「職場の人間関係」に悩んだら…。試してみてほしい8つのこと

「職場の人間関係」に悩んだら…。試してみてほしい8つのこと

日々の生活の中で様々な人と関わって、私達は生きています。中でも職場は一日の大半の時間を過ごす場所。人間関係が上手くいかないと大きなストレスを抱えてしまうかもしれません。今回は、そんな職場の人間関係を円滑にするためのヒントを紹介します。今、職場の人間関係に頭を悩ませているという人は参考にしてみてくださいね。2018年11月26日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
暮らし
生き方
人間関係
悩み・効果
仕事
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
2596

職場の「人」は自分では選べない

職場の人間は、学生時代の友人などと違って選ぶことができません。嫌になったり、苦手だからといって付き合わないわけにはいきませんよね。
また、職場で過ごす時間は一日の多くを占めています。上手くいっていないと、大きなストレスを抱えることになるかもしれません。
出典:unsplash.com

職場の人間は、学生時代の友人などと違って選ぶことができません。嫌になったり、苦手だからといって付き合わないわけにはいきませんよね。
また、職場で過ごす時間は一日の多くを占めています。上手くいっていないと、大きなストレスを抱えることになるかもしれません。

上司や同僚、部下など、それぞれの立場での関係性もあり、それらが複雑に絡み合う中で、常に良好な関係を維持するのはなかなか大変。誰しも職場の人間関係に悩むことがあるのではないでしょうか?

今回は、そんな「職場」をテーマに人間関係を円滑にするヒントを紹介していきます。
出典:pixabay.com

上司や同僚、部下など、それぞれの立場での関係性もあり、それらが複雑に絡み合う中で、常に良好な関係を維持するのはなかなか大変。誰しも職場の人間関係に悩むことがあるのではないでしょうか?

今回は、そんな「職場」をテーマに人間関係を円滑にするヒントを紹介していきます。

職場の人間関係で悩んだ時に試してみてほしい8つのこと

1、笑顔を心がける

誰しも雰囲気のいい職場で働きたいですよね。誰か一人がピリピリしていたり、確執があって険悪なムードが流れていると、不思議と場の空気が悪くなってしまいます。

まずは、あなた自身が「笑顔」を心がけてみて下さい。笑顔は伝染していくもの。ちょっと「嫌だな」と思うことがあっても、意識してニコニコしていると、周りに影響していきます。
出典:www.pexels.com

誰しも雰囲気のいい職場で働きたいですよね。誰か一人がピリピリしていたり、確執があって険悪なムードが流れていると、不思議と場の空気が悪くなってしまいます。

まずは、あなた自身が「笑顔」を心がけてみて下さい。笑顔は伝染していくもの。ちょっと「嫌だな」と思うことがあっても、意識してニコニコしていると、周りに影響していきます。

人の心の持ち方は目には見えません。けれど、決してあなどってはいけません。

例えば、自分の仕事量が増えた時「なんで私だけ?」「あの人はサボっているのに」などマイナスな感情を秘めていると、口には出さなくても、不思議と周りに伝わるもの。

逆におおらかに「これぐらいはいいか」「次は交替してもらおう」とニッコリ笑って引き受けると、その穏やかで優しい心も必ず周囲に伝わります。
出典:www.pakutaso.com

人の心の持ち方は目には見えません。けれど、決してあなどってはいけません。

例えば、自分の仕事量が増えた時「なんで私だけ?」「あの人はサボっているのに」などマイナスな感情を秘めていると、口には出さなくても、不思議と周りに伝わるもの。

逆におおらかに「これぐらいはいいか」「次は交替してもらおう」とニッコリ笑って引き受けると、その穏やかで優しい心も必ず周囲に伝わります。

気持ちが生み出すものは、必ず表情やしぐさ、態度や言葉にあらわれます。
一人が優しい気持ちでニコニコ笑っていれば、少しづつ周りに伝染し「類は友を呼ぶ」の通り、同じように優しい気持ちが返ってきたり、集まってきます。

「雰囲気が悪い、暗いなぁ…」と悩んでいるなら、明日からでも一度試してみてください。
出典:stocksnap.io

気持ちが生み出すものは、必ず表情やしぐさ、態度や言葉にあらわれます。
一人が優しい気持ちでニコニコ笑っていれば、少しづつ周りに伝染し「類は友を呼ぶ」の通り、同じように優しい気持ちが返ってきたり、集まってきます。

「雰囲気が悪い、暗いなぁ…」と悩んでいるなら、明日からでも一度試してみてください。

2、挨拶と4つの言葉を大切にする

「笑顔」の次に「言葉」を大切にしてみましょう。
まずは挨拶。たかが挨拶と思っていませんか? 今一度振り返ってみて、笑顔で明るく気持ちよくできていますか? 無表情だったり、小さな声だったりしませんか?

笑顔で「おはようございます」「お疲れ様です」と心を込めて言ってみてください。
出典:www.instagram.com(@sobuemotoshi)

「笑顔」の次に「言葉」を大切にしてみましょう。
まずは挨拶。たかが挨拶と思っていませんか? 今一度振り返ってみて、笑顔で明るく気持ちよくできていますか? 無表情だったり、小さな声だったりしませんか?

笑顔で「おはようございます」「お疲れ様です」と心を込めて言ってみてください。

また、いい人間関係を作っていくのに欠かせない4つの言葉を意識して使ってみましょう。

「ありがとう」という感謝の言葉。「嬉しい」という喜びの言葉。「大好き」という愛情を表す言葉。「素敵」という褒める言葉です。

この言葉を言われて悪い気持ちがする人は、ほとんどいません。ポジティブな言葉の力を借りて、人間関係を変えていきましょう。
出典:www.pexels.com

また、いい人間関係を作っていくのに欠かせない4つの言葉を意識して使ってみましょう。

「ありがとう」という感謝の言葉。「嬉しい」という喜びの言葉。「大好き」という愛情を表す言葉。「素敵」という褒める言葉です。

この言葉を言われて悪い気持ちがする人は、ほとんどいません。ポジティブな言葉の力を借りて、人間関係を変えていきましょう。

例えば、日頃から相手の「いいな」と思ったところは口に出して褒めてみて下さい。服装や髪型など何でも、心の中で素敵だなと思うだけでなく実際に口に出して伝えると不思議と変わっていきますよ。

また「すみません」という言葉をよく使っていませんか? それを「ありがとう」に変えるだけでも違いますよ。
助けて貰った時、相手の気遣いを感じた時、一言目に必ず「ありがとう」を。感謝を伝える言葉の効果は絶大です。どんどん活用してみてください。
出典:pixabay.com

例えば、日頃から相手の「いいな」と思ったところは口に出して褒めてみて下さい。服装や髪型など何でも、心の中で素敵だなと思うだけでなく実際に口に出して伝えると不思議と変わっていきますよ。

また「すみません」という言葉をよく使っていませんか? それを「ありがとう」に変えるだけでも違いますよ。
助けて貰った時、相手の気遣いを感じた時、一言目に必ず「ありがとう」を。感謝を伝える言葉の効果は絶大です。どんどん活用してみてください。

3、素直に謝る

次は「素直に謝る」ということ。簡単なようでいて意外と難しいのかもしれませんね。

ミスや遅れなど至らないところを誰かに指摘された時、初めに「ごめんなさい」などの謝罪の言葉がすんなりと出てきますか?
「でも」「だって」などから始まる言い訳を先にしていませんか?

言い訳ばかりされると、相手はどんどんと腹が立ってきたり、気分が悪くなるものです。
出典:unsplash.com

次は「素直に謝る」ということ。簡単なようでいて意外と難しいのかもしれませんね。

ミスや遅れなど至らないところを誰かに指摘された時、初めに「ごめんなさい」などの謝罪の言葉がすんなりと出てきますか?
「でも」「だって」などから始まる言い訳を先にしていませんか?

言い訳ばかりされると、相手はどんどんと腹が立ってきたり、気分が悪くなるものです。

指摘された内容には、発注先が期限に遅れたなどの理由で自分に非がないこともあるかもしれません。
けれど、頼んだ相手からしたらそれは関係のないこと。間違ったり、遅れたり結果的に悪かったのなら、きちんと謝りましょう。

これを意識するだけでも随分と関係性は変わっていくはず。言い訳ばかりする人より、非を認めて潔く謝れる人の方が付き合いやすいのは皆一緒です。
出典:unsplash.com

指摘された内容には、発注先が期限に遅れたなどの理由で自分に非がないこともあるかもしれません。
けれど、頼んだ相手からしたらそれは関係のないこと。間違ったり、遅れたり結果的に悪かったのなら、きちんと謝りましょう。

これを意識するだけでも随分と関係性は変わっていくはず。言い訳ばかりする人より、非を認めて潔く謝れる人の方が付き合いやすいのは皆一緒です。

4、ある程度心に鎧をする

職場は基本的に仕事をする場所。なので、ある程度の割りきりも必要になってきます。
仕事にプライベートの「素のまま」の自分を持ち込んでしまうと必要以上に疲れてしまいます。

自分の内面を見せる相手と見せない相手をしっかり区別することもひとつのコツ。自分の聖域はしっかり守りましょう。
出典:www.pexels.com

職場は基本的に仕事をする場所。なので、ある程度の割りきりも必要になってきます。
仕事にプライベートの「素のまま」の自分を持ち込んでしまうと必要以上に疲れてしまいます。

自分の内面を見せる相手と見せない相手をしっかり区別することもひとつのコツ。自分の聖域はしっかり守りましょう。

職場では心に鎧をまとって。いい人間関係を作るというのは、職場の人全員と友達になるということではありません。
様々なタイプの人と関わる職場では、時にはわざと合わせたり、演じたりして関係を取り繕うのも必要なこと。合わないなと思う人とは一定の距離を保ってビジネスライクに付き合うのがベターです。
出典:stocksnap.io

職場では心に鎧をまとって。いい人間関係を作るというのは、職場の人全員と友達になるということではありません。
様々なタイプの人と関わる職場では、時にはわざと合わせたり、演じたりして関係を取り繕うのも必要なこと。合わないなと思う人とは一定の距離を保ってビジネスライクに付き合うのがベターです。

5、嫌いな人がいれば、なぜ嫌いと思うか考える

職場に苦手だな、嫌いだなと思う人がいて会社に行くことがストレスになってしまうことも時にありますよね。
そんな時はまず「なぜ嫌いなのか」を考えてみて下さい。

実は、嫌だと思う要素が自分の中にも存在しているからかもしれません。人は不思議と自分と同じ部分に対して敏感に反応します。

逆に言うと、あの人は優しくて素敵だと思うとすると、同じ優しさが自分の中にあるということです。
出典:www.instagram.com(@crouka1953)

職場に苦手だな、嫌いだなと思う人がいて会社に行くことがストレスになってしまうことも時にありますよね。
そんな時はまず「なぜ嫌いなのか」を考えてみて下さい。

実は、嫌だと思う要素が自分の中にも存在しているからかもしれません。人は不思議と自分と同じ部分に対して敏感に反応します。

逆に言うと、あの人は優しくて素敵だと思うとすると、同じ優しさが自分の中にあるということです。

相手のことをただ嫌い続けているうちは何も変わりません。
自分の中にも同じ嫌な部分がないかを見つめてみて。もしそういう部分に気付けたら、それは素晴らしいことです。自覚して直そうという成長や学びに繋がります。

苦手な人に出会った時は実はチャンス。自分のことを見つめるいい機会になります。
出典:www.pexels.com

相手のことをただ嫌い続けているうちは何も変わりません。
自分の中にも同じ嫌な部分がないかを見つめてみて。もしそういう部分に気付けたら、それは素晴らしいことです。自覚して直そうという成長や学びに繋がります。

苦手な人に出会った時は実はチャンス。自分のことを見つめるいい機会になります。

また逆に「反面教師」という場合も。例えば、意見があまり言えない弱さが自分にあるとしたら、理不尽に怒る上司の部下になるということも。

それは、自分の短所に気付いて「言いたいことはハッキリ言いなさい」と試されているのかもしれません。

そうやって、冷静に相手も自分も分析し、上手くやっていこうと努力する姿勢を見せ始めると不思議と関係性は少しずつ変化していきます。
出典:www.pexels.com

また逆に「反面教師」という場合も。例えば、意見があまり言えない弱さが自分にあるとしたら、理不尽に怒る上司の部下になるということも。

それは、自分の短所に気付いて「言いたいことはハッキリ言いなさい」と試されているのかもしれません。

そうやって、冷静に相手も自分も分析し、上手くやっていこうと努力する姿勢を見せ始めると不思議と関係性は少しずつ変化していきます。

6、同じ土俵に乗らない努力をする

そうは言っても、卑怯に部下の手柄を横取りする上司や誰かをターゲットにして意地悪をしたり悪口を言ったりする同僚など、そんな人と同じ職場になってしまったらエネルギーを消耗しますよね。
出典:unsplash.com

そうは言っても、卑怯に部下の手柄を横取りする上司や誰かをターゲットにして意地悪をしたり悪口を言ったりする同僚など、そんな人と同じ職場になってしまったらエネルギーを消耗しますよね。

そんな時は「この人に振り回されない」と心にしっかり鎧をまとって、同じ土俵に乗らないように心がけてみてください。
同じ土俵に乗って感情的になってしまうと、とても疲れてしまいます。

「体は大人だけれど、心は幼い子供と同じ人」だと思ってみましょう。
「子供相手に怒ってもしょうがないな」という気持ちになるかもしれません。また「可哀想な人だな」と思うようにすればそこまで腹も立たなくなるかもしれません。
出典:unsplash.com

そんな時は「この人に振り回されない」と心にしっかり鎧をまとって、同じ土俵に乗らないように心がけてみてください。
同じ土俵に乗って感情的になってしまうと、とても疲れてしまいます。

「体は大人だけれど、心は幼い子供と同じ人」だと思ってみましょう。
「子供相手に怒ってもしょうがないな」という気持ちになるかもしれません。また「可哀想な人だな」と思うようにすればそこまで腹も立たなくなるかもしれません。

社会に出たら相手の個性を認めた上で、人を傷つけることは言わない、やらないというルールやマナーを守れない人は仕事相手として結局は認めてもらえません。

あまりに理不尽で幼い人は、実はあなただけでなく周りも「困った人だなぁ」と思っていることがほとんど。その人のペースに乗らないように、「はいはい」と右から左に流してしまうくらいに、客観的に見るように心がけてみてください。
出典:unsplash.com

社会に出たら相手の個性を認めた上で、人を傷つけることは言わない、やらないというルールやマナーを守れない人は仕事相手として結局は認めてもらえません。

あまりに理不尽で幼い人は、実はあなただけでなく周りも「困った人だなぁ」と思っていることがほとんど。その人のペースに乗らないように、「はいはい」と右から左に流してしまうくらいに、客観的に見るように心がけてみてください。

7、周りの人の怒りのスイッチを押さない様に気をつける

周りの人のツボを心得るということが人間関係を円滑にするひとつのコツです。

まず、周りにいる人達をよく観察してみましょう。気分屋な人や、腰が低く優しい人も。色んな人がいますよね。
その人達は「何をされたら怒るのか」「何をすれば喜ぶのか」それを見極め理解することが大切です。
出典:unsplash.com

周りの人のツボを心得るということが人間関係を円滑にするひとつのコツです。

まず、周りにいる人達をよく観察してみましょう。気分屋な人や、腰が低く優しい人も。色んな人がいますよね。
その人達は「何をされたら怒るのか」「何をすれば喜ぶのか」それを見極め理解することが大切です。

人は誰でも「これをされたら許せない」と思う地雷の様なものがあります。それがどんなことなのかを見極めて、その地雷を踏まない様に気を付けると、人間関係がずっと円滑になりますよ。

よく喧嘩をしているカップルを思い浮かべてみて下さい。お互いの怒るポイントが互いに理解できていないから、相手の嫌がることを無意識に繰り返しては喧嘩になってしまうのです。
出典:unsplash.com

人は誰でも「これをされたら許せない」と思う地雷の様なものがあります。それがどんなことなのかを見極めて、その地雷を踏まない様に気を付けると、人間関係がずっと円滑になりますよ。

よく喧嘩をしているカップルを思い浮かべてみて下さい。お互いの怒るポイントが互いに理解できていないから、相手の嫌がることを無意識に繰り返しては喧嘩になってしまうのです。

大切なのは、相手のツボを心得るということ。押していいところと、いけないところを把握して、相手を喜ばすツボをうまく押してあげれば相手は嬉しくなり、おのずと関係性はよくなっていきます。

仕事で関わる人達をよく観察して、少しずつ実践してみてください。気付けば、あなたを取り巻く環境が居心地のいい空間に変わっているかもしれません。
出典:stocksnap.io

大切なのは、相手のツボを心得るということ。押していいところと、いけないところを把握して、相手を喜ばすツボをうまく押してあげれば相手は嬉しくなり、おのずと関係性はよくなっていきます。

仕事で関わる人達をよく観察して、少しずつ実践してみてください。気付けば、あなたを取り巻く環境が居心地のいい空間に変わっているかもしれません。

8、「気を使う」のではなく「気を配る」

周りと円滑にやっていくコツとして「気配り」はとても大切です。「気を配る」ことは「気を使う」とは違います。
「気を使う人」は、実は自分がどう思われるかを必要以上に気にしているだけのことも。結果、相手にも負担になり、自分も疲れてしまいます。

「気を配る」というのは、「心」を「配る」こと。自分軸ではなくて相手の立場にたって考え「ちゃんとあなたのことを考えています」と相手に分かるように行動することです。
出典:unsplash.com

周りと円滑にやっていくコツとして「気配り」はとても大切です。「気を配る」ことは「気を使う」とは違います。
「気を使う人」は、実は自分がどう思われるかを必要以上に気にしているだけのことも。結果、相手にも負担になり、自分も疲れてしまいます。

「気を配る」というのは、「心」を「配る」こと。自分軸ではなくて相手の立場にたって考え「ちゃんとあなたのことを考えています」と相手に分かるように行動することです。

例えば、何か困っていれば「何か自分にできることはない?」と声をかけたり、手伝ったり、教えられることは教えたりする。

元気がないように感じたら「どうかしたの?」と声をかけるなどです。そうして気を配っていれば、今度自分が困った時は必ず誰かが手を差し伸べてくれるようになっていきます。
出典:www.pexels.com

例えば、何か困っていれば「何か自分にできることはない?」と声をかけたり、手伝ったり、教えられることは教えたりする。

元気がないように感じたら「どうかしたの?」と声をかけるなどです。そうして気を配っていれば、今度自分が困った時は必ず誰かが手を差し伸べてくれるようになっていきます。

職場で孤立している、同僚と上手くいかない、またはよく嫉妬されると感じている人は、そんな「気配り」が出来ていたか、優しい心でのコミュニケーションがとれていたかどうかを振り返ってみてください。

少し心を配るだけで、人との関係は簡単にいい方向に変わるもの。「気を配る」練習を始めてみましょう。
出典:unsplash.com

職場で孤立している、同僚と上手くいかない、またはよく嫉妬されると感じている人は、そんな「気配り」が出来ていたか、優しい心でのコミュニケーションがとれていたかどうかを振り返ってみてください。

少し心を配るだけで、人との関係は簡単にいい方向に変わるもの。「気を配る」練習を始めてみましょう。

自分ができる努力を全部してもダメなら、辞めてもいい

人が選べない「職場」。どうしても人間関係が辛くて会社に行くのが大きなストレスになっている時は、体や心を壊す前に、無理せずに辞めてもいいんです。

前にあげたような努力を自分なりにやってみて、それでもダメなら転職を考えてみましょう。
出典:unsplash.com

人が選べない「職場」。どうしても人間関係が辛くて会社に行くのが大きなストレスになっている時は、体や心を壊す前に、無理せずに辞めてもいいんです。

前にあげたような努力を自分なりにやってみて、それでもダメなら転職を考えてみましょう。

辞めてよかったかどうかは、次の職場の環境で分かるはず。もし次の職場でいい同僚や上司に恵まれたのなら、それは辞めてよかったということです。

苦手な相手に向き合って努力し、苦労した経験があなたを大きく成長させてくれたからです。
出典:pixabay.com

辞めてよかったかどうかは、次の職場の環境で分かるはず。もし次の職場でいい同僚や上司に恵まれたのなら、それは辞めてよかったということです。

苦手な相手に向き合って努力し、苦労した経験があなたを大きく成長させてくれたからです。

気持ちのいい職場をめざして

多かれ少なかれ、職場の人間関係に頭を悩ませている人は多いはず。でも、ちょっとした気配りや言動で、関係性は変わっていくものです。「周りを変えるなんて無理」と諦める前に、一度できそうなことから試してみてください。

「いい関係を築こう」という気持ちや行動は必ず相手に届くもの。そんなポジティブな心がいい環境に一歩一歩運んでいってくれるはずです。
出典:stocksnap.io

多かれ少なかれ、職場の人間関係に頭を悩ませている人は多いはず。でも、ちょっとした気配りや言動で、関係性は変わっていくものです。「周りを変えるなんて無理」と諦める前に、一度できそうなことから試してみてください。

「いい関係を築こう」という気持ちや行動は必ず相手に届くもの。そんなポジティブな心がいい環境に一歩一歩運んでいってくれるはずです。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play