“行きたい国”に思いを馳せて。世界の作家さんが書いた「小説10選」

“行きたい国”に思いを馳せて。世界の作家さんが書いた「小説10選」

海外旅行に行けなくなってずいぶん経ちますが、行きたい気持ちをどんな風に紛らわしていますか?家に居ながらにしてその国の美味しい料理を食べたり、美しい写真を眺めたり、観光ガイドを見るのも楽しいですよね。でも…「もっと行ったつもりになりたい」という時におすすめなのが、「訪れたい国の作家さんが書いた小説を読むこと」です。おすすめの理由と小説をご紹介します。2021年09月30日作成

カテゴリ:
アート・カルチャー
キーワード
小説おうち時間世界
お気に入り数617

旅行に行けていた頃が懐かしい

“行きたい国”に思いを馳せて。世界の作家さんが書いた「小説10選」
出典:unsplash.com
旅行に行けなくなってずいぶん経ちました。旅行どころか、国内でも思うように動くことができない今日この頃、どんな風にして出かけたい気持ちを紛らわしていますか?
“行きたい国”に思いを馳せて。世界の作家さんが書いた「小説10選」
出典:unsplash.com
きっと行きたい場所の美味しいものをお取り寄せしたり、写真を眺めたりして思いを馳せているのではないでしょうか。ですがそれだけではやはり物足りない…と思うのも事実ですよね。そこで、より「その国らしさ」を感じるのに有効な方法をご紹介します。

文章に現れるその国の文化や「らしさ」

“行きたい国”に思いを馳せて。世界の作家さんが書いた「小説10選」
出典:unsplash.com
それは、行きたいと思う国の作家さんが書いた小説を読む、という方法です。日本の作家さんが対象の国を舞台にして書いたものではなく、旅行をした方の体験記でもありません。現地の作家さんが書いた本です。
“行きたい国”に思いを馳せて。世界の作家さんが書いた「小説10選」
出典:unsplash.com
日本人の作家さんが書いた本であれば、日本の文化や風習を共有していることによって「何となく感覚としてわかる」部分が多くありますよね。ところが、各国の作家さんとはそうはいきません。
“行きたい国”に思いを馳せて。世界の作家さんが書いた「小説10選」
出典:unsplash.com
「こんな時にこんなことを考えるんだ」とか「こんな言い方をするんだ」など、文化の違いを多く感じるのは文章で構成される小説ならではです。また、細かな描写を通して、暮らし方の違いを感じることもできます。

小説を通して世界を旅しよう

“行きたい国”に思いを馳せて。世界の作家さんが書いた「小説10選」
出典:unsplash.com
実際に旅行をすると、その国らしさや文化にほんの少し触れたように感じます。ですが、旅行というのは本当に限られた時間しかありませんよね。
“行きたい国”に思いを馳せて。世界の作家さんが書いた「小説10選」
出典:unsplash.com
今は、実際に世界を旅する事は難しいけれど、小説の中でゆっくりと時間をかけながらいろんな国を巡る事ができます。まずは訪れてみたい国の一冊を手に取ってみませんか?おすすめの小説も、ご紹介します。

イギリス

「シャーロック・ホームズの冒険」コナン・ドイル(著),えすと えむ (イラスト),石田 文子(翻訳),角川書店

シャーロック・ホームズの冒険 (角川文庫)
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

19世紀のロンドンが舞台のシャーロックホームズは子供の頃に読んだという方も多いかもしれません。でも歳を重ねてから読み直すと、また新鮮な面白さを味わえそうです。昔のロンドンでの暮らしを想像でき、話に引き込まれていきます。

シャーロック・ホームズの冒険 (角川文庫)
607円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

フランス

「星の王子さま」サン=テグジュペリ (著),河野 万里子 (翻訳),新潮社

星の王子さま (新潮文庫)
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

フランス生まれのサン=テグジュペリさんが記したこの本は、大人になってからこそ何度も読み返したくなる本です。星から星へと旅する王子さまとそこで出会った人たちとの会話を通して、「本当に大切なこと」を見つけてみませんか?独特の言い回しや表現方法に、はっと心を動かされるはず。読むたびに新しい発見がありそうです。

星の王子さま (新潮文庫)
528円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

スペイン

「執着」ハビエル・マリアス (著),白川 貴子 (翻訳),東京創元社

執着 (海外文学セレクション)
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

マドリード生まれの作者が書いた「執着」は、主人公マリアの視点で語られていく哲学小説です。独白のような思考を根気強く読み解いていくプロセスもまた魅力のひとつとなっています。

執着 (海外文学セレクション)
6,421円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

カナダ

「青い城 」モンゴメリ(著),谷口 由美子 (翻訳),角川グループパブリッシング

青い城 (角川文庫)
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

「赤毛のアン」でよく知られるモンゴメリの隠れた名作、大人向けラブストーリー。主人公が、実は難しい「好きに生きていく事」をあるきっかけからどんどん実践して輝いていく過程がとても素敵で爽快です。カナダの美しい自然の描写がこの本をさらに魅力的にしています。

青い城 (角川文庫)
792円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

ロシア

「モスクワの伯爵」エイモア トールズ (著),宇佐川 晶子 (翻訳),早川書房

モスクワの伯爵
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

20世紀初頭のモスクワ。いまも世界中の名士から愛されるホテル、メトロポールを舞台に上流社会のドラマを描く長篇小説。ロシア人伯爵がその高級ホテルの屋根裏に軟禁されてずっとそこから出られないという生活がこの本には描かれます。どんな境遇でも、紳士の振る舞いを忘れない主人公が魅力的です。

モスクワの伯爵
3,960円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

インド

「ブート・バザールの少年探偵 」ディーパ・アーナパーラ (著),坂本 あおい (翻訳),早川書房

ブート・バザールの少年探偵 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

インドのスラムの貧困や宗教差別など、社会の闇の部分を舞台にした小説。旅行では決して目にすることのない側面ですが、これは現実なんだ、と思うと胸が締め付けられます。インドの一面を知るためにしっかり向き合いたい本です。

ブート・バザールの少年探偵 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
1,408円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

中国

「上海、かたつむりの家」六六 (著),青樹 明子 (翻訳),プレジデント社

上海、かたつむりの家
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

上海といえば窓がずらりと並ぶ高層ビルを思い浮かべますよね。その、小さな家(=かたつむりの家)を手に入れるために奮闘する夫婦やその家族を描いた小説です。お隣の国とはいえ、考え方の違いを感じずにはいられない興味深い本です。

上海、かたつむりの家
2,090円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

台湾

「台北プライベートアイ」紀 蔚然 (著),舩山 むつみ (翻訳),文藝春秋

台北プライベートアイ
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

台北の地名が出てくるので、行ったことがあれば街の雰囲気を思い浮かべながら読み進められます。台湾の作家さんらしい柔らかくほっこりした文章が読みやすく、探偵小説の面白さと相まってあっという間に読み終わってしまうでしょう。

台北プライベートアイ
1,980円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

オーストラリア

「少年は世界をのみこむ」トレント ダルトン (著),池田 真紀子 (翻訳),ハーパーコリンズ・ジャパン

少年は世界をのみこむ (ハーパーコリンズ・フィクション)
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

世界の住みやすい都市によくランキングされるオーストラリア。良いイメージの裏側で、実は問題になっている麻薬密売や暴力に関する社会問題を描きながらも、最後は希望を持てる内容で読み応え充分です。

少年は世界をのみこむ (ハーパーコリンズ・フィクション)
2,860円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

日本

「舟を編む」三浦 しをん(著),光文社

舟を編む (光文社文庫)
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

国語辞典は学生の頃によく使いますが、どんなふうに作られているのかについてはあまり知られていませんよね。映画化されたことで、よく知られている作品ですが、「言葉」や「文字」の奥深い面白さを再発見でき、何度でも読み返したくなる一冊です。

舟を編む (光文社文庫)
682円(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

本を片手に心で旅しよう

“行きたい国”に思いを馳せて。世界の作家さんが書いた「小説10選」
出典:unsplash.com
名前がカタカナで頭に入りづらいとか、例えがわかりにくいなど、外国小説には独特のハードルがありますよね。ですが、一度ハマってしまえば、抜けられないほど面白いのも外国小説かもしれません。まずはいってみたい国が舞台の小説から、手に取ってみませんか?

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play