うまくいかない時こそ小さな一歩が大切。「負のループ」から抜け出す方法

うまくいかない時こそ小さな一歩が大切。「負のループ」から抜け出す方法

うまくいかないことが続くと、自信をなくしてしまうことはありませんか?うまくいかない時はネガティブな感情でいっぱいになり、前に進めなくなってしまうかもしれません。しかし、前に進まなければ現状を変えることができず、負のループから抜け出せなくなってしまうことも。立ち止まってじっくり考える時間も必要ですが、時には一歩を踏み出す勇気が必要です。小さな一歩でも踏み出してみると、案外うまく物事が回りはじめるかもしれません。今回は、負のループから抜け出すためのヒントをご紹介します。2020年04月19日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード
暮らしなりたい自分生き方目標
お気に入り数1060

自分の行動をセーブしていませんか?

うまくいかないことが続くと、どうしても失敗が怖くなってしまいますよね。すると、自分の行動をセーブして、保守的になってしまうものです。

現状を維持するほうが安全、かつ安心ではあるけれど、ときに成功するチャンスを逃してしまうこともあります。
うまくいかない時こそ小さな一歩が大切。「負のループ」から抜け出す方法
出典:stocksnap.io
「自信がない→行動できない→成功できない→自信を失う」

この負のループから抜け出すためには、何らかの変化を起こす勇気が必要です。
ほんの小さな一歩でもいいから、まずは現状を変えるために踏み出してみましょう。
うまくいかない時こそ小さな一歩が大切。「負のループ」から抜け出す方法
出典:stocksnap.io
現状を変えるためには、まずは目を背けずに現状を知ること。そうすれば、自然と自分の進むべき道や改善点が見えてきます。

少しだけつらい作業かもしれませんが、新しい自分に出会うための旅だと思ってみてください。きっと頑張った自分を褒めてあげたくなるはずですよ。では、負のループから抜け出すための方法をご紹介します。

負のループから抜け出す方法

自信を失っている時は、ネガティブ思考になりがちです。「どうせ私なんて……」と後ろ向きな気分になってしまいますよね。その思考に気づいたら意識的に一度ストップ。

「きっと大丈夫」と根拠が見えなくても自分に声を掛けてあげてください。少しずつ違う視点が生まれてくるはずです。
出典:unsplash.com

自信を失っている時は、ネガティブ思考になりがちです。「どうせ私なんて……」と後ろ向きな気分になってしまいますよね。その思考に気づいたら意識的に一度ストップ。

「きっと大丈夫」と根拠が見えなくても自分に声を掛けてあげてください。少しずつ違う視点が生まれてくるはずです。

自分のスキルを把握する

心が少し落ち着いたら、視点を切り替えてみましょう。
思うように前へ進めないときは、うまくいかない事ばかりにフォーカスしがち。しかし、ネガティブな面にフォーカスすると、視野が狭くなり、自分を客観的に見ることができなくなってしまいます。
出典:stocksnap.io

心が少し落ち着いたら、視点を切り替えてみましょう。
思うように前へ進めないときは、うまくいかない事ばかりにフォーカスしがち。しかし、ネガティブな面にフォーカスすると、視野が狭くなり、自分を客観的に見ることができなくなってしまいます。

まわりの人と比較する必要はありませんが、自分のスキルを客観的に把握してみましょう。

たとえば、仕事を正確に処理することはできるけれど、時間がかかってしまう場合。この状況を冷静に捉えることができれば、自分が何をすべきなのか2つの道が見えてきます。
出典:stocksnap.io

まわりの人と比較する必要はありませんが、自分のスキルを客観的に把握してみましょう。

たとえば、仕事を正確に処理することはできるけれど、時間がかかってしまう場合。この状況を冷静に捉えることができれば、自分が何をすべきなのか2つの道が見えてきます。

1つめは、得意分野を伸ばすこと。得意なことであれば、チャレンジすることも楽しいはずです。

2つめは、苦手分野に向き合ってみること。何となく苦手…で終わらせるのではなく、どういう点が難しいと感じるのか把握することで、改善点が見えてくるかもしれません。

どうしてもクリアできないと思う点は、得意な人に頼るのも大切なこと。自分が得意なことでお返しできれば、WIN-WINの関係が築けます。
出典:stocksnap.io

1つめは、得意分野を伸ばすこと。得意なことであれば、チャレンジすることも楽しいはずです。

2つめは、苦手分野に向き合ってみること。何となく苦手…で終わらせるのではなく、どういう点が難しいと感じるのか把握することで、改善点が見えてくるかもしれません。

どうしてもクリアできないと思う点は、得意な人に頼るのも大切なこと。自分が得意なことでお返しできれば、WIN-WINの関係が築けます。

自分の性格を把握する

たとえば、人のアドバイスを素直に聞くことができなかったことで、失敗してしまったとしたら…自分の負けず嫌いな一面が邪魔をしていたのかもしれません。

ゴールは、誰かに勝つことではなく、行動したことによって「何を生み出したいか」ではないでしょうか。

仕事であれば、クライアントやお客さんに、より良いものを提供すること。それによって派生する喜びの世界。
ゴールが明確になれば、真摯にアドバイスを受け入れることができる気がしませんか。
出典:stocksnap.io

たとえば、人のアドバイスを素直に聞くことができなかったことで、失敗してしまったとしたら…自分の負けず嫌いな一面が邪魔をしていたのかもしれません。

ゴールは、誰かに勝つことではなく、行動したことによって「何を生み出したいか」ではないでしょうか。

仕事であれば、クライアントやお客さんに、より良いものを提供すること。それによって派生する喜びの世界。
ゴールが明確になれば、真摯にアドバイスを受け入れることができる気がしませんか。

欠点から見えてくる強み

ここで、もう一つの側面が見えてきます。負けず嫌いな人は、達成すべき目的に向かって突き進むことができる人。これは強みでもあります。

自分をありのまま受け入れる勇気があれば、同時に長所も見つけることができるのです。こうして少しずつ、現状を変えていく道が見えてくるでしょう。
出典:unsplash.com

ここで、もう一つの側面が見えてきます。負けず嫌いな人は、達成すべき目的に向かって突き進むことができる人。これは強みでもあります。

自分をありのまま受け入れる勇気があれば、同時に長所も見つけることができるのです。こうして少しずつ、現状を変えていく道が見えてくるでしょう。

コンフォートゾーンを出る

「コンフォートゾーン」とは、自分が慣れ親しんだ「居心地のいい領域」のこと。

たとえば、毎日通る道やいつもと同じ行動、よく知っている人などのことです。コンフォートゾーンにいると不安を感じることは少ないですが、そのぶん成長から遠のいてしまいます。

人は、自分がよく知らないことに不安を感じるため、自信を失っているときはコンフォートゾーンから出るのが怖くなってしまうのです。
出典:stocksnap.io

「コンフォートゾーン」とは、自分が慣れ親しんだ「居心地のいい領域」のこと。

たとえば、毎日通る道やいつもと同じ行動、よく知っている人などのことです。コンフォートゾーンにいると不安を感じることは少ないですが、そのぶん成長から遠のいてしまいます。

人は、自分がよく知らないことに不安を感じるため、自信を失っているときはコンフォートゾーンから出るのが怖くなってしまうのです。

しかし、現状を変えるためにはよく知らない領域にも足を踏み入れ、ルーティーンになっている行動を変えてみる勇気が必要です。

たとえば、いつもと違うコーヒーショップに立ち寄ってみたり、ちょっと苦手な人に話しかけてみたり、難しいと思える仕事に挑戦してみたり。

「知らないこと」や「苦手なこと」はできるだけ避けたいと思うのが人間の本能ですが、時にはあえて踏み込んでみましょう。

苦手な人に話しかけたことがきっかけで、数年後には親友になっていることだってあるかもしれません。
出典:stocksnap.io

しかし、現状を変えるためにはよく知らない領域にも足を踏み入れ、ルーティーンになっている行動を変えてみる勇気が必要です。

たとえば、いつもと違うコーヒーショップに立ち寄ってみたり、ちょっと苦手な人に話しかけてみたり、難しいと思える仕事に挑戦してみたり。

「知らないこと」や「苦手なこと」はできるだけ避けたいと思うのが人間の本能ですが、時にはあえて踏み込んでみましょう。

苦手な人に話しかけたことがきっかけで、数年後には親友になっていることだってあるかもしれません。

一歩を踏み出せば、見える世界が変わる

うまくいかない時こそ小さな一歩が大切。「負のループ」から抜け出す方法
出典:stocksnap.io

成功する喜びを知る

いざ一歩を踏み出してみると、無理だと感じていたことも、今の自分のスキルでこなせてしまうことも。
チャレンジしてみることで、自信を取り戻すことも少なくありません。

一度踏み出してしまえば、新しい領域も、よく知る領域に変化していき、世界は拡大していきます。
たとえうまくいかないことがあっても、「またチャレンジすれば大丈夫!」と前向きな気持ちになれるでしょう。
出典:stocksnap.io

いざ一歩を踏み出してみると、無理だと感じていたことも、今の自分のスキルでこなせてしまうことも。
チャレンジしてみることで、自信を取り戻すことも少なくありません。

一度踏み出してしまえば、新しい領域も、よく知る領域に変化していき、世界は拡大していきます。
たとえうまくいかないことがあっても、「またチャレンジすれば大丈夫!」と前向きな気持ちになれるでしょう。

これを世間では「成功思考」と呼びます。一歩を踏み出すことで自然と成功思考が身につき、それまでの失敗への恐怖が和らいでいるのを感じるでしょう。成功する喜びを知ったあなたは、きっともっとチャレンジしたくなるはずですよ。
出典:stocksnap.io

これを世間では「成功思考」と呼びます。一歩を踏み出すことで自然と成功思考が身につき、それまでの失敗への恐怖が和らいでいるのを感じるでしょう。成功する喜びを知ったあなたは、きっともっとチャレンジしたくなるはずですよ。

自分と向き合う時間を楽しめるようになる

このように、チャレンジする楽しみ、成功する喜びを知って一歩を踏み出し、見える世界が変われば、今まで知らなかった自分と出会うことができます。そうすれば、自分と向き合うことが楽しくなってきますよ。

なぜなら、その先には「成長」しかないことをすでに知っているからです。

成長した自分を知れば、もっと成長したくなっていく。それが本当のポジティブ思考を生み出し、あなたを強くしてくれるでしょう。
出典:stocksnap.io

このように、チャレンジする楽しみ、成功する喜びを知って一歩を踏み出し、見える世界が変われば、今まで知らなかった自分と出会うことができます。そうすれば、自分と向き合うことが楽しくなってきますよ。

なぜなら、その先には「成長」しかないことをすでに知っているからです。

成長した自分を知れば、もっと成長したくなっていく。それが本当のポジティブ思考を生み出し、あなたを強くしてくれるでしょう。

自分だけでなく人を幸せにできる

ポジティブ思考を取り戻したあなたは、もう負のループから抜け出せたことでしょう。

小さな一歩が現状を変え、自分の気持ちにも変化をもたらしてくれたはずです。そんなあなたは、きっと幸せを感じているのではないでしょうか?

あなたが幸せになれば、まわりの人にも幸せが伝わっていきます。まわりの人が幸せになれば、その幸せがまたあなたに返ってきて、さらに幸せが膨らんでいくのです。
出典:stocksnap.io

ポジティブ思考を取り戻したあなたは、もう負のループから抜け出せたことでしょう。

小さな一歩が現状を変え、自分の気持ちにも変化をもたらしてくれたはずです。そんなあなたは、きっと幸せを感じているのではないでしょうか?

あなたが幸せになれば、まわりの人にも幸せが伝わっていきます。まわりの人が幸せになれば、その幸せがまたあなたに返ってきて、さらに幸せが膨らんでいくのです。

一歩を踏み出す勇気が、人生に大きな変化をもたらす!

うまくいかない時こそ小さな一歩が大切。「負のループ」から抜け出す方法
出典:stocksnap.io
うまくいかない時こそ一歩を踏み出して、負のループから抜け出す勇気を。その小さな勇気が「思考」や「行動」を変え、人生に大きな変化をもたらします。

「負のループから抜け出すためのヒント」は、どんな状況に置かれた人にも応用可能。夢をあきらめかけている人、恋に悩んでいる人などは、現状を変えられないジレンマを抱えているかもしれません。

しかし、現状を変えられないと思うのは、ただの思い込み。変えようと思えば変えられるのです。
小さな一歩はやがて大きな一歩となり、想像もしていなかった未来にたどり着けるかもしれません。

今こそコンフォートゾーンを抜け出して、まだ見ぬ世界へ幸せをつかみに行きましょう。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

App Store バナーGoogle Play バナー