大人クールに、きりりと引き締める。「黒シャツ」の着こなしコーディネート

大人クールに、きりりと引き締める。「黒シャツ」の着こなしコーディネート

シャツと言えば「白シャツ」が定番ですが、大人クールに決めるなら断然「黒シャツ」がおすすめです。きりりとハンサムな印象で、メンズライクなカジュアルコーデからキレイめまで、着こなし次第でオールシーズン活躍してくれます。今回は、サイズ感によって変わる着こなしの実例をはじめ、オフィスカジュアルやロングシャツのレイヤードスタイルなど、バリエーションに富んだ黒シャツコーデをご紹介します。 2019年03月31日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード:
トップス
シャツ
着こなし
ベーシックアイテム
ロングシャツ
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
401

「黒シャツ」の魅力って?

大人クールに、きりりと引き締める。「黒シャツ」の着こなしコーディネート
出典:
カジュアルからフォーマルまで、どんなスタイルも引き締めてくれる「黒シャツ」は、白シャツとはまた違った大人っぽい魅力がありますね。ボタン付きのスタンダードなものから、ロング丈やプルオーバータイプまで種類も豊富です。また、流行に左右されずどんなカラーとも合わせやすいので、定番アイテムとして長く使えるという実用面でのメリットもあります。

サイズ・丈感・着こなしで印象が変わる

ジャストサイズ

ジャストサイズの黒シャツは、どんなボトムスにも合わせやすいので、“基本の一枚”として持っていると便利です。ボリュームのあるフレアースカートに合わせてもすっきりとまります。
出典:

ジャストサイズの黒シャツは、どんなボトムスにも合わせやすいので、“基本の一枚”として持っていると便利です。ボリュームのあるフレアースカートに合わせてもすっきりとまります。

スタンダードな黒シャツにボリュームパンツを合わせたスタイルも、アンクル丈やテーパードデザインのものを選ぶことで、バランスよく着こなすことができます。
出典:

スタンダードな黒シャツにボリュームパンツを合わせたスタイルも、アンクル丈やテーパードデザインのものを選ぶことで、バランスよく着こなすことができます。

ゆったりサイズ

ゆったりサイズの黒シャツは、大人っぽいリラックス感を演出してくれます。ボリュームのバランスを取るのが難しい場合は、まずはスキニーデニムなどスリムなシルエットのパンツを合わせてみましょう。
出典:

ゆったりサイズの黒シャツは、大人っぽいリラックス感を演出してくれます。ボリュームのバランスを取るのが難しい場合は、まずはスキニーデニムなどスリムなシルエットのパンツを合わせてみましょう。

ロングスカートなどボリュームのあるボトムスの場合は、黒シャツをインしたり、ベルトでウエストマークすることでメリハリのあるスタイルを叶えてくれます。
出典:

ロングスカートなどボリュームのあるボトムスの場合は、黒シャツをインしたり、ベルトでウエストマークすることでメリハリのあるスタイルを叶えてくれます。

ロング丈

ロング丈の黒シャツは、合わせるボトムスによって印象が変わります。極太ワイドパンツもサイドスリット入りのデザインを選べば、すっきりバランスよく着こなせます。
出典:

ロング丈の黒シャツは、合わせるボトムスによって印象が変わります。極太ワイドパンツもサイドスリット入りのデザインを選べば、すっきりバランスよく着こなせます。

ロング丈の黒シャツは、前開きで羽織るのもおすすめです。Tシャツ×デニムのカジュアルな定番スタイルも、大人っぽくこなれた印象に見せてくれます。
出典:

ロング丈の黒シャツは、前開きで羽織るのもおすすめです。Tシャツ×デニムのカジュアルな定番スタイルも、大人っぽくこなれた印象に見せてくれます。

メンズライクなカジュアルコーデ

ロールアップがポイントのゆるカジコーデ

大きめの黒シャツ×ワイドデニムのゆるカジコーデは、袖と裾をラフにロールアップすることで洗練された印象に。インナーの白Tシャツを覗かせたバランスが絶妙です。
出典:

大きめの黒シャツ×ワイドデニムのゆるカジコーデは、袖と裾をラフにロールアップすることで洗練された印象に。インナーの白Tシャツを覗かせたバランスが絶妙です。

夏はオープンカラーの半袖シャツで涼しく

幅広のオープンカラーシャツとワイドチノパンのカジュアルコーデ。ラフに開いた襟元が涼しげで、夏の日差しによく似合います。スニーカーはもちろん、スポーツサンダルを合わせるのもおすすめ。
出典:

幅広のオープンカラーシャツとワイドチノパンのカジュアルコーデ。ラフに開いた襟元が涼しげで、夏の日差しによく似合います。スニーカーはもちろん、スポーツサンダルを合わせるのもおすすめ。

チェック柄ネルシャツのビッグシルエットコーデ

オーバーサイズのチェックシャツとワイドパンツを合わせたメンズライクコーデ。柄物を選ぶことでブラックコーデも重たくなり過ぎず、白のインナーで明るさを上手に加えています。
出典:

オーバーサイズのチェックシャツとワイドパンツを合わせたメンズライクコーデ。柄物を選ぶことでブラックコーデも重たくなり過ぎず、白のインナーで明るさを上手に加えています。

秋冬はインナーとして黒の花柄シャツでスパイスを

MA-1やダメージデニムなど、メンズライクなコーデには、黒の花柄シャツでほんのり甘さのスパイスを加えて。全体をジャストサイズでまとめることで、ルーズ過ぎないマニッシュな印象に。
出典:

MA-1やダメージデニムなど、メンズライクなコーデには、黒の花柄シャツでほんのり甘さのスパイスを加えて。全体をジャストサイズでまとめることで、ルーズ過ぎないマニッシュな印象に。

オフィスカジュアルもOKなキレイめ大人コーデ

春夏は黒シャツをジャケット風に

春夏は、薄手の黒シャツをジャケット代わりとして使ってみると全体が引き締まります。ハリ感のある素材ならきちんと、とろみ系ならフェミニンに。白インナー+ベルトでメリハリをつけています。
出典:

春夏は、薄手の黒シャツをジャケット代わりとして使ってみると全体が引き締まります。ハリ感のある素材ならきちんと、とろみ系ならフェミニンに。白インナー+ベルトでメリハリをつけています。

シャツデザインで差を付ける大人シンプルコーデ

一見シンプルな黒シャツですが、ヘムラインが長めなのでデザイン性だけでなくボディラインを上手にカバーしてくれます。センタープレスのパンツとパンプスで品よくまとめたスタイリングです。
出典:

一見シンプルな黒シャツですが、ヘムラインが長めなのでデザイン性だけでなくボディラインを上手にカバーしてくれます。センタープレスのパンツとパンプスで品よくまとめたスタイリングです。

黒シャツ×ネイビーパンツのキレイめカジュアル

メンズライクな黒シャツ×ネイビーパンツの組み合わせも、ジャストサイズやテーパードラインなどシルエットを意識することで、オフィスカジュアル仕様に。スキッパーシャツの襟元からインナーを覗かせた着こなしも◎
出典:

メンズライクな黒シャツ×ネイビーパンツの組み合わせも、ジャストサイズやテーパードラインなどシルエットを意識することで、オフィスカジュアル仕様に。スキッパーシャツの襟元からインナーを覗かせた着こなしも◎

黒シャツ×水玉パンツのオールブラックコーデ

オールブラックコーデも、上下どちらかをシンプルな柄物にするだけで印象が和らぎます。黒のプルオーバーシャツにドット柄パンツを合わせた女性らしいスタイリング。丸いフォルムのフラットシューズも雰囲気とマッチしています。
出典:

オールブラックコーデも、上下どちらかをシンプルな柄物にするだけで印象が和らぎます。黒のプルオーバーシャツにドット柄パンツを合わせた女性らしいスタイリング。丸いフォルムのフラットシューズも雰囲気とマッチしています。

大人モードな黒フリルシャツコーデ

フリルのデザインシャツも黒なら甘くなりすぎません。ベルト付きハイウエストスカートにインしてすっきりと。ハリのある素材感も相まって洗練された印象に。
出典:

フリルのデザインシャツも黒なら甘くなりすぎません。ベルト付きハイウエストスカートにインしてすっきりと。ハリのある素材感も相まって洗練された印象に。

スタンドカラーでフォーマルなシーンにも対応

スタンドカラーの黒シャツとリジッドデニムのキレイめコーディネート。カジュアルなデニムも、色やシルエットをはじめ、シャツの襟元や小物使いできちんと感を演出することができますね。
出典:

スタンドカラーの黒シャツとリジッドデニムのキレイめコーディネート。カジュアルなデニムも、色やシルエットをはじめ、シャツの襟元や小物使いできちんと感を演出することができますね。

黒のロングシャツコーデ

ラフな着こなしで楽しむロングシャツコーデ

オーバーシルエットのロングシャツは、襟元や袖口をラフにすることでなれた印象に。小柄な方は、細めのパンツやスリット入りを選ぶと、バランスよく着こなせます。
出典:

オーバーシルエットのロングシャツは、襟元や袖口をラフにすることでなれた印象に。小柄な方は、細めのパンツやスリット入りを選ぶと、バランスよく着こなせます。

ワンピース風ロングシャツの春夏レイヤードスタイル

ワンピース風や羽織りなど、黒のロングシャツはオールシーズン使える便利なアイテム。春夏は明るいカラーのボトムスを合わせて、軽やかなレイヤードスタイルを楽しみましょう。
出典:

ワンピース風や羽織りなど、黒のロングシャツはオールシーズン使える便利なアイテム。春夏は明るいカラーのボトムスを合わせて、軽やかなレイヤードスタイルを楽しみましょう。

ホワイトコーデのアウターとして引き締める

白のブラウスとフレアースカートのホワイトコーデは、ともするとぼやけた印象になってしまうことも。そんな時は、黒のロングシャツをコート風に羽織ることで全体が引き締まります。
出典:

白のブラウスとフレアースカートのホワイトコーデは、ともするとぼやけた印象になってしまうことも。そんな時は、黒のロングシャツをコート風に羽織ることで全体が引き締まります。

カジュアルなデニムコーデに羽織って大人っぽく

Tシャツ×デニムの定番カジュアルスタイルも、ロング丈の黒シャツを羽織るだけでこなれ感がアップ。季節の変わり目にも重宝します。
出典:

Tシャツ×デニムの定番カジュアルスタイルも、ロング丈の黒シャツを羽織るだけでこなれ感がアップ。季節の変わり目にも重宝します。

ロングシャツ×ワンピースのモノトーンコーデ

モノトーン柄の切替えワンピースに黒シャツを羽織ったスタイリング。柄物を取り入れる場合は、コーディネートの色味を抑えつつ、黒のロングシャツでまとめるのが正解です。
出典:

モノトーン柄の切替えワンピースに黒シャツを羽織ったスタイリング。柄物を取り入れる場合は、コーディネートの色味を抑えつつ、黒のロングシャツでまとめるのが正解です。

媚びない黒シャツスタイルを

大人クールに、きりりと引き締める。「黒シャツ」の着こなしコーディネート
出典:
きりりと引き締まった印象を与えてくれる「黒シャツ」は、凛とした大人っぽいスタイルが簡単に作れます。どんなカラーとも合わせやすいので、ワードローブにぜひ加えてみてはいかがでしょうか。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play