この夏作ろう*あじさいのドライフラワー*作り方とアレンジ

この夏作ろう*あじさいのドライフラワー*作り方とアレンジ

雑貨屋さんなどでよく見かける、あじさいのドライフラワー。アンティークな色彩とあじさい特有のレースやフリルのような質感が素敵です♪お家でDIYできるってご存じでした? 2017年03月29日更新

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
ドライフラワー
リース
あじさい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
512

ドライフラワーに最適なのは「秋色あじさい」系

「秋色あじさい」は、咲いてから枯れるまでのあいだにさまざまな色合いに変化する、西洋あじさいの品種全般を指します。
この夏作ろう*あじさいのドライフラワー*作り方とアレンジ

出典: www.instagram.com(@greensnap.jp)

秋色あじさいの代表的な品種は

代表的な品種『カシワバアジサイ』『ピラミッド(水無月)』『アナベル』『西安』をご紹介しましょう。

アナベル|Hydrangea arborescens 'Annabelle'

北アメリカ原産で、大きな手まりのようなフォルム。水分の含有量が少なく、ドライフラワーに最適な品種です。

出典: www.flickr.com(@Yoko Nekonomania)

北アメリカ原産で、大きな手まりのようなフォルム。水分の含有量が少なく、ドライフラワーに最適な品種です。

春のうす緑から純白へと変化し、秋が近づくとペールグリーンに。
ピンクの品種もあり、そちらも、ペールグリーンに色が変わってゆきます。

出典:

ピンクの品種もあり、そちらも、ペールグリーンに色が変わってゆきます。

西安|Hydrangea Xi'an

ボリューム感があり、ドライフラワーにすると豪奢な印象に。

出典: www.flickr.com(@oatsy40)

ボリューム感があり、ドライフラワーにすると豪奢な印象に。

3~4カ月かけて、ピンク(ブルー系もあります)からベージュ⇒ペールグリーン⇒ペールレッドへと
変化してゆきます。
9月下旬、秋色に。↓↓↓

ピラミッド(水無月)|Hydrangea paniculata f. grandiflora

日本の山地に自生するノリウツギの仲間で、6月ごとに開花することから水無月の別称があります。咲きはじめは淡いグリーン。咲き進むにつれて白くなった後、退色してライムグリーンに。

出典:

日本の山地に自生するノリウツギの仲間で、6月ごとに開花することから水無月の別称があります。咲きはじめは淡いグリーン。咲き進むにつれて白くなった後、退色してライムグリーンに。

生育環境によって、ライムグリーンになった後、ピンクに変化することも。
秋に入り、茎の水分量が少なくなると、簡単にドライフラワーが出来上がります(後出)。
この夏作ろう*あじさいのドライフラワー*作り方とアレンジ

出典: www.flickr.com(@Louise Leclerc)

カシワバアジサイ|Hydrangea quercifolia

北アメリカ東部原産。花は後出の『ピラミッド』とよく似ていますが、葉の形状が柏と似ていることからこの名称に。白→ライムグリーン→ピンク→秋色に変化します。

出典: www.flickr.com(@Tatsuo Yamashita)

北アメリカ東部原産。花は後出の『ピラミッド』とよく似ていますが、葉の形状が柏と似ていることからこの名称に。白→ライムグリーン→ピンク→秋色に変化します。

初夏、ピンクに色づき、じょじょに秋色に…。
この夏作ろう*あじさいのドライフラワー*作り方とアレンジ

出典:

ドライフラワーを作成するタイミングは

★カットは、乾燥が続く日に
ドライフラワー作成に最適な時期は、高温が続く真夏か、花の盛りを過ぎつつある秋のはじめ頃。
アジサイの茎に水分が少なくなっているため、乾燥に手間と時間がかかりません。
お住いの地域によって気候は異なりますが、このタイミングを逃さないようにしましょう。
この夏作ろう*あじさいのドライフラワー*作り方とアレンジ

出典: pixabay.com

方法は3種類

その1. 真夏の高温時にそのまま乾燥させる
秋のはじめに、チリチリ乾いた感触をたしかめて吊るせば、短時間で乾燥できます。

出典: www.instagram.com(@greensnap.jp)

秋のはじめに、チリチリ乾いた感触をたしかめて吊るせば、短時間で乾燥できます。

秋に入り、花が枯れかける頃を見計らって室内に吊るし、大成功した例(^-^)
ご参考に。 ↓↓↓
その2. 夏の終わりの枯れかけた花を使う(最もお手軽な方法)
茎の水分量が少なめのピラミッド。秋の乾燥期に、水なしのブリキのバケツやかごに数日入れておくだけで、しっかり乾きます。

出典: www.flickr.com(@Steve)

茎の水分量が少なめのピラミッド。秋の乾燥期に、水なしのブリキのバケツやかごに数日入れておくだけで、しっかり乾きます。

ピラミッドと並んで、アナベルもドライフラワーにしやすい品種。秋が近づいてきたら、はじめは生花を愉しみ、その後、水を入れない花瓶に挿せばドライに♪

出典: www.flickr.com(@Karen Maraj)

ピラミッドと並んで、アナベルもドライフラワーにしやすい品種。秋が近づいてきたら、はじめは生花を愉しみ、その後、水を入れない花瓶に挿せばドライに♪

コツは…。↓↓↓
梅雨も空けて、お天気の日が続く7月終わりから8月初旬にかけて、
私はいつも刈りとってドライフラワーにします。

といっても、余分な葉を取り、
ただ、水のはいっていないブリキバケツに投げ入れておいたり、
おおざるにふんわり広げて乾かしたり、車の中で一挙に乾燥させたり、
いろいろですが、手軽に失敗なく、いいドライフラワーにできます。

出典:アナベルのドライフラワー : Broom香房〜里山ハーブ暮らし

その3. 梅雨時など、いち早くドライにしたい場合は
   『ドライ・イン・ウォーター法』
※ご注意:水分が豊富な梅雨期のあじさいは、吊るすだけでは、がく片(花)が縮むなどして
 きれいに仕上がりません。いち早くドライにしたい場合は、下記の方法をお試しください。
    ↓↓↓
昔ながらの方法で乾燥してみることに。やはりこの方法が一番かな♪♪♪

切る→ 取る→ 焼く→ つける→ 飾る の工程です。

茎の先に切れ目を入れます。半分か、太いものでは十字に。
そして、茎の中心にあるスポンジ状の白い部分にも切れ目を入れます。

茎の先を、ガスレンジなどで焦げ目がつくくらいに焼きます。
焼いた部分と内側に、みょうばん(薬局で売っています)をこすりつけます。

これを、少量の水(ドライ・イン・ウォーター法)で花瓶に入れて花を楽しみ、
このままドライになるの待ちます。

出典:2009年06月のブログ|mocoの手仕事☆Afternoon tea

アレンジは素朴な質感のものと相性◎

かごやブリキ缶、瓶などにさりげなく

トレイに乗せただけで、1つの世界が出来上がります。

出典: www.flickr.com(@Jim Belford)

トレイに乗せただけで、1つの世界が出来上がります。

ユーカリやあじさい。ペールカラーの微妙な陰影が同じような色調の木箱とよく調和していますね。

出典: www.instagram.com(@greensnap.jp)

ユーカリやあじさい。ペールカラーの微妙な陰影が同じような色調の木箱とよく調和していますね。

ガラスのボウルにふんわり置いて、控えめなゴージャス感を演出。

出典: pixabay.com

ガラスのボウルにふんわり置いて、控えめなゴージャス感を演出。

シンプルなキャンドルが、一気にはなやいで。

出典: www.flickr.com(@storebukkebruse)

シンプルなキャンドルが、一気にはなやいで。

バスケットに入れただけで、幻想的な雰囲気に。

出典: www.instagram.com(@greensnap.jp)

バスケットに入れただけで、幻想的な雰囲気に。

どっしり安定感のあるボトルに。わずか数片でも絵になる。
この夏作ろう*あじさいのドライフラワー*作り方とアレンジ

出典: www.flickr.com(@Julie Jablonski)

リースやスワッグに

シャビーな色合いは、主役にも、他の花を引き立てる脇役にも。
「ピラミッド」と松ぼっくりの抑えた色が、バラやカーネーション、ダリアを優しく引き立てて。

出典:

「ピラミッド」と松ぼっくりの抑えた色が、バラやカーネーション、ダリアを優しく引き立てて。

お部屋に飾れば、アンティークな雰囲気作りにひと役かってくれます。スワッグはリース同様、魔除けの意味もあるため、玄関ドアに下げても。

出典:

お部屋に飾れば、アンティークな雰囲気作りにひと役かってくれます。スワッグはリース同様、魔除けの意味もあるため、玄関ドアに下げても。

ドライフラワーとプリザーブドフラワー(どちらもあじさい)をミックスして作成したそうです。

出典:

ドライフラワーとプリザーブドフラワー(どちらもあじさい)をミックスして作成したそうです。

シンプルなリースの作り方
ドライにしたあじさいだけを使う素朴なリースです。
準備するものは、あじさい、リース、麻紐、細い針金、作業の際に下に敷く新聞紙、はさみ・・。
作り方はこちら。↓↓↓

アクセサリーにも

チュールと組み合わせて、はなやぐ席に♪

この夏作ろう*あじさいのドライフラワー*作り方とアレンジ

出典:

レジンコーティングして

華奢な鎖骨を強調するネックレスに♪

出典:

華奢な鎖骨を強調するネックレスに♪

耳元に、繊細な透明感を★

出典:

耳元に、繊細な透明感を★

おしまいに

あじさいのドライフラワーは、別の呼び方では“枯れあじさい”。俳句の冬の季語ですし、「侘・寂」(わび・さび)に通じる渋みのまさった色合いと質感は、現代を生きる私たちの心も魅きつけられます。
タイミングがあえば、それほど難しくありません。庭に植えたり、鉢に育てて色彩の移ろいを楽しみ、頃あいを見てドライフワラーにトライされ、お部屋に飾ったり、素敵なリースやブーケをDIYされてはいかが?
この夏作ろう*あじさいのドライフラワー*作り方とアレンジ

出典: www.flickr.com(@Centophobia)