時間を忘れてちくちく。刺し子のふきんを手作りしてみませんか?

時間を忘れてちくちく。刺し子のふきんを手作りしてみませんか?

何も考えずひたすら針を刺す。ちくちく・・ちくちく・・・時間が流れていく。ときにはそんな時間も必要だと思いませんか?昔祖母がしていた刺し子、青い布に白い糸、「布が丈夫になるのよ」と言っていたのを思い出します。今若い人たちの間でも、刺し子がじわじわと人気に。特に、実用性があり簡単なふきんは初心者にもおすすめです。若い人をも夢中にする刺し子って?その魅力をご紹介します! 2017年03月23日更新

カテゴリ:
生活雑貨
キーワード:
ハンドメイド
刺繍
伝統柄
ふきん
刺し子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
217

刺し子についての知識

時間を忘れてちくちく。刺し子のふきんを手作りしてみませんか?

出典:

刺し子(さしこ)とは、手芸の一分野で、布地に糸で幾何学模様等の図柄を刺繍して縫いこむこと。

出典:刺し子 - Wikipedia

時間を忘れてちくちく。刺し子のふきんを手作りしてみませんか?

出典:

その昔からある刺し子に使う刺し子糸は、大抵かせになっています。刺繍糸よりも長く、四本撚りの甘撚りになっていて丈夫なのが特徴です。素材は綿100%のものがほとんどです。

現代では豊富な色の種類があり、選ぶ楽しみもあります。

今、ふきんに刺し子をするのが人気です

時間を忘れてちくちく。刺し子のふきんを手作りしてみませんか?

出典:

ふきんに刺し子をしていくと・・・

丈夫で、心がこもったふきん、だからこそ愛着もわく。
こんなふきんがキッチンにあったら幸せですね。
時間を忘れてちくちく。刺し子のふきんを手作りしてみませんか?

出典:

刺し子をするなら、花ふきんがおすすめ。
吸収性も抜群で乾きも早いと、ふきんの中でも優秀です。

刺し子のふきんの作り方

ふきんに、刺し子で刺繍。
どんな風に針を入れていくのでしょうか?

分かりやすい動画でご紹介します。

1.キット内容
2.専用刺し子針の特徴
3.針の通し方
4.玉結びの方法

5.布について
6.縫い始め
7.刺し順-1

8.糸のつなぎ方

9.刺し順-2

10.斜めや曲線の刺し方

まずはお手軽にキットから始めてみて

慣れてきたら・・・

たくさんの刺し子本が出ているので、好みのものを探してもよいでしょう。

みんなの作品を見てみよう♪

薄い黄色の刺繍糸で丸い円を描いて。
シンプルだけどあたたかみのある図案です。

出典:

薄い黄色の刺繍糸で丸い円を描いて。
シンプルだけどあたたかみのある図案です。

青色と黄色の2色の糸で縫い上げた「重ね枡」刺し。
重ね枡柄は、増加や増大の意味を持つ、縁起の良い柄です。

出典:

青色と黄色の2色の糸で縫い上げた「重ね枡」刺し。
重ね枡柄は、増加や増大の意味を持つ、縁起の良い柄です。

紺色の糸で仕上げた「花刺し」柄。
和でもありモダンでもあります。

出典:

紺色の糸で仕上げた「花刺し」柄。
和でもありモダンでもあります。

綺麗な赤糸で「花亀甲」を刺しゅうして。
縁起のいい亀甲にお花をあしらったふきんは、刺し子糸でできた独特のぽこぽこ感も可愛いですね。

出典:

綺麗な赤糸で「花亀甲」を刺しゅうして。
縁起のいい亀甲にお花をあしらったふきんは、刺し子糸でできた独特のぽこぽこ感も可愛いですね。

こちらはオイルサーディンの柄を刺し子して。
古典的な図案もいいですが、オリジナルの絵を刺していくのも楽しいですね。

出典:

こちらはオイルサーディンの柄を刺し子して。
古典的な図案もいいですが、オリジナルの絵を刺していくのも楽しいですね。

円満・調和を表す「七宝つなぎ」を春らしいピンクと黄緑、イエローの糸で。
お花見の季節にぴったりの一枚ですね。

出典:

円満・調和を表す「七宝つなぎ」を春らしいピンクと黄緑、イエローの糸で。
お花見の季節にぴったりの一枚ですね。

刺し子の柄が映える白色のふきんもいいですが、色地のふきんも生成り色の刺しゅう糸が映えておすすめ。
柄は魔よけの意味もある「麻の葉」模様。平安時代から使われている伝統的な和柄です。

出典:

刺し子の柄が映える白色のふきんもいいですが、色地のふきんも生成り色の刺しゅう糸が映えておすすめ。
柄は魔よけの意味もある「麻の葉」模様。平安時代から使われている伝統的な和柄です。

最後に・・・

時間を忘れてちくちく。刺し子のふきんを手作りしてみませんか?

出典:

図案の種類もたくさんあるので、何を組み合わせて、どのようにするか考える楽しみ。
きっとそれにはまってしまうのでしょうね。

これからの季節、外でチクチクする時間も心地良さそう。
そんな時間をあなたも始めてみませんか?