【インテリアと色】の関係。色別の特性とおすすめの取り入れ方

【インテリアと色】の関係。色別の特性とおすすめの取り入れ方

インテリアと色は深い関わりがあり、居心地の良さにも繋がる大切な要素です。つい好みの色で家じゅうをまとめてしまいがちですが、色の特性を知っておくと各部屋に合った快適な空間がつくれます。今回は、色別の特性とおすすめの取り入れ方やアイデアをご紹介します。 2019年02月12日作成

カテゴリ:
インテリア
キーワード:
インテリアコーディネート
お部屋作り
暮らし
その他インテリア
快適
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
451

色を取り入れれば、暮らしがもっと楽しく!

インテリアと色の関係性は深いもの。それぞれの色が持つ特性を生かすことで、快適でおしゃれな空間をつくることができます。白やベージュなどのベーシックカラーがお好みの方も、インテリアに色を取り入れることで、暮らしがより楽しくなりますよ。ぜひ、色がもたらす効果にも注目してみてください。
出典:

インテリアと色の関係性は深いもの。それぞれの色が持つ特性を生かすことで、快適でおしゃれな空間をつくることができます。白やベージュなどのベーシックカラーがお好みの方も、インテリアに色を取り入れることで、暮らしがより楽しくなりますよ。ぜひ、色がもたらす効果にも注目してみてください。

インテリアに色を取り入れる方法

インテリアに色を取り入れる時には、まずベースとなる色を決めましょう。白やベージュ、茶色やグレーなど、ベーシックな色がおすすめです。

そこに元気をもらえる暖色系、気持ちを落ち着かせる寒色系などをプラスしていきます。部屋ごとにテーマカラーを決めると、インテリア計画が立てやすくなりますよ。
出典:

インテリアに色を取り入れる時には、まずベースとなる色を決めましょう。白やベージュ、茶色やグレーなど、ベーシックな色がおすすめです。

そこに元気をもらえる暖色系、気持ちを落ち着かせる寒色系などをプラスしていきます。部屋ごとにテーマカラーを決めると、インテリア計画が立てやすくなりますよ。

【グリーン】リラックス感のある優しい空間に

穏やかでナチュラルなイメージのグリーンは、「落ち着きと安心感」をもたらす色です。リラックスしたい部屋や、ナチュラルインテリアでまとめたい部屋におすすめです。
出典:

穏やかでナチュラルなイメージのグリーンは、「落ち着きと安心感」をもたらす色です。リラックスしたい部屋や、ナチュラルインテリアでまとめたい部屋におすすめです。

ソフトなグリーンは気持ちを落ち着かせる色

ソフトな色調のグリーンは、気持ちを落ち着かせる色だと言われいています。グリーンのなかでもパステル調なら優しいイメージに、グレイッシュトーンならシックなイメージに仕上がります。
出典:

ソフトな色調のグリーンは、気持ちを落ち着かせる色だと言われいています。グリーンのなかでもパステル調なら優しいイメージに、グレイッシュトーンならシックなイメージに仕上がります。

【ブルー】気分を静め集中力を高める

空間をきりりと引き締め、クールな印象をつくるブルー。日本人が好きな色としても挙げられ、ファッションだけでなくインテリアに取り入れる方も増えています。
出典:

空間をきりりと引き締め、クールな印象をつくるブルー。日本人が好きな色としても挙げられ、ファッションだけでなくインテリアに取り入れる方も増えています。

寝室にもおすすめ

ブルーは、リラックスしたい場所に使うのがおすすめ。寝室のほか、書斎や勉強部屋などに適しています。

しかし、多用すると寒々しく寂しい印象を与えてしまう場合もあります。日当たりが悪い場所や寒い場所は避けましょう。
出典:

ブルーは、リラックスしたい場所に使うのがおすすめ。寝室のほか、書斎や勉強部屋などに適しています。

しかし、多用すると寒々しく寂しい印象を与えてしまう場合もあります。日当たりが悪い場所や寒い場所は避けましょう。

【イエロー】ハッピーな気分になれる色

気持ちを高揚させて、ハッピーな気分にしてくれるイエロー。部屋を明るい雰囲気にしてくれるだけでなく、頭をクリアにしてくれる色とも言われています。
出典:

気持ちを高揚させて、ハッピーな気分にしてくれるイエロー。部屋を明るい雰囲気にしてくれるだけでなく、頭をクリアにしてくれる色とも言われています。

ポイント使いがおすすめ

ハッピーな気分にさせてくれるイエローですが、使い過ぎるとイライラしてしまうこともあるのだとか。こちらのお宅のように空間の一部にアクセントとして取り入れるのがおすすめです。
出典:

ハッピーな気分にさせてくれるイエローですが、使い過ぎるとイライラしてしまうこともあるのだとか。こちらのお宅のように空間の一部にアクセントとして取り入れるのがおすすめです。

イエロー×グレーでハイセンスなインテリアに

イエローと相性抜群なのがグレー。組み合わせることで、シックな大人の雰囲気を演出します。ハイセンスなインテリアを目指す方にもおすすめです。
出典:

イエローと相性抜群なのがグレー。組み合わせることで、シックな大人の雰囲気を演出します。ハイセンスなインテリアを目指す方にもおすすめです。

【オレンジ】ポジティブな感情になれる色

温かみのある色合いが魅力のオレンジは、ポジティブな感情をもたらす色だと言われています。温かみのあるリビングをつくりたい方に、オレンジのソファは最適です。また食欲不振を解消する色でもあるため、キッチンやダイニングに使う色としてもおすすめ。
出典:

温かみのある色合いが魅力のオレンジは、ポジティブな感情をもたらす色だと言われています。温かみのあるリビングをつくりたい方に、オレンジのソファは最適です。また食欲不振を解消する色でもあるため、キッチンやダイニングに使う色としてもおすすめ。

家族団らんのスペースに取り入れて

家族団らんのスペースに適したオレンジ。食事やお茶をする部屋にポイントで取り入れたいですね。
出典:

家族団らんのスペースに適したオレンジ。食事やお茶をする部屋にポイントで取り入れたいですね。

【ピンク】優しい色合いは安心感を与えてくれる

ピンクは女性らしさを演出する色です。柔らかなイメージのソフトなピンクは、安心感を与えてくれる色だと言われています。
出典:

ピンクは女性らしさを演出する色です。柔らかなイメージのソフトなピンクは、安心感を与えてくれる色だと言われています。

ベビールームや子ども部屋にも

優しい色合いのピンクは、女の子や赤ちゃんの部屋に向いています。ただ、好みが分かれやすい色でもあるため、家族全員が使う部屋に使うのは控えたほうが良いかもしれません。
出典:

優しい色合いのピンクは、女の子や赤ちゃんの部屋に向いています。ただ、好みが分かれやすい色でもあるため、家族全員が使う部屋に使うのは控えたほうが良いかもしれません。

【パープル】上質感のある空間づくりに

高貴な雰囲気を演出するのがパープル。鎮静効果だけでなく、クリエイティブな能力を高める色だと言われています。

アクセントで使うことで、高級感のあるインテリアに仕上がります。
出典:

高貴な雰囲気を演出するのがパープル。鎮静効果だけでなく、クリエイティブな能力を高める色だと言われています。

アクセントで使うことで、高級感のあるインテリアに仕上がります。

静かに過ごしたい場所に最適

静かな気分になれるパープルは、ワークスペースなどにポイント使いするのがおすすめ。寝室や書斎などに気軽に取り入れるなら、カーテンやファブリックをパープルにしてみてはいかがでしょうか。
出典:

静かな気分になれるパープルは、ワークスペースなどにポイント使いするのがおすすめ。寝室や書斎などに気軽に取り入れるなら、カーテンやファブリックをパープルにしてみてはいかがでしょうか。

あなたは何色を取り入れますか?

色の特性を知ると、好みだけではなくその効果にも注目して選びたくなりますね。インテリアと色は切り離せない関係。あなたも、色を心地良い住まいづくりのエッセンスに取り入れてみませんか。
出典:

色の特性を知ると、好みだけではなくその効果にも注目して選びたくなりますね。インテリアと色は切り離せない関係。あなたも、色を心地良い住まいづくりのエッセンスに取り入れてみませんか。

素敵な画像のご提供ありがとうございました。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play