<ワンルーム・1K>のレイアウトどうする?一人暮らしのお部屋を快適に使うコツ

<ワンルーム・1K>のレイアウトどうする?一人暮らしのお部屋を快適に使うコツ

一人暮らしのお部屋に多い間取りといえば、ワンルームや1K。限られたスペースにどうレイアウトしたらいいか、お悩みではありませんか? コンパクトなお部屋を快適に使うには、家具を賢くレイアウトして、狭さを克服することです。そして、インテリアをおしゃれに仕上げることで、さらに居心地がよくなります。一人暮らしが初めての方も、そうでない方も、今より快適なお部屋にブラッシュアップしてみませんか? 2019年05月29日作成

カテゴリ:
インテリア
キーワード:
一人暮らし
ワンルーム
模様替え
狭い部屋
レイアウト・間取り
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1854

今のお部屋に満足していますか?

狭い、暗い、モノが多い……一人暮らしのお部屋に不満を抱いていませんか? ワンルームや1Kといったコンパクトなお部屋によくあるお悩みですよね。そんなお悩みも、レイアウトを手直しすれば解決できるかもしれません。今のお部屋をもっと快適にするためのレイアウトや、狭さを克服する方法、インテリアをおしゃれに見せるヒントをご紹介します。
出典:

狭い、暗い、モノが多い……一人暮らしのお部屋に不満を抱いていませんか? ワンルームや1Kといったコンパクトなお部屋によくあるお悩みですよね。そんなお悩みも、レイアウトを手直しすれば解決できるかもしれません。今のお部屋をもっと快適にするためのレイアウトや、狭さを克服する方法、インテリアをおしゃれに見せるヒントをご紹介します。

すっきり快適なレイアウトの基本

お部屋の広さや間取りに関係なく、レイアウトの基本は共通しています。面やラインをそろえること、視線が抜けるようにすること、空間を広く使うようにすることです。この3つのポイントをおさえるだけで、すっきりとした快適なお部屋のベースが整います。
出典:

お部屋の広さや間取りに関係なく、レイアウトの基本は共通しています。面やラインをそろえること、視線が抜けるようにすること、空間を広く使うようにすることです。この3つのポイントをおさえるだけで、すっきりとした快適なお部屋のベースが整います。

家具の面・ラインをそろえる

片付けはしているのに、どうもすっきりしないと感じていませんか。それはもしかしたら、家具の奥行きがそろっておらず、出っ張りがあるからかもしれません。家具の面やラインをそろえてレイアウトすることで、でこぼこがなくなってすっきりと見えるようになります。
出典:

片付けはしているのに、どうもすっきりしないと感じていませんか。それはもしかしたら、家具の奥行きがそろっておらず、出っ張りがあるからかもしれません。家具の面やラインをそろえてレイアウトすることで、でこぼこがなくなってすっきりと見えるようになります。

視線が抜けるようにする

視線の抜けを意識してレイアウトすると、空間に広がりが感じられるようになります。部屋の入り口から奥の方まで、通路がスッと一直線になるのが理想です。ベッドは部屋の長手方向に沿わせ、他の家具も同様に並べるレイアウトがおすすめ。
出典:

視線の抜けを意識してレイアウトすると、空間に広がりが感じられるようになります。部屋の入り口から奥の方まで、通路がスッと一直線になるのが理想です。ベッドは部屋の長手方向に沿わせ、他の家具も同様に並べるレイアウトがおすすめ。

空間を広く使う

ワンルームや1Kでも、ゆったりとくつろぎたいですよね。お部屋の短い辺にベッドをレイアウトすると、まとまった空間を作ることができます。また、ベッド兼ソファ、テーブル兼デスク、というように家具を兼用することも、スペースを有効に使うポイントです。
出典:

ワンルームや1Kでも、ゆったりとくつろぎたいですよね。お部屋の短い辺にベッドをレイアウトすると、まとまった空間を作ることができます。また、ベッド兼ソファ、テーブル兼デスク、というように家具を兼用することも、スペースを有効に使うポイントです。

レイアウトやインテリアで狭さを克服しよう

ワンルームや1Kの狭さを克服するには、レイアウトの工夫と共に、圧迫感のないインテリアを選ぶことです。背の高い家具よりも低いものを、濃く暗い色よりも淡く明るい色を選びましょう。透け感のあるものや軽やかな素材感のものも、圧迫感を和らげて、お部屋を広く感じさせてくれます。
出典:

ワンルームや1Kの狭さを克服するには、レイアウトの工夫と共に、圧迫感のないインテリアを選ぶことです。背の高い家具よりも低いものを、濃く暗い色よりも淡く明るい色を選びましょう。透け感のあるものや軽やかな素材感のものも、圧迫感を和らげて、お部屋を広く感じさせてくれます。

背の低い家具で圧迫感をなくす

背の低い家具は天井が高く感じられる効果があり、狭い部屋特有の圧迫感や閉塞感を和らげてくれます。収納が足りず、やむなく背の高い家具を置く場合は、視界に入りづらい場所に置きましょう。背板のないオープンシェルフなら、視線が抜けるのでおすすめです。
出典:

背の低い家具は天井が高く感じられる効果があり、狭い部屋特有の圧迫感や閉塞感を和らげてくれます。収納が足りず、やむなく背の高い家具を置く場合は、視界に入りづらい場所に置きましょう。背板のないオープンシェルフなら、視線が抜けるのでおすすめです。

明るいカラーリングをチョイス

お部屋のテイストにもよりますが、濃い色を多用すると、狭く重い雰囲気になってしまいます。シーツやカーテンなど面積の広いアイテムは、淡く明るい色にするとよいでしょう。家具はフローリングや壁紙と同系色のものが、統一感が出て落ち着いた雰囲気になります。
出典:

お部屋のテイストにもよりますが、濃い色を多用すると、狭く重い雰囲気になってしまいます。シーツやカーテンなど面積の広いアイテムは、淡く明るい色にするとよいでしょう。家具はフローリングや壁紙と同系色のものが、統一感が出て落ち着いた雰囲気になります。

透け感のある素材を生かす

窓や床面がふさがれていると、実際以上に狭さを感じることになります。そんなときは、透け感のある素材を生かして、視線の抜けを作りましょう。光を通すシアーカーテンや、ガラス素材のテーブルなどがいいですね。間仕切りにオープンシェルフを使ったり、脚付きの家具で床面を見せたりするのもおすすめ。
出典:

窓や床面がふさがれていると、実際以上に狭さを感じることになります。そんなときは、透け感のある素材を生かして、視線の抜けを作りましょう。光を通すシアーカーテンや、ガラス素材のテーブルなどがいいですね。間仕切りにオープンシェルフを使ったり、脚付きの家具で床面を見せたりするのもおすすめ。

インテリアでおしゃれに見せよう

快適なお部屋の仕上げは、インテリアをおしゃれに見せることです。せっかくの一人暮らしですから、自分の好きという感性を大切したいですよね。インテリアのセンスがなくても大丈夫。ワンルームや1Kのお部屋で快適にすごすための、おしゃれに見せるヒントをご紹介します。
出典:

快適なお部屋の仕上げは、インテリアをおしゃれに見せることです。せっかくの一人暮らしですから、自分の好きという感性を大切したいですよね。インテリアのセンスがなくても大丈夫。ワンルームや1Kのお部屋で快適にすごすための、おしゃれに見せるヒントをご紹介します。

モノは少なく質の良いものを

コンパクトなお部屋に多くのモノは不釣り合いです。際限なくモノを増やさないためには、安いからという理由で買わないようにしましょう。一人暮らしにフィットするような、質の良いもの、長く愛せるものを選びます。
出典:

コンパクトなお部屋に多くのモノは不釣り合いです。際限なくモノを増やさないためには、安いからという理由で買わないようにしましょう。一人暮らしにフィットするような、質の良いもの、長く愛せるものを選びます。

インテリアはイメージを固めてから買おう

インテリアのテイストがちぐはぐだと、どんなに片付けていてもどこか落ち着かないもの。家具はもちろん、インテリア小物を買う場合も、イメージを固めてから買うことです。お店で見たときはよかったのに、持って帰ったらなんだかイマイチというのを避けることができます。
出典:

インテリアのテイストがちぐはぐだと、どんなに片付けていてもどこか落ち着かないもの。家具はもちろん、インテリア小物を買う場合も、イメージを固めてから買うことです。お店で見たときはよかったのに、持って帰ったらなんだかイマイチというのを避けることができます。

テイストを決めておしゃれなお部屋に♪《一人暮らしのインテリアスタイリング術》
テイストを決めておしゃれなお部屋に♪《一人暮らしのインテリアスタイリング術》

新生活にも少しずつ慣れてくると、お部屋も自分らしくチューンアップしたくなるもの。ですが、やみくもにインテリアを増やすと、ちぐはぐで落ち着きのない印象になってしまいます。そんな失敗をしないためにも、お部屋のテーマカラー&テイストを決めて、おしゃれで居心地のいい空間づくりをしてみませんか? 一人暮らしの方にはもちろん、そうでない方にも参考になる、インテリアのスタイリング方法をご紹介します。

こちらの記事もご参考になさってくださいね。

間接照明でリラックス空間作り

天井照明とは別に、間接照明をひとつ取り入れてみませんか。お部屋に奥行き感や立体感が増し、リラックスタイムの雰囲気作りにも◎。テーブルライトやフロアライト、LEDキャンドルのほか、防災用に持ち運べるタイプがあってもいいですね。
出典:

天井照明とは別に、間接照明をひとつ取り入れてみませんか。お部屋に奥行き感や立体感が増し、リラックスタイムの雰囲気作りにも◎。テーブルライトやフロアライト、LEDキャンドルのほか、防災用に持ち運べるタイプがあってもいいですね。

バルコニーも立派なくつろぎスペースに

洗濯物を干すだけと思われがちなバルコニーも、立派なくつろぎスペースとして使えます。タイルなどを敷き、お部屋の延長のようにしてみてはいかがでしょう。床面が繋がるようにすることで、実際よりもお部屋が広く感じられる効果もあります。
出典:

洗濯物を干すだけと思われがちなバルコニーも、立派なくつろぎスペースとして使えます。タイルなどを敷き、お部屋の延長のようにしてみてはいかがでしょう。床面が繋がるようにすることで、実際よりもお部屋が広く感じられる効果もあります。

ワンルームや1Kでも快適なお部屋に*

狭くて使い勝手が悪いと思っていたお部屋でも、レイアウトの工夫で快適なお部屋によみがえらせることができます。ご紹介した内容をご参考に、一人暮らしのお部屋をブラッシュアップしてみてくださいね。
出典:

狭くて使い勝手が悪いと思っていたお部屋でも、レイアウトの工夫で快適なお部屋によみがえらせることができます。ご紹介した内容をご参考に、一人暮らしのお部屋をブラッシュアップしてみてくださいね。

今回画像をお借りしたサイトさまのページはこちらです。
ご紹介したほかにも、レイアウトのアイディアが参考になりますので、ぜひご覧になってみてくださいね。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play