SOS、見逃してない?体がわたしに教えてくれる「疲れた」のサイン

SOS、見逃してない?体がわたしに教えてくれる「疲れた」のサイン

体が教えてくれる「疲れた」というサインを見逃さずに過ごすことで、ちょっとしたストレスから逃れられたり、慢性的なだるさや不調から抜け出せたりなど、さまざまなメリットがあります。今回は、そんな体が発するさまざまな「疲れた」のサインとそのメカニズムをご紹介。併せて、リラックス時間にできる体を休めるヒントをシェアします。2020年11月24日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード
暮らしストレス解消疲れ体の不調整え方
お気に入り数697

日常で、ふと「疲れ」を感じたら....

SOS、見逃してない?体がわたしに教えてくれる「疲れた」のサイン
出典:unsplash.com
みなさんは普段、どれだけ体の声に耳を傾けていますか?

自分自身の体に向き合うことは、私たちの暮らしの幹となる食事や睡眠などの生活習慣を見つめ直すということ。日常の中でふと「疲れ」を感じたら、その原因を突き止め、ゆったりと心身を休めましょう。

体の不調は心の疲れ

「あまり休んでいないだけ」「睡眠時間が少ないだけ」と、疲れを体だけの問題と捉えている方もいるかと思います。しかし実は、体の不調は心の乱れでもあるんです。

つまり私たちの体は、疲労感や倦怠感を通して、心の代わりに「休みなさい」というサインを出してくれているということ。知らず知らずのうちに心をすり減らさないためにも、このアラームを決して見逃してはいけません。
出典:www.pexels.com

「あまり休んでいないだけ」「睡眠時間が少ないだけ」と、疲れを体だけの問題と捉えている方もいるかと思います。しかし実は、体の不調は心の乱れでもあるんです。

つまり私たちの体は、疲労感や倦怠感を通して、心の代わりに「休みなさい」というサインを出してくれているということ。知らず知らずのうちに心をすり減らさないためにも、このアラームを決して見逃してはいけません。

ただ一口に“体調の乱れ”と言っても、人それぞれに傾向や特徴が大きく異なります。自分の疲れの原因を突き止めるためには、自分自身をよく知ること、普段から体と向き合う習慣をつけることがとても大切です。
出典:www.pexels.com

ただ一口に“体調の乱れ”と言っても、人それぞれに傾向や特徴が大きく異なります。自分の疲れの原因を突き止めるためには、自分自身をよく知ること、普段から体と向き合う習慣をつけることがとても大切です。

体が教えてくれる「疲れた」のサイン

知らず知らずのうちに溜まってしまう疲れは、早めに気づいて対処してあげることが疲れを溜め込まないコツ。こちらの項目では、体調の症状別に考えられる原因と、効果的な体の休め方をみていきましょう。

胃腸の調子が乱れている

自律神経と深く関わりのある胃腸は、ストレスに結びつきやすい器官のひとつ。キリキリ傷んだり、理由もわからず痛みが続く場合、もしかしたらそれはストレスが原因なのかもしれません。
出典:unsplash.com

自律神経と深く関わりのある胃腸は、ストレスに結びつきやすい器官のひとつ。キリキリ傷んだり、理由もわからず痛みが続く場合、もしかしたらそれはストレスが原因なのかもしれません。

ストレスと上手に付き合っていくためにも、休日や束の間の休憩などに自分がしたいと思うこと、叶えたいことを少しずつ実践してあげましょう。

「今日は帰る途中にお気に入りのお酒を買おう」、「アイスを食べながら録画していたドラマを観よう」これだけのことでも、肩の力が抜けるような気がしませんか?
出典:unsplash.com

ストレスと上手に付き合っていくためにも、休日や束の間の休憩などに自分がしたいと思うこと、叶えたいことを少しずつ実践してあげましょう。

「今日は帰る途中にお気に入りのお酒を買おう」、「アイスを食べながら録画していたドラマを観よう」これだけのことでも、肩の力が抜けるような気がしませんか?

風邪を引きやすくなった

慢性的な疲労が溜まったり免疫力が低下したりすることで、風邪をひきやすくなってしまいます。免疫力の低下にもさまざまな原因が考えられますが、その多くは冷えや食生活などの生活習慣の乱れであることがほとんどです。
出典:www.pexels.com

慢性的な疲労が溜まったり免疫力が低下したりすることで、風邪をひきやすくなってしまいます。免疫力の低下にもさまざまな原因が考えられますが、その多くは冷えや食生活などの生活習慣の乱れであることがほとんどです。

日々の暮らしを少し見直すだけで、少しずつですが免疫力は向上します。十分な睡眠時間の確保、体を温める食事や服装など、まずは基本的なことから始めてみましょう。
出典:unsplash.com

日々の暮らしを少し見直すだけで、少しずつですが免疫力は向上します。十分な睡眠時間の確保、体を温める食事や服装など、まずは基本的なことから始めてみましょう。

眠れない

不規則な生活による体内時計や自律神経の乱れが、不眠症を招きます。仮に眠れていたとしても、ぐっすり眠れているかどうかも大切なポイントです。「考え事でたまに目が冴えてしまう」「緊張で体が堅い」と感じる方は、ストレスが原因になっていることも。
出典:unsplash.com

不規則な生活による体内時計や自律神経の乱れが、不眠症を招きます。仮に眠れていたとしても、ぐっすり眠れているかどうかも大切なポイントです。「考え事でたまに目が冴えてしまう」「緊張で体が堅い」と感じる方は、ストレスが原因になっていることも。

眠る数時間前からのデジタルデトックスや睡眠前のアロマなどで、脳と体をリラックスさせるよう意識してみましょう。
また、眠れないことをプレッシャーに感じる必要はありません。無理に寝ようとしないことで体の緊張が解けて、症状が和らぐこともありますよ。
出典:www.pexels.com

眠る数時間前からのデジタルデトックスや睡眠前のアロマなどで、脳と体をリラックスさせるよう意識してみましょう。
また、眠れないことをプレッシャーに感じる必要はありません。無理に寝ようとしないことで体の緊張が解けて、症状が和らぐこともありますよ。

起きられない

眠れない時と同様に、体内時計や自律神経の乱れなどが原因に挙げられます。さらに、冷え性や筋肉の少ない女性は低血圧も疑ってみましょう。
出典:unsplash.com

眠れない時と同様に、体内時計や自律神経の乱れなどが原因に挙げられます。さらに、冷え性や筋肉の少ない女性は低血圧も疑ってみましょう。

日中の生活を見直すことが、朝に気持ちよく起きるコツ。生活リズムを正すことで、体に起きるべき時間を少しずつ認識させていきましょう。

具体的には、朝は日の光を浴びたり、昼寝をやめてみたり、軽い筋トレをしてみたりなどが効果的。ぜひできることからトライしてみてくださいね。
出典:unsplash.com

日中の生活を見直すことが、朝に気持ちよく起きるコツ。生活リズムを正すことで、体に起きるべき時間を少しずつ認識させていきましょう。

具体的には、朝は日の光を浴びたり、昼寝をやめてみたり、軽い筋トレをしてみたりなどが効果的。ぜひできることからトライしてみてくださいね。

だるさや倦怠感を感じる

だるさや倦怠感の原因はとてもシンプル。忙しさや何かに追われている日々が続く中で重なる、睡眠不足や休息不足がこのような症状を引き起こします。

さらにこれらは、慢性化してしまうとなかなか抜け出すのが辛いもの。少しでも感じたら、早めの対策が大切です。
出典:unsplash.com

だるさや倦怠感の原因はとてもシンプル。忙しさや何かに追われている日々が続く中で重なる、睡眠不足や休息不足がこのような症状を引き起こします。

さらにこれらは、慢性化してしまうとなかなか抜け出すのが辛いもの。少しでも感じたら、早めの対策が大切です。

自分を労るリラックス時間を確保し、軽いストレッチやツボ押しをした後、しっかり睡眠をとると少しずつ改善に向かうはず。アロマを炊く、コーヒーを入れる、など、自分なりに心が安心するスイッチを持っておくとなお良いですね。
出典:www.pexels.com

自分を労るリラックス時間を確保し、軽いストレッチやツボ押しをした後、しっかり睡眠をとると少しずつ改善に向かうはず。アロマを炊く、コーヒーを入れる、など、自分なりに心が安心するスイッチを持っておくとなお良いですね。

いつもより生理痛が辛い

生理痛をそのまま放っておくのは禁物。「いつもより生理痛がひどいな」と感じたら、冷えによる血行不良やホルモンバランスの乱れなどが主な原因として考えられます。

特に、生理中の体に冷えは大敵です。冷たい飲み物を摂りすぎていないか、薄着で過ごしていないかなど、基本的な生活習慣を見直してみてくださいね。
出典:www.pexels.com

生理痛をそのまま放っておくのは禁物。「いつもより生理痛がひどいな」と感じたら、冷えによる血行不良やホルモンバランスの乱れなどが主な原因として考えられます。

特に、生理中の体に冷えは大敵です。冷たい飲み物を摂りすぎていないか、薄着で過ごしていないかなど、基本的な生活習慣を見直してみてくださいね。

まずは、カイロを貼ったり湯船に浸かるなどして体を温め、心身ともにほっと和らぐ環境を作りましょう。

なかなか改善がみられない場合は、速やかな医療機関の受診をおすすめします。生理痛などの症状は、今後も付き合っていく可能性が大いにあり、将来にも関わる大切な体のサインです。
出典:www.pexels.com

まずは、カイロを貼ったり湯船に浸かるなどして体を温め、心身ともにほっと和らぐ環境を作りましょう。

なかなか改善がみられない場合は、速やかな医療機関の受診をおすすめします。生理痛などの症状は、今後も付き合っていく可能性が大いにあり、将来にも関わる大切な体のサインです。

体の変化を敏感に感じて

SOS、見逃してない?体がわたしに教えてくれる「疲れた」のサイン
出典:unsplash.com
自分の体の変化に敏感になることで、心の状態にも新たな気付きを見出せるはず。自分なりの体の休め方を模索して、リラックスできる時間を確保してみてくださいね。丁寧に休む時間の積み重ねが、次第に心も体も強くしなやかな状態へと導いてくれますよ。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play