れることで気分がリフレッシュされ、太陽の光を浴びることでエネルギーをチャージすることができます。広い世界に足を踏み出すことで、自分の中にある不安も自然と解消されるかもしれません。

外に出る時間が取れないという人は、部屋の窓を開けて空気の入れ替えを。そして家に飾ってある観葉植物やオブジェの位置を変えてみたり、ランチョンマットを今までと違う色に変えたりと「プチ模様替え」をしてみましょう。環境に変化を与えることで心にも新しい風が吹き込んできますよ。
出典:unsplash.com

外に出る時間が取れないという人は、部屋の窓を開けて空気の入れ替えを。そして家に飾ってある観葉植物やオブジェの位置を変えてみたり、ランチョンマットを今までと違う色に変えたりと「プチ模様替え」をしてみましょう。環境に変化を与えることで心にも新しい風が吹き込んできますよ。

6. 体を温める

体が冷えると肩や首などに力が入ってしまい、筋肉が緊張状態になってしまいます。寒暖差の激しい季節の変わり目は、朝晩の冷え込み対策を行いましょう。天気予報も要チェック。お出かけの時にはカーディガンや羽織を持参したり、夜は湯船につかって体をあたためたり、水筒に温かいお茶や白湯を入れておくのも◎体を温めることでじんわりと緊張がほぐれていくのを感じることができるはずですよ。
出典:stocksnap.io

体が冷えると肩や首などに力が入ってしまい、筋肉が緊張状態になってしまいます。寒暖差の激しい季節の変わり目は、朝晩の冷え込み対策を行いましょう。天気予報も要チェック。お出かけの時にはカーディガンや羽織を持参したり、夜は湯船につかって体をあたためたり、水筒に温かいお茶や白湯を入れておくのも◎体を温めることでじんわりと緊張がほぐれていくのを感じることができるはずですよ。

7. 気持ちを自由に紙に書き出す

タスクや目標、自分の内に秘めた感情などを自由に書き出してみましょう。
書き出すことで頭の中を整理することが出来るので「今、必要なこと」が明確になっていきます。頭の中でゴチャゴチャと考えるより文字に書いて見える化することで、何に迷っているのか、何が不安なのかが自然と見えてきます。また紙に書くことで再確認が必要な時や不安や緊張がやってきた時に、見返すことが出来きるのでおすすめです。
出典:stocksnap.io

タスクや目標、自分の内に秘めた感情などを自由に書き出してみましょう。
書き出すことで頭の中を整理することが出来るので「今、必要なこと」が明確になっていきます。頭の中でゴチャゴチャと考えるより文字に書いて見える化することで、何に迷っているのか、何が不安なのかが自然と見えてきます。また紙に書くことで再確認が必要な時や不安や緊張がやってきた時に、見返すことが出来きるのでおすすめです。

8. 音楽で心に晴れやかな気分をつくる

通勤や通学、家事の時間を使って自分の気分が前向きで晴れやかになれるような音楽を聴くのもおすすめです。明るくポジティブになれる曲や、オルゴールやクラシック、自然の音、好きな映画のサウンドトラックなども◎
出典:stocksnap.io

通勤や通学、家事の時間を使って自分の気分が前向きで晴れやかになれるような音楽を聴くのもおすすめです。明るくポジティブになれる曲や、オルゴールやクラシック、自然の音、好きな映画のサウンドトラックなども◎

また「大きな声で歌う」ことにもリフレッシュ効果があると言われています。アーティストのライブに参加したり、たまにはカラオケで思いっきり歌ってみたりするのも良いかもしれませんね。
出典:unsplash.com

また「大きな声で歌う」ことにもリフレッシュ効果があると言われています。アーティストのライブに参加したり、たまにはカラオケで思いっきり歌ってみたりするのも良いかもしれませんね。

9. 過去の経験にとらわれない

不安な時、過去に失敗した経験や昔の苦手な思い出が頭によぎることは誰にでもありますよね。そんな時は「過去の記憶」にとらわれすぎないことが大切です。「今」この瞬間に前向きな可能性や出来ることを見つけることで、最大限の力を発揮することができるはずですよ。
出典:unsplash.com

不安な時、過去に失敗した経験や昔の苦手な思い出が頭によぎることは誰にでもありますよね。そんな時は「過去の記憶」にとらわれすぎないことが大切です。「今」この瞬間に前向きな可能性や出来ることを見つけることで、最大限の力を発揮することができるはずですよ。

いつだって落ち着いた心で、前向きに。

いつだって自分らしくいるために。“不安や緊張”を和らげる9つのヒント
出典:unsplash.com
緊張や不安を和らげるために日常で心がけたいことをご紹介しました。
必要以上に不安や緊張を感じてしまうシチュエーションは、誰にだってあるもの。そんな時でも落ち着いた心で前向きな選択をするには、日頃から心に余裕をつくっておくことが大切です。いつだって自分らしく前向きに輝けるように、ぜひ今回の記事を参考にして出来るものから取り入れてみてくださいね。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play