今日から実践したい*爽やかな朝を迎えるための8つのヒント

今日から実践したい*爽やかな朝を迎えるための8つのヒント

活気あふれる充実した1日は、スッキリとした目覚めから。「朝はなんとなく体や頭が重く、だるく感じてしまう...」そんな日々を抜け出すためには、前日の夜と寝起きに少しの工夫が必要です。爽やかな朝を迎えるために、今日から実践したい8つのヒントをお届けします。2021年03月20日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード
暮らし生き方スローライフヒント過ごし方
お気に入り数1484

1日のはじまり、すっきりスタートしたいのに…

誰でも清々しい朝を迎えて、心地よい1日のスタートを切りたいもの。しかし、日々やるべきことに追われてぐったりと倒れ込むように眠る日が続いてしまったら、朝の目覚めもイマイチ、お昼になっても頭がスッキリしないことも....

そんな負のループから抜け出すために、日常の中に少しの工夫を取り入れてみませんか?
今日から実践できる爽やかな朝を迎えるための8つのヒントをご紹介します。

前日の夜|爽やかな朝を迎えるためのヒント1~4

1.夕食やアルコールは寝る3時間前までに

寝る前に食事をとることで胃が食べ物を消化しようと活発に動きはじめ、良質な睡眠を妨げてしまいます。そのため、寝る3時間前には食事を終え、消化器官がゆっくり休まるようにできるだけ胃の中を空っぽにしておくのがベスト。
出典:unsplash.com

寝る前に食事をとることで胃が食べ物を消化しようと活発に動きはじめ、良質な睡眠を妨げてしまいます。そのため、寝る3時間前には食事を終え、消化器官がゆっくり休まるようにできるだけ胃の中を空っぽにしておくのがベスト。

また、寝る直前のアルコールも眠りを浅くするひとつの要因です。代わりにハーブティーなどのノンカフェインドリンクをホットで飲んでみましょう。豊かな香りに心も落ち着いて、安心して眠れますよ。
出典:

また、寝る直前のアルコールも眠りを浅くするひとつの要因です。代わりにハーブティーなどのノンカフェインドリンクをホットで飲んでみましょう。豊かな香りに心も落ち着いて、安心して眠れますよ。

2.体を温めてゆったりストレッチ

お風呂に浸かったり湯たんぽで体を温めたりすることで、1日の緊張や疲れがほぐれて心身ともにリラックスできるはず。体の力が完全に抜けると、ゆっくりと自然な眠気がやってきます。
出典:

お風呂に浸かったり湯たんぽで体を温めたりすることで、1日の緊張や疲れがほぐれて心身ともにリラックスできるはず。体の力が完全に抜けると、ゆっくりと自然な眠気がやってきます。

併せて、寝る前にベッドの上で軽いストレッチをするのもおすすめ。とくに肩や首こりに悩む方は、1日の終わりにしっかり凝りを解して体をリセットしてあげましょう。

翌朝スッキリ目覚めるためには、疲れを次の日に引きずらないことが大切なのです。
出典:unsplash.com

併せて、寝る前にベッドの上で軽いストレッチをするのもおすすめ。とくに肩や首こりに悩む方は、1日の終わりにしっかり凝りを解して体をリセットしてあげましょう。

翌朝スッキリ目覚めるためには、疲れを次の日に引きずらないことが大切なのです。

3.ブルーライトを避ける

スマホやPCが放つブルーライトには、交感神経を活発にする働きがあります。交感神経が強く働くと心身ともに興奮状態になってしまうため、眠気を一瞬で覚ましてしまうんです。

「日頃からついついスマホに触れてしまう...」という方は、まずスマホと物理的な距離を取ることからはじめてみてくださいね。
出典:

スマホやPCが放つブルーライトには、交感神経を活発にする働きがあります。交感神経が強く働くと心身ともに興奮状態になってしまうため、眠気を一瞬で覚ましてしまうんです。

「日頃からついついスマホに触れてしまう...」という方は、まずスマホと物理的な距離を取ることからはじめてみてくださいね。

場合によっては、夕方〜夜にかけてブルーライトカットメガネを活用して過ごすのもいいでしょう。もちろん外出時にも紫外線などをカットしてくれるので、仕事や学校でのデイリー使いにも◎
出典:

場合によっては、夕方〜夜にかけてブルーライトカットメガネを活用して過ごすのもいいでしょう。もちろん外出時にも紫外線などをカットしてくれるので、仕事や学校でのデイリー使いにも◎

4.部屋を暗くして寝る

部屋を明るくしたまま眠ると、私たちの体内時計を整える働きのある“メラトニン”という物質が分泌されにくくなってしまいます。メラトニンは覚醒状態と睡眠状態を賢く切り替えてくれる大切なホルモンのひとつ。しっかりとこの物質が作用するように、できるだけ部屋を暗くしておきましょう。
出典:

部屋を明るくしたまま眠ると、私たちの体内時計を整える働きのある“メラトニン”という物質が分泌されにくくなってしまいます。メラトニンは覚醒状態と睡眠状態を賢く切り替えてくれる大切なホルモンのひとつ。しっかりとこの物質が作用するように、できるだけ部屋を暗くしておきましょう。

光が差し込んだり夜型の仕事に勤めている方は、遮光カーテンなどを使ってみるのもいいですね。ただ中には、「暗すぎる部屋は本能的に不安を感じてしまう」という方も多いかと思います。そのような場合は、暖色系の間接照明をぼんやり着けておくといいでしょう。
出典:

光が差し込んだり夜型の仕事に勤めている方は、遮光カーテンなどを使ってみるのもいいですね。ただ中には、「暗すぎる部屋は本能的に不安を感じてしまう」という方も多いかと思います。そのような場合は、暖色系の間接照明をぼんやり着けておくといいでしょう。

起きた後|爽やかな朝を迎えるためのヒント5~8

5.布団の中で手足を動かす

朝方にうっすらと目が覚めたら、布団の中で少し体を動かしてみましょう。私たちの体や脳は、体温が上がることで目を覚まします。足首を回したり指先のグーパー運動をしたりなど、簡単なことでOK。
出典:unsplash.com

朝方にうっすらと目が覚めたら、布団の中で少し体を動かしてみましょう。私たちの体や脳は、体温が上がることで目を覚まします。足首を回したり指先のグーパー運動をしたりなど、簡単なことでOK。

6.朝日を浴びる

起き上がったらまずは、カーテンを開けて日の光を部屋に取り込みます。ついでに自分自身も太陽の光を浴びることで、心の安定に深く作用する“セロトニン”の分泌が促されますよ。

体内時計をしっかり整えられるのはもちろん、ストレスや意欲減退を予防するのにも効果的です。
出典:unsplash.com

起き上がったらまずは、カーテンを開けて日の光を部屋に取り込みます。ついでに自分自身も太陽の光を浴びることで、心の安定に深く作用する“セロトニン”の分泌が促されますよ。

体内時計をしっかり整えられるのはもちろん、ストレスや意欲減退を予防するのにも効果的です。

日の光を浴びる時間は1~3分程度で大丈夫。毎日おおよそ同じ時間帯に日の光を浴びられると、なおいいですね!じんわりと体が温まったら、ゆっくりと動きはじめましょう。
出典:

日の光を浴びる時間は1~3分程度で大丈夫。毎日おおよそ同じ時間帯に日の光を浴びられると、なおいいですね!じんわりと体が温まったら、ゆっくりと動きはじめましょう。

7.白湯で体を温める

とくに低体温や低血圧の方は、朝起きてもボーッとしてしまったりスムーズに動きはじめられなかったりすることが多いのではないでしょうか。そのような人には、内臓を温めて体をゆったりと起こしてくれる1杯の白湯がおすすめです。
出典:

とくに低体温や低血圧の方は、朝起きてもボーッとしてしまったりスムーズに動きはじめられなかったりすることが多いのではないでしょうか。そのような人には、内臓を温めて体をゆったりと起こしてくれる1杯の白湯がおすすめです。

1杯を20分くらいかけて飲み干せば、胃腸の消化器官をサポートしてくれ、便秘解消や腸内環境を整えるのにも効果的。また、白湯から1日をスタートさせることで、眠っている間に失われた水分をしっかりと補給することができます。
出典:unsplash.com

1杯を20分くらいかけて飲み干せば、胃腸の消化器官をサポートしてくれ、便秘解消や腸内環境を整えるのにも効果的。また、白湯から1日をスタートさせることで、眠っている間に失われた水分をしっかりと補給することができます。

8.好きな音楽やラジオをかける

「体は起きているのに、なんだか脳の目覚めが悪い」と感じたら、サッと1曲聴いてから動きはじめるのもいいかもしれません。朝から聴覚が刺激されると、自然と脳が情報を処理しようと働きはじめるのです。
出典:unsplash.com

「体は起きているのに、なんだか脳の目覚めが悪い」と感じたら、サッと1曲聴いてから動きはじめるのもいいかもしれません。朝から聴覚が刺激されると、自然と脳が情報を処理しようと働きはじめるのです。

また、好きな音楽やラジオを聴くことで、1日のモチベーションもUP!少し気分が乗らない日でも、知らず知らずのうちに気持ちを前向きにさせてくれます。朝にぴったりのお気に入りの音楽が見つかると、より充実した時間が過ごせますよ。
出典:

また、好きな音楽やラジオを聴くことで、1日のモチベーションもUP!少し気分が乗らない日でも、知らず知らずのうちに気持ちを前向きにさせてくれます。朝にぴったりのお気に入りの音楽が見つかると、より充実した時間が過ごせますよ。

スッキリした体と頭で、活気のある1日を

今日から実践したい*爽やかな朝を迎えるための8つのヒント
出典:unsplash.com
朝からいいスタートを切れると、なんだか心も体も軽やか。その日が活気に溢れた1日になりそうですよね。今回紹介した工夫はどれも今日から実践できることばかりです。ぜひ自分のライフスタイルに合うものから気軽にはじめて、気持ちよい朝を迎えてください*

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play